« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月31日 (月)

【boblog「マーキュリー通信」no.909「創レポート3月号 アピールポイント変更への挑戦」】

「sr0803.pdf」をダウンロード  今月のテーマは商品価格の値上げ問題です。

 現在、原油価格や資源、小麦等原材料の高騰により、その影響がじわりじわりと消費者物価に及んでいます。

 商品を値上げすべきか、据え置くべきかは経営者にとって重要テーマです。これは商品によってまちまちです。

 そのヒントが今月の「創レポート」に記載されていますのでご参考にして下さい。

 私の方から本レポートに付け加えるなら、
1.現在の国際的資源高、食糧品高、原油高のトレンドは今後も続くと見た方がよい。何故なら13億人の中国、11億人のインドが先進国と同様の生活様式を取り始めているので、長期的な受給タイトのトレンドは変わらない。

2.日本の食糧政策は、米国の食糧戦略の中に組み入れられ、大量の食糧を輸入してきた結果、食糧自給率が大幅に低下してきた。食糧安保の観点から見直しをせざるを得ないが、いずれにしろ今後は高品質、高価格の時代に入った。

3.原油高、資源高は代替エネルギーの台頭、具体的には水素エネルギー、風力、地熱等が開発されるが、いずれにせよエネルギーコストの上昇は避けられない。

4.地球温暖化防止の流れから今後環境商品が国際的な地位を得ていく。

 上記のようなキーワードの基に、デフレの時代との決別、環境を考慮した高付加価値商品を創意工夫して創り上げていく事に叡智を絞っていくことが今後のキーワードといえると思います。

伝統的“営業感覚”を見直す時?
>>                アピール・ポイント変更への挑戦!
>>  ☆☆☆ 利益の源は“顧客の理解”にあるのだから… ☆☆☆
>>
>>                     ◆本レポートの内容◆
>>
>>   【1】値上げしたら売れない~それは昔の発想では?   …… 1㌻
>>   【2】しばしば“商品の良さ”が軽視されてしまう!   ………… 2㌻
>>   【3】“商品の良さ”を説明するのは難しいから…?    ………3㌻
>>   【4】顧客に“良さ”を理解させるアピールが急務   ………… 4㌻
>>   【5】工夫の重要性と工夫をする“余裕”の必要性    ………5㌻
>>

******************
>>   公認会計士・税理士 伊藤 隆
>>   【本   部】03-3556-3317
>>   【会計工場】059-352-0855
>>     http://www.cpa-itoh.com
>>    中小零細企業の存続と
>>              その未来のために
>> ******************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【boblog「マーキュリー通信」no.909「創レポート3月号 アピールポイント変更への挑戦」】

「sr0803.pdf」をダウンロード  今月のテーマは商品価格の値上げ問題です。

 現在、原油価格や資源、小麦等原材料の高騰により、その影響がじわりじわりと消費者物価に及んでいます。

 商品を値上げすべきか、据え置くべきかは経営者にとって重要テーマです。これは商品によってまちまちです。

 そのヒントが今月の「創レポート」に記載されていますのでご参考にして下さい。

 私の方から本レポートに付け加えるなら、
1.現在の国際的資源高、食糧品高、原油高のトレンドは今後も続くと見た方がよい。何故なら13億人の中国、11億人のインドが先進国と同様の生活様式を取り始めているので、長期的な受給タイトのトレンドは変わらない。

2.日本の食糧政策は、米国の食糧戦略の中に組み入れられ、大量の食糧を輸入してきた結果、食糧自給率が大幅に低下してきた。食糧安保の観点から見直しをせざるを得ないが、いずれにしろ今後は高品質、高価格の時代に入った。

3.原油高、資源高は代替エネルギーの台頭、具体的には水素エネルギー、風力、地熱等が開発されるが、いずれにせよエネルギーコストの上昇は避けられない。

4.地球温暖化防止の流れから今後環境商品が国際的な地位を得ていく。

 上記のようなキーワードの基に、デフレの時代との決別、環境を考慮した高付加価値商品を創意工夫して創り上げていく事に叡智を絞っていくことが今後のキーワードといえると思います。

伝統的“営業感覚”を見直す時?
>>                アピール・ポイント変更への挑戦!
>>  ☆☆☆ 利益の源は“顧客の理解”にあるのだから… ☆☆☆
>>
>>                     ◆本レポートの内容◆
>>
>>   【1】値上げしたら売れない~それは昔の発想では?   …… 1㌻
>>   【2】しばしば“商品の良さ”が軽視されてしまう!   ………… 2㌻
>>   【3】“商品の良さ”を説明するのは難しいから…?    ………3㌻
>>   【4】顧客に“良さ”を理解させるアピールが急務   ………… 4㌻
>>   【5】工夫の重要性と工夫をする“余裕”の必要性    ………5㌻
>>

