« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004年11月

2004年11月30日 (火)

「マーキュリー通信」no.31 【住宅耐震改修に減税】

本日の日経トップ記事に、「住宅耐震改修に減税」との見出しで国交省が方針を打ち出しました。新潟県中越地震等で震災被害が相次いでいるのを重視して、来年度から減税する方針だ。
 対象家屋は、昭和56年(1981年)以前の建築基準法改正以前の耐震性に劣る建築物で、最大減税額は26万円。仮に、耐震補強で100万円かかったとすると、13%の13万円分が減税となる。
 全国に約4700万戸の住宅があるが、耐震基準を満たしていない住宅は1150万戸にも上る。
 減税額は、総額200億円程度と雀の涙程度です。しかし、阪神大震災以降「新潟県中越大震災」が起き、3度目の大地震がいつ首都圏に発生するか分からない現状で、政府がやっと重い腰を上げたことは評価できる。

 さて、当社では、NPO法人日本耐震防災事業団の地域加盟店として、「耐震防災」の普及に努めていますが、日本耐震防災事業団に頼めば、無料で診断が頼めます。又、非営利法人の為、通常の3分の1程度の料金で精密診断が可能です。
ご自分の自宅の耐震性に不安をお持ちの方は、ご連絡ください。

一方、本日の毎日新聞に下記の様な記事が有りましたので抜粋致します。

<新潟中越地震>「中越大震災」と呼んで! 新潟県が要請

 新潟県は29日、新潟県中越地震について、今後独自に「新潟県中越大震災」と呼称することを決め、内閣府にも使用を要請した。
深刻な被害を訴え、政府に特別立法の早期成立を迫る狙いがある。県の各種文書も新呼称に切り替える。
 今回の地震は、気象庁が先月24日に「平成16年(2004年)新潟県中越地震」と命名し、県も従ってきた。
 しかし、避難者がピーク時で10万人を超え、住宅の損壊も判明分だけで8万4千棟を上回る被害程度が実感できないとして、呼称の変更を検討していた。
29日午前の庁議で「新潟県中越大震災」の呼称を正式に決め、公式文書やホームページ(HP)の記載も原則として新呼称を使用することにした。
泉田裕彦知事は、公式の場で既に「大震災」の呼称を使っている。
 阪神大震災は、政府が発生翌月の95年2月の閣議で「阪神・淡路大震災」と正式に名付けた。
新呼称は、阪神大震災を意識し、同等の復興支援を国に求める姿勢を強くにじませた。

県幹部は「法整備に及び腰な政府をただす意味合いがある」と打ち明ける。
 地震の呼称について気象庁は、被害のニュアンスを加味しない。
阪神大震災については、現在も「平成7年(1995年)兵庫県南部地震」の呼称を続けている。(毎日新聞)


記事の抜粋は以上ですが、やはり今回の新潟地震もその被害の深刻さからか「大震災」呼称を変更されました。
我々としましても平成7年の阪神・淡路大震災同様、大地震が起きた事によって引き起こされる「災害の悲惨さ」に対して今一度、声を大にして訴えて行かねばと…あらためて心に強く感じました。
今回の新潟県によるその呼称変更要請ですが、私が率直に感じた意見なんですが、起きてからその深刻さを訴えて、事の重大さを今更ながらにして捉えようとしていますが、この大地震が起きる何ヶ月も前から我々は大地震が引き起こす震災の悲惨さを訴え続けてきたわけです。
別に新潟県人に対してではありませんが、全国民が今回の事例を基に少しだけ自分事として捉えたんではないかと感じています。
しかし、はっきり言って「遅いです」、遅過ぎなんです…
死んだ人は帰ってはこないし、失った物はもう決して戻っては来ないんです。
ある村の村長さんも言ってましたよね?「この村でみんなが何十年も掛けて築き上げてきたものが全て無くなってしまった…」と
本当に気の毒だとは思いましたが、だったらどうして…?って思うのは私だけでしょうか、、、
住宅の耐震防災はそれを全て防げる物では無いかもしれませんが、しかし、せめて家だけでもしっかりと建っていてさえくれたらきっとあの中の何人かは助かったはずです。
きっとあの中の何百人、何千人かは既に我が家に帰れたはずです。
全くもって悔しいです、報道のニュースを見る度にあの光景を東京に移し替えこの東京だけは絶対に二度と同じ「過ち」が起こらないように、少しでも耐震防災を広めて行こうと思います。
巻き添えは御免です。販売なんかではありません。地域運命共同体です、協力して下さい!と訴えたいです。切に…

(有)マーキュリー物産 
耐震防災事業部  金子 登

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年11月29日 (月)

「マーキュリー通信」no.30 【結婚しない症候群】

今朝のはなまるマーケット(TBS 朝8時30分~)の情報です。30代前半の男性の未婚率が43%、女性が25%と驚くべき高さです。
 晩婚化、非婚化の要因の1つに社会的風潮があげられると思います。団塊の世代である私の20代の頃は、女性は25歳未満、男性は30歳未満で結婚するのが当然の風潮で、もしそれ以上で結婚すると晩婚と言われ、変人扱いされていました。私は30歳で結婚しましたが、晩婚の部類でした。当時、25歳を過ぎて未婚の女性はオールドミスとかハイミスと言われ、世間的に肩身の狭い思いをして、これが世間的なプレッシャーとなり、男女ともそこそこの年齢で結婚していました。最近では、オールドミスやハイミスという言葉は死語になっているようです。又、男性の独身者を、チョンガーといっていましたが、これも最近の若い人は知らないようです。
 はなまるマーケットでは、30代前半の男性を対象に、結婚するための魅力作りを特集をしていました。本日登場の男性31歳は、顔も洗わず、ひげも剃らずに登場したので、メークアップアーチストにたしなめられていました。又、お見合いのロールプレイングをしていました。当の男性は、相手の女性に、相手が関心ないのに、自分の趣味である釣り(ブラックバス)の話を延々と話していた。
一方、女性は、「恋愛映画に興味ありますか?」と男性に聞いたら、「別に」と応えて、2人のコミュニケーションはぎくしゃく。
 昔あった、世間的なプレッシャーというたがが外れると、男女とも自分を魅力的にレベルアップしようと言う気持ちが薄れるのでしょうか。
 マーキュリー物産のITコンサルタント、?潟Aッシュコンサルタント(伊東社長)でIT要員を募集したら100名も応募があったそうです。皆スキルは合格だが、客とのコミュニケーション能力で全員落第だったそうです。若者のコミュニケーション能力不足を伊東社長は嘆いていました。
 仕事能力も然り、個人的魅力も然り、ITがいくら発達しても、仕事能力も個人的魅力の
部分も、個人が努力して、意識的に身につけていかなければならない。いくら便利な世の中になってもそこをきちんと理解して、実行していかないと、個人にとって恐ろしい未来が待っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年11月26日 (金)

