人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法

2022年6月 3日 (金)

「マーキュリー通信」no.4680【人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法-118「欧米に寝たきり老人はいない」】


人生100年時代の進展と共に寝たきり痴呆老人の問題が大きな社会問題となっています。
いわゆる8050問題、つまり50歳の時に親が介護状態となり、介護離職を余儀なくされているケースが日本の至る所で起きています。

さらに9060問題、こちらは60歳定年退職後に90歳の親の介護です。親の介護に振り回される毎日です。子供自身も体力が落ち、親の介護でへとへとの状態となります。私の父も3年前96歳で他界しましたが、要介護4でした。

さて、「欧米に寝たきり老人はいない」(宮本顕二著)を読みました。

欧米では、終末医療を決めるのは担当医師だそうです。
しかし、日本では、終末医療を決めるかどうかの判断は家族が決めることになります。確かに、親の最期の状態となって来たとき、たとえ点滴のために多くのチューブが腕に刺さっていても生きながらえて欲しいと思っています。
また、認知症となり、親とコミュニケーションが取れない状態であっても、まだ生きている親を自分の意思で死に至らしめるのは忍びないと思います。

ここには死生観の問題が出てきます。キリスト教の場合、天国があると信じているので、死後の世界を怖いと思いません。

しかし、日本の場合、戦後のGHQの宗教軽視政策の影響で、無宗教の人が増え、あの世の存在を信じない人が増えてきました。
かつて私も無宗教で、死後の世界などあると思っていませんでした。しかし、今は厳然と存在していることを確信しています。というより、死ぬという概念より、帰天するという考え方です。つまり、この世での修行、役割が終えた時点であの世に帰るという考えです。
従って、あの世に帰ることはむしろ楽しみです。なぜなら生前お世話になった両親、親族、友人、職場の上司等と再会できるからです。

終末医療には1人平均1000万円かかると言われています。終末医療を止めるだけで医療費の大幅削減となります。

人生100年時代、自分にもいつかは起きる問題なので、今から真剣に考える大切な問題と考えます。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

40年前、カナダに駐在していた頃、取引先の弁護士を久しぶりに再会したとき、やせ衰えていました。彼は、「今、肝臓癌にかかっていて、1ヶ月後にはあの世に逝く」と平然と応えました。彼は敬虔なクリスチャンでした。

1ヶ月後、彼の葬式に参列した時の光景を今でも覚えています。
葬式の時の服は、日本では黒と相場が決まっています。
しかし、カナダでは服装も異なります。真っ赤なスーツを着た女性とも会い、びっくりしました。死は辛いモノではなく、旅立ちであり、一時的な別れということをその時知りました。

| | | コメント (0)

2022年4月30日 (土)

「マーキュリー通信」no.4656【人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法-117「認知症予防の迷作」】

「マーキュリー通信」no.4656【人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法-117「認知症予防の迷作」】
私はテレビ番組を観ているとき、外国の地名、人名を漢字に変換して楽しんでいます。
傍にいる妻はそれを察して以心伝心で「来るな、来るな」と察するそうです。
今回は、ドビュッシーのクラシック音楽番組でした。
私はそこに出てきた音楽家の名前を次々と漢字変換して、妻に渡しました。
そして、妻に回答してもらいます。妻も手慣れたモノで、私の癖を心得ており、今回の正答率も100%でした。

傍から見ているとくだらなく思えるでしょうが、夫婦の会話の潤滑油になります。そして、脳トレにもなり、認知症予防にもなります。
皆さんの正答率はいかがでしたか。

毛津或斗(モーツアルト)
馬波(バッハ)
米塔勉(ベートーベン)
暑範(ショパン)
秀鐘十(シューベルト)
秀万(シューマン)
首都羅臼(シュトラウス)
土美有志(ドビュッシー)


◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

3年前、古稀の時に書いた「生涯現役社会が日本を救う!」は、お陰様で重版となりました。

それを記念して定価1540円を、著者のサイン入り送料込み1000円でお譲りしています。
ご希望の方は、お手数ですが下記住所まで1000円札を同封の上、郵送して頂けますか。LINEペイ、ペイペイでもOKです。
〒114-0002東京都北区王子5-1-1-1324菅谷信雄

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | | コメント (0)

2022年3月23日 (水)

「マーキュリー通信」no.4626【人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法-116「不滅への道」】