******************
>>   公認会計士・税理士 伊藤 隆
>>   【本   部】03-3556-3317
>>   【会計工場】059-352-0855
>>     http://www.cpa-itoh.com
>>    中小零細企業の存続と
>>              その未来のために
>> ******************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月30日 (日)

【boblog「マーキュリー通信」no.908「今年の巨人軍」】

 巨人が昨年の最下位ヤクルトに開幕3連敗を喫しました。

 Kif_2122 巨人は、ヤクルトの4番打者ラミレスと最多勝投手グライジンガー、更には横浜の守護神クルーンをトレードで獲得して、今年はダントツトップとの下馬評でした。

 開幕3連敗は原監督の作戦ミスです。優勝間違い無しの巨人軍は、どうどうと戦えば良いのです。ヤクルト3連戦の後、中日3連戦があるので、それを意識して、開幕投手にエース上原の代わりに敢えて高橋にしました。これが裏目に出ました。

 Kif_2120 第2戦はグライシンガーでした。今年は昨年の優勝チーム巨人のホームグランドでなく、ヤクルトのホームグランドの神宮球場という前代未聞の開幕スタートでした。
 ヤクルトを袖にし、恨みを持つグライシンガーをヤクルトの本拠地で敢えてぶつける愚を犯しました。しかも、不調のグライシンガーを長く引っ張りすぎました。6回表ノーアウト1塁の場面で当然代打が出ると思ったのですが、グライシンガーをそのまま出して、バント失敗。この嫌な雰囲気が結局最後まで尾を引き、敗戦の引き金となりました。

 第3戦は若手栂野を出しての敗戦。これも次の中日戦を意識して、エースクラス内海の温存をした為の敗戦でした。しかも第2戦で打ち込まれた西村を第3戦でも登板させました。救援陣の駒不足で悩んでいるわけでもないのにこの起用も疑問です。

 もし、私が監督なら、第1戦上原、第2戦高橋、第3戦は木佐貫か金刃、そして中日戦にはグライシンガー、内海の順でローテーションを組みました。今年の巨人軍の戦力なら、意表を突く起用など不要です。定石に従い、一手一手打っていけば、優勝は黙っても転がり込んできます。

 中日戦の後は、阪神との3連戦が控えているので、これなら上原を開幕戦に次いで使えます。

 さて、今年も巨人は昨年までと同じミスを繰り返しています。守備の下手なラミレス外野手の獲得です。これで若手の伸び盛り矢野や亀井の出場機会を奪っています。ファンは打つことしかできないラミレスが打つことより、若手の活躍を期待しているのです。又、守備力、走塁等全てを含めたエキサイティングな野球を期待しているのです。

 開幕3連戦で巨人は躓いたのですが、それほど悔しい気持ちはわきません。何故なら、エースと4番打者を奪われたヤクルトに対し、同情の気持ちがあります。そして、大幅戦力減の中で見せた高田新監督の采配にあっぱれです。

 せめてもの救いは、故障して戦列離脱の二岡の代わりに19歳の坂本がスタメン出場をしたことくらいです。ファンはベテランと移籍組、そして生え抜きの若手の活躍があって、野球を楽しんでいます。ただ優勝すれば良いというものでもありません。

 幸か不幸か、今年も主力選手にけが人が続出です。高橋由伸、谷、李、小笠原、二岡、阿部と余りにも多すぎます。従って、主力選手の戦線離脱の時にこそ、若手選手の活躍の場があるのではないかと密かに期待しています。

 一方、巨人戦の視聴率低迷の煽りを受けて、土日の試合が昼間に変わりました。私は第2戦だけ途中から観たのですが、試合途中で放映打ち切りとなりました。これも巨人戦の視聴率低迷の影響で、寂しい限りです。

 巨人の首脳陣もファンが何を望んでいるかをきちんとリサーチすべきです。結果だけ求めるなら、テレビ中継を観ないで翌日の新聞を見ればよいのです。これでは益々巨人戦の視聴率低迷から脱出できませんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月29日 (土)

boblog「マーキュリー通信」no.907【人生100年時代を勝ち抜く為の最強戦略-6「歌姫本田美奈子の人生に学ぶ」】

本田美奈子が38歳の若さで他界してから2年が経ちます。今週NHKで特別記念番組を放映していました。

 白血病と必死に戦う本田美奈子の闘病生活がけなげに映し出されていました。
 丁度同じ時期に作詞家岩谷時子が入院していました。本田美奈子は自分のことをそっちのけにして岩谷時子の手術の無事を祈っていました。白血病の為、無菌室に入れられた本田美奈子は、早く直るように毎日ボイスレコーダーでメッセージを岩谷時子に送っていました。
 
 本田美奈子は最期まであきらめずに、病魔と闘いながら、歌のトレーニングに励みます。彼女の天使のような美しい歌声が病室にこだまし、患者や看護婦の心を癒します。"Amazing grace"他クラシック曲が数曲紹介されましたが、末期ガンと闘う病人とは思えないような美しい響きでした。