「マーキュリー通信」no.29 【風邪対策】

風邪がそろそろ流行ってきたようです。
 私は、のどが弱いので、毎朝ショウガを擦ってお湯と蜂蜜でうがいをしながら飲んでいます。これでのどがすっきりします。
 更に、エキナセアという免疫力アップのサプリメントを飲んでいます。これは北米インディアンに一番人気のある薬草だそうです。先日ご案内したインフルエンザのワクチンを接種して、風邪にも負けず今年も冬を乗りきる予定です。
 さて、本当は、ここで終わる予定でしたが、当社社員で風邪引きが2名出ました。若いのに1週間~10日も体調を崩し、寝込む状況です。理由を聞いたら、健康管理や自己管理が殆どできていないのでびっくりしました。風邪を引いているのに、毎晩1時~2時に寝るとのことで、これではいくら20代でも風邪が治りにくいわけです。それと食事も栄養のあるものを取っていないようです。巷のドリンク剤を飲んでいるそうですが、これでは治るわけないです。
 風邪を引いたら、栄養を充分摂って早めに寝て(10時~11時)、休養を取る。又、ビタミンCを沢山取ることも有効です。市販の薬は余り効かないので、長引くようなら早めに医者にかかる。尚、入浴は熱がある場合には控え、そうでない軽症の場合には、ぬるめの湯に半身浴でゆったりと充分つかる。但し、これも個人差があるので自分の体調と相談しながら入るのがよいです。
以上健康管理士一般指導員からのレポートです(^y^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「マーキュリー通信」no.28 【集中力】

昨日の大相撲で最後の3番は今場所の優勝を左右する大一番でしたが、勝敗以外に力士の土俵に臨む態度、精神力、番付の格等その結果を見て、ビジネスにも相通ずるものがあると感じました。
 結びの横綱朝青龍vs若の里の一番は、今場所の若の里の調子と過去の対戦成績を見たら、朝青龍の方が若干有利との予測でした。しかし、仕切の時の2人の表情を見ていたら、明らかに朝青龍の方が、気迫と集中力において数段上でした。
そして、その通り勝負は朝青龍の圧勝に終わりました。
 一方、横綱を目指す魁皇も、19歳で早くも次の横綱の呼び声が高い白鵬も、優勝を意識して、格下の相手にいとも簡単に敗れ去ってしまった。この日に白鵬が勝てば、19歳の白鵬の初優勝が濃厚だったのですが、これで又朝青龍の優勝が濃厚となってきました。やはり常勝の朝青龍の方が、ここ一番で、プレッシャーに強く、集中力も他の2人を圧倒していました。
 さて、ここは大相撲の世界ですが、これはビジネスの世界にも通じるのではないでしょうか。
 先月当社のトップ営業マンは月300万円以上稼ぎましたが、彼は過去半年間Bフレッツ営業1本に絞り、それこそ土日祝日なし、5月のゴールデンウィークも返上して、寝ても覚めてもBフレッツ営業に集中し、いろいろなアイデア、創意工夫をして、その結果が成果として出てきたわけです。
 又、成功者と、そうでない人の差は、成功者は勝ちパターンの経験が豊富で、その勝ちパターンが習慣化し、それが行動として現れてくる。横綱を目指している魁皇は、過去ことごとく綱取りに失敗してきて、後1歩という悔しささえ味わってこなかった。若の里、白鵬も優勝経験がないため、プレッシャーに負けてしまった。
 ビジネスの場でも、小さな成功を1つ1つ積み重ね、その上に徐々に大きな成功が築かれていく。相撲を通じ、又1つ学びを得ました。

-追記
(1)私が顧問をしている(株)メディア・システム・プランニングが、11月22日に「冬のソナタ」「美しき日々」の2つのCDを発売しました。今日も、そのCDを聞きながらマーキュリー通信を書いています。「冬ソナ」を知らない私でも、本当に美しい音色です。BGMとしても最高です。全国レコードショップでも購入できますのでよろしくお願いします。タイトルは、「最新の美しき人気韓国ドラマ首題曲集」と「美しき日々」です。定価各2500円+税 発売元(株)メディア・システム・プランニング(2)12月7日~8日東京ビッグサイトで賃貸住宅フェアが実施されます。当社もNPO法人日本耐震防災事業団と共同で、耐震防災普及のために出展します。是非 お立ち寄りください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「マーキュリー通信」no.28 【集中力】

昨日の大相撲で最後の3番は今場所の優勝を左右する大一番でしたが、勝敗以外に力士の土俵に臨む態度、精神力、番付の格等その結果を見て、ビジネスにも相通ずるものがあると感じました。
 結びの横綱朝青龍vs若の里の一番は、今場所の若の里の調子と過去の対戦成績を見たら、朝青龍の方が若干有利との予測でした。しかし、仕切の時の2人の表情を見ていたら、明らかに朝青龍の方が、気迫と集中力において数段上でした。
そして、その通り勝負は朝青龍の圧勝に終わりました。
 一方、横綱を目指す魁皇も、19歳で早くも次の横綱の呼び声が高い白鵬も、優勝を意識して、格下の相手にいとも簡単に敗れ去ってしまった。この日に白鵬が勝てば、19歳の白鵬の初優勝が濃厚だったのですが、これで又朝青龍の優勝が濃厚となってきました。やはり常勝の朝青龍の方が、ここ一番で、プレッシャーに強く、集中力も他の2人を圧倒していました。
 さて、ここは大相撲の世界ですが、これはビジネスの世界にも通じるのではないでしょうか。
 先月当社のトップ営業マンは月300万円以上稼ぎましたが、彼は過去半年間Bフレッツ営業1本に絞り、それこそ土日祝日なし、5月のゴールデンウィークも返上して、寝ても覚めてもBフレッツ営業に集中し、いろいろなアイデア、創意工夫をして、その結果が成果として出てきたわけです。
 又、成功者と、そうでない人の差は、成功者は勝ちパターンの経験が豊富で、その勝ちパターンが習慣化し、それが行動として現れてくる。横綱を目指している魁皇は、過去ことごとく綱取りに失敗してきて、後1歩という悔しささえ味わってこなかった。若の里、白鵬も優勝経験がないため、プレッシャーに負けてしまった。
 ビジネスの場でも、小さな成功を1つ1つ積み重ね、その上に徐々に大きな成功が築かれていく。相撲を通じ、又1つ学びを得ました。

-追記
(1)私が顧問をしている(株)メディア・システム・プランニングが、11月22日
に「冬のソナタ」「美しき日々」の2つのCDを発売しました。今日も、そのC
Dを聞きながらマーキュリー通信を書いています。「冬ソナ」を知らない私でも、
本当に美しい音色です。BGMとしても最高です。全国レコードショップでも購
入できますのでよろしくお願いします。タイトルは、「最新の美しき人気韓国ド
ラマ首題曲集」と「美しき日々」です。定価各2500円+税 発売元(株)メディア・システム・プランニング
(2)12月7日~8日東京ビッグサイトで賃貸住宅フェアが実施されます。当社も
NPO法人日本耐震防災事業団と共同で、耐震防災普及のために出展します。是非
> お立ち寄りください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年11月25日 (木)

