人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法

2024年4月13日 (土)

「マーキュリー通信」no.5330【奇人変人が世の中を変える!-508「国際パンデミック条約反対のデモに参加」】


ベストセラー書「ザ・ロスチャイルド」(経営科学出版)の著者、林千勝先生の呼びかけで、今朝9時半の国際パンデミック条約反対集会に参加しました。
ところが、最寄り駅牛込神楽坂駅を下車して、地上に上がると、集会開始30分以上前にも拘わらず、長蛇の列、牛込箪笥区民ホールの400席は超満員のため、参加できませんでした。
スタッフからユーチューブを奨められたのですが、こちらもアクセスが殺到して、集会終了後観ることとなりました。

そして、13時半から池袋サンシャイン前、東池袋公園で反対デモがスタートするので、そちらに参加しました。
公園内は超満員、北は北海道から南は沖縄まで参加者がいました。中には海外(フランス)からの参加者もいました。
ざっと数千名の参加者でした。
サンシャインの周り、約1時間半ほどデモ行進しました。
最後、サンシャイン前に戻ってくると、信号待ちしていた大勢の人が、手を振ったり、拍手をしたりで大いに盛り上がりました。

安倍首相の暗殺ですっかり怖じ気づいた岸田首相は、米国の忠実なポチに成り下がりました。
WHO(世界保健機構)が国際パンデミック条約とIHR(国際保健規則)の改悪をWHO総会で可決しました。

もし、これがWHO加盟国で法案通過すると、WHOは加盟国の承認なしで、コロナワクチン接種を各国民に強制できます。
これに従わないと、有罪となり、最悪逮捕、刑務所行きとなります。
まさに国民の自由は奪われ、全体主義国家の誕生となります。

ディープステートは、来年生物兵器として再びパンデミックを起こすことを企んでいます。
その対策として、レプリコンワクチン接種を義務づけることにしています。

このワクチンを接種すると、次から次へと感染し、最悪2000万人の日本人が大量死すると言われている恐怖のワクチンです。

大切な家族を守るためにも、本日デモに参加することにしました。

下記は、デモで使った10種類のシュプレヒコールです。
デモ隊の思いが10種類のシュプレヒコールに込められています。是非味読してください。

1.政府はパンデミック条約とIHR(国際保健規則)の情報を国民に開示せよ!
2.健康を人質にしたWHOの横暴を許すな!
3.WHOの人権被害を許さないぞ!
4.政府は有害無益の遺伝子ワクチンを廃止せよ!
5.ワクチン接種後の超過死亡激増を報道せよ!(既に40万人超)
6.ワクチン被害を無視する棄民政策を許さないぞ!
7.政府は人口削減ワクチンを止めろ!
8.ワクチンで医師会に利益誘導する武見厚労大臣を許すな!
9.インフルエンザの遺伝子ワクチンを接種させるな!
10.危険なレプリコンワクチン開発を中止せよ!

一般市民の大規模デモに参加したのは初めてです。
おとなしい日本人が目覚めた瞬間です。
歴史的に大変化するエポックメーキングの日ともいえます。

日本の政治で最大野党は無党派層です。

本日のデモがSNSを通じて拡散していきます。

衆議院選挙があったら目覚めた無党派層が利権構造に組みしない政治家に投票し、日本が一代変革するかも知れません。
その意味で私にとって忘れられない1日となりました。

WHOを私は今後World Hitler Organization(世界ヒトラー機構)と呼ぶことにしました。

| | | コメント (0)

2024年3月21日 (木)

「マーキュリー通信」no.5304【人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法-139「戒名は自分でつけられる」】


今週はお彼岸でお墓参りの時期です。

さて、日本では死んだら戒名をつけることが一般的ですが、インド人のお釈迦様は漢字は読めませんので、後世の時代に戒名をつけるようになりました。

戒名をつけると本人の功徳になるわけではないし、ましてや高い戒名代を払ったからといってあの世でより良い場所に還れる訳でもありません。

5年前父が他界する前に檀家となっている調布市源正寺に戒名の代金を問い合わせたところ、最低50万円からと言われました。そして、戒名をつけないと葬式はできないとのことでした。

