« 「マーキュリー通信」no.206【頼朝の眼力】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.208 【義経vs頼朝】 »

2005年10月 9日 (日)

「マーキュリー通信」no.207【スーパードッグカーニバル2005】

 10月9日~10日の2日間に亘り東京ビッグサイトでスーパードッグカーニバル 2005が開催。 本日は、雨にも関わらず、会場は約3万人の人と犬で物凄い混雑でした。

 当社は、吉本ペットクラブのブースで、「新商品・ペットのフンも消える家庭用生ごみ消滅機」を実演販売しました。同時にペットの愛好家にアンケートをとりました。アンケートに回答して頂いたペット愛好家には当社商品は概ね好評。関心のない方は僅か1割でした。 3割の方が関心を示し、助成金を活用すれば当社の価格(55,650円)は、かなり購入に結びつくとの回答結果が出ました。

 住まい別の回答では、マンション住まいの方によりニーズが高く、一戸建ての方は庭に捨てられるという方も結構多いようでした。又、ペットのフンをどのように処理しているかとの質問に「トイレに流す」と「ゴミと一緒に捨てる」、その両方の方が半々で、「トイレに流す」と回答した方も、多数の方が当社生ごみ処理機に関心を示して頂きました。
 今回のデータを基に、今後のペット愛好家も含めたマーケティング戦略の構築をしていく予定です。

|

« 「マーキュリー通信」no.206【頼朝の眼力】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.208 【義経vs頼朝】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/11699736

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.207【スーパードッグカーニバル2005】:

« 「マーキュリー通信」no.206【頼朝の眼力】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.208 【義経vs頼朝】 »