 本田美奈子は、「愛は与えきりで良い。他人に愛を与え、喜ばれる方が嬉しい」と言い、その通り実践していました。

 人生100年時代に寿命が延びる一方で、本田美奈子のように短命で終わる人も中にはいます。

 しかし、病魔と壮絶な闘いをして、美しく死んでいった彼女をマスコミを通じ知ったからこそ、彼女の人気が一気に高まったといえます。死後、記念切手まで発行される歌手は珍しいといえます。それだけでも彼女の根強い人気のすごさをうかがい知れます。

 私もその一人です。アイドルとしてデビュー当時の本田美奈子は小悪魔的な妖精のようなイメージでした。

 私が一番好きな女性歌手は山口百恵でしたが、公私に亘る本田美奈子に接することで、私の中でもトップに躍り出ました。

 長生きして天寿を全うする生き方がある一方で、本田美奈子のような美しい死に方は人々の共感を呼びます。

 きっと、現在は天国で美しい声披露して、天国の住民のアイドルとなっていることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月28日 (金)

【中小・ベンチャー企業コンサルタントが語るワンポイントアップの経営術-10「トップダウンの功罪」】

 新銀行東京は当初の大方の予想通り破綻しました。1000億円をどぶに捨て、更に追加の400億円もどぶに捨てることは岡目八目的に見れば明らかなのに、石原都知事は気づいていないようです。

 しかし、私自身顧問をやっていてこの種のことはよくあります。そして、今回の新銀行東京の破綻騒動は他山の石とすべきです。

中小・ベンチャー企業の場合、基本的にはトップダウン型です。まだまだトップに続く人材が育っていないので、トップが頑張るしかないのです。もちろん責任も全てトップにかかっています。中小・ベンチャー企業では、社長の器がほぼその会社の業績を決めます。

さて、ベンチャー企業の場合、株主の期待に応えようと頑張るのは良いのですが、アクセルをふかしすぎて事故を起こすことも多々あります。特に、IPOが視野に入ってきたりすると、危ない橋を渡りがちです。
 
さて、どのような場合が危険なのでしょうか?

 1つ目は、事業の多角化を進めた場合、相乗効果が期待できない場合です。
2つ目は自分の経験から外れた未知の分野です。

 今回の新銀行東京破綻の場合、後者に当たります。もちろん新銀行のトップ始め行員には銀行出身者も採用しました。しかし、問題は誰の子供なのかです。親が東京都だったから失敗したわけです。石原都知事がいくら優秀でも、政治の世界と銀行の世界では全く異なります。いくらスタート当初の経営理念「中小企業を大手銀行の貸しはがし、貸し渋りから救う」が素晴らしくても、東京都が事業をスタートしたことが最大の問題でした。

 戦国乱世の時代に、民衆を救おうと公家が立ち上がり、公家が武士を雇い、戦場に出かけたのと同じです。

中小・ベンチャー企業経営者がトップダウンで事業を行う場合、この2つがポイントです。その他、まだまだたくさんありますが、本日はこの辺にしておきます。

<コーヒーブレイク>
私の友人から下記のような金言を頂きました。経営者の皆様にも参考になると思います。
*** ここから ***
1年の価値を知るには
卒業試験に落ちた学生に 聞いてみなさい

1ヶ月の価値を知るには
未熟児を産んだお母さんに 聞いてみなさい

1週間の価値を知るには
週刊誌の編集者に 聞いてみなさい

1時間の価値を知るには
会うのが待ちきれない恋人達に 聞いてみなさい

1分の価値を知るには
電車やバス、飛行機に乗り遅れた人に 聞いてみなさい

1秒の価値を知るには
事故で生き残った人に 聞いてみなさい

千分の1秒の価値を知るには
オリンピックで銀メダルを獲った人に 聞いてみなさい

時間は待ってくれません
あなたの持っている全ての時間を大切にしなさい

*** ここまで ***

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月27日 (木)

boblog「マーキュリー通信」no.905【結婚おめでとうo(^▽^)/"松井秀喜!!】

Matsuihideki0000  ヤンキース松井秀喜選手の結婚のニュースを聞きました。本当におめでとうo(^▽^)/"

 私は、三井物産で「声のブロマイド」という商品を企画しました。松井秀喜選手の声を10秒間録音できるボイスモジュールの中に録音しました。そして、松井の第1号ホームランの写真の下に入れ、スイッチを押すと松井の声で「ジャイアンツの松井です。未来のホームラン王を目指して頑張ります。皆さん応援して下さい」というメッセージが流れます。
 その時に松井選手と東京ドームで会って、松井の声を録音しました。その日は、多摩川の2軍練習場から、先輩元木大介のスポーツカーに乗って、東京ドームにやってきました。車の中で録音作業をしました。最初は彼のオリジナルのメッセージを吹き込もうとしたのですが、体の大きい割に声が小さかったので、私は、「それではだめ!」と言って、予め用意しておいたメモを手渡し、「このメモの通り大きな声で録音して下さい」と松井に指示すると、松井は素直に「ハイ」と言って録音を始めました。