そこで「なぜ戒名を自分で付けてもいいのか」(橋爪大三郎著 さんが新書)をという本を読むと戒名は自分でつけられると書いてありました。

戒名の付け方は宗派によって規則があるそうです。一般的な戒名の付け方は、院号(3文字)+道号(2文字)+法号(2文字)+居号(2文字)の9文字で構成されています。
源正寺は臨済宗に属しているので、それに従い父の戒名をつけました。

そこで、父の戒名を「朴直澄祐信士」とつけました。朴直とは、飾り氣がなく、正直という意味です。まさに父の性格を表しています。澄祐は、あの世に帰り澄んだ心境になっているだろうという氣持ちを表し、祐は父の名前です。

一方、最近戒名のルールに従わずに自由につける自由戒名も流行っているそうです。
また戒名は生前につけるとのよいことです。その戒名に従って、人生を生きるようになるからです。

そこで私の戒名を「豊幸院天真爛漫信士」とつけました。
豊幸とは私の行動哲学「活私豊幸」=「自分を活かしながら人生の途上で出会った人々をいかに豊かに幸福にできる人間でありたい」 を意味します。
天真爛漫は、私の性格そのものだからそれを入れました。
信士は、信雄からつけました。

一方、妻の戒名は、「芳香院純一淑葉大姉」ですが、私の為に専業主婦として一生涯捧げてくれた感謝の氣持ちが詰まっています。
妻の院号、芳香院は、私の院号豊幸院と同じ読み方です。妻の名前は葉子なので、芳香院、芳き香りの葉という意味です。

お彼岸を機に、戒名を考えて見ました。

| | | コメント (0)

2024年3月19日 (火)

「マーキュリー通信」no.5301【人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法-138「この世は、入口は平等、出口(結果)は公平」】


おぎゃあと生まれたときは、皆同じスタートラインに立って、歩み始めます。

しかし、最期棺桶に入るときは、大きな差となります。

人生には大きな選択が何度も訪れます。
その選択をどのようにしたのかによって人生が変わります。中には、チャンスが訪れているにも拘わらず、それをそのまま見送る人もいます。

人生は、縁と運でできていると想います。

良縁を生かすと、運勢、運気も向上していきます。
逆も然りです。

しかし、良縁を生かさず、その逆をやって、不運な人生を送る人も多数います。

毎週NHKの朝の連ドラ「ゲゲゲの女房」を観ています。
ツウェルビで、毎週月曜日19時から1週間まとめて放映しています。

水木しげるの一生を描いた連ドラです。
水木しげるのマンガは、怪奇マンガのため、子供の教育によくないと主婦から猛反対を受けます。
しかし、大人向けにターゲットを切り替えてから運勢が上向いていきます。

ド貧乏な生活に耐えながらもただひたすら努力精進する水木しげるを神様は見捨てなかったようです。
今週は、良縁が復活し、大漫画家水木しげるの運気向上の週です。

良縁と運気向上には、ひたむきに努力精進していくその姿がベースとなっている事に気づかされます。

| | | コメント (0)

2024年3月14日 (木)

「マーキュリー通信」no.5296【人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法-137「Π(パイ)を使ってぼけ防止」】


本日は3.14 Π(パイ)の日です。
私は数学が一番好きだったので、Πを見ると、脳がうずき出します。
円周=2Πr、すなわち半径の2倍=直径にΠを掛けて正解が得られます。
半径を0.5とするなら、直径=1、よって円周は3.14となります。
これは感覚的に、円の直径を3.14倍すると円周になることがイメージできます。
ここを抑えておくと、円の面積と球体の体積も簡単に算出できます。

1.円の面積を算出する公式=4xΠx半径の2乗。中学生の時は、「心配ある事情」と覚えました。
これは(2x半径xΠ)の2乗、すなわち円周を2乗したモノをΠで割ると円の面積となります。
すなわち、Πの2乗÷Π=3.14となります。

2.球の体積を求める公式=これは4/3xΠxr(半径)x三乗、すなわち「3分の心配ある惨状(3乗)」と覚えました。
すなわち、4÷3x3.14x0.5x0.5x0.5=0.52
これを私流に、円周(2Πr)の3乗に変える。
これは円周の長さを縦x横x高さの立方体を意味します。すなわち、3.14の3乗=30.96
これでは大きすぎるので調整が必要です。
そこで、Πの2乗と6(2+2+2)で割って計算すると、同じ0.52になります。