昨日ノア・コミュニケーションズ山本昇社長の葬儀に参列しました。
同社長は、幸福の科学の信者なので、池袋支部で帰天式を執り行いました。

幸福の科学では、あの世の存在を説いているので、死とはこの世の魂修業を終えてあの世に還ることから帰天式を行い、本人との今生の別れの儀式となります。
生前のいろいろなやりとりを同社長の霊を通じてイメージし、語り合った感じでした。したがって、普通の葬式と比べ、明るい感じがします。

同社長は、63歳の若さで帰天したのですが、「魂は不滅」です。
幸福の科学の教え「不滅への道」と書かれたお別れの挨拶状を頂きました。

その一部を紹介します。
「この世の命ははかないものだ。
しかし、この世とあの世を分かつ法則は厳然として存在し続ける。
持って還れるのは、その心だけだ。
その日のために着々と準備し、精進を続けるが良い。
法とともに生きる道が、不滅への道である。
共にこの道を歩まん。
いざ、勇気と忍耐をもって進め」


私は人生120年計画を立てています。
70歳からの50年を報恩の人生と位置づけています。
いかに世の為人の為に生きていく人生を歩み続けるか。
一人でも多くの人を幸福に導くことができたか。
それが私の「成幸」の尺度となります。

そして、最期三途の川を渡るとき、彼岸では5歳の時に病死した母親が手を振っています。
彼岸にたどり着いたとき、母親が「のぶお、よく頑張ったね!」と言って、思い切り抱きしめてくれます。
母に抱きしめられた記憶のない私にとり、これが最大の希望となります。
したがって、私にとって「死」とは120年の人生を思い切り駆け抜けた証であり、希望でもあり、楽しみでもあります。

| | | コメント (0)

2021年8月11日 (水)

「マーキュリー通信」no.4412【人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法-115「自分の弱みを把握し、その対策を講じておく」】


私は毎朝18階まで1段おきに上るほど健脚です。
しかし、一方で体が硬くぎっくり腰になりやすい体質です。

一昨日ぎっくり腰を患い、昨日近くの整骨院に治療に行きました。
整骨院までは、いつもは徒歩10分程度ですが、昨日は杖をつきながら30分近くかかりました。

今朝は起床後1時間近く真向法中心に腰痛体操をしました。
真向法と腰痛体操は、ふだんの運動プログラムに取り入れています。

その結果、だいぶぎっくり腰が回復してきました。
今朝は整骨院まで杖なしで15分程度で通えました。

私は体のメンテナンスのため、週1回近くの整骨院に通っています。担当の整体師も決まっているので、私の体のことは熟知しています。

施術してみて、私のぎっくり腰は、昨日と比べ3~4割回復しているという診断です。

他の人と比べ快復力が速いのは、毎朝運動しているからだそうです。

改めて普段かかりつけの整骨院があり、腰痛体操も毎朝実施しているその効果がいざぎっくり腰が起きたときに現れているようです。

| | | コメント (0)

2020年12月21日 (月)

「マーキュリー通信」no.4189【人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法-114「今年の100歳以上の高齢者数8万人突破。このままの伸び率で推移すると30年後には100歳以上は300万人!」】


厚労省の発表によると、今年の100歳以上の高齢者は、前年比12.9%増となり8万人を超えたそうです。

この数字を単純に掛けていくと、30年後の2050年には100歳以上の高齢者はなんと300万人になるそうです。

但し、たまたま昨年の増加率が多かったので、国連予想では100万人だそうです。それでも今年の12倍に増えるわけですから、すごい数字ですよね。100万人の政令都市が1つできる人数です。

それにしても100歳になると外出は困難となり、寝たきり痴呆老人が多くなります。
今年も喪中のはがきが届きましたが、80代が1名で、後は全員90歳以上です。

日本の社会は人生100年時代に向かって着実に増加しています。

そうならないために今からでも遅くありません。人生100年時代の人生計画を立て、それに基づいた行動をしていくことが大切と思います。

そんな念いで昨年「生涯現役社会が日本を救う!」を出版しました。
読者の皆さんから口コミで広がり、増刷させて頂きました。
著者在庫がまだありますので、ご希望の方は著者のサイン入りの同書を送料込みで1540円→1500円で郵送させて頂きます。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

26日(土)20~21時半 「生涯現役社会が日本を救う!」セミナーを行います。
参加費は無料ですのでご参加をお待ちしています ( ^)o(^ )
ミーティングID 930 182 2900 ミーティングパスコード DEC3377

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | | コメント (0)

2020年12月14日 (月)

「マーキュリー通信」no.4182【人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法-113「チーズはどこへ消えた?」】


