« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月

2005年3月30日 (水)

「マーキュリー通信」no.86【良い歯医者、悪い歯医者】

 私は十年ほど顎関節症の治療で評判の高いといわれる恵比寿のO先生の元へ通っていました。O先生は、腕は良いのですが、どうも金取り主義のところがありました。歯の治療には、保険の利かない高額治療を勧めます。O先生に支払った治療費は、軽く100万円を超えると思います。

 ある時は若返りのサプリメントを勧められたことがありました。「これを飲むと10歳若返り、筋肉質の体質なる。自分のそのお陰で、ほれこの通り」と言って、筋肉質になった腕を見せてくれました。しかし、サプリメント代が月10万円もするのでその話には乗りませんでした。

 昨年6月奥歯に虫歯が出来たときに、O先生は抜歯を勧めました。私は、O先生の迫力に圧倒され、抜歯をその場でOKし、その場で抜歯されました。物凄い出血多量で、産まれて初めて貧血になりました。
 帰宅後、抜歯の私を見た妻が、O先生の儲け主義に怒り、近所の癌研のT先生に変えるように勧めました。
 癌研で、まず歯のレントゲン写真を撮ると、私の抜歯の部分には、インプラント用の穴も空けてありました。O先生は、私の了解もなしに、最初から保険の利かない高額治療を考えていたようです。

 T先生に、インプラントは必要か聞いてみると、「その必要はない。保険でもちゃんといい治療ができますよ」との返事でした。T先生は、周りから評判の良い先生で、治療が丁寧で、なるべく保険で治療が賄えるように努力しています。

 治療中に、もう1本別の奥歯のブリッジが壊れたので、その部分の治療もしてもらいました。この部分は、O先生の前の歯医者でしたが、T先生曰く、「治療レベルが低い」との評価。因みに、O先生に以前やってもらったインプラントの処置は、合格だそうです。
 T先生の元には、8ヶ月間通い、問題のある歯を全部チェックしてもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月26日 (土)

「マーキュリー通信」no.85【「創レポート」保険比較広告解禁:“新聞記事”の裏側に見える経営課題】

 銀座と四日市に事務所を構える公認会計士伊藤隆氏から毎月貴重な経営情報が送られてきます。
 今回も、保険比較広告解禁に関し、新聞記事からは読み取れない経営的課題等大変参考になります。なるほどこういう考え方もある。そして、経営的にこういうふうに活用していこうと参考になります。異業種、異人の集合体である当社には貴重なもの者の考え方です。

 世界最小の総合商社(有)マーキュリー物産  最小から最勝へ 代表取締役 チーフ・リスナー 菅谷信雄○「創レポート」(3月号)を送付させていただきます。

◆本レポートの内容◆
“新聞記事”の裏側に見える経営課題
従来のやり方では“自分”も動けない?
☆☆☆ 経営管理の視点から ☆☆☆

【1】保険比較広告解禁?それどういうこと?  ……………… 1
【2】“解禁”というより新規制“制定”ではないか?  ………… 2
【3】規制解禁の“裏側”に見えるもの  ……………………… 3
【4】同様の足かせで“企業経営”も行き詰まる?…………… 4
【5】“法”を味方につける経営………………………………… 5

「20053.pdf」をダウンロード

-----中小零細企業の存続とその未来のために-----
【公認会計士・税理士 伊藤 隆】
銀   座 TEL:03-3538-5798
四日市 TEL:0593-52-0855
携   帯  090-7605-7460
URL  : http://www.cpa-itoh.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月25日 (金)

「マーキュリー通信」no.84【その時人生が動いた】

今から丁度40年前の昭和40年(1965年)3月25日は、私にとって人生の大きな転機の日でした。その日は調布中学の卒業式の日で、当日私は心に誓ったことがあります。

 高校受験は、三多摩で当時最難関の都立立川高校を受験しましたが、1点差で不合格でした。その知らせを聞いて、国語のF先生が私の所にやってきました。「君は立川高校に絶対受かると思って、3年2学期の通信簿を5のところを敢えて4にして、その分を他の生徒に回した。しかし、君が不合格の通知を聞いて誠に申し訳なかった」と釈明し、涙を流しなら土下座して私に謝罪しました。