「マーキュリー通信」no.27 【地震に関する読者の反響-2】

地震に関する読者の意見は多数ありましたので、その2としてお届けします。
マーキュリー通信が読者との双方向のコミュニケーションになっているのは筆者として望外の喜びです。

下記はM社F社長からのメッセージです。日本人として、市民として考えさせられます。

「天変地異」は起こります

今の日本人に掛けている事は思いやる、愛すると言った本質がなくなっている事です

《自分自身が良ければそれで良い》そんな風潮です
富士山は外観は良いけどごみの山
いらなくなったフルタイヤ、空き缶がいっぱいのごみの山です

我が町は空き地が多くそんな場所にナンバープレートのない車が数十台捨ててあります、廃車するのにお金が掛かるから捨てて行くのでしょう当然、空き地には不法投棄のごみがいっぱいですこんな話あります、畑を駐車場で使うのでちょっと貸してくれと言われ、貸したら不法投棄の場所にされ捨ててある場所に町の職員が注意をしにいったらやくざで怖くなってなにもせず帰ってきました
捨てる業者はトンあたり数万で預かり処理を行わなければなりませんが、余計な事はせず
不法投棄をすれば丸儲けそれが指定業者ですから、こんな話腐るほどあります

年に2回町全体で環境美化運動を行いますが、我が地区だけでも大きなゴミ袋5袋(空き缶、雑誌、生ごみ、かさ、ビデオなど)とバッテリー、たて看板、家を壊したときの残財、バイク、自転車など出てきます、バイク、自転車などは盗難品のようです
そちらは都心の真ん中で清掃関連の方がいるのとバイクなどは誰のものかわからないくらいありごみが目立たないので、ないように思えますが実は結構あるのではないでしょうか

これらは、人を思いやる事がなくなり自分だけのやつらの出現が原因だと思います
私を含めた人間完璧ではないのですべて出来ているかと言えばどこかで人に迷惑を掛けているかも知れません
しかし意識することで変わります

「そろそろ、物質文明から精神社会へ」、
よくテレビの取材で都心から農村へ移行している方の話ありますが皆さん、年収100万円前後でも生き生きとして生活しています
生ごみは分別して枯葉とともに堆肥へ(土中菌とミミズが堆肥を作ります)
生活の循環があります
こちらが本当の生活のような気がします

人に優しい自分作りが自然にもやさしくなります、それがあれば自然と共存できます
「天変地異」もなくなるでしょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年11月24日 (水)

「マーキュリー通信」no.26 【地震に関する読者の反響】

マーキュリー通信も既に百数十通の感想を戴き、私自身の励みにもなっています。
又、転送希望者もかなりおり、皆様には心から感謝致します。
この間、新潟中越地震が発生した関係上、地震に関する反響がたくさんありまし
た。その中から一例をご紹介にします。

★第一回『地震との出会い』★


10月から、NHK朝の連続テレビ小説『わかば』が始まった。

1995年の阪神・淡路大震災で父を失い、宮崎県日南市の飫肥(おび)という地で芋焼酎を作る叔父夫婦の家庭に、親子三人身を寄せるところから物語は展開する。

「九州の小京都」と言われる、この風光明媚な城下町が私の故郷である。

懐かしい方言や鵜戸神宮・飫肥(おび)城など心踊るドラマであるが、
ある場面で、私の気持ちは陰鬱なものとなった。

それは叔父夫婦の息子である啓太が、深夜バイクに乗って帰宅した時の事だ。
『若葉』の弟の光が、その音で、地震の悪夢を思い出し、非常袋を手に庭に飛び出し、戦慄する。
母親の詩子が必死に抱きしめ恐怖を消そうとする。
ここまで、地震の心に残した傷跡は深いものかと考えさせられた。

この地震を実際に体験された、作家の藤本義一氏の文章を紹介したい。
「震度7の直下に襲われて半月を経た現在でも、あの恐怖に伴う不安は体内に刻み込まれているようだ。
この2週間余りに3度夜明けに不意に眼を醒ました。
それも地震発生の午前5時46分前後である。」

私は18才まで日南にいた。
台風の怖さは毎年体験したが地震の経験はほとんど無い。
皮膚感覚で解からない。
ただ理屈で地震の凄さを思い知らされたのは、阪神・淡路大震災の数字だ。

6,500名の方が亡くなった事実、
戦災直後を思わせる崩壊した建物・道路、避難場所で余震に怯える人々の姿。

この時が、私にとって地震を「自分の事」として考えるようになった初めだと思う。


そして先月の10月23日、新潟中越地震が起きた。

テレビの画像が伝える緊迫した現地。
埋もれた車の中から奇跡的に助け出された優太君。
永い避難所生活。
人は自然の天災の前に、いつも無力でありつづけるのだろうか。

今話題である、マグニチュード8の東京大地震を
シュミレーションした高嶋哲夫氏の小説『M8(エムエイト)』。
地震の後の閣議で、諏訪内総理大臣はこう言う。

――『地震は一瞬だ。
その一瞬のために千単位の死者、万を超える負傷者が出て、
ビルが倒れ住宅が焼ける。
人々は行き場を失って途方に暮れる。
以後、何年にもわたって膨大な損失をこうむり、様々な重荷を引きずっていかなければならない。
この一瞬の被害を最小限にとどめる事ができれば。
我々はこの一瞬のために、もっと税金を使うべきだった。
努力を惜しむべきではなかった。全壊を半壊に抑える。
1000人の死傷者を10分の1、100分の1に減らす。
親をなくした子、子をなくした親を最小限にするために
もっと時間と金を費やすべきだった。
それが真の政治というものだ。』――
☆☆☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆☆☆
昔から『備えあれば憂いなし』と言われています。
きっと、菅谷様の身の回りでは
耐震準備などの対策をとっておられることと思いますが、
今一度、再点検をお勧めいたします。
//////////////////////////////////////////
防災本舗 お問合せ 有限会社アールウェーブ 古澤猛夫 0120-56-8181
tel 03-5625-2033 fax 03-5625-2039
東京都墨田区両国 1-1-1
//////////////////////////////////////////

追記
(1)12月7日~8日東京ビッグサイトで賃貸住宅フェアが実施されます。当社も
NPO法人日本耐震防災事業団と共同で、耐震防災普及のために出展します。入場料
は無料です。是非お立ち寄りください。
(2)当社販売中のベビーウェアがヤフー、グーグルでSEO第1位に登場しました。
検索キーワードは、「孫 ベビーウェア」です。是非検索してみてください。
http://www.piconet.co.jp/mercu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年11月23日 (火)

