« 「マーキュリー通信」no.286【本日は阪神大震災11周年】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.288【「連続幼児誘拐殺人犯宮崎被告に死刑判決」を考える】 »

2006年1月17日 (火)

「マーキュリー通信」no.287【余りにもの情報伝達スピードの速さにびっくり】

 本日のマスコミトップ記事は各紙とも「ライブドアの証券取引法違反容疑」でした。このニュースは、くろねこヤマトの宅急便のお兄さんも、床屋のおねえさんも、町中この噂で持ちきりでした。
 皆、中味はよく分からない。とにかく「あのホリエモンが何か悪いことをしでかした」というのが巷の評判でした。

 有名になると、良いことも直ぐに伝わるけれど、悪いことの方は、それ以上の猛スピードで伝わることが本日のマスコミ報道で思い知りました。私自身ホリエモンの凄さは素直に認めるけれど、ちょっと天狗になっている面もあるので、このような事件を起こすと、バッシングで袋だたきに合い、その人気が凋落することをホリエモン自身も思い知ったのではないか。

|

« 「マーキュリー通信」no.286【本日は阪神大震災11周年】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.288【「連続幼児誘拐殺人犯宮崎被告に死刑判決」を考える】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/11729962

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.287【余りにもの情報伝達スピードの速さにびっくり】:

« 「マーキュリー通信」no.286【本日は阪神大震災11周年】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.288【「連続幼児誘拐殺人犯宮崎被告に死刑判決」を考える】 »