« 「マーキュリー通信」no.172【防災の日に思う:歴史は繰り返し起き続ける】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.174 【総選挙の風はどちらに吹いている?】 »

2005年9月 2日 (金)

「マーキュリー通信」no.173 非常識を常識に変えた!!【新商品「ペットのフンも消える家庭用生ごみ消滅機」本日発売!】

 昨年初めに「家庭用生ごみ処理機」の販売で急速に売上を伸ばしている「循環生活」という商品を知人から紹介されました。

 しかし、私はこの商品に2つの疑問を感じました。 1点目は、価格が336千円とべらぼうに高いこと。こんな高価格の商品を家庭の主婦に受け入れられるのかどうか疑問に思いました。
 2点目は、家庭用生ごみ処理機「循環生活」で処理できなかった生ゴミを毎月1万円で引き取ってくれること。「家庭から出る生ゴミが1万円の価値があるわけがない!?」

 私の、2つの疑問は当たりました。MLM方式で急成長したこの会社は資金繰りに窮し、現在は破綻を来たし、参加会員は毎月1万円の生ゴミ引き取りもストップされてしまいました。
 丁度、その頃、株式会社東北環境の株主であり役員であった前田道則氏からもっとよい商品があるからと紹介されたのが?鞄喧k環境の「家庭用生ごみ処理機」でした。同社中島喜一郎社長は、「家庭用生ごみ処理機」で一番重要な培養土を20年間、私財をなげうって開発してきました。

 「培養土での生ゴミの完全分解は無理」が業界常識でした。それを中島社長の執念と製品開発に賭けるプライドが勝ちました。同社の培養土は特許出願していません。大手研究者が同社の培養土を丹念に調べていますが、微生物の組成までは判るが、脅威の分解スピードまでは判りません。丁度ハエ1匹捕まえてきて、ハエと同じ生物を作ることが現代の科学ではできないのと同じことなんですね。

 「家庭用生ごみ処理機」は、数年前大手が大々的に売り出し、各自治体から助成金が出たので、大ヒットしました。しかし、悪臭の苦情が殺到して、その後下火となりました。 その後、環境問題、そして地方自治体のゴミ有料化の流れを受けて、再び「家庭用生ごみ処理機」がクローズアップされてきました。
 しかし、現在大手が勧めているのは、乾燥タイプです。これだと悪臭の度合いが大幅に低下します。しかし、乾燥して残った乾燥生ゴミを捨てる手間は残ります。

 この度、新発売となった「ペットの糞も処理できる家庭用生ごみ消滅機・環境生活館」は、完全消滅型です。完全消滅なので、本当に生ゴミが消えてしまいます。その結果、悪臭も出ません。コンビニの弁当なら僅か10分程度で殆ど消えてしまいます。明日3日から首都圏のジャスコ5店舗(品川シーサイド店、茅ヶ崎店、川口店、津田沼店、昭島店。各店とも家電品売場)で実演販売をしますので、是非お立ち寄りの上、その凄さをご自身でお確かめください。 実演して、実際に生ゴミがなくなるところを見せても、殆どの方が、「ところで残った生ゴミはどこに捨てるの?」と聞きます。これがこれまでの「家庭用生ごみ処理機」の商品常識だったのでしょうね。
 更に今回はペットのフンも処理できる画期的な商品です。ペットのフンが処理できる商品は、若干存在しますが、どれも手間がかかりまだまだ開発途上の商品です。
 しかし、今回発売された「家庭用生ごみ処理機」は、生ゴミと同じ感覚でペットのフンを「ぽいっと捨てる」、それだけです。もちろん、フンの臭いもしません。

 毎年新しく購入されるペットの数は200万匹以上だそうです。これは毎年誕生する新生児の倍に当たります。当社では、こちらも意識した販路開拓を目指しています。
 そして、今回の目玉は、「低価格」と「小型化」です。販売価格は、オープン価格ですが、「家庭用生ごみ処理機」のターゲットである主婦の声を聞いて、新発売記念特価39,900円(税込み、送料別)の価格を実現し、薄利多売で販売していくこととしました(10月2日まで)。
 サイズも小型化を実現し、我が家の狭いキッチンにも収まるサイズ(タテ37xヨコ42.5xタカサ68.5cm)となりました。

 一方、約7割の地方自治体で助成金が出ます。ご関心のある方は下記URLでお調べください。購入代金の半額が出る自治体も多数あります。中には4分の3も出る自治体もあります。
http://www.jema-net.or.jp/Japanese/kaden/gomi02.htm 
新商品開発に当たり、同社中島社長に全面協力してやってきました。当社は販売面でお客様の声を商品開発に反映させてきました。それが上記「低価格」と「小型化」です。業界最低価格より1~2万円安い価格帯を実現しました。デザイン面(サイズと色)もお客様の声を反映させました。

 当初、商品名は当社が提案した「ムシュー・カッカ」でした。「カッカ」とはフランス語で「うんち」という幼児言葉でしたが、商品名申請時点で「カッカ」という言葉が天皇陛下に失礼に当たるということで、却下されてしまいました。この名前で大々的に売り出そうと思っていた私は却下の報を聞き、「カッカ」しました(×_×;)
 この画期的な商品を一人でも多数の方にお使い頂き、家庭の不快源である生ゴミゼロ運動を展開していきたいと思います。そこで、今回アフィリエイト制度を設けました。つまり、商品を購入して、気に入って頂き、友人知人にご紹介して頂き、購入してして頂けたら、購入価格の10%を紹介料としてお支払いしますのでよろしくお願い申し上げますm(__)m 詳細は、当社ホームページhttp://www.mercury-b.com/eco.htmlをご覧になってください。

|

« 「マーキュリー通信」no.172【防災の日に思う:歴史は繰り返し起き続ける】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.174 【総選挙の風はどちらに吹いている?】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/11667746

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.173 非常識を常識に変えた!!【新商品「ペットのフンも消える家庭用生ごみ消滅機」本日発売!】:

« 「マーキュリー通信」no.172【防災の日に思う:歴史は繰り返し起き続ける】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.174 【総選挙の風はどちらに吹いている?】 »