「マーキュリー通信」no.25 【世界最小の総合商社的経営論-3「世界最小の総合商社の経営理念」】

首都圏の1都3県が昨年秋以降実施しているディーゼル車規制用に販売した排ガス浄化装置について、三井物産?鰍ェ虚偽に試験データを東京都に申請していることが分かり、社会問題化している。
 三井物産では、2年前国後島のディーゼル発電施設に絡む不正入札事件で3人の逮捕者を出し、当時の清水社長が引責辞任をし、経営的にも営業的にも社内外で大きなダメージを受けた。三井物産では猛省し、事件後法令遵守委員会を設けて、社内に法令遵守を周知徹底してきた。しかし、今回又経営を揺るがす大問題が発生した。一体何故このような不祥事が繰り返し起こるのか。
 三井物産は営利企業であるから、当然利益を追求していく。現在三菱商事が一足お先に年間の経常利益1000億円を達成し、三井物産もこれに追いつこうと必死になっている。この1000億円の割り当てが現場営業部門に降りてくる。
この割り当てられた利益を、各現場が達成のために必死となる。三井物産でもボトムアップ型経営だから、どうやって儲けるかは、現場に任せられる。経営トップが現場の動きを逐一把握する仕組みなっていない。
 今回の不祥事は、何も同社に限ったことではない。これは氷山の一角に過ぎない。私がお世話になった会社をかばうつもりはないが、エクセレント・カンバニーの定義として、利益を最優先する現代企業に陥りやすい罠の1つといえる。営業部門の評価基準の大半は利益だから、どうやって儲けるかに意識が集中してしまう。だから大企業の不祥事が後を絶たない。
 さて、世界最小の総合商社マーキュリー物産の経営理念の第1は「社会的意義」に置いています。第2にその商品、商材が普及していった時に社会のお役に立つかどうかです。もちろん消費者を欺くような商品は御法度です。第3にその事業、商材、商品が時流に乗っているか。そして、第4に収益性の高い商品かどうかです。この基準に合っていれば、事業戦略戦術をしっかり立て、それを実行することで利益は後からついてきます。そして、会社が儲かってきたら、その利益を社会還元していく。それが私の夢、高齢者向けコミュニティ・ハウス ユートピア館の建設に繋がります。
 マーキュリー物産ももちろん営利企業なので、当然目標を設定して、それに向かって進みますが、上述の通り評価基準が違うのです。
 一例を挙げるなら当社で取り扱っている「倒壊防止システムDSG」は、「地震大国日本から個人の生命と財産を守る」という極めて社会的意義の高い事業です。
但し、社会的意義が高くても、経営姿勢や商品が悪ければ何もなりません。耐震防災事業では、悪徳企業が跋扈しています。その点、私が加盟店となっている
NPO法人日本耐震防災事業団の小口悦央理事長は、人物的にも信頼でき、商品も?bP商品であることが過去1年半お付き合いしてきて分かりました。「倒壊防止システムDSG」が日本全国に普及したときのイメージは、それこそ「地震大国日本から個人の生命と財産を守る」ことになります。営業マンは、「耐震防災」の普及というこの使命感の下に営業活動をしているので、モラールは当然高いです。
 その他当社の3大事業の他の2つ「家庭用生ごみ消滅機」、NTT Bフレッツ営業も然りです。これらの商品も業界?bP商品です。そして、これらの商品が普及していったとき、前者は、家庭の生ゴミ問題は解決し、大気汚染にも貢献する。
後者は、ファイバーツーザホームというIT大国日本に貢献できるという自負があります。
 三井物産マン時代、特に40歳以降過酷なノルマとの戦いでした。そして、心身共に消耗している自分に気付きました。だから、今回事件を起こした三井物産担当者の気持ちも理解できます。私自身そういう自分と現代の営利企業の限界を感じ、25年勤務した三井物産を退職する引き金ともなりました。
 
追記
(1)12月7日~8日東京ビッグサイトで賃貸住宅フェアが実施されます。当社もNPO法人日本耐震防災事業団と共同で、耐震防災普及のために出展します。入場料は無料です。是非お立ち寄りください。
(2)当社販売中のベビーウェアがヤフー、グーグルでSEO第1位に登場しました。
検索キーワードは、「孫 ベビーウェア」です。是非検索してみてください。
http://www.piconet.co.jp/mercury/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年11月22日 (月)

「マーキュリー通信」no.24 【新潟中越地震から1ヶ月】

明日で、新潟中越地震から丁度1ヶ月となります。これから寒い冬になり、被災者の方々の心労は更に辛いものと心が痛みます。
一方、マスコミでは連日被災地の報道が行われ、被害状況がお茶の間に届けられます。当社も、仕事柄耐震防災の重要性を仕事を通じ訴えているのですが、どうも対岸の火事と思っている人が圧倒的に多いようです。
先日、政府中央防災会議調査会(小泉首相が会長)が、首都圏直下地震が襲った場合に、震度6弱から6強の地震が1都3県の大半で発生すると発表しました。
昨年9月中央防災会議は関東大震災80年を機に、東海、東南海、南海地域で3地震が同時発生したら、経済損失は80兆円に上ると発表しました。
しかし、予測だけしていても何の対策にもならないことは、今回の新潟中越地震で証明済みで、3兆円の被害を出しました。
 先日の日経のコラムに、今年は地震、台風等自然災害が多数発生し、膨大な被害を日本列島にもたらしたが、これは「天が人間に下す警告」という記事を載せていた。古来、中国でも天変地異は政治が乱れているときに「天が人間に下す警告」とされてきた。乱開発は、土砂崩れ等の自然災害を起こす。石油、石炭等化石燃料の大量使用により地球の温度が上昇し、海水面が上昇していくことが知られている。政治の乱れが、地震や台風等の自然災害に結びつくことはまだ科学的に立証されていない。しかし、いずれそのメカニズムが解明されることでしょう。
現代の日本を見ると、私の子供の頃と比べると政治経済社会が余りにも乱れすぎている。20代女性の2割が不倫経験があるというショッキングな話も先日聞きました。離婚の増加や、日常マスコミを賑わす余りにも悲惨な事件が多すぎる。
政治だけでなく社会も産業界も乱れていると、本当にもっと恐ろしい天変地異が起こるかもしれないと思うのは筆者だけでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年11月21日 (日)