 新人時代の松井は一軍と二軍を往復していました。声のブロマイドの売れ行きは、松井が活躍すると売れ、二軍落ちすると売れ行きが落ちました。
 
 その時悔やまれることは、今のように携帯もデジカメもない時代だったので、うっかりカメラを忘れ、松井とのツーショットを撮るのを忘れてしまいました。

 松井秀喜選手は、王、長島に次いで大好きなプロ野球選手です。大好きな選手といえばこの3人に絞られます。その意味で、私にとって、松井と私の2人だけのあの瞬間(約5分間)は、私にとって生涯忘れない思い出となっています。

 松井がヤンキースに入団する時に、声のブロマイドを再度販売しようと、メーカーに問い合わせたところ、残念ながら倒産していました。写真の声のブロマイドが私の手元に僅か1枚残るだけで、私にとってお宝となっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

boblog「マーキュリー通信」no.904【私の異見・ひと言申す-77「石原都知事よ、『晩節を汚さないで!』」】

マスコミ、識者、都民らの猛反対に関わらず経営破綻した新銀行東京への追加出資400億円が自民公明の与党の賛成により、確定した。

 新銀行東京設立当時は、銀行の仁義なき貸しはがしにより中小企業が倒産に追い込まれていった。窮状を訴える中小企業救済の面では確かにその理念は素晴らしかったと言えます。

 しかし、スタート当初から懸念されいたように、新銀行東京の融資の実態をみると、融資というより寧ろ補助金に近い感じがします。
 飢えたハイエナに対し、肉をばらまき、「腹がふくれたら、獲物を捕まえてきて肉を返せよ」と言っているようなイメージです。

 役人が税金を使って何か業務を開始すると、悪知恵を絞って投入された税金を騙し取ろうとする輩が必ず現れてきます。最近の例では介護保険制度がそうです。

 なぜなら役所の体質は形式主義だからです。決めたルールに合っていれば、事務処理が進められていきます。

 今回の経営破綻は、融資ノウハウのない新銀行東京が役所流に無担保無保証という甘いルールを決め、そのルールに従い事務処理を進めていったところに最大の原因があります。

 悪党から見たら荒野に無数の獲物が横たわっているようなものでした。そこを見抜き「こいつは騙せ取れる!おいしすぎる!」と思って、打ち出の小槌よろしく合法的に搾取していったわけです。

 今回のお粗末な融資実態を見て、「あれじゃあ、中小企業への税金のばらまきに過ぎないじゃないか? 実質借りても返さなくて良い融資ではないか?それだったら内も借りておけば良かった!」と思う中小企業経営者は多数いたことと思います。

 さて、役所の体質から、今後はその反動で融資ルールが極端に厳しくなります。その為の事務処理時間が膨大にかかります。縮小均衡した新銀行東京は当然巨額の赤字を返す能力はありません。役人には、事業を黒字にするという発想がありません。トップがいくら黒字化を叫んでも、「笛吹けど、現場は踊らず」です。

 そして、新銀行東京の赤字は雪だるま式に増加していきます。その時は、石原都知事の都知事としての政治責任をとられます。
 今撤退するなら、新銀行スタート当初の仁義なき金融機関の貸しはがし実態に憤慨した石原都知事の経営理念に免じ、知事の謝罪だけで何とかすみます。

 しかし、この次はそうはいきません。与党自民、公明党以外反対の嵐の中での独断専行です。政治責任をとらされ、都知事の職を辞さなければならなくなります。

 多選知事の場合、最後はなぜか晩節を汚してしまうようです。名知事と言われた鈴木都知事も東京湾岸地域の新都心計画で晩節を汚しました。

 石原都知事には、そうならないよう母校一橋大学の後輩としても、勇気ある撤退を切に望みます。

 そして、都民の私としては、次回都議選の時は、今回追加融資という愚挙を実行した与党議員には絶対票を投じません。税金の無駄遣いをしていることに気づかないふりをしている代議士に、厳しい制裁を加えるのは都民としては当然です

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月26日 (水)

boblog「マーキュリー通信」no.903【私の健康法-51「ベルトで簡単にできるストレッチ効果」】

午前中や午後の休憩時間に真向法(ストレッチの一種)とベルトストレッチを行って、心身Beltstretch2_2 共にリラックスさせています。ベルトの輪を足にかけて、引っ張るだけで誰でも簡単にできます(boblog「マーキュリー通信」写真参照)。

