« 「マーキュリー通信」no.396【私のコミュニケーション論16「ボトルネック」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.398【日本人の精神的荒廃を考える-11「仏教と資本主義」】 »

2006年6月10日 (土)

「マーキュリー通信」no.397【老後の人生を2倍エンジョイする「Koala Plan」】

 先日、三井物産時代の元上司大橋洋二氏が私の事務所にひょこっとお見えになりました。大橋さんは、物産マン時代、豪州に長年駐在し、その経験を活かし、これから大量定年を迎える団塊の世代を中心に老後の人生を安くかつ充実して過ごして頂こうと長期滞在型の「Koala Plan」を考案しました。

 シニア世代向けに旅行業界は多様なプランを提案していますが、大半のものは1週間も滞在すれば飽きてしまうそうです。 そこで、3ヶ月~半年間長期に滞在しても飽きないように中味、ソフトの部分を充実させました。 豪州は、月25万円もあればかなり充実した第2の人生を送ることができます。しかし、大多数のシニア世代は、老後を海外で暮らすことに不安を持っています。健康面、言葉のハンデ、生活習慣等日本とかなり違うことが不安です。

 しかし、「Koala Plan」の場合、その不安を取り除くように様々な配慮がなされています。基本的には豪州は親日国で、日本食も手に入り、日本語も結構通じるそうです。 住まいは、家具付きで、3ヶ月~半年間の賃借でもOKなようになっています。気温は1年を通じ温暖で凌ぎやすいです。そして、慣れてきたら更に長期滞在も可能となっています。 大橋さんは、まずは手始めに日本に一番近いクイーンズランド州にあるブリスベーン、ゴールドコースト、ケアンズ等にしぼり、7日間の長期滞在視察ツアー希望者を募っています。ツアーのアレンジは全て三井物産の関係会社MOツーリストが担当しています。 8月~9月にかけ、3回実施します。

詳細は別紙参照願います。関心のある方は、MOツーリストにお問い合せ下さい。
電話03-5295-1874担当:八尋、今関、末広

Koala_plan             Koala_plan2_1    

|

« 「マーキュリー通信」no.396【私のコミュニケーション論16「ボトルネック」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.398【日本人の精神的荒廃を考える-11「仏教と資本主義」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/11795757

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.397【老後の人生を2倍エンジョイする「Koala Plan」】:

« 「マーキュリー通信」no.396【私のコミュニケーション論16「ボトルネック」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.398【日本人の精神的荒廃を考える-11「仏教と資本主義」】 »