「マーキュリー通信」no.23 【クローズアップ年金】

先日NHK報道番組クローズアップ現代で深刻化する年金未払いを取り上げていた。年金負担の上昇に中小企業が耐えかねて、脱退が続出している。
番組で取り上げたその中小企業は、40名の従業員を抱えており、毎月の利益が100万円。しかし、年金負担は毎月100万円以上で限界を超えていた為に、偽装休業を図り、別の休眠会社で業務再開をしている。法的には、もちろん違法だが、中小企業の社長から、「年金負担で企業が潰れてもかまわないのか」と凄まれると、社会保険庁の役人は返答に窮するそうです。社会保険庁は、見かけの保険料の徴収率アップを図るために、この偽装工作を黙認している。休業中の企業は、年金徴収の対象からはずれるため、保険料徴収率がアップすることになる。
こんな見せかけの報告が上司にいき、役人のつじつま合わせに使われる。
一方、大企業側は、2ヶ月以内の短期労働者は年金の対象外となるため、この制度を利用して、合法的に年金逃れをしている。パート、アルバイト、派遣労働者が過去10年で倍増しているのは政府のゆがんだ年金政策も後押ししているようだ。
更に、企業側は、年金負担の重圧に耐えかねて、雇用政策の転換を図り、社員から個人事業主への切り替えが進んでいる。
世界最小の総合商社マーキュリー物産でも、営業は原則個人事業主又は個人企業との契約にしている。当社では、年金負担の重圧もさることながら、お役所とつきあう事による時間的無駄、お役所の事務の非効率さを民間に押しつけられるから、その事務負担による経費増が馬鹿にならない。当社では、その分待遇で報いている。会社が儲かれば、その分社員に還元するような制度にしています。
又、制度上は、厚生年金を脱退人は国民年金に加入することになっているが、皆この制度は実にばかげた制度で、事実上意味のないことを知っているから入ろうとしない。先日某政治家から聞いた話では、国民年金に夫婦で加入すると、現行年金制度では、月13万円強の受給。一方、年金を払えず、生活保護を受ける所帯では、夫婦で12万円程度もらえるそうです。この事実を知ってしまったら、国民年金などばかばかしくて払えなくなる。
更に、これまで年金を食い物にしてきた官僚、政治家、その利権にぶら下がっている業者が合法又は非合法的に搾取した金額が10兆円という天文学的数字に達していることを知っている国民は感情的にも年金に加入したくないのが当然といえる(「年金大崩壊」岩瀬達哉著講談社1680円参照)。
少子高齢化社会の下では、生活困窮者には国が援助の手をさしのべる一方で、一般国民には年金を廃止し、自助努力に任せる政策にシフトすることがベターなことは分かっている。しかし、長年の利権構造の中で、美味しい汁を吸い続けている連中がごまんといる中では廃止は至難の業です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年11月19日 (金)

「マーキュリー通信」no.22 【なか卯東池袋店閉店】

東池袋にある私の事務所近くの牛丼チェーン店なか卯が先週末で閉店した。閉店の理由は簡単に推測がつく。この店は、吉野家の通常店の倍の広さでした。客の入りからみれば、半分のスペースでよかったのに、倍のスペースを借りたため、店内はいつも閑散としていた。味と価格は、吉野家と五十歩百歩。
 一方、我が町大塚にある煮干しラーメン店が最近閉店した。同店は、大型書店が大塚駅前に進出した為につぶれた地元書店の後釜として入居した。閉店の理由はこちらも実力の倍以上のスペースを借りたためと容易に推測がつく。閉店は、時間の問題と思っていましたが、1年強持ちこたえました。
 その後のテナントが博多ラーメン店。ここも前の煮干しラーメン店同様実力の倍のスペースを借りて、店はいつも閑散としており、閉店は時間の問題と思える。
多少の経営センスがあれば、大きすぎるスペースでは採算がとれないことは直ぐに分かるのだが、何故同じ愚を繰り返すのか、首をかしげたくなります。
 私は、食事をするとき、いつも経営の観点でそのレストラン、食堂を見ます。
店内オペレーション、回転率、店員の態度、店の雰囲気、料理と価格とサービス、店の雰囲気を含めた総合評価等々。自分自身も経営者として、経営コンサルタントとして、他社の事例が生きた事例として大いに参考になります。

追記
16日北の丸公園科学技術館で東京同友会主催で「中小企業立国ニッポン」に当社も「家庭用生ごみ消滅機」のブースを出展しましたが、「10分で消える消滅機」のアイキャッチが受けて、大きな反響を得ました。又、商品の良さをじっくりとご理解頂き、当日3台の販売となりました。又、販売店候補数社出てきて、当社「家庭用生ごみ消滅機」の販売に確かな手応えを感じております。今後ともご支援の程よろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年11月15日 (月)

「マーキュリー通信」no.21 【トヨタ名誉会長 豊田章一郎氏講演会 三井とトヨタと人作り】

本日(15日)三井物産社友向け豊田章一郎名誉会長のスピーチを拝聴して、企業と企業の関係は、基本的には個人と個人の関係から出発しているということと、人と人の縁の深さや運命のいたずら等を感じました。
トヨタと三井物産の取引開始は、105年前(明治32年)三井物産名古屋支店藤野支店長がトヨタグループ創始者豊田佐吉氏に面談したのが始まりです。
当時三井物産は、日清戦争後の景気後退局面で、外貨を稼ごうと高品質の綿糸布を探していたが、その中で目にとまったのが豊田佐吉氏の豊田自動織機だそうです。その後、三井物産は、資金的に余裕のない佐吉氏をバックアップし、三井物産と佐吉氏との信頼関係は増していく。今日でも、トヨタと取引のある商社の中で、三井物産が特別扱いされているのは、この佐吉氏と三井物産との信頼関係に遡るそうです。
佐吉氏の起業家精神は息子の喜一郎氏に引き継がれ、トヨタ自動車の事実上の創業者喜一郎氏は、創業に際し艱難辛苦を味わった。そして、戦後ドッジラインと労働争議でトヨタは事実上倒産した。喜一郎氏は引責辞任で社長の座を去った。
昭和25年トヨタは、自工と自販に分離させられ、それぞれ三井、東海銀行の管理下に置かれた。
その後、朝鮮戦争特需でトヨタはよみがえる。トヨタ再建の中興の祖で、当時のトヨタ社長の石田退三氏は、喜一郎氏にトヨタ社長復帰のお願いをする。しかし、喜一郎氏は、社長復帰を待たずに脳溢血で急死。
このお家一大事に、石田社長は、豊田佐吉氏の甥に当たる章一郎氏を招聘する。
章一郎氏は、当時日産ディーゼルに在籍していたのだから、もし喜一郎氏が予定通り社長復帰していたら、現在の章一郎氏はなかったわけで、運命の綾を感じるそうです。
物作りに関し、章一郎氏は科学技術立国の重要性を力説する。IT社会の進展に伴い、いかに経済がソフト化、サービス化しても、物作りにより技術の進歩が促される。メーカー機能なくして、技術進歩に限界が来る。日本の人件費は、中国の20~40倍、東南アジアの10倍も高いが、高付加価値の生産現場の確保は必須である。
章一郎氏は、日本経済のソフト化、サービス化の進展に伴い、日本の技術力、品質の低下を危惧する。技術力を争う技術オリンピックでは韓国台湾に抜かれてしまった。品質を競うデミング賞では、受賞企業数が減少している。
章一郎氏は、トヨタの経営哲学の原点に立ち、「人間が物を作るのだから、人間を育てることが重要」と説く。絶えざるOJT(on the job training)の繰り返しにより、人材を育成し、いかに高付加価値商品に特化していく事が肝要。
又、トヨタでは、4S(整理整頓、清潔、清掃)といった極めて基本的なことをしっかりと行い、それをベースとして、創意工夫、各種提案制度、改善等が出てきて、それが安全、品質管理、能率、原価の低減、競争力の源泉等に繋がり、世界一高い賃金の日本での物作りが可能となってくると力説する。
 さて、私自身、1兆円の経常利益を上げた超エクセレントカンバニー、トヨタに関心を持ち、最近トヨタ関連の書籍を10冊読みました。
これまで、トヨタ式経営はメーカー向けのものと思っていましたが、私のような商社の人間にも大変参考になります。そのような中、三井物産社友向け講演会にトヨタ名誉会長 豊田章一郎氏が登場されることを伺い、物産会に初参加させて頂きました。
尚、私が読んだ10冊の書籍の中でお勧めの3冊をあげるなら、(1)トヨタを創った男「豊田喜一郎」野口均著WAC出版1785円、(2)「トヨタ流」自分を伸ばす仕事術 若松義人著成美堂出版530円、(3)「トヨタ流」自己改善力 若松義人著 経済界1680円がお勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「マーキュリー通信」no.20 【世界最小の総合商社的経営論-2 「活私豊幸」】

