« 「マーキュリー通信」no.306【私のコミュニケーション論14「コミュニケーション力とコミュニケーション能力」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.308【30年ぶりの出会い】 »

2006年2月12日 (日)

「マーキュリー通信」no.307【大河ドラマの威力】

 私は好きで、DVDに録画して毎週かかさずみています。今年の「巧妙ヶ辻」も司馬遼太郎原作のせいもあって毎週楽しみにしています。

 主役の山内一豊の妻、千代役の仲間由紀恵の演技もグーです。仲間由紀恵は、宮本武蔵の時に、佐々木小次郎の許嫁として登場したことで、はじめて知りました。
 最近、仲間由紀恵をよくみかけます。マスコミでも町のあちこちで写真やポスターでみかけます。おそらく露出度UPではないかと思います。

  数年前、大河ドラマ「利家とまつ」で主役を演じた松嶋菜々子が国民的ヒロインとなりましたが、その再来のような感じがします。NHK大河ドラマの威力を感じています。

|

« 「マーキュリー通信」no.306【私のコミュニケーション論14「コミュニケーション力とコミュニケーション能力」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.308【30年ぶりの出会い】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/11742049

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.307【大河ドラマの威力】:

« 「マーキュリー通信」no.306【私のコミュニケーション論14「コミュニケーション力とコミュニケーション能力」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.308【30年ぶりの出会い】 »