 3年2学期の国語の成績は、中間、期末テストで連続して96点を取ったので、当然通信簿は5だと思っていたのが、4だったため、私はF先生に抗議しにいきました。しかし、F先生はへりくつをこねて私の抗議を拒絶しました。私にとっては、産まれて初めて国語の通信簿4でショックでした。
 立川高校を不合格となった私は、当時学校群制度が出来る前だったので、同じ学区内の都立神代高校に入学しました。その手続きの日は、国語の3学期期末試験の日でしたが、F先生の了解を取って、試験は受けませんでした。しかし、3学期の国語の通信簿は4から5に戻っていました。

 その年、立川高校合格者は、調布中学から15名中3分の1の5名でした。3月25日卒業式の日、負けず嫌いの私は、「立川高校に行った連中には、大学入試では絶対負けないぞ」と心に誓いました。同時に、高校受験では、余り受験勉強をしなかった自分を恥じ、大学受験では徹底的に勉強することを決意しました。

 志望校は、当初東大建築学科でしたが、高校2年の時に、資源小国で、貿易立国の日本では、世界を股にかけるビジネスマンとして活躍したいと思いました。そこで総合商社で働きたい。その為には一橋大学商学部がベストとわかり、一橋大学に進路変更しました。

 高校1年生では、高校受験のストレスから解放する為に、1年間クラブ活動(陸上競技部)も一生懸命やりました。
 そして、2年生から大学受験勉強に集中しました。当時の我が家は貧乏で、浪人する経済的ゆとりがなかったので、現役で絶対合格するぞと背水の陣で臨みました。そして、神代高校では、史上初めて現役(私が最初で最後のようです)で一橋大学合格となりました。因みに、立川高校に合格した5名は、1名だけ一橋大学に受かり、後は落伍していきました。

 1965年3月25日は私がリベンジを誓った日で、この日が私にとって、人生が動いた日といえます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月19日 (土)

「マーキュリー通信」no.82【花粉症は国の業務上過失罪】

 飛散量が多く、観測史上最高を記録し、昨年の10~30倍の花粉の量だそうです。国民の6人に一人が花粉症にかかり、国民病ともいわれています。町を歩くと、電車に乗ると、花粉症マスクをしている人が目立ちます。

 花粉症の原因は政府の造林政策の失敗にあります。戦後、高度成長期の建築ラッシュ時に、それまで日本の自然林に生えていたシイ、クヌギ、コナラ、ブナ等建築材に使いづらい樹木を伐採してスギに植え替えた拡大造林政策が主因です。

 これまで我が国は、高度成長期の各種歪みを官民協力して克服してきました。工場排水、大気汚染、車の排気ガス、それぞれ問題が起こると国が順次規制を課して公害を減らしてきました。
 花粉症を減らす対策としては、人工林である杉林の手入れをしっかりやることでかなり減らすことが出来る等識者から各種提案がなされているが、各種利害が絡み対策は遅々と進んでいない。
 これは国民経済的にも極めてマイナスと言えるのに、いつものことながら国の腰は重く、長年放置されたままだ。原因が分かっていて、対策をしないのは業務上過失罪に当たる。
 政府がやるべき最低限の政策として、花粉症患者の治療費を国が全額負担することをまず提案したい。公害企業が公害源を無くし、損害を与えた患者の治療費を負担するのと同じ考え方です。

 マスコミは何故このことを訴えないのか不思議でならない。そして、国を相手取って、花粉症訴訟を起こす人の出現を期待しています。これは憲法で保障されている「健康な生活を営む」権利に対し国の重大な侵害といえるからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月16日 (水)

「マーキュリー通信」no.81【ワンポイントアップの仕事術-2 ATOKの活用】

昨日のマーキュリー通信で「e-メール活用の基本」を配信したところ予想以上の反響に驚いています(^y^)

 さて、e-メールの原稿を書いたり、返事を迅速に書いたりするのに極めて有力なツールにATOKがあります。       ATOKはJustsystemが発行する単語登録等の機能を持ったソフトです。これを有効活用すると、文書作成能力が数倍上がります。キーボードのブラインドタッチが苦手な人も、ATOKでカバーできます。そして、e-メールを書くのが苦でなくなり、自分宛に届いたe-メールの返事が直ぐに書くことが出来ます。
 やはり、e-メールをなかなか出すのが億劫の最大の原因は、キーボードをたたくのが面倒だということになります。