「活私豊幸」とは、私が15年前位に「滅私奉公」をもじって造った造語です。
「活私豊幸」=「自分を活かしながら人生の途上で出会った人々をいかに豊かに幸福にできる人間でありたい」 という私の行動哲学です。この基本哲学をベースに世界最小の総合商社的経営論が成り立っています。
マーキュリー通信no.19【世界最小の総合商社的経営論-1 頑張った人が頑張っただけとれる収入の仕組みを作る】では、10月だけで300万円を稼いだ営業マンが出てきた旨お伝えしました。
当社に集う営業マンには儲かる商材を提供し、当社を媒介として、できるだけ収入を稼いで欲しい。そして、各自の夢や目標を達成して欲しいと思っています。これが私の言う「活私豊幸」の具現化となります。当社に集う営業マンが、月収ベースで100万円、年収ベースで1000万円稼いで欲しいと思っています。Bフレッツ営業では、それが現実のものになりそうです。
一方、「家庭用生ごみ消滅機」事業、耐震防災事業でも来年は営業マンが1000万円稼げるスキームを現在構築中で、その事業戦略と戦術がかなり明確になってきました。
ベストセラー書「金持ち父さん、貧乏父さん」の著者ロバートキヨサキ氏が、一流大学を卒業して、一流企業に就職しても貧乏父さんになるのが落ちですよと強調していました。マーキュリー物産は、会社は小さいけれど、こちらに集う営業マンで、一生懸命頑張った人にできるだけ収入をとってもらい、マーキュリー物産に集って良かったと思われるような会社にしたいと思うのが私の考えです。
私自身は、マーキュリー物産で早く1億円を稼ぎ、私の夢である高齢者向けコミュニティ・ハウスをユートピア館を建設したいと思っています。ユートピア館とは、心と体の予防医学の普及により、寝たきり痴呆老人ゼロを目指す老人ホームです。
ユートピア館では、家賃、管理費、光熱費、食費込み月10万円くらいで暮らせます。私自身現在55歳ですが、5年後の還暦のお祝いに第1号館を完成させたいと思っています。
私は生涯現役で、ユートピア館の全国展開を図っていきたいと思っています。第2の人生は思いっきり社会貢献したいと思っています。100歳まで思いっきり生きて、最期死ぬときに、「ああ、いい人生だったなあ」と自分自身思うことができ、周りの人からも祝福されてあの世に還りたいと思っています。それが究極の私の夢なんです。

明日16日、中小企業東京同友会主催北の丸公園内科学技術館で、「家庭用生ごみ消滅機」を出展し、10分で消える「家庭用生ごみ消滅機」の実演デモを行います。12時から21時です。皆様のご来場をお待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年11月13日 (土)

「マーキュリー通信」no.19 【世界最小の総合商社的経営論-1 頑張った人が頑張っただけとれる収入の仕組みを作る】

世界最小の総合商社マーキュリー物産では、私はこれまで社会に出て33年たちますが、その間経験してきて良いところは経営に取り入れ、疑問に思ったところはそれを解決する方向で取り入れています。とかく世の中はおかしな事が多すぎます。サラリーマン時代は、社会や会社の壁があってなかなか実践できなかったことでも、世界最小の総合商社では、私がやろうと思えばできてしまいます。
そこに経営のおもしろさがあります。そして、マーキュリー物産は極めてユニークな会社だと思います。この世界最小の総合商社的経営論が経営者の皆様に少しでもお役に立てれば幸いです。
当社では、ハローワーク的に定義するいわゆる正社員は存在しません。かといって、一緒に仕事をやっていく仲間、社員を大切にすることは最重要と考えそれを経営施策に現しています。当社のような中小企業では、営業が最重要で、営業の働きなくして会社は成り立ちません。
経営者の私の仕事は、いかに収入をとれる仕事を見つけてくるかです。現在、NTT Bフレッツ営業、家庭用生ごみ消滅機の販売、耐震防災事業が当社の3大事業ですが、いずれも業界?bPの商品力を誇り、Bフレッツ営業が今一番旬な商材で、その他2つは今後極めて有望な事業です。
さて、営業マンへの報酬体系は、個人の能力に応じ、固定給、完全歩合給、その中間と全て異なります。自分の結果に自信のない営業マンは、スタート時固定給+歩合給とし、自信が持てた時点で完全歩合給に移行し、できるだけ多くの収入がとれるようにします。
先月8名の営業マンの中で、最高は300万円以上稼いだのがいます。一方で、固定給で実績のでない営業マンもいます。その場合、当然プレッシャーがかかってきます。私自身余り尻を叩いてがみがみ言うことは余りしません。但し、個人の目標管理を徹底するように指導します。その代わり、実績のでない営業マンは営業サポートに回ってもらい、それでもだめな営業マンは業務委託打ち切りとなります。こういう形で切磋琢磨し、最強の営業集団を構築していこうと考えています。

当社販売中のベビーウェアがヤフー、グーグルでSEO第1位に登場しました。
検索キーワードは、「孫 ベビーウェア」です。是非検索してみてください。
http://www.piconet.co.jp/mercury/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年11月10日 (水)

「マーキュリー通信」no.18 【インフルエンザ予防のワクチンを接種しよう】

そろそろインフルエンザが気になる季節になりました。一昨年インフルエンザが猛威を奮い、ワクチンの量が確保できなかったために、昨年はかなり充実したそうです。私は、毎年インフルエンザ予防のワクチンを接種しています。健康保険は利きませんが、料金は各医療施設によってまちまちです。私の場合、昨年まで地元の豊島中央病院で摂取していましたが、5000円でした。妻が今年受けたら4200円に値下がりしたので喜んでいたら、妻の実家で受けたら、北千住のクリニックでは2千円と聞いてがっかりしたそうです。因みに私は事務所の近くのクリニックで摂取したら3千円でした。昼休みに行ったら誰もいませんでした。保険証は不要ですので、仕事の合間に気楽に行くことができます。ワクチン接種量は、インフルエンザが猛威を奮うと急に増加するそうです。インフルエンザにかかって大変な思いをする前に、自分の身体へのちょっとした気遣いと僅かな投資で、インフルエンザの脅威を減らすことができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年11月 9日 (火)