 私は体が硬いので、ベルトで足を引っ張った時に、とても気持ちがよいです。特にうつぶせになった時、腰が引っ張られるようで、腰のこりにも効いているようです(*^^*)
<コーヒーブレイク>Beltstretch_2
 最近は差別用語の禁止がかなり厳しくなってきたようです。先日も或る研修企業の社長と面談した際、「ブラインドタッチ」は目の不自由な人の差別に繋がるので、禁句だそうです。
 又、「日本の国」という言い方も一般的に言う場合には、「我が国」と表現しなければ行けないそうです。外国人が数百万人も居住している我が国では、日本の国という表現も彼らの差別に繋がるそうです。差別用語は相手に対する気遣いからスタートするもので、度を超すと住みにくい世の中になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月24日 (月)

boblog「マーキュリー通信」no.902【中小・ベンチャー企業コンサルタントが語るワンポイントアップの経営術-9「信頼残高は出し入れされる」】

 中小・ベンチャー企業経営者にとって重要事項の1つに信頼残高を築くことにあります。大企業経営者は、看板そのものが信用と信頼の証です。しかし、中小・ベンチャー企業経営者は、経営者そのものが信用と信頼の源泉です。従って、いかに信頼残高を築いていくかが重要です。

 信頼残高は、預金通帳の金額と同じように増えたり減ったりします。信頼残高を増やす為には日頃の積み重ねが大事です。
 一方、残高を減らすのは簡単です。この信頼残高は、自分が気づかない内に減ることも良くあります。どういう場合に減るかというと、経営者の奢り、捨てても良いプライド、相手を見下す行為、過信等いろいろあります。本日もこんな事がありました。

 当社が好評販売中の「ペットのフンも同時に処理できる生ごみ処理機・環境生活館」を「是非拝見したいので会いたい」、ついては「今週なら時間の都合がつくので何とか来て欲しい」と当社の販売店経由頼まれ、本日「環境生活館」の実演デモを埼玉県までしてきました。そして、実演デモの為、「環境生活館」を事前に手配しておきました。

 同社を訪ねてみると、同社の社長は現れず、年配の女性が社長の代わりということで現れました。名刺交換するなり人の説明も聞かずに、いきなり、「この生ごみ処理機はちょっと大きい」と否定から入ってきました。

 その年配女性の態度から、生ごみ処理機のサイズを見て、その社長は急に関心を無くし、自分の代わりに取りあえず聞いておけという風に理解できました。

 その女性は、結局最後まで先入観を持ったまま人の説明を余り聴こうとしませんでした。
 
 その会社は数名の小さな会社ですが、社長は生活者の視点から食や暮らしの安全に真摯に取り組んでいる著名な方で、業界にもかなり影響力のある人だそうです。

 しかし、こちらが超多忙な中、その社長の為に遠路半日つぶして実演デモに出かけたにも関わらず、ミーティングをボイコットしました。
 この社長の中には、著名人であることを鼻にかけ、私の素性も知らず、見下した態度が見え見えでした。

 傍目には誠実そうな人に装っても、私からその社長の人間性や器を見破られてしまったようです。そして、私に対する信頼残高はもちろんマイナスですが、他でも同様のことをやっていたら、当然信頼残高は減っていきます。もちろんこの社長に面と向かってアドバイスをする人はいないでしょうから、この社長は知らない内に信頼残高を落としていることに気づいていません。そして、いつか落ち目となった時に、「なぜだ?!」と理解できないタイプと見受けました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

boblog「マーキュリー通信」no.901【インターネットビジネスの合宿研修を受けて】

インターネットビジネスの一泊合宿研修(3月22日~23日)を三浦半島の研修ホテル(まほろばマインズ)受け、大きな学びを得きました。Kif_2104

 今年、私自身に3つのイノベーションを課しました。
 ダイエット革命、情報革命は既に実践しそれなりの成果が出ています。
 
 3つ目のイノベーションは、私の不得手な分野インターネットビジネスに関するノウハウを得て、この分野で事業展開を図っていくことでした。

 Kif_2105 そして、その為にJIS(Japan Internet Summit)というインターネットビジネスを専門に取り扱う団体に所属し、2月から缶詰研修を受けてきました。今回の合宿研修で一応一通りのノウハウを掴み、いよいよこれからビジネスに向けての実践段階にはいることとなりました。

 Kif_2111 JISのインターネットビジネス研修は、私が一橋大学で学んだマーケティング論AIDMAの実践です。だから非常に興味をそそられました。

 AIDMAとは、Attention, Interest, Desire, Memory, Actionの略です。消費者が商品に関心を持ち、購入するまでの心理過程をマーケティング的に分析した有名なマーケティング理論です。

そして、この中の重要なコンセプトが、人が商品を購入する時には、必ず感情が入る。本研修は、このコンセプト、エモーショナル・マーケティングをベースに売れる仕組みを構築していく。