20年前のベストセラー書「チーズはどこに消えた?」(スペンサー・ジョンソン 扶桑社 1000円+消費税)が、最近漫画本として復活しました。

毎日好物のチーズを食べて平穏な生活を送っている二人の小人がいました。

ある日、突然そのチーズが消えてしまい,二人はパニックに陥りました。
二人の小人はチーズを死にものぐるいで探し始め、終いには迷路に紛れ込みます。

一人の小人ホーは、もはやチーズはないと諦め、新しいチーズを探し始めます。
もう一人の小人ヘムは諦めきれずに、これまでのチーズを探し続けます。

ホーは、新しいチーズを求めて探し続け、何とか新しいチーズを手に入れます。
新しいチーズはこれまでのチーズと比べ味も形も違います。安全です。
ホーは新しいチーズに直に馴れ、新しい生活を始め、また平穏な生活を始めました。

一方、ヘムは依然これまでのチーズを探し続け、へとへとになり倒れ込みます。
ヘムは新しいチーズを探すリスクを恐れています。また、新しい味や食の安全性も心配しています。

ヘムは久しぶりにホーと再会します。ホーの表情は、以前のホーと比べ、さらに充実した印象を受けました。

ホーは、ヘムに新しいチーズを与えます。最初は拒絶していたヘムでしたが、恐る恐る新しいチーズを1口食べてみました。するとヘムが恐れていたことはありませんでした。ヘムもやっと新しいチーズを食べる気になり、ホーと一緒に新しいチーズを食べ、新しい平穏な暮らしをすることができました。


この逸話は現代人のライフスタイルにも似ていませんか。

これまでのライフスタイルは、良い大学を卒業し、良い企業に勤めれば、安定した生活を送れると思っていました。

しかし、コロナショックがその考え方を一変させました。

大手企業ですらボーナスがなくなり、人員削減の時代となりました。今後は半数の企業が倒産すると言われる時代です。

それでも今勤めている企業にしがみつこうとしているサラリーマンは多数います。

仮に定年までしがみついたとしても、定年後の受難が待っています。
人生80年時代なら、退職金と年金で何とか暮らせたかも知れません。

しかし、人生100年時代では定年後は35年もあります。
退職金や年金だけでは充分暮らせない時代となってきました。

さらに、最期の10年間は寝たきり痴呆老人の時代となります。

それでも自分だけは大丈夫と思い込む人が非常に多いようです。
そして、目先の事しか考えていない人が多数います。

多くの人は、2人目の小人ヘムのように変化を恐れています。

しかし、変化を恐れていては、押し寄せる大波にのみ込まれてしまいます。

ベストセラー書「チーズはどこへ消えた?」は、乱気流の現在に再び復活しました。本書を自分に置き換えてみて、読んでみたらいかがでしょうか。


◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

昨年7月に出版した「生涯現役社会が日本を救う!」は、おかげさまで増刷となりました。
著者にも一部在庫があります。ご希望の方は著者のサイン入り、送料無料で1540円を1500円でお譲りいたします。ご希望の方はご連絡をおまちしております。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | | コメント (0)

2020年10月24日 (土)

「マーキュリー通信」no.4130【人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法-112「男の記憶、女の記憶」】

 

秋冷の訪れと共に気温がだいぶ下がってきました。
そこでここ2~3日は冬掛け用のダウンの布団を1枚掛けて寝ることにしました。
寝るときは丁度心地よいのですが、朝起きてみると意外と寝汗をかいています。
寝汗から風邪を引くこともあるので、妻は気遣ってくれます。

妻の話では、昨年は暖冬のせいか中くらいのダウンの布団に毛布をかけて寝ていたそうです。
私には全く記憶にありません。
本日は天気も良いので妻は布団を干したり、パジャマを洗ってくれます。そんな妻に感謝です。

最近、独居老人が増えています。
こういう時こそ妻のありがたみを感じます。

少子高齢者社会が益々進展していく中で、私はシニアとシングルマザーが共生するコミュニティ・ハウスユートピア館の建設を計画しています。

これが完成すれば独居老人の数が少なくなり、社会問題解決の一助になればと思っています。

私が投じる一石は小さいですが、小さいところから一歩ずつ駒を進めていきたいと思っています。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

私はこれまで「年金程度で暮らせる心身共に元気な高齢者向けシェアハ ウス」を計画していました。しかし、東京都ではシェアハウスのニーズがあまりないことが分かり、シニアとシングルマザー向けコミュニティ・ハウスに方針変更しました。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

昨日昼間の「生涯現役社会が日本を救う!」ズームセミナーには100名近い人が参加しました。
次回は30日(金)20時~21時半です。ログインID9301822900 パスワード DEC3377