「マーキュリー通信」no.17【イメージする力】

新潟県中越地震はいまだ余震が続き、被災者の心労はいかばかりかと察します。
2歳の皆川優太君が奇跡的に救出され、病院にいる元気な姿がテレビで映し出されるのを見ると、亡くなったお母さん、1つ上の真優ちゃんのことやこの子の将来に思いが馳せ、自然と涙が出てきます。
私どもは耐震防災の重要性を、仕事としてお伝えしているのですが、これだけマスコミで連日連夜報道して
いても、「死んだらそれまで」と対岸の火事と捉えている人が多いようです。
地震関連の第一人者東京大学目黒公郎博士は、日本人のそのような受け止め方に対し、「イメージ力の欠如」と評しています。
昨年9月の上野国立科学博物館で行われたザ地震展で、目黒博士は、阪神大震災で亡くなられた方の悲惨な写
真をその場限りと言うことで公開されました。大半の方は、地震発生後15分以内に、圧死、窒息死、焼死等で亡くなられました。
建物の下敷きになった写真、家具が倒壊して押しつぶされ肋骨がばらばらになった死体、大型テレビが飛ん
できてぐちゃぐちゃになった顔、全身黒こげになってミイラのような焼死体等々それは見るに堪えない残酷な死体で、
今でも鮮烈な映像として脳裏に焼き付いています。
「もし、自分の家族や、親、友人がそのような衝撃な死体で発見されたらあなたはどのように感じますか?」と目黒博士は訴えかける。「死んだらそれまで」なんて言う事自体不謹慎と、そんなことを言ってしまう自分を恥じることになります。
我々一人で生きているわけではありません。地震報道でも分かるとおり、多くの人が支え合って生きています。
私は、耐震防災にお金をかけることが、車に保険をかけると同じように、保険の一種として理解される世の中がいずれ到来するものと信じています。それまで耐震防災事業の重要性を訴え続けていきたいと思います。

下記は、東京都で発表している地域別危険度調査結果です。これを見るとご自分の住んでいる地域の危険度を建物倒壊危険度 火災危険度 避難危険度 総合危険度で把握することができます。私の住む豊島区は比較的安全と思われていたのですが、池袋本町 3丁目 は総合危険度は最悪の5,BBBの評価で都内で16番目に危険度の高い地域と判定されています。因みに東京都で一番危険な地域は、足立区千住仲町で、3項目全てにおいて危険度5で、総合でもワースト1位でした。
「第5回地域危険度測定調査結果地域危険度一覧表」
http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/bosai/chousa_5/table.htm

追記
この度、中野区防災課と6町内会の協力の下に、防災マニュアルが完成しました。中野区長の耐震防災事業に取り組む姿勢他、自助、共助、公助の必要性が強調されています。オールカラーの逸品です。ご希望の方は、若干部当方に手持ちがありますのでご連絡ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年11月 5日 (金)

「マーキュリー通信」no.16 【自治体による年末緊急融資】

豊島区から年末緊急融資のDMが届きました。
融資金額300万円。金利は何と0.2%!但し、信用保証協会の保証料がつくので、実質2%程度の金利となる。
返済期間は1年。当社でも早速申し込みしました。
又、それ以外にも自治体の低利融資制度があるので、これを機に融資制度を調べてみたらいかがでしょうか。
豊島区以外でも、中小企業向けに同様の制度融資があります。但し、信用保証協会の保証とセットです。
融資の実行に際しては、地元信用金庫等からとなります。
年末資金を低利で借りたい中小企業経営者は各自治体に問い合わせてみたらいかがですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年11月 4日 (木)

「マーキュリー通信」no.15 【やはり楽天に決定】

プロ野球新規参入は予定通り楽天に決まった。
決定理由は、ライブドアより楽天の方が経常利益が多く安定しているからとのことです。
楽天の株式時価総額は11月2日現在で9400億円で、これはプロ野球界トップのオリックスの1兆500億円に肩を並べる。
一方、ライブドアは2400億円でプロ野球界の中では、中間に位置し、ダイエー、阪神1200億円の2倍だ。
西武鉄道2000億円の丁度上に位置する。
オーナー達は、ライブドアの収益力から、長期的にプロ野球団を経営していくことに疑問を呈していた。
自分たちの収益力を考えるとライブドアの収益力を云々するのは茶番劇だし、わざわざ時間をかけるほどの事はない。
但し、時間をかけた分、これまで一般には無名だったライブドアの知名度が一気に上昇し、
ライブドアに対する判官贔屓が増え、ライブドアの企業イメージがアップし、マスコミによる広告宣伝費を考えた場合、
ライブドアが得た無形の財産は計り知れない。
一方、自分たちの広告塔程度にしか考えていない企業経営者が、長期的経営を主張するのは極めて滑稽に映る。
そもそも企業は営利が目的なのだから、プロ野球団所有が企業経営上プラスなら継続するし、
その赤字額が維持するには大きすぎる場合には、近鉄のように放棄せざるを得ない。
現在ダイエーが最後の選択を迫られて、ソフトバンクが買収に意欲を見せている。
今回の楽天のプロ野球進出を見ると、企業の盛衰を垣間見る。
つまり、鉄道、スーパー、食品会社等伝統産業が衰退し、IT関連企業の躍進が目立つ。
僅か7~8年前に設立され、共に2000年に上場した両社の株式時価総額が、伝統企業の株式時価総額を
いとも簡単に抜き去ってしまうことに驚きを禁じ得ない。
楽天のプロ野球進出を機に、是非プロ野球の大改革を進めて欲しい。
球団を維持できない収益力の弱い企業はどんどん退場すればよい。
IT企業以外でも高収益企業は、トヨタ、ホンダ、ソニー、セブンイレブン、キャノン等々いくらでもある。
それらの企業がスポンサーしたくなるようなプロ野球団に改革していくべきと考える。
私としては、Jリーグ方式を見習い、全国主要都市にプロ野球団を設立して欲しい。
球団数は現在の12から倍の24に増やす。その代わり、現在の2軍を廃止して、1部リーグ、2部リーグとし、
1部リーグの最下位は2部リーグの首位と毎年入れ替わる。外人枠も撤廃し、韓国、台湾選手もどんどんスカウトする。
選手の年俸は、もっと身の丈にあったモノに大幅ダウンさせる。
メジャーリーグとの年俸格差がついても、実力のない選手は行けない。
その一方で、選手をもっと大切にする。例えば現在の人工芝は選手の腰や膝に良くないので、天然芝に切り替える。
そして、ファンのための改革を徹底的にやる。
さて、皆さんはどんなふうにプロ野球を改革したいと思いますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「マーキュリー通信」no.15 【やはり楽天に決定】