 研修では、インターネット上の見込み客に対し、自分の商材をいかに関心を持たせ、購買に結びつけるようにするかのノウハウを、自ら徹底的に考えることと、100名の参加者とグループ分けによるブレインストーミングを実施して、他人の考え方からヒントを頂きます。そして、インターネットビジネスのノウハウを持つ講師から様々なきめ細かいアドバイスを頂き、自分の商材を作り上げていきます。

 私の商材は、「独立開業を目指す人又は独立開業したばかりの人」向けのコンサルティングです。私のこれまでの経験を活かし、起業家を徹底的にサポートして、成功させることです。もちろんコンサルティングフィーも格安な料金を設定しています。
 
日本を良くして行くには、有能な起業家を多数輩出することが21世紀の活力ある日本を作っていく為に重要です。その部分で貢献していこうというのが私のミッションです。

 一方で、インターネットから見込み客のリストを獲得するノウハウを学びました。目標は一人1万人です。仮に受講生100名が一人1万リストを入手したら、全体で100万人の見込み客を得たことになります。
 各自の収入目標は月収100万円です。インターネットビジネスの大成功者は、個人で1000万円以上月収を上げる強者も存在するそうです。

 そして、重要なプロモーションツールとしてとしてアフィリエイト・パートナーがあります。アフィリエイト・パートナーとは、お互いに商材を紹介し合う仕組みです。アフィリエイト・パートナー同士がお互いに商材を紹介し、成約した場合には、紹介フィーを支払います。
 
 1人の力は弱いけれど、100人の力はものすごいパワーとなります。但し、インターネットビジネスをスタートしたばかりの受講生にとり、これから実践を通じノウハウを構築していくことになります。
 そこで、大事なのがJISに参加した受講生同士の横の繋がりです。今後、お互いに実践を通じ、お互いにノウハウを交換しながら、お互いに成功しようという仲間であり、この仲間との人間関係も重要な要素となってきます。

 いずれにしろ、私自身の今年の3つめのイノベーションは、丁度スタートしたところです。その意味では、今後このノウハウを吸収し、社会に貢献しながらマーキュリー物産の収益の柱に育てていくことにワクワクしています(*^^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月20日 (木)

boblog「マーキュリー通信」no.900【あっぱれ「3年B組金八先生」!!】

 「3年B組金八先生」(TBS毎週木曜日22時~)を毎週楽しみに見ています。本日は最終回でしたが、感動の最後でした。

 金八先生(武田鉄矢)が、女子生徒を成り行きで自宅に泊める羽目になり、それが大問題となり、3年B組の担任を外され、卒業式への参加も学校側から拒否されました。

 これを知った3年B組生徒25名全員が体育館に立てこもり籠城。しかし、生徒達の必死の思いが通じ、学校側は生徒の要求をのむ。

 さて、卒業式は、3年B組全員による答辞。生徒が各々自分の思いのたけを先生や親の前で答辞をするという異例のやり方には思わず涙を誘われました。

 そして、最後、金八先生が、生徒一人一人に人文字の「贈る言葉」を書いて渡す。これも感動のシーンでした。

 金八先生は半年間のロングランでした。スタート当初は、3年B組の生徒は、問題児ばかりで、クラスはばらばらでした。いじめ、不登校、家庭内暴力、親子断絶等々毎回問題を引き起こす。
 それを金八先生の情熱で1つ1つ解決していく。こんがらがってしまった心のもやもやを丁寧に解きほどいていく。

 そして、最後3年B組は素晴らしいまとまりを見せ、クラスには切っても切れない友情が芽生えていた。

 金八先生は、私のこれまで見た連続ドラマの中では最高傑作でした。しかし、こんな素晴らしいドラマの視聴率が10%にも行きません。こんな優良かつ優秀で、人々に勇気と希望と感動を与えるテレビ番組をより多くの人に見てもらえなかったのが残念でした。
 但し、視聴率は、DVD録画分はカウントされないそうです。従って、私のように毎回DVD録画している家庭の視聴率はカウントされないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

boblog「マーキュリー通信」no.899【私の異見・ひと言申す-76「景気とは創り出していくモノ」】

サブプライムローン問題で米国経済はスタグフレーション(インフレ下の不況)に陥っています。

 一方、原油は1バーレル100ドルを超える超原油高時代の到来で、消費者物価がじりじりと上昇しています。

 又、日銀総裁の後任が決まらない等国民不在のお粗末な政治のどたばた劇が続き、日本の国際的威信も低下しています。

 マクロ的に見るとマスコミから連日流れてくるニュースは暗いニュースばかりです。このような報道が連日流されることで、国民の財布のひもはますます固くなっていきます。

 これが消費者心理に更に悪影響を与え、負のスパイラルが回り出しています。

 一方で、デパートでは1着210万円もするスーツが売れているそうです。政治家や経営者が購入しているそうです。その他、高額商品の売れ行きは衰えていないそうです。

 ここで政府は発想の転換を図り、1500兆円と言われている個人の金融資産をいかに消費に振り向けさせるかを政府の重要施策に据えるべきです。

 その為に、税制面の優遇策をどんどん与えていくのです。例えば、住宅購入や建て替えの場合には相続税を免除したら、金持ちはこぞって住宅購入をするようになります。その時に家具、調度品を購入したら、所得税から控除できるようにする。もちろん、限度を設けない。又、住宅リフォームの場合も同様にする。