図で書いてみるとイメージしやすくなります。
脳の体操に良いのでトライしてみてください。

| | | コメント (0)

2024年3月 5日 (火)

「マーキュリー通信」no.5290【人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法-136「老いては妻に従う」】


妻は結婚以来専業主婦1本でやってきました。
家計簿の管理から食材管理、日用品の管理まで完璧にこなしています。

よって、我が家では家事は全て妻に任しています。
一切口を挟みません。時々意見を求めてきますが、全て妻に従っています。

そして、一生懸命やっている妻に対し、いつも感謝し、「ありがとう」を連発しています。

そのことで家庭内がうまく回っています。

子供がいない我が家では「老いては妻に従う」方針で臨んでいます。

| | | コメント (0)

2024年3月 3日 (日)

「マーキュリー通信」no.5288【人生に勝利する方程式-334「瓶の中に石を入れるやり方でその人の生き方が分かる」】


大中小様々な大きさの石があり、それを瓶の中に入れる作業があります。

特に深く考えずに、手当たり次第に無造作に石を入れる人も多いと思います。
また、一番小さな砂粒から入れる人、中くらいの大きさの石から入れながら、適宜工夫する人もいると思います。

手当たり次第に無造作に石を入れる人は、自分の人生を深く考えず生きている人に多いと言われています。
大学に進学し、就職して、結婚して、子供ができて、仕事や人生に追われ、定年退職し、そして棺桶に入る。こういう人生に例えられます。

一番小さな砂粒から入れる人は、些細なことにこだわり、せっかくの人生を、最期棺桶に入るときに、「俺の人生何だったんだ!」と嘆く人に見受けられます。頑固な人に多く見受けられます。

中くらいの大きさの石から入れながら、適宜工夫する人は、人生をそれなりに工夫して生きています。
しかし、一番大切な何のために生きていくのかという視点が欠けています。

これに対し、大きな石をまず真っ先にいれ、その後で中くらいの石、そして小さな石、最後は砂利、砂の順で入れていくと、瓶の中はぎっしりと詰まることになります。
最後に水を注ぎ、瓶の中は満たされます。

これを人生に例えるなら、どういう人生を生きたいのか人生計画を立てます。
それに従い、大学、職業を選んでいきます。
人生の途上で、人生計画と違ったことが起これば、適宜修正をかけていきます。

石は意志に通じます。どんな想いで人生を生きていくのか。
これを明確にしながら、生きていくことで、最期棺桶に入るとき、満足の人生を生きてきたことに歓びを感じ、あの世へと旅立って行きます。

最後に、もう1つ重要な点は、瓶に注ぐ水です。
この水が、世の中を良くしていこう、幸福にしていこうと想う純粋な真水なのかどうかです。

これに対し、毒水だったらどうでしょうか。
自分のコトしか考えず、金、地位、名誉等に執着した人生を送っていった場合、周囲を毒水で汚染するだけでなく、自らも毒水で汚染することになります。
その結果、死後地獄へと墜ちていきます。

間違った政治思想、宗教等もこれに該当します。

◆◆◆◆◆◆追記◆◆◆◆◆◆◆

私は女優酒井和歌子のファンです。
北区の共産党のポスターに、最近坂井和歌子という共産党員の顔写真が掲載されています。

私は毒水で汚染されたような気分に毎回なります。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | | コメント (0)

2024年3月 1日 (金)

「マーキュリー通信」no.5285【人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法-135「諸行無常を感じる」】


昨日、妹からの連絡で継母(父の後妻)が昨年11月に他界していることが分かりました。享年93歳でした。

高校2年生の時に、父が10年ぶりに家出から帰ってきました。
その後、私は三井物産に入社し、生活も安定してきたので、父に再婚を奨めました。
二人の子供がいては、後妻との新生活もやりづらいだろうと考え、私は三井物産の独身寮が、たまたま近くにあったので、入寮することを決めました。
また、妹にも早く結婚するように言いました。