プロ野球新規参入は予定通り楽天に決まった。
決定理由は、ライブドアより楽天の方が経常利益が多く安定しているからとのことです。
楽天の株式時価総額は11月2日現在で9400億円で、これはプロ野球界トップのオリックスの1兆500億円に肩を並べる。
一方、ライブドアは2400億円でプロ野球界の中では、中間に位置し、ダイエー、阪神1200億円の2倍だ。
西武鉄道2000億円の丁度上に位置する。
オーナー達は、ライブドアの収益力から、長期的にプロ野球団を経営していくことに疑問を呈していた。
自分たちの収益力を考えるとライブドアの収益力を云々するのは茶番劇だし、わざわざ時間をかけるほどの事はない。
但し、時間をかけた分、これまで一般には無名だったライブドアの知名度が一気に上昇し、
ライブドアに対する判官贔屓が増え、ライブドアの企業イメージがアップし、マスコミによる広告宣伝費を考えた場合、
ライブドアが得た無形の財産は計り知れない。
一方、自分たちの広告塔程度にしか考えていない企業経営者が、長期的経営を主張するのは極めて滑稽に映る。
そもそも企業は営利が目的なのだから、プロ野球団所有が企業経営上プラスなら継続するし、
その赤字額が維持するには大きすぎる場合には、近鉄のように放棄せざるを得ない。
現在ダイエーが最後の選択を迫られて、ソフトバンクが買収に意欲を見せている。
今回の楽天のプロ野球進出を見ると、企業の盛衰を垣間見る。
つまり、鉄道、スーパー、食品会社等伝統産業が衰退し、IT関連企業の躍進が目立つ。
僅か7~8年前に設立され、共に2000年に上場した両社の株式時価総額が、伝統企業の株式時価総額を
いとも簡単に抜き去ってしまうことに驚きを禁じ得ない。
楽天のプロ野球進出を機に、是非プロ野球の大改革を進めて欲しい。
球団を維持できない収益力の弱い企業はどんどん退場すればよい。
IT企業以外でも高収益企業は、トヨタ、ホンダ、ソニー、セブンイレブン、キャノン等々いくらでもある。
それらの企業がスポンサーしたくなるようなプロ野球団に改革していくべきと考える。
私としては、Jリーグ方式を見習い、全国主要都市にプロ野球団を設立して欲しい。
球団数は現在の12から倍の24に増やす。その代わり、現在の2軍を廃止して、1部リーグ、2部リーグとし、
1部リーグの最下位は2部リーグの首位と毎年入れ替わる。外人枠も撤廃し、韓国、台湾選手もどんどんスカウトする。
選手の年俸は、もっと身の丈にあったモノに大幅ダウンさせる。
メジャーリーグとの年俸格差がついても、実力のない選手は行けない。
その一方で、選手をもっと大切にする。例えば現在の人工芝は選手の腰や膝に良くないので、天然芝に切り替える。
そして、ファンのための改革を徹底的にやる。
さて、皆さんはどんなふうにプロ野球を改革したいと思いますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年11月 2日 (火)

「マーキュリー通信」no.14 【新潟県中越地震 現地情報】

新潟県中越地震では、連日テレビ等マスコミで報道され、今後寒さが厳しくなる折、
被災者の方の心労を思うと、心が痛みます。
さて、今回の被災で、マスコミからは伝わらない現地情報が入ってきましたのでお伝えします。
下記は被災者の悲痛なの叫び声です。こんな時こそネットワークを生かして情報を広めたいと思いメールしました。

又、ボランティアや救援物資を送りたい、義援金の送り先
>> > がわからないなど有りましたら下記URLを参照の上ご協力をお願い
>> > 致します。>> >
>> >  ●災害支援ボランティア本部
>> >
http://link.rakuten.co.jp/0/004/871/
>> >  
>> >  ●日本赤十字社  新潟県中越地震災害義援金について
>> >
http://link.rakuten.co.jp/1/000/178/url=sanka/help/news/664.html
>> >
>> >

--------------------------------------------------------------------------------

助けて下さい!皆さま新潟の被災地に手伝いにいっている方から、
友人に伝えて来た 呼びかけです。

転送しますので、ご一読の上、ご協力できる方は、よろしくお願いいたします。

10/26 15:00の電話、小千谷市役所、
小学校での救援物資の配給や、炊き出しなどを手伝っています。
現場はまだまだ混乱しているし、人出も足りていません。

そんな状況下で、マスコミの取材陣が50人近く現場付近を陣取っています。
小千谷市役所の正面に車を止めて、そのために、
救援物資を運ぶトラックは遠くに止めることしかできず、
ボランティアの人たちがせっせと現場に物資を運んでいますが、
報道陣は、それを手伝う気配すらありません。
心労と肉体的疲労が積もっている被災者のかたがたに、
当然のようにマイクを向け
24時間カメラをまわし続ける神経もさっぱり理解できません。

現地では今、「大人用の紙おむつ」が不足しています。
「赤ちゃん用おの紙おむつ」は足りています。

あとは、トイレが使えなかったり、下着を替えられなかったりするので
「パンティライナー」があると重宝しますが、こちらではもう品切れで手に入りません。

P&G、花王、ネピアなどの紙おむつメーカーに電話をして、現状を伝えてください。

夜の寒さが厳しいです。
お年寄りは使い捨てカイロをもむことすらできないので、
「貼るカイロ」が必要です。
マスコミの仕事は、こういった情報を伝えることだと思うのですが?

今日はこのあと、小千谷小学校に小泉首相が来るということで、
マスコミ報道人の数はさらにふくれあがり、

「毛布の配給ができないので、小泉さんが返るまで待つように」
という連絡が入りました。何のための視察なんでしょう??

午前中にも、数名の政治家さんが小学校に来ましたが、
トイレはどこかとたずねられ、仮設トイレを案内したところ、
「わたしに仮設トイレを案内するつもりかね?」と、言われたそうです。
いったいこの国は、どうなっているんでしょう…

現地では、大人用の紙おむつと、
パンティライナー、貼るタイプのカイロを必要としています。

これらの商品を販売している企業の
「お客様相談室」宛てにメールを送ったり、電話をかけたりして、
「小千谷市の被災者が求めているもの情報」を、伝えてください。

あなたのblogやHPの中で、ただ伝えるだけでかまいません。
皆さんの声が企業を。行政を動かします。

マスコミはたよりになりません。

マスコミへは、支援活動の妨げとなり、
被災者の心労を倍増させる今の取材のやり方についての、
抗議の声をあげてください。あまりにひどい状況です。

小千谷市にも、続々と個人の方からの救援物資が届いています。
ありがとうございます。しかし、それを種類別に分けて、
配布する人出がありませんので、

以下の点に注意して送っていただけると大変助かります。

段ボールには、外側に「毛布」「洋服」「下着」など、
中身を大きく書いてもらえると助かります。
くつした1足、下着1枚でもうれしいのですが、
できれば、ご近所の方と声かけしあって、
ある程度まとまった数があると、とても助かります。

送り先の住所はこちらです。
〒947-8501 新潟県小千谷市城内2-7-5 小千谷市役所
お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »