« 「マーキュリー通信」no.44【組織の罪】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.46【祝日を考える】 »

2004年12月21日 (火)

「マーキュリー通信」no.45【英会話を楽しく学ぶv(^^)v】

【百語英会話】NHK教育TV 火~金 23時~23時10分
 百語英会話は、ジョージ・ウィリアムスとアイドルタレント杏さゆりにアニメのスーパーコーパス君が加わり、スキットをもとに楽しく学べます。英会話で使う英語は中学で習う基礎単語ですが、会話内容は初中級レベルです。上級者でも、基礎的な使い方をおさらいできるので、英会話のブラッシュアップに役立ちます。
百語英会話10分放映の後、中上級編を20分程度放映します。
 内容は、英語がうまく通じなかった「英語タイヘン談」を面白おかしくスキットも交えて実施。「黒いトレーナー」を買いに衣料品店に入った女性が、店員に「black trainerを下さい」と尋ねると、店員は「黒人のスポーツトレーナー」と勘違いして、スポーツジムを案内して大笑い。又、別のケースでは、大家さんに「ヒューズがとんだ」ことを"breaker fly"とお願いしたら、はえたたきが出てきて、これも大笑いといった下り。
 その他、ビジネス英語、落語英語、フーテンの寅さんの英語を始めとしたバラエティ等各種趣向を凝らして視聴者を楽しませてくれます。英語の苦手な人でも楽しめます。又、上級者でもブラッシュアップの為にかなり有効な表現を学ぶことができます。
 私は、これをDVDに録画し、朝起きたら、体操、ストレッチ、筋トレ等しながら楽しんでいます。
 さて、私のカナダ(カルガリー市)駐在の頃の「英語タイヘン談」を紹介します。写真のDPEを注文し、引き取りにいったときのことです。写真売り場の若い女性から、"Do you have 2 penis ?" と聞かれてびっくり。私は、"I beg your pardon?"と聞き返すと、又同じ事を繰り返す。そこで私は恥ずかしそうに"I'm sorry. I have just one penis"と答えたら、彼女は、"OK"と言って私に釣り銭を渡しました。
 実は、カナダでは、1セントのことをペニーと言います。つまり、彼女は"Do you have 2 pennies ?(小銭で1セント硬貨を2枚お持ちですか?)" と聞いたわけです。因みに、penisはピーナスと発音します。ややこしいですね(=´Д´=)
ついでにもう1つ商社駐在員の「英語タイヘン談」です。年末のクリスマス・忘年会シーズンでは、警官の酔っぱらい運転の取り締まりが厳しくなります。その駐在員も、警官に呼び止められ、"Did you drink?"と聞かれたので、"No, I don't"と答えました。その警官は、その商社マンが動詞の時制(即ち過去形で聞いたのに、現在形で回答)も間違えるくらい酒を飲んだと勘違いして、刑務所にしょっ引いていったそうです。単純にその商社マンの語学力の問題だったんですが(;-;)
 最後に、日本人の間違いやすい英語を紹介しておきます。一番多い間違いは、relaxationをどういうわけかリラクゼーションと濁って発音することです。これは何度辞書で調べてもリラクセーションと濁りません。誰が間違えて伝えたんでしょうね(×_×;)
 もう1つは、simulationをシュミレーションと書く日本人が非常に多いことです。普段simulationと発音していれば、当然シミュレーションと書くのですが、これも何かの勘違いでしょうか。
 そして、al,arのスペルは、オーと発音する方がより言語に近い発音なのですが、アーと発音してしまう日本人が非常に多いです。本来は、Warner Pioneer(ウォーナーパイオニア)、award(アウォード)、wardrobe(ウォードローブ)etc.
但し、walkmanはワルクマンでなくウォークマンと正しく発音されています。さすがソニーですねv(^^)v それからWalmartもワルマートでなくウォルマートときちんと発音されていますね。
 一方、orはオーでなく、work(ワーク)、word(ワード)etc.原語に近い形で発音しているのでほっとしています。

|

« 「マーキュリー通信」no.44【組織の罪】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.46【祝日を考える】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/11374430

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.45【英会話を楽しく学ぶv(^^)v】:

« 「マーキュリー通信」no.44【組織の罪】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.46【祝日を考える】 »