その後、父は借家住まいから、庭付きのマイホームに住みたいと言ってきました。
父の給料では、庭付きのマイホームは高嶺の花です。当時高田馬場にある製薬会社(三宝製薬)に勤めていたので、比較的安い西武線沿線のマンションの庭付きの1階を奨めました。

しかし、父は戸建てにこだわり、私に相談もなく、京王線の高尾山駅から車で15分の場所にあるマイホームを手に入れました。何と、75歳までの住宅ローンです。三宝製薬の定年は55歳です。定年後の20年の残債をどうするのかと聞いたのですが、「何とかなる」と楽観的でした。当時の平均寿命は70代半ばでした。
当然、私は猛反対しました。しかし、既に契約をしていました。そして、私に保証人になってくれと頼んできました。

私は事前に相談がなかったので、「そんなリスクは負えない」と断りました。
そこで、後妻の親戚に頼み、何とか保証人を確保し、融資は実行されました。

その時、父は子供二人を置いて、10年間家出したことを後妻に話していなかったようです。

それ以降、後妻は私のことを親不孝者と見做し、継母との関係が悪化し、継母は親子の縁を切ると言ってきました。

もし、父が家出せずに、二人の幼児を男手一人で頑張って育てていたら、父との親子関係も変わっていたことでしょう。
義理人情に厚い私の性格からして、保証人のリスクを引き受けていたことでしょう。

父は、私と妹より後妻を選択しました。妹に3人の娘がいるので、可愛い孫とも縁を切ることになりました。

その後、両親の高齢化が進み、2階建ての戸建ては住みづらくなりました。
そこで八王子のマンションに住み替えることになりました。
それを機に、私から復縁を申し出て、一応断絶状態は解消しました。

8年ほど前、八王子のマンションを訪ねたとき、後妻の認知症が進み、室内はゴミ屋敷と化しました。
冷蔵庫内は、期限切れの食材がぎゅう詰めとなっており、異臭が漂ってきました。

このままでは中毒死してしまうと思った私はマンションを売却して、老人ホームに住むように奨めました。
後妻は猛反対でしたが、何とか売却の承諾を取り付けました。

そして、妹が、妹の自宅付近(川崎市)に老人ホームを見つけ、そこに2人で入居することになりました。

しかし、後妻は敗血症に罹り、担当医師から余命幾ばくもないと告げられました。
ところが後妻は奇跡的に助かり、当初の予定通り、老人ホームに住むことになりました。

老人ホームの生活費は二人で月40万円、年金だけでは賄えません。
そこで、マンション売却代金で不足分を補い、二人が105歳まで生きたと仮定して生活設計を立てました。

その後、5年前に父が96歳で他界しました。
その結果、老人ホームの保証人は私には資格がないと言われました。
私と後妻とは血縁関係がないからです。そのためには養子縁組が必要とのことでした。
既に認知症が進み、耳がほとんど聞こえない状態なので、保証人は事実上困難でした。

そこで、継母の腹違いの女性が保証人となりました。

ところがその保証人も昨年3月亡くなっていることが分かりました。
保証人は、従姉妹に引き継がれました。

今回、継母の通帳には数百万円遺っていますが、遺産相続は、法律上は血のつながりのあるその女性に引き継がれました。

もし、継母は敗血症で亡くなっていたら、マンション売却代金は私のところに遺産相続されたことになったわけで、日本の法律制度の矛盾に気づかされました。

父が亡くなったとき、南多摩に医王寺という寺に納骨壇を後妻分も含め確保しました。

菅谷家の墓は調布の源正寺にありますが、私の母と後妻が一緒に墓の中で眠る事を嫌ったので、後妻と父を同じ納骨壇で永眠するよう段取りしました。

しかし、法律上の制約から、継母の死を知ることもなく、納骨壇に一緒になることはできませんでした。

もし、父が後妻に「二人の子供には家出して迷惑を掛けた」ときちんと説明していれば、父の人生は変わっていたことでしょう。

父は、後妻には頭が上がらず、言い出せなかったのかも知れません。

父は、生前「信雄には絶対迷惑を掛けない」と常々語っていましたが、最期は思い切り、面倒を掛けることになりました。

いずれにしろ、後妻と父の夫婦関係は仲むつまじく、その意味で継母には感謝しています。

父の人生を振り返り、まじめだけど頑固、一途な性格が、父の人生の一生涯となりました。

私も父と性格が似ている部分もあり、父の人生を振り返り、学ぶところ大でした。
そして、諸行無常を感じました。

| | | コメント (0)