 ATOKを活用すると、例えばキーボードはkbと単語登録、ブラインドタッチならbtと単語登録しておけば、次回からは僅か2文字を入力するだけで、単語が現れます。このATOKを活用するようになると、e-メール原稿を書くのが苦でなくなり、逆に楽しくなってきます。
 因みに、返信の際に、「了解です。」ならrk、「ありがとうございます。」ならあgと入力し、変換キーを押すと、これらの単語に変換されます。
 登録文字は、ご自分の覚えやすいやり方で構いませんが、社内で統一しておいた方が、皆が共有して、活用しやすくなります。

 ATOKはとにかく使い出すとその凄さに感激です。まだ活用していない方は、ご自身のe-メールによるコミュニケーション能力アップに是非ご活用ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月15日 (火)

「マーキュリー通信」no.80【私のコミュニケーション論6 e-メール活用の基本】

 過去2回に亘りe-メールの活用というテーマで書きました。その時はe-メール活用の基本が出来ているという前提で書きましたが、その後e-メール活用の基本が出来てない人が非常に多いことに気付きました。e-メールの基本が分かっている人には、「何を今更?」と思われるかもしれません。しかし、世の中その基本が分かっていない人が多いことを前提に社内、取引先等とコミュニケーションを取っていかないと、あとでコミュニケーションロスでトラブルを起こす元になります。又、そうやってコミュニケーショントラブルを起こしても平然としている人が意外と多いことに驚かされます。従って、ここではe-メール活用の基本が分かっている人でも、そうでない人の立場に立って読んでみてください。それによって相手のペースに合わせたコミュニケーションを取ることも出来るようになります。

 まず驚いたことに、e-メールを出しても返事を出さない人が多いことです。昔、商社マン時代テレックスを毎日使用していた私としては、テレックスが来たら必ず返事を出すという習慣が身に付いているので、返事を出さない人には驚かされます。これだけでもコミュニケーションでかなりマイナスとなるのに、それを特に何とも思っていない人も結構います。文明の利器を活用しないのは非常に損です。

 次に、CCとBCCの使い分けを知らない人は更に多いです。
CC(carbon copyの略)とは、直接返事は期待しないけれど、これから送る情報を参考程度に知っておいて欲しい場合です。私も社員に口やかましく言っていますが、特に若い人が理解できていません。社長である私に直接e-メールを送り、直属の上司にCCを送るという基本から外れたことを平気でやってしまいます。自分の直属の上司にCCを送るということは、直属の上司から返事を期待していないことになりますが、そこまで深く考えいていないようです。

 更に、BCC(blind carbon copyの略)の使い方は知らないようです。
BCCとはe-メールを送る当事者に情報を送ったことを知られたくない相手先の場合にBCCで送ります。又、このマーキュリー通信は、メーリングリスト登録している皆さんにはBCCで送っています。これは情報漏洩を防ぐためです。もしCCで送った場合、誰に送ったか全受信者が知るところとなり、このメーリングリストを悪用する人が出てくる可能性もあるので、それを防ぐためです。
 又、私の交友関係が全て公知のこととなり、それも防ぐ目的もあります。

 尚、BCCで送って、それに対し返事を求めても、返事を出さない人も非常に多いです。異業種交流会等の案内が多いですが、私の場合、直ぐに返事を出します。そして、予定に書き込みます。もし、その会合等より優先する会合、ミーティング等が入れば、キャンセルのe-メールを出します。これでe-メールを溜めることをせず、毎日完結型ですっきりとビジネスライフを送れます。これをやらずにいつまでもずるずると引きずる人が非常に多いのですが、私から言わせると便秘を毎日患っているようで、すっきりしないんじゃないかと思うんですが(;-;)

 e-メールがビジネスの基本的なコミュニケーションの手段となった現代において、この基本的な活用ルールを知って、e-メールを実行するだけでも、コミュニケーションスキルが格段にアップします。
 尚、急ぎで余り情報量が多くない場合には、携帯メールを活用します。携帯電話のやりとりの場合、相手が留守の場合も多く、又、留守録に入れても、よく聞き取れなかったり、通話秒数が10秒以下の場合も多いので、「テレ乞うテレ乞う」の繰り返しとなり、業務の効率が低下することがよくあります。

 マーキュリー通信にこまめに感想をよこす人も多数いますが、そういう人には感謝しています。普段コミュニケーションが無くても、それだけでその人となりや、その人とのコミュニケーションをe-メール上で出来てしまうわけですから、暫く合わなくても、コミュニケーションギャップが余りないわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月12日 (土)

