« 「マーキュリー通信」no.625【石原慎太郎都知事三選祝賀パーティに参加して】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.627【私のコミュニケーション論-33「黙してを語らず」】 »

2007年4月26日 (木)

「マーキュリー通信」no.626【私のコミュニケーション論-32「相手の性格、能力を見て対応する」】

 コミュニケーションにおいて、私は相手の性格、能力を見て対応することが極めて重要と考えています。

 取引先のTさんの場合、結構ぽかが多いので、ファックスを送信した後、事務の女性に納期等しっかりと確認するよう指示をしておきました。
 本日も配送先が埼玉県にかかわらず、Tさんは「神奈川県ですね」と平然と答えたので、事務の女性は私の意味が理解できたようです。
 この確認なしで事務を進め、後で納期等で問題が起こり、「Tさんが悪い」と責任を追及しても、お客様の窓口は当社なので、結局当社の責任問題となります。

 本日も取引先の担当者の性格、能力を見極めながら対応することの大切さを経験しました。

| |

« 「マーキュリー通信」no.625【石原慎太郎都知事三選祝賀パーティに参加して】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.627【私のコミュニケーション論-33「黙してを語らず」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.626【私のコミュニケーション論-32「相手の性格、能力を見て対応する」】:

« 「マーキュリー通信」no.625【石原慎太郎都知事三選祝賀パーティに参加して】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.627【私のコミュニケーション論-33「黙してを語らず」】 »