« 「マーキュリー通信」no.428【第49回「新しい時代を創る経営者の会「 米国のナノテクノロジーが日本にも上陸「貼るだけで運動能力20~30%アップ」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.430【世界最小の総合商社的経営論20「お客様中心か、ルールを守るべきか】 »

2006年7月19日 (水)

「マーキュリー通信」no.429【百円玉1枚の怖さ】

 事務所の近くに居酒屋が昼間は定食屋を営んでいます。ここは昼食500円玉1枚の安さと中味が受けて、昼時はいつも満員盛況です。
 最近、値段を百円あげて600円にしました。すると客足はがくんと落ちて、以前の半分程度です。付近にはホカ弁屋もあるし、コンビニもあります。お客様は正直です。
 私にとっては、すいていてその方が却ってよいですが。

|

« 「マーキュリー通信」no.428【第49回「新しい時代を創る経営者の会「 米国のナノテクノロジーが日本にも上陸「貼るだけで運動能力20~30%アップ」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.430【世界最小の総合商社的経営論20「お客様中心か、ルールを守るべきか】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/11244274

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.429【百円玉1枚の怖さ】:

« 「マーキュリー通信」no.428【第49回「新しい時代を創る経営者の会「 米国のナノテクノロジーが日本にも上陸「貼るだけで運動能力20~30%アップ」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.430【世界最小の総合商社的経営論20「お客様中心か、ルールを守るべきか】 »