« 「マーキュリー通信」no.472【日本人が知らない「儲かる国ニッポン」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.474【世界最小の総合商社的経営論-24「虚と実の世界を見極める」】 »

2006年9月10日 (日)

「マーキュリー通信」no.473【豊島区環境フェアに出展】

  豊島区環境フェアが9~10日の2日間に亘り豊島区民センターで行われました。当社も豊島区エコライフ課から依頼を受け、「家庭用生ごみ処理機」の分野では昨年に引き続き出展することとなりました。当社で販売中の家庭用生ごみ処理機「環境生活館」と「アルペット(大型機)」はいずれも豊島区のあっせん対象商品で、豊島区のホームページにも写真入りで掲載されています。
 
 昨年池袋本町に豊島清掃事務所の新館が落成し、その記念行事の1つにゴミリサイクル事業があり、豊島区があっせんする「家庭用生ごみ処理機」の販売業者に出展要請がありました。
 しかし、他社は出展要請を断り、たまたま新発売した「ペットのフンも消える家庭用生ゴミ消滅機・環境生活館」を当社だけが区民の前で実演販売しました。コンビニの弁当が僅か10分程度で分解消滅してしまったので、区民の皆さんは一様に驚きの声を上げました。
 豊島区エコライフ課とのお付き合いはそれ以来となりますが、当社のような中小企業にとり、豊島区の後押しがあると信用力が俄然違い、その意味ではありがたいです。残念ながら豊島区では補助金が出ませんが、それでも徐々に売れ始めてきました。

|

« 「マーキュリー通信」no.472【日本人が知らない「儲かる国ニッポン」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.474【世界最小の総合商社的経営論-24「虚と実の世界を見極める」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/11833485

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.473【豊島区環境フェアに出展】:

« 「マーキュリー通信」no.472【日本人が知らない「儲かる国ニッポン」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.474【世界最小の総合商社的経営論-24「虚と実の世界を見極める」】 »