 一方、介護保険制度を民営化し、NPO法人に門戸開放する。こちらに寄付した場合には、全額所得税控除とする。
 又、老人ホームや老人ホーム建設への寄付も税額控除とする。多額の寄付者は叙勲の対象とする。

 このようにして仮に3分の1の500兆円を投資させただけでも、大変な景気刺激策となります。

 大金持ちから税金を取ることばかり考えないで、いかにお金を使わせるかに発想転換すれば、格好の景気浮揚策になります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年3月18日 (火)

boblog「マーキュリー通信」no.898【中小・ベンチャー企業コンサルタントが語るワンポイントアップの経営術-8「仕事に必要な基本的な道具を整備する」】

 皆さんの中で、仕事に必要とする小道具が身の回りになくていらいらしたことはありませんか?

 米国のウォールジャーナルストリート誌が、以前ビジネスマンが職場で捜し物をする時間は年間で6週間にも及ぶと報道していました。この無駄な時間をなくすだけで1ヶ月半分の「ホワイトカラーの生産性向上」に貢献します。もし、月収40万円の社員なら60万円のコストセーブに繋がります。

 これは某銀行役員のエピソードです。その役員の机の上は、整理されていない書類が山積みされていました。その理由は簡単でした。ただ単に自分専用の穴開けパンチがなくて、穴を開けるのが面倒なだけでした。

 皆さんもこんな経験はありませんか?必要な事務用品がない為に、書類の整理を後回しにして、書類が積み上がってしまう。これが生産性を落とす原因となっています。

私の場合も、以前は書類をうずたかく積み、読まれない書類資料が増え、後でまとめて整理した時には、結局不要となってしまった為、一斉に廃棄処分していました。
しかし、最近はファイルの背表紙用ラベルインデックス(私の場合、カシオのネームランド)を使って、整理しています。ポイントは小分類することです。又、ラベルの色は、営業用が青、非営業用が白と分けています。これを励行することで、未処理の書類も減り、机周りがすっきりしてきました。

 尚、必要な事務用品は人によって、業務内容によって異なるので、基本的なもの+オプションといった形で分けます。このマニュアルを総務担当者に作らせたら良いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月16日 (日)

boblog「マーキュリー通信」no.897【ワンポイントアップの仕事術-37「パソコンのコントロール・キー活用で文章作成のスピードが一気にアップ」】

昨日のパソコンスクールでは無料ホームページの作成を学びました。
 その中でコントロール・キーの使い方を学びました。小指でコントロール・キーを押しながら、中指でキーボードをタッチすると、マウス操作より迅速なキーボード操作が可能です。

 コントロール・キー+Cをタッチするとコピーができることを実践している人は多いと思います。又、コントロール・キー+Vが貼り付け、+Xが切り取り、この程度は実践している人は多いと思います。

 更に、下記のようなコントロール・キー+アルファベットタッチにより、キーボード操作が軽快となり、文章作成が早くなります。そして、パソコン操作がなんだか上達したみたいで楽しくなりますよ(*^^*)

 更に、下記のようなコントロール・キー+アルファベットのキーボードタッチにより、キーボード操作が軽快となり、文章作成が早くなります。

 尚、操作の仕方は、下記のようにして覚えればスムーズに使えるようになります。
(1)ツールバーの記号と同じ操作です。
 コントロール・キー+B → 文字を太字にする
 コントロール・キー+I → 文字を斜体文字にする
 コントロール・キー+U → 下線

(2)文字が英語の頭文字を使っています。
コントロール・キー+A → All(すべてを選択)
コントロール・キー+S → Save(保存)
コントロール・キー+P → Print(印刷)
コントロール・キー+R → Right(文字を右にシフト)
コントロール・キー+L→ Left(文字を左にシフト)
コントロール・キー+E→ (文字を中央にシフト)

(3)その他
コントロール・キー+F → 検索
コントロール・キー+Z → 操作を1つ前に戻す
コントロール・キー+W → 操作終了
コントロール・キー+Home → 文頭にカーソル移動
Alt + F4 画面を閉じる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月14日 (金)

boblog「マーキュリー通信」no.896【第67回新しい時代を創る経営者の会「業界の常識を打ち破る炭100%でできた植物性炭素繊維オルガヘキサ」】

本日の「新しい時代を創る経営者の会」では、セラスメディコ㈱相田社長による
業界常識を打ち破る「植物性炭素繊維 オルガヘキサ」の事業プレゼンテーショ
ンをしていただきました。

