« 「マーキュリー通信」no.801【私の異見・ひと言申す-58「地方活性化の切り札に団塊の世代の元商社マンを活用」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.803【私の異見・ひと言申す-61「福田内閣の支持率急降下」】 »

2007年12月16日 (日)

「マーキュリー通信」no.802【私の異見・ひと言申す-60「年金問題は古くて新しい政治責任」】

  桝添厚労省大臣が5000万件の不明の年金受給者の全件解明は不可能な旨ギブアップ宣言をしました。
 最近社会保険庁の不祥事や不正問題が次々と明るみに出ていますが、これは調査を厳しくした為といえます。又、内部告発制度を活発化した為ともいえます。逆に言うなら、社会保険庁の腐敗体質をこれまで放置してきたのはまさに歴代内閣の政治責任です。

 一方、年金制度の為に国民背番号制度導入が議論されましたが利害関係者の猛反対によりお蔵入りとなりました。
 
 25年前私はカナダに駐在していました。その時全ての住民は社会保険番号(SIC)を持っていました。銀行口座開設、役所での窓口の手続き、病院の事務手続き等全て社会保険番号を使用していました。確定申告の時にも社会保険番号を使用します。社会保険番号で所得を捕捉されているのでごまかしが効きません。

 日本で国民背番号制度を導入する際に、所得を捕捉されることを嫌った利害関係者から猛反対に合いました。当然、自分たちの所得を捕捉されることを反対とは言いません。プライバシー侵害を理由に反対したわけです。「国民背番号制度」という名前もよくありません。その時、年金のコンピュータ化の為に社会保険番号制度導入を提案すれば、もっと受け入れやすかったと思います。もし、コンピュータ化しなければ、膨大な数の年金受給者が不明となり、国民に大迷惑をかけると主張すれば導入されていたはずです。
 当時、桝添大臣のような人がいて、社会保険庁の実態を調査していたなら、あまりにものずさんさに呆れ、社会保険番号制度の導入のきっかけになったことと思います。
 このようなことは強力な政治的リーダーシップがなければできません。安倍首相が公約に掲げた「年金受給者5000万件の解明」も、福田内閣になったら公約ではないと言い逃れをしています。凡庸な政治家はいつも言い逃れをするモノであり、公約(膏薬)とは貼るものであり、選挙が終われば自然とはがれるモノだと言うことを気づかされました。
<コーヒーブレイク>
一橋大学の同期東塚君からすてきなクリスマスカードが届きました。下記URLをクリックしてみてください。メルヘンの素晴らしい世界へと導いてくれます。
http://www.jacquielawson.com/viewcard.asp?cont=1&hdn=0&pv=3111930

| |

« 「マーキュリー通信」no.801【私の異見・ひと言申す-58「地方活性化の切り札に団塊の世代の元商社マンを活用」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.803【私の異見・ひと言申す-61「福田内閣の支持率急降下」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.802【私の異見・ひと言申す-60「年金問題は古くて新しい政治責任」】:

« 「マーキュリー通信」no.801【私の異見・ひと言申す-58「地方活性化の切り札に団塊の世代の元商社マンを活用」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.803【私の異見・ひと言申す-61「福田内閣の支持率急降下」】 »