« boblog「マーキュリー通信」no.899【私の異見・ひと言申す-76「景気とは創り出していくモノ」】 | トップページ | boblog「マーキュリー通信」no.901【インターネットビジネスの合宿研修を受けて】 »

2008年3月20日 (木)

boblog「マーキュリー通信」no.900【あっぱれ「3年B組金八先生」!!】

 「3年B組金八先生」(TBS毎週木曜日22時~)を毎週楽しみに見ています。本日は最終回でしたが、感動の最後でした。

 金八先生(武田鉄矢)が、女子生徒を成り行きで自宅に泊める羽目になり、それが大問題となり、3年B組の担任を外され、卒業式への参加も学校側から拒否されました。

 これを知った3年B組生徒25名全員が体育館に立てこもり籠城。しかし、生徒達の必死の思いが通じ、学校側は生徒の要求をのむ。

 さて、卒業式は、3年B組全員による答辞。生徒が各々自分の思いのたけを先生や親の前で答辞をするという異例のやり方には思わず涙を誘われました。

 そして、最後、金八先生が、生徒一人一人に人文字の「贈る言葉」を書いて渡す。これも感動のシーンでした。

 金八先生は半年間のロングランでした。スタート当初は、3年B組の生徒は、問題児ばかりで、クラスはばらばらでした。いじめ、不登校、家庭内暴力、親子断絶等々毎回問題を引き起こす。
 それを金八先生の情熱で1つ1つ解決していく。こんがらがってしまった心のもやもやを丁寧に解きほどいていく。

 そして、最後3年B組は素晴らしいまとまりを見せ、クラスには切っても切れない友情が芽生えていた。

 金八先生は、私のこれまで見た連続ドラマの中では最高傑作でした。しかし、こんな素晴らしいドラマの視聴率が10%にも行きません。こんな優良かつ優秀で、人々に勇気と希望と感動を与えるテレビ番組をより多くの人に見てもらえなかったのが残念でした。
 但し、視聴率は、DVD録画分はカウントされないそうです。従って、私のように毎回DVD録画している家庭の視聴率はカウントされないようです。

|

« boblog「マーキュリー通信」no.899【私の異見・ひと言申す-76「景気とは創り出していくモノ」】 | トップページ | boblog「マーキュリー通信」no.901【インターネットビジネスの合宿研修を受けて】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/40578600

この記事へのトラックバック一覧です: boblog「マーキュリー通信」no.900【あっぱれ「3年B組金八先生」!!】:

« boblog「マーキュリー通信」no.899【私の異見・ひと言申す-76「景気とは創り出していくモノ」】 | トップページ | boblog「マーキュリー通信」no.901【インターネットビジネスの合宿研修を受けて】 »