« 「マーキュリー通信」no.366【第3のショックも視野に入れておく】-増田先生からのご投稿 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.368【LOHASに続き、今後の新しいライフスタイル「セレンディピティ」】 »

2006年4月27日 (木)

「マーキュリー通信」no.367【ぎっくり腰の治療】

今月17日に久しぶりにぎっくり腰になりました。今回のぎっくり腰はこれまでで最悪でした。

 ぎっくり腰の治療には、私の知り合いの西池袋不退サロンで、ペインシフトによる治療で治してもらいました。 ペインシフトとは、痛いところには直接触れず、身体の経絡、特に手足のツボを押すことで、腰の痛み(ペイン)を移動(シフト)させるというやり方です。 当初はベッドから起きあがることもままなりませんでしたが、ペインシフト治療により、起きあがることができました。 顔を洗う際も、肘をつきながら洗っていたのが、今朝は普通に洗うことができました。又、くしゃみをすると腰に響くことが判り難儀しましたが、今日はくしゃみをしても腰に響かず、ほっとしています。 不退サロンの料金は、1回3500円(但し、私の場合友人割引で2500円)と良心的です。もし、腰痛、五十肩等でお悩みの肩がいましたら、一度通ってみてください。私の紹介ということで料金は2500円でOKです。予約は不要です。毎日10~19時です。
 池袋駅西口徒歩五分、豊島税務署の左隣です。西池袋3-33-24アポロマンション一階 03-3988-5785

|

« 「マーキュリー通信」no.366【第3のショックも視野に入れておく】-増田先生からのご投稿 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.368【LOHASに続き、今後の新しいライフスタイル「セレンディピティ」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/11770945

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.367【ぎっくり腰の治療】:

« 「マーキュリー通信」no.366【第3のショックも視野に入れておく】-増田先生からのご投稿 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.368【LOHASに続き、今後の新しいライフスタイル「セレンディピティ」】 »