 炭素繊維は鉱物性で、固いというイメージがあり、最近は煙突、トンネル、橋脚、
柱、床板等のコンクリート構造物の補強、補修、耐震補強工事等で軽さと強度で
注目を集めている材料です。

 しかし、セラスメディコ㈱が事業展開するKif_2103 オルガヘキサは植物性炭素繊維で、
これまで炭100%でできた製品は存在していなかったそうです。その意味でまさ
に業界の常識を打ち破る製品といえます。

 当社でもオルガヘキサの先進性に着目して、事業協力をしていますが、紹介し
た先々で「久しぶりにものすごい事業に出会った」と異口同音に感動の声が聞か
れます。

 既に、当社取引先でペット病院1万カ所を顧客に持つペット関連メーカーの社
長が関心を持ち、現在オルガヘキサをテスト中です。
 現在ペットはストレスから皮膚病が問題となっており、もしオルガヘキサが効
果を発揮すれば大きなビジネスになるモノと期待を寄せています。

 私自身これまでもベンチャー企業が開発した様々な画期的商品と出会ってきま
したが、それらの画期的商品との出会いも思わぬ所から生まれることが多々あり
ます。

 今回のオルガヘキサもそんな出会いの中から生まれた製品です。

 元プロモトクロスライダーが、エンジンの断熱材として植物性炭素繊
維に注目し、開発を開始しました。
 しかし、開発に熱中する余り多額の借金を作り、首が回らなくなってしまった
そうです。
 
 Kif_2102 当時相田社長は、全世界に22箇所の拠点を持つ調査会社ユニバーサルデータの
代表取締役をしており、元ライダーの植物性炭素繊維開発者にお金を貸している知
人に紹介され内容を調べました。

 相田社長は、同元ライダーと会い、開発状況と今後の展開を聞きましたが、
これ以上この開発にお金をつぎ込んでも傷口を広げるだけと判断し、撤退を決意
し精算・売却準備をしました。

 その際、開発者の会社の価値評価をしている時に帰宅できない日があり、
相田社長は、深酒をしてしまい、当日この植物性炭素繊維の在庫の山に埋もれれ寝
て一夜を過ごしました。
 翌日起きてみると、当然深酒で二日酔いに悩まされてると思っていたのに、すっき
りした目覚めだったので不思議に思いました。

 考えられることは、オルガヘキサしかないと思い、半信半疑の思いで親しくし
ている東京女子医科大学の栗原教授に調べていただくことにしてもらいました。

 当初は、「炭100%からできる植物性炭素繊維の概念が無かった」為、親しいは
ずの大学の医学研究者誰からも信じてもらえませんでした。

 しかし、何とかお願いして実験してもらった結果、やはり同様の結果が得られ
たので、オルガヘキサのすごさに気づき始め、事業化の検討を始めました。

 オルガヘキサに関しては、そもそも「炭100%からできる植物性炭素繊維の概念」
が無かった為、相田社長自身も半信半疑の気持ちで、各学会の権威者に実験で試
してもらいながら、業界の常識を1つずつ覆しながら、丹念に実績を積み上げて
いきました。
 例えば、オルガヘキサが水虫の治療に効果があるなどとは毛頭思っていません
でしたが、虎ノ門診療所の先生が、患者の臨床データをとったところ、全員にオル
ガヘキサが有効であることを確認しました。

 そして、試行錯誤を繰り返しながら、元プロライダーが開発した植物性炭素繊維
に、相田社長がユニバーサルデータ時代に得た経験とノウハウを加味しながら誕
生したのがオルガヘキサです。

 そして、今や衣料から医療までの極めて応用分野の広い事業への可能性をもっ
た商品へと育て上げることができました。

 後は、本商品の革新性を理解してもらえる企業とアライアンスを組み、大きく
育てていくことが相田社長の夢です。

 そして、相田社長の夢と事業に賛同する企業が徐々に現れ、セラスメディコ㈱
に億単位で出資する企業も出てきました。
 
 事業参加企業の中には、ふとんの西川産業、大塚家具、東急ハンズ、ブリヂス
トンスポーツ、三越他皆さんがよく知っている企業も多数あり、オルガヘキサの
先進性、優越性が認めらた証拠と思います。

 当社も本事業が大化けすることを期待しながら、微力ながら今後も引き続き協
力していく所存です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月12日 (水)

boblog「マーキュリー通信」no.895【私の健康法-50「マジカルアイでファンタジーの世界を楽しみながら目のトレーニングをする」】

Magical_eye0000  現代人はパソコンで目を酷使する時間が増えています。近視、ドライアイ等様々な問題が発生しています。

 その中で、近視や老眼に効果的なマジカルアイをご紹介します。
 マジカルアイは楽しみながら、目のトレーニングができます。
 やり方は非常に簡単です。マジカルアイの図を凝視していると、その図が3Dの世界のように浮き上がって見えてきます。これを3分間凝視します。3分間はタイムキーパーで計ったