« 「マーキュリー通信」no.282【北海道で行政職を3割削減」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.284【世界最小の総合商社的経営論12「適材適所と人材育成」】 »

2006年1月13日 (金)

「マーキュリー通信」no.283【ワンポイントアップの仕事術-5「松下幸之助翁の遺訓に学ぶ】

 日経新聞の朝刊に、1月4日から13日まで8回に亘り松下幸之助翁の事が連載で取り上げられていました。
 その中で、私たちが実際にビジネスを実践していく際に貴重な考え方、実例が沢山網羅されています。

 「商売の本道」では、「商品を売るためには、ひたすら努力しろ。教科書を百遍読んでもだめだ。実践を通じ、年季を積み、苦労に苦労を重ねて、つぶしのきく人間となっていく。これからどんなに技術、商品が高度化しても、この本質は変わらない」とごく一般的な商売の基本を語っています。

 「商売に王道なし」。日本の産業界?bPの経済人松下幸之助翁ですら商売の基本は地道な努力を強調している。このことは、多数のビジネスマンに勇気を与えてくれます。今、実力不足に悩む若手ビジネスマンでも、1つ1つの努力の積み重ねにより、優秀な営業マンとなっていく。まさに希望を与えてくれる、一転語だと思います。

|

« 「マーキュリー通信」no.282【北海道で行政職を3割削減」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.284【世界最小の総合商社的経営論12「適材適所と人材育成」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/11729857

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.283【ワンポイントアップの仕事術-5「松下幸之助翁の遺訓に学ぶ】:

« 「マーキュリー通信」no.282【北海道で行政職を3割削減」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.284【世界最小の総合商社的経営論12「適材適所と人材育成」】 »