« 「マーキュリー通信no.73」 「創レポート」(2月号)「阪神淡路大震災10周年報道に見る経営テーマ」 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.75【ライブドアvsフジテレビ】 »

2005年2月28日 (月)

「マーキュリー通信」no.74「長蛇の列」

 2月25日は週末の金曜日で給料日、そして本日28日は月末ということもあり、各銀行はATM端末に長蛇の列ができ、中には店外にまであふれ出した銀行もありました。

 一方、コンビニのATM端末はどこも1~2名が並んでいる程度なので、コンビニの端末を使えば直ぐに引き出せます。しかし、コンビニ端末は105円の手数料が嫌われているせいでしょうか、利用率は低いようです。

 さて、これを経営の視点で捉えると、いろいろな対策が考えられます。
 まず、銀行側の対応策。ATM端末には、カードによる現金引き出し機のみのATM端末がありますが、あまり利用されていません。銀行員や警備員は、積極的に、「現金をお引き出しのみのお客様はどうぞこちらの端末が空いていますのでご利用下さい」と誘導するのが顧客サービスの基本です。

 又、長蛇の列に並んでいる顧客に、各種パンフレットを渡したら効果的です。待ち時間は手持ちぶさたですから、読んでもらう確率は高まります。
 この際、インターネットバンクの案内をして、その便利さをPRしたら、利用促進にもってこいです。

 一方、コンビニ側は、25日と月末には、店頭で、「本日は銀行ATM端末は混んでおります。当店では待たずにご利用頂けます」というPRをすれば、ATM利用料や、ついで買いが期待できます。
 こういう現象を捉え様々な工夫をすれば、経営面で様々なプラス効果が出てきます。

|

« 「マーキュリー通信no.73」 「創レポート」(2月号)「阪神淡路大震災10周年報道に見る経営テーマ」 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.75【ライブドアvsフジテレビ】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.74「長蛇の列」:

« 「マーキュリー通信no.73」 「創レポート」(2月号)「阪神淡路大震災10周年報道に見る経営テーマ」 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.75【ライブドアvsフジテレビ】 »