« 「マーキュリー通信」no.326【世界初!百歳児(上寿昇地三郎博士世界一周講演旅行講演】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.328【ライブドアよ。反省の手始めに事務所移転を】 »

2006年3月 9日 (木)

「マーキュリー通信」no.327【世界最小の総合商社的経営論13「信頼関係を築く人、壊す人」】

当社にはハローワークから沢山の中高年の方が仕事を求めてやってきます。過去2年間で10名以上の方を採用しました。今年に入り、60代を中心とした高齢者を「ペットのフンも消える家庭用生ゴミ消滅機・環境生活館」販売強化の一環として採用しています。

 60代のH氏、K氏共に訪販経験があり期待していたのですが、なかなか成果が出ないので、K氏は本年の重点施策Bフレッツ刈り取り促進営業にシフトしました。又、K氏は、長年リフォーム関係の仕事に従事してきたので、耐震防災事業にシフトしました。
 2人とも、「家庭用生ごみ処理機」販売では成果が出なかったのですが、仕事ぶり、人間性を評価して、人事異動しました。

 一方、一番若くて期待していたN氏56歳は、私の信頼を裏切りっぱなしでした。「ペットのフンも消える家庭用生ゴミ消滅機・環境生活館」販売に際しては、固定給をもらうことが絶えず頭にあるようで、日報にもアリバイ作りがしっかりと書いてあります。成果が出ないので、耐震防災事業にシフトしました。N氏が昔屋根瓦の営業をやっていたので、昔の顧客の所に訪問して、耐震補強の話を進めることにしました。
 N氏に同行した時のことでした。昔の顧客(主婦)との対話の際に、「実は内の妻も癌で亡くなりました」とその主婦との話に合わせていました。後で、聞いてみると、その主婦に話を合わせる為に、ワザと奥さんを癌で死なせたことにしたそうです。又、N氏は、屋根瓦の営業の際には、一級建築士でもないのに、部下に一級建築士と肩書きを詐称して、営業をしていたことが仲間の証言で判りました。そのことをN氏に話すと、「社長のように三井物産とか一橋大学とかエリート出身の人は、そのような学歴、職歴が使えるけれど、我々のような人間は、そういうものがないので、注文をとるためにはやむを得ない」と平然と言ってのけました。
 又、私の営業方針が、客との信頼関係を築いて、注文をとってくる事に対し、N氏の場合には、「金を出せそうなとろい客から、多少騙しの手口でも、強引に注文をとってくる」とのことで、私と真っ向から考え方が違うことが判りました。このような社員を当社に置いていたら、ゆくゆく当社の信用に重大な影響を与えることになりかねないので、早めに首にすることにしました。

 N・H・K氏、同じ中高年でも、随分と考え方が違うようです。3氏ともお金はないのですが、お金がないから頑張ろうとするH・K氏に対し、N氏の場合お金がないからハローワーク経由でお金の出そうな企業に対し、固定給欲しさに勤務する。ものの考え方、人生観等随分と違うようです。

|

« 「マーキュリー通信」no.326【世界初!百歳児(上寿昇地三郎博士世界一周講演旅行講演】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.328【ライブドアよ。反省の手始めに事務所移転を】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.327【世界最小の総合商社的経営論13「信頼関係を築く人、壊す人」】:

« 「マーキュリー通信」no.326【世界初!百歳児(上寿昇地三郎博士世界一周講演旅行講演】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.328【ライブドアよ。反省の手始めに事務所移転を】 »