« 「マーキュリー通信」no.540「創レポート」(12月号)【“顧客に尽くすこと”は本当に最優先課題か?】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.542【2連続正月に奇跡】 »

2007年1月 1日 (月)

「マーキュリー通信」no.541【猪突猛春:深化→進化→真価】

                      「猪 突 猛 春」

 昨年は、「集中」と「機能強化」という経営方針の下に事業活動を推進して参りましたが、その延長線上として 「安心して住める快適な住環境の提供」という企業理念に至りました。

1.耐震補強で地震に強い住まい造り   
2.住宅リフォームで快適な住まい造り
3.業界初!「ペットのフンも同時に処理できる生ごみ処理機・環境生活館」で快適な都会生活の実現
4.NTT光ファイバーの導入により快適なIT環境の提供

「機能強化」とは、会社の「機能、役割、付加価値」を強化、「深化」させることです。その結果、会社は「進化」していきます。会社が「進化」していくことで、会社の「真価」が発揮されます。ここまで来れば、会社は安泰です。そうなるよう経営資源を集中させていきます。

 本年は、「深化」「進化」「真価」の3つのキーワードを基に更に努力精進していく所存です。本年もよろしくお願い申し上げます。

                                                                 2007年1月元旦
                                                             (有)マーキュリー物産
                                                          代表取締役 菅谷信雄P1010130_1

|

« 「マーキュリー通信」no.540「創レポート」(12月号)【“顧客に尽くすこと”は本当に最優先課題か?】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.542【2連続正月に奇跡】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/13277397

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.541【猪突猛春:深化→進化→真価】:

« 「マーキュリー通信」no.540「創レポート」(12月号)【“顧客に尽くすこと”は本当に最優先課題か?】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.542【2連続正月に奇跡】 »