« 「マーキュリー通信」no.389【57歳の誕生日の日に思うこと「諸行無常」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.391【日本人の精神的荒廃を考える-9 「国家の品格」】 »

2006年5月27日 (土)

「マーキュリー通信」no.390【57歳の誕生日の日に思うこと-2 「人生の目的と使命感」】

 昨日は多数の方からお祝いのメッセージを頂きましてありがとうございます(^y^) 昨日書き足りなかったことを思いつくままに書いてみました。

 「人生の目的」とは、昨日書きましたように、「本当の自分」を磨き、成長させていくことだということが理解できると、人生そのものに対する見方が変わり、大地に根を張ったようなしっかりとした人生を生き、人生をより充実したものとして受け止めることができるようになります。

 人は、生まれる前に人生計画を立てると言われています。「菅谷信雄」という個性を持った一人の人間がどのような人生計画を立て、どのような人生を歩んできたのか。人生は筋書きのないドラマといわれますが、57年間生きてきて、そのことを実感します。人生という舞台を一生懸命生きぬいてきた「菅谷信雄」という一人の自分を見ることができます。そしてその中に時々「本当の自分」を垣間見ることでき、「本当の自分」の部分を磨き、光り輝かせることの重要性に気付かされます。

 9年前、三井物産を定年扱い退職した時に、中学2年生の担任(英語)の鳥居士郎先生から「Giftとは神から頂いた才能であり、callingとは職業である。」というすてきな言葉を頂きました。
 学生の頃、数学と英語が一番好きな学科でした。今回の人生は、敢えて文化系の道を選び、そちらのgift(才能)に磨きを掛けてきました。そして、学生時代も含めると実に多種多様な仕事をしてきました。specialistよりgeneralistの道を歩んできました。 因みに次回生まれ変わった時には、大好きな数学に磨きを掛け、アインシュタインを超えるような科学者を目指して生きていきたいと思っています。

 さて、現在は世界最小の総合商社の経営者として、日々磨かれています。過去2年以上に亘り厳しく鍛えられてきました。 社長業という仕事は実に厳しいものです。資金繰り、人事管理、営業等実に多岐に亘る仕事があり、毎日夜10時頃まで仕事をして、土曜日も仕事をしています。 しかし、仕事を通じ日々成長できる喜びを感じています。時には判断ミスもします。気がついたら直ぐに反省し、反省材料を基に次の飛躍に繋げていきます。私自身経営者としてまだまだ未熟なところだらけですが、だから絶えず謙虚さを忘れず、もっと上を目指せるのだという希望と喜びが沸いてきます。

 しかし、一方で何のために社長業をやっているのかという使命感がないとその頑張りにも限界があります。 私の夢は、一人暮らしの老人ホームを60歳の時に建設することです。日本も格差社会が進行し、人生の負け組が増加しています。その人達の受け皿となるような老人ホームを考えています。但し、経済的豊かさだけが勝ち組でなく、心の豊かさを追求した勝ち組社会を創っていきたいと思っています。その為老人ホームの名前を「ユートピア館」と命名し、心のコミュニケーションを通じ、心のユートピアを目指したそういった老人ホーム「ユートピア館」を全国に建設していきたいと思っています。 その為の資金作りをマーキュリー物産で行っているところです。私自身子供に恵まれなかったので、その分子供に掛ける時間も費用も必要としないので、そちらに自分の勢力をつぎ込んでいきたいと考えています。いずれマーキュリー物産の社長の座は誰かに譲り、NPO法人ユートピア建設を創り、そちらの理事長として100歳まで頑張っていきたいと考えています。

 こういう夢や理想、使命感があると現在の社長業が厳しくても乗り越えることができます。「ユートピア館」の建設の方がもっと大変な仕事ですから、マーキュリー物産の経営者で値を上げているようだったら、次のステップに進むことができないわけですから。

 そして、これが神から与えられたcalling(職業)と考えています。この「人生の目的」と使命感が達成された時が、神や仏に対し「最高の自己を差し出す」ことができる時です。私がイメージする「最高の自己」と比べたら、現在の自分などはその1割にも達しません。だから神や仏の夢や理想実現に向かって仕事をしているとわくわくしてきます。そして、少々のことではくじけることはありません。57歳となった現在でも心身共に元気で働くことができるのです。私の元気印の源といえます。

|

« 「マーキュリー通信」no.389【57歳の誕生日の日に思うこと「諸行無常」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.391【日本人の精神的荒廃を考える-9 「国家の品格」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/11794751

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.390【57歳の誕生日の日に思うこと-2 「人生の目的と使命感」】:

« 「マーキュリー通信」no.389【57歳の誕生日の日に思うこと「諸行無常」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.391【日本人の精神的荒廃を考える-9 「国家の品格」】 »