« 「マーキュリー通信」no.37【北海道の釧路沖の地震】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.39【ゆとり教育の罪】 »

2004年12月11日 (土)

「マーキュリー通信」no.38【営業マンの鏡】

最近取引を開始した制作会社?潟_イムの営業マン中村氏の顧客のかゆいところに手が届く対応ぶりには頭が下がります。
 10月22日~23日の産業交流展に「家庭用生ごみ消滅機」を出展しました。同社に発注した展示会用制作物のできばえはまずまずのレベルでした。しかし、出展第1日目に来場者を引きつけるアイキャッチが不足していることに気付きました。
 当日、中村氏が様子を見に当ブースを訪れてきた。私の方から、その場で、「10分で消滅できる家庭用生ごみ消滅機」という展示パネルを翌日までに作成できるか頼んだところ、「できます」との回答でした。翌朝一番で、中村氏が注文したパネルを運んできてくれたのには感激しました。しかも料金は、超特急価格ではなく同社の通常価格だったことに2度感激。
 さて、その後ジャスコ川口店に「家庭用生ごみ消滅機」販売が内定した日のことです。スーパー最大手イオン?梶iジャスコ)のバイヤーが翌日午後から週末まで出張とのことで、当日中にデータが欲しいといわれました。しかし、送ろうとしたデータが3Mもあることがわかりました。そこで、中村氏に相談したところ、当社の近くにある事務所から当社まで飛んできて、親身になって相談に乗ってくれました。そして、3Mのデータを10分の1以下に圧縮して、イオンのバイヤーに当日送ることができました。当日夜9時頃のことです。イオン?鰍フバイヤーからも当社の迅速な対応に大満足です。
当社と、?潟_イムの営業マン中村氏との信頼関係は更に高まり、当社の制作関係の知恵袋として今後益々取引が増えていくことでしょう。当社事業は現在上げ潮基調にありますが、最近周りに良い人がどんどん集まってきています。こういう流れを大切にしたいと思います。又、中村氏の行動に関しては、本当に見習うところが大です。まさに営業マンの鑑として、尊敬しています。

|

« 「マーキュリー通信」no.37【北海道の釧路沖の地震】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.39【ゆとり教育の罪】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/11354761

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.38【営業マンの鏡】:

« 「マーキュリー通信」no.37【北海道の釧路沖の地震】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.39【ゆとり教育の罪】 »