2024年2月18日 (日)

「マーキュリー通信」no.5274【人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法-135「こんな最悪な100歳老人になってはいけない!」】


妖怪ヘンリー・キッシンジャーが昨年11月29日満100歳で死去しました。

彼はディープステートの一員として、世界の裏から過去に様々な戦争を仕掛けてきた張本人でした。

田中角栄首相も、彼の犠牲者でした。
米国に先駆けて毛沢東と日中国交正常化を実現したので、キッシンジャーの恨みを買い、ロッキード事件をでっち上げられ、金権体質の首相として政界追放され、非業の最期を遂げました。

彼は、ベトナム戦争からの米国撤退を決めた1973年のパリ和平協定の功績でノーベル平和賞を同年受賞しました。
ノーベル平和賞は、ディープステートの広報部門であり、オバマ元大統領も受賞しました。彼も大統領在任中の8年間に大量虐殺をしたディープステートの操り人形でした。

しかし、国際派ジャーナリスト丸谷元人氏の「怪物に乗っ取られた国・アメリカ」の2時間以上に及ぶキッシンジャーの巨悪を暴く力作を視聴して、彼の人生は、利権構造の頂点に立ち、金と女にまみれた100年だと分かりました。

ベトナム戦争は、民主党ジョンソン政権の時に、和平交渉が実現寸前までこぎ着けました。

しかし、打倒ジョンソンを目指していた共和党ニクソンはベトナム戦争終結を自身の手柄にすることを考えていました。
それを知ったキッシンジャーは、ジョンソンからニクソンに乗り換え、ベトナム戦争終結を遅らせ、ニクソン政権の国務長官として活躍しました。それ以降の彼の活躍は、米国最高の国務長官として勇名を馳せました。

キッシンジャーは、親中派でもあり、米中和平の最大の功労者でした。
鄧小平の天安門事件も容認しました。
当然といえます。
彼がやってきたことは中共の歴代首相がやってきたことと同じだからです。
ジェノサイド(大量虐殺)など彼の得意技の一つでした。人を殺すことなど何とも思わない人間です。

チリに米国の傀儡政権ができました。
キッシンジャーは、反米の大統領を暗殺し、親米の傀儡政権を実現しました。
米国に逆らう民衆を国家テロとして大量虐殺しました。

それを全世界で展開しました。
カンボジア、ラオスでも新しくできた武器の実験場として大量虐殺しました。
彼が直接間接的に殺した数は数百万人に上ると言われています。

一方、キッシンジャーは大の女好きで、ハリウッドの女優と毎日夜遊びしていました。
彼くらい権力を握ると女はいくらでもなびいてくると豪語していました。

そんな人生100年時代を思い切り謳歌したキッシンジャーですが、1つだけ重大なことに気づいていませんでした。
それは死後の世界があることです。
あの世には、金も権力も女も持って行けません。
持って行けるのは心だけです。
彼の行き着く先は、血の池地獄に始まり、地獄の最深部まで墜ち、地獄の業火で今後数100年以上苦しみ続けることでしょう。ひょっとしたら大蛇とかいった醜い動物に変身して苦しんでいるかも知れません。

人生100年時代、こんな醜悪な醜い老人だけにはなりたくないですね。

◆◆◆◆◆◆追記◆◆◆◆◆◆◆

彼の誕生日は1923年5月27日でした。
私の誕生日は5月26日ですから、1日ずれていて良かったです。
こんなヒットラー以上の悪魔と同じ誕生日でなくて良かったです。
なお、私の父はキッシンジャーと同じ1923年生まれの同学年でした。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | | コメント (0)

2024年2月 4日 (日)

「マーキュリー通信」no.5259【人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法-133「大腸ガン検診を定期的に受ける」 】

 

私は、普段健康生活を送っているので、最近は健康診断、人間ドックは受けませんが、大腸ガン検診は万一に備え、定期受診することにしています。

本日は3年に1度の大腸ガン検診で、池袋の上田胃腸クリニックで検査を受けました。
結果はポリープなしでした。
前々回ポリープが見つかり,一度摘出をしました。
次回も多分ポリープはないだろうから、3年後の検査でポリープが見つからなければ、これで大腸ガン検診は一旦終了と言われました。

一方、10年ほど前に胃の検査でポリープが見つかったことがあります。
それなら胃がん検診をやったら良いと奨められました。胃がん検査は、前準備が大腸癌検査ほど大変でないので、早速4月に受診することにしました。

◆◆◆◆◆◆追記◆◆◆◆◆◆◆

本日、マスクなしで受付に行ったら、受付の女性から、「マスクは医療機関では絶対必要です!」と、上から目線できつく言われました。

私は、マスクは百害あって一利なしと思っているのですが、こんな所で争っても仕方ないので、おとなしく従いました。
但し、風邪やインフルエンザウイルスを避ける爲、満員電車内ではマスクをしています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | | コメント (0)

2024年1月30日 (火)

「マーキュリー通信」no.5252【人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法-132「人生100年時代には絶えず自己再生していく意識が重要」】


私の人生は自己再生の連続でした。
自己再生を余儀なくされる場合と、自ら進んで自己再生をしていったこともあります。

最初の自己再生は、高校2年生の時に、家出した父が10年ぶりに帰ってきた時でした。

当時、母の実家で、祖母が10年間母親代わりに育ててくれました。
伯父さんは調布市の街の自転車屋、当時伯父夫婦には子供がいなかったので、家業を継ぐことになっていました。

そこに父が家出から帰ってきました。
当時の父はホームレス状態。
私は実家の家業を継ぐか、父と一緒に貧乏暮らしに戻るのかの決断を迫られました。

私は、特に迷わず、父と一緒に暮らす生活を選択しました。
それまでは商家で育ってきたので、勉強などせず、遊びに夢中となり、天真爛漫、伸び伸びと育ってきました。

しかし、父との暮らしを選択したので、人生ががらりと変わりました。
そこから父を反面教師として」父のようには絶対になりたくない」という強い想いを抱きました。
そして、それ以来努力精進をずっと続け、現在に至っています。

もう1つ大きな自己再生は、25年勤務した三井物産を早期退職したときでした。
その時は、「本当の自分に忠実に生きる」でした。

あれから27年が経ちますが、早期退職して良かったと思っています。
もし、定年まで勤務していたら、心身共にぼろぼろになり、今の自分はないと思っています。

今年の5月で75歳になりますが、「日本初!シニアとシングルマザー、シングルファ-ザー用シェアハウス1万棟を建設する」という大きな夢を持っています。
そのために過去30年近く、心身共に鍛えてきました。今が一番元氣といえます。
それは大きな夢を持ち、希望に胸を膨らませ、自己再生、そして自己成長できることを過去の自分の自己再生、自己成長の歴史を知っているからです。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術 「もしも龍馬がベンチャー起業家だったら」 「感謝力10倍アップの極意」 その時人生が動いた クリエイティブに生きる シニアとシングルマザー、ファーザーが協生するシェアハウス「ユートピア館」 スポーツ マーキュリー物産/仕事、ビジネス ワンポイントアップのコミュニケーション力 ワンポイントアップのプレゼン力 ワンポイントアップの人間力 ワンポイントアップの仕事術 ワンポイントアップの営業力 ワンポイントアップの幸福力 ワンポイントアップの思考力 ワンポイントアップの知力 ワンポイントアップの経営術 人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法 人生に勝利する方程式 人生の新発見 人生・その他 奇人変人が世の中を変えていく 富、無限大コンサルタントの道を目指して 幸福になれない症候群 日カツ! 日本人の精神的荒廃を考える 日記 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 未来ビジョン・目指せ!新しい国造りを 生涯現役社会が日本を救う 破邪顕正(はじゃ-けんしょう)の勇気を持つ 私のヒューマンネットワーキング 私を育ててくれた元上司達 空き家1千万戸時代に チャレンジする 経営 経済・政治・国際 耐震防災 自分の健康は自分で守る 誕生日に思う 趣味 音楽 龍馬の如く生きる