「マーキュリー通信」no.79【税務申告を終えて】

 個人事業主から会社組織に変えて3年目の申告も終わりました。会社組織に変えた場合、税務署への提出書類等俄然手間暇がかかります。
 税務申告書類は、中小企業から大企業を網羅したものなので、中小企業にとっては非常に煩瑣になる。一方、中小企業に対しては、代表取締役の財産を相続関係まで正確に把握しようとする役所の意図が見え見えです。

 日本独自の複雑怪奇な税務申告制度により、税務署員、税理士等これに関連した職業が成り立ち、多数の雇用創出に貢献している。日本が発展途上国の段階で、人件費も安い時代は確かに国による雇用創出はメリットの方が大きかった。

 しかし、これを別の側面から見ると実に非効率で非生産的な作業を行っていることに気付く。日本の人件費は、かつて1ドル360円の時代から100円の時代となり、仮に米国と同じ物価上昇率としても、3倍以上の人件費増となっている。
 世界第2位の経済大国になった現在、企業の付加価値に課税する方が理に適っている。付加価値に関しては、定義をきちんと決めておけばよい。例えば売上総利益の10%と決め、残りの利益を人件費他諸経費をどれだけ配分するかは企業の判断に任せればよい。減価償却費、交際費等どうしたら節税に繋がるか等頭を悩ませなくて良い。
 このような税制改革を断行したら日本企業の国際競争力はつき、企業のメリット大となることは請け合いです。

 しかし、徴税する立場からするなら、こんなに徴税側のメリットが極めて大きい制度をそうは簡単に手放すわけがない。徴税制度には多数の利害や利権が絡んでおり、そのうまみを味わっている人が多数存在するわけですから。

 税務申告を終え、国家の税による国民と企業支配を痛切に感じ、我々一般人ではどうしようもない巨大な権力構造を感じた次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月10日 (木)

「マーキュリー通信no.78」世界最小の総合商社的経営論5【経営のキーワードはK&A】

 1年前、自宅から5分の場所に事務所を構え2名でスタートしましたが、社業の方は現在は14名の会社と業務急拡大中です。
 1年間の社長業の経験から、経営のキーワードはK&A(経験と愛)と感じています。経験とは、知識に経験が加わった知恵がベースとなります。この知恵には、経営者として求められる判断力、決断力、先見力、認識力、洞察力、感化力、崇高さ、使命感、交渉力、人間関係調整力等も含みます。業務遂行上判断ミスもあります。人間関係でのトラブルもあります。その際、きちっと反省しておきます。これが知恵の深化及び進化となり、発展に繋がります。

反省の際、3KSを重視します。会社の業績が良くなれば、「社員及び取引先のおかげと感謝する心」、そして、自分が奢らないように絶えず謙虚な心を保つこと。更には、多様な価値観を持つ人に対し寛大な心で接するという3K。そして、たとえ若い人からでも、いつでも人の助言に対し素直な心で受け入れること。この頭文字を表して3KS(サンクス)。サンクスは、感謝の心に繋がります。

  しかし、いくら知恵を深めていっても、そのベースに愛がなければ不毛の知恵となります。愛とは、従業員に対しては、いかに彼等がやる気をもって働ける環境作りです。そして、取引先に対しては、WINWINの姿勢です。即ち、相手も自社も共に利益をあげる共存共栄体制です。これが私の行動哲学である「活私豊幸」に繋がります。真の愛なくしての発展は永続しないと考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月 9日 (水)

「マーキュリー通信」no.77「DOCOMOもPHS事業から撤退」

 アステル、DDIポケットに続きDOCOMOもPHS事業から撤退を表明した。
 PHSは、当初は家庭のコードレス電話を外出の際にも使えるようにするという考えがあった。しかし、事業開始時には、携帯電話の廉価版としてしたため、どうしても安物の携帯電話というイメージがついてしまった。

 20年近く前、香港に出張した際、香港では日本より一足お先に携帯電話が普及していました。携帯電話は、当時ビジネスマンのステータスシンボルでした。携帯電話を持つ余裕のない人は、PHSに似たCT2という簡易の携帯電話を使っていました。
 競争により携帯電話の料金が値下げされれば、早晩PHSは携帯電話に太刀打ちできないことは容易に推測できます。

 それを危惧した私は、PHS事業に関しては、三井物産?鰹?報産業部門の中では否定派でした。
 もしPHS事業をコードレス電話のを外出用としてスタートしていたなら、日本の携帯電話事情はかなり変わっていたと思います。このPHSの戦略的ポジショニングを誤ったのがPHSの悲劇でした。

