« 「マーキュリー通信」no.626【私のコミュニケーション論-32「相手の性格、能力を見て対応する」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.628【最勝の総合商社的経営論-34「段取り力を付ける」 »

2007年4月27日 (金)

「マーキュリー通信」no.627【私のコミュニケーション論-33「黙してを語らず」】

 世の中には自分の主張だけしたいだけして人の話を聴こうとしない人が結構います。こちらが話そうとしても、遮って人の話を聴こうとしません。「とにかく自分の言っていることを聴け!」と言いたげです。

 そのような場合、これ以上話をしても無理だと判断したら、私自身敢えて多くを語ろうとせず、その人の言いたいようにさせます。そして、後は相手のやり方を黙して語らず見守ります。うまくいけばそれで良し。そういうやり方もあるのだと私自身勉強になります。うまくいかなければ、その人の責任になります。世の中に、人生生きていく中で、身体を張って、自分の主張を押し通すような事態、重要事はそれほど多くないので、私自身そのようにしています。

| |

« 「マーキュリー通信」no.626【私のコミュニケーション論-32「相手の性格、能力を見て対応する」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.628【最勝の総合商社的経営論-34「段取り力を付ける」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.627【私のコミュニケーション論-33「黙してを語らず」】:

« 「マーキュリー通信」no.626【私のコミュニケーション論-32「相手の性格、能力を見て対応する」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.628【最勝の総合商社的経営論-34「段取り力を付ける」 »