« 「マーキュリー通信」no.57【ワンポイントアップの仕事術-1 「Excelの活用」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.59【違法広告のメールにご注意!!】 »

2005年1月17日 (月)

「マーキュリー通信」no.58【阪神大震災10周年に思う】

 本日は阪神大震災10周年に当たります。今月は、10周年行事が目白押しにあります。私も先日NPO法人東京いのちのポータルサイト主催の「市民が学会とともに考える東京の地震防災」に参加しました。
 当日は、地震学者、内閣府の行政官、地方自治体、市民、企業他多数が参加し、さすが10周年だけあって会場は立ち見が出るほど盛況でした。 
 私の率直な感想は、これまで通り民間側は耐震補強の重要性を強調し、行政側は行政と住民の総力戦が重要と総論、建前論に終始し、結局官民が噛み合わずに10年の歳月が徒に過ぎてしまったとの印象でした。

 今朝も、NHKで阪神大震災の教訓は、1.建物を倒壊させないための耐震補強の重要性 2.地域住民の連帯感と報じていました。
 もちろん、行政側も、新年度から耐震補強の減税措置を講じたり、今後耐震診断の義務づけを実施していくなど、多少の前進は見られます。しかし、あまりにもの行政の対応の遅さに呆れます。現在の状況が阪神大震災発生後1~2年なら理解できます。しかし、既に十年が過ぎ、各種イベントは阪神大震災を風化させないためのイベントなのかと受け止めたくなります。

 さて、国の重要な役割として、3防があります。防衛、防犯、防災の3防です。国防予算は、米国からの圧力でしっかりと確保しています。防犯は、警察官僚の利権構造が根を張っていて、こちらも予算が確保されています。

 しかし、防災に関しては、政治家の立場から見ると票にならない。又、圧力団体も少ない。今回、スマトラ沖地震に対し、500億円以上の援助が決定されました。これは国際的プレッシャーの中で日本としてのポーズといえます。一方、国内の耐震補強減税は僅か200億円です。何故、逆転現象が起きるのか?それは国内のプレッシャーが圧倒的に少ないからです。

 言葉を換えれば、「喉元過ぎれば熱さを忘れる」という日本国民の性格が反映されています。阪神大震災の復興作業に、10年間で16兆円を使った。まだ道半ばだそうです。政治家の立場から見ると、大震災が起きて、国内がパニックになった方が、票が集めやすいわけです。マスコミも同様です。地震予知や、耐震防災の重要性を訴えても、新聞・雑誌は売れません。大地震の現場報道の方が圧倒的に売れます。ゼネコンの立場から見たら、復興費用16兆円の方がおいしいわけです。これが本音です。

 首都圏を大地震が襲ったら80兆円の被害が見込まれると報じられています。これも同じ論理です。このような大惨事が、現実にいつ起きてもおかしくないと報じられて既に1年半が経ちます。しかし、その間の行政の動きは超スローモーです。
 これをゼネコンを含めた大企業サイドから見たらどうでしょう。大企業の本社は、耐震補強がしっかりしている高層ビルにあり、大地震の被害は少ないと予想されます。80兆円の被害総額は、大企業側から見たら特需になります。

 日本人は、大学を卒業して企業人になると、本当に企業の論理が身に染みついてしまいました。各個人は、市民、社会人、家庭人等の生活者というもう1つの面があるのですが、仕事に没頭していると、ついついもう1つの側面を見過ごしてしまうようです。そして、自分の仕事以外のことには無関心になってしまう。こんな所にも耐震防災に関する国民の無関心ぶりが伺えるのかもしれません。
 従って、建前論でやっても耐震防災に関する動きは非常にスローであり、本音ベースでは、世の中の動きは、こんな論理のもとに動いていると私は見ています。

 大企業を卒業した私は、世界最小の総合商社マーキュリー物産の経営者としては、企業人、生活者50:50の論理で動いています。もちろん耐震防災事業の重要性、社会的意義はたとえどのような状況であっても、変わりません。だから、現在本事業は採算ベースに乗らなくても、今後も引き続き地道に耐震防災の重要性を訴え続けていきたいと思います。

|

« 「マーキュリー通信」no.57【ワンポイントアップの仕事術-1 「Excelの活用」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.59【違法広告のメールにご注意!!】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/11429847

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.58【阪神大震災10周年に思う】:

« 「マーキュリー通信」no.57【ワンポイントアップの仕事術-1 「Excelの活用」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.59【違法広告のメールにご注意!!】 »