 一方、固定電話事業は今後光ファイバーが普及していくにつれ縮小の方向にいくでしょう。NTTが1月末に光電話というIP電話事業をスタートしました。我が家も最近加入しました。現在の電話番号を変えずに、基本料金は月々950円です。電話の加入権も不要です。

 英国ブリティッシュテレコムが、先日今後固定電話の代わりに、今後はIP電話に順次きり変えていく旨発表しました。
 日本も今後テレビもデジタル放送時代を迎え、通信の放送の垣根がだんだんと無くなり、デジタル時代の進展に伴い、いずれIP電話が主流となる時代になっていくでしょう。その時には、個人の生活自体もがらりと変わっていくことが推測されます。そんな世界が数年後に待っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月 4日 (金)

「マーキュリー通信」no.76【不治の病に罹ったイルカ・フジの奇跡の復活】

 NHKは不治の病に罹ったイルカ・フジの奇跡の復活を2年間に亘る取材を続けてきました。フジは1975年沖縄海洋博の時に産まれ。現在30歳で、沖縄美ら海(ちゅらうみ)水族館で暮らしています。イルカの寿命は50年なので人間にすると中高年といったところでしょうか。

 イルカには尾びれが腐ったり、傷ついたりする病気があるそうです。イルカにとっては不治の病で、これにかかるとイルカはだんだんと泳げなくなり死を待つしかないそうです。フジの獣医は、何とかフジを助けようと人口尾びれを考案し、その開発メーカー探しに東奔西走する。そして、獣医の必死の努力が実り、尾びれ開発チームを結成。
 第1号品はひもでくくりつけたもので、直ぐにフジのからだから離脱。その後、材質を変え、強度を上げていったが、ジャンプの途中で尾びれがとれ、フジの身体を傷つけてしまう。
 人口尾びれの開発は暗礁に乗り上げてしまう。獣医は、最後はフジに聞いてみることにした。フジは、「是非尾びれを付けて欲しい」という仕草で獣医にすり寄ってきたので、尾びれ開発チームのチャレンジを再開。

 人工尾びれの開発に着手して、苦節2年、試行錯誤の末、何とかフジに合うベストの尾びれが開発できた。そして、フジに装着してみる。フジは、人工尾びれを付けて、ジャンプに成功。その後も自分の尾びれのようにゆうゆうと泳ぎ回る。そして、お客様の前で、その勇姿をお披露目した。人工尾びれが余りにも本物と酷似しているので、他のイルカとの判別が難しいという嬉しい悩みがあるそうです。

 イルカの30歳は、まだ出産可能だそうです。現在、担当獣医は、フジが子供を産み、親子で泳ぎ回るシーンを夢見ているそうです。
 不治の病を克服し、元気に泳ぎ回るフジの姿はまさに感動的でしたo(^▽^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月 3日 (木)

「マーキュリー通信」no.75【ライブドアvsフジテレビ】

 昨年は国民の殆どが名前すらしら知らなかったライブドア堀江社長。昨年のプロ野球団近鉄買収劇以来全国区の知名度となった。最近では、夕刊タブロイド紙が、一面に堀江とかホリエモンとか掲載されるようになった。又、テレビにも頻繁に登場し、一躍マスコミの寵児となった観があります。

 これらの知名度アップ作戦が計算されたものなら、彼の媒体活用術にはただただ驚くばかりです。

 さて、今回はニッポン放送買収を巡り、フジテレビと法廷闘争まで発展しそうな雲行きです。
 最近の政財界のムードを見ると、この若き経営者のバッシングの傾向があります。確かに、傍若無人の所があり、大人の経営者、政治家から見たら小生意気に映ります。

 しかし、いつの時代も、「今の若者は」と言われながらも、若者が時代を変革してきました。フジテレビ社長のコメントに接しましたが、「えっ!こんなじいさんがメディアの最先端を取り仕切っているの!?」と言うイメージで、全然魅力を感じません。

 戦後、テレビは娯楽の王座として活躍してきましたが、一方で大衆迎合路線、視聴率重視の方針で、良い番組が少ないです。それよりか若者、特に子供に悪影響を与える番組が多いのには眉をひそめます。

 ライブドアに経営主体が映ってもどのような番組になるか分かりませんが、良い番組が少ない現状、思い切って改革させるのも一法です。
 それを支持するのは視聴者であり、堀江社長とやっていきたいと思うフジテレビ従業員ということになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »