« 「マーキュリー通信」no.42【走るロボット登場!?】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.44【組織の罪】 »

2004年12月18日 (土)

「マーキュリー通信」no.43【運賃元払いと着払い】

先日運賃着払いで書類が都内から届きました。送料がなんと1000円でした。これが元払いの場合、宅配便会社と企業との取り決め料金になり、当社の場合630円です。着払いの場合、その取り決め料金外の取り扱いとなり、割高となってしまいます。私は、直ぐに書類送付企業に事情を説明して、今後運賃元払いでお願いしました。これを機に、当社から送る書類等も原則元払いにしました。
「配慮」とは心を配ると書きますが、相手に不必要な費用負担をかけさせないということも心配りの1つであり、相手の経費節減に協力することも必要な気配りと思っています。

|

« 「マーキュリー通信」no.42【走るロボット登場!?】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.44【組織の罪】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/11374379

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.43【運賃元払いと着払い】:

« 「マーキュリー通信」no.42【走るロボット登場!?】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.44【組織の罪】 »