なお、同書は初版がおかげさまでほぼ完売となりました。

この度増刷しましたので、著者サイン入りの同書を、1540円のところを1500円でお譲りいたします(送料込み)。

ご希望の方は、下記住所に普通郵便に1500円または切手を同封して送っていただけますか。
〒114-0002東京都北区王子5-1-1-1324 菅谷信雄

また、LINEペイでもOKです。
振込をご希望の方は、ジャパンネット銀行本店営業部(店番号:001) 普通7482176 (有)マーキュリー物産にお願いします。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

| | | コメント (0)

2019年1月29日 (火)

「マーキュリー通信」no.3629【人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法-111「消費 税率1.08を使った脳トレ その2】

先日、郵便局でレターパックを3つ買いました。1つ消費税込みで360円。税抜き価格は333円
33銭、直ぐには出てきません。
ところが3つで1080円。この場合、税抜き価格は1000円と直ぐに出てきます。
こういう時、私は中学で習った数学の素因数分解を思い出します。
素数とは、1とその数以外で割り切れない数のことで、2,3,5,7,11,13,・・・と続きます
360を素因数分解すると、2の2乗掛ける3の2乗それに10を掛けます。10は2と5に分解されます。
つまり2の3乗掛ける3の2乗かける5となります。
1080の場合、これに3が掛けられるので、2の3乗掛ける3の3乗かける5となります。
360円を1.08で割っても、3が1つ多いので、当然割り切れず、0.3333と永久に続きます。
逆に、消費税率1.08には2の3乗掛ける3の3乗かける5が含まれているので、どんな金額でも消
費税率1.08を掛けると2,3,5で割り切れることになります。
コンビニのレジなどでちょっとやってみると良い頭の体操になります。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 2日 (金)

「マーキュリー通信」no.3574【【人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法-110「運 転免許証を返上すると認知症が進む!?」】

昨日三井物産㈱情報通信事業部のOB会があり、久しぶりにOB達と再会しました。
この中に入ると私は若手となります(^人 ^;)

各自近況報告の中で、80代の長老が、「運転免許証を返上すると、認知症の確率が一気に跳ね

上がる」旨の珍説を披露しました。

一例として、それまで車でゴルフ場通いしていたOBが車を手放したら、ゴルフ場に行くのが面

倒になった。

又、車のない生活は行動半径が一気に狭くなり、家に閉じこもりがちとなり、そのOBは認知症

、寝たきり老人になってしまったそうです。

最近高齢者の暴走運転が問題となり、国は運転免許証を返上するよう促しています。

しかし、マイカー族には、楽しみを奪ってしまう反作用があり、それが認知症の引き金になっ

ていることに気付きませんでした。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月10日 (火)

「マーキュリー通信」no.3427【人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法-109 「天国 言葉をいつも発する」】

歳を重ねるに従い晩年は心穏やかに過ごすことが大切と思います。

その為に天国言葉をいつも発することが必要です。

天国言葉とは、
「今日も良い日だ♪」
「絶好調♪・・」
「ついてるなあ♪・・」
「楽しいなあ♪・・」
「嬉しいなあ♪・・」
「感謝してます♪・・」
「ありがとう♪・・」
「愛してます♪・・」
「幸せだなあ♪・・」
「許します♪・・」

天国言葉をいつも発していると、最期ご臨終の時に、自然と天国への道が開けてきます。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術 「もしも龍馬がベンチャー起業家だったら」 その時人生が動いた クリエイティブに生きる シニアとシングルマザー、ファーザーが協生するシェアハウス「ユートピア館」 スポーツ マーキュリー物産/仕事、ビジネス ワンポイントアップのコミュニケーション力 ワンポイントアップのプレゼン力 ワンポイントアップの人間力 ワンポイントアップの仕事術 ワンポイントアップの営業力 ワンポイントアップの幸福力 ワンポイントアップの思考力 ワンポイントアップの経営術 人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法 人生に勝利する方程式 人生の新発見 人生・その他 奇人変人が世の中を変えていく 富、無限大コンサルタントの道を目指して 幸福になれない症候群 日カツ! 日本人の精神的荒廃を考える 日記 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 未来ビジョン・目指せ!新しい国造りを 生涯現役社会が日本を救う 破邪顕正(はじゃ-けんしょう)の勇気を持つ 私のヒューマンネットワーキング 私を育ててくれた元上司達 空き家1千万戸時代に チャレンジする 経営 経済・政治・国際 耐震防災 自分の健康は自分で守る 誕生日に思う 趣味 音楽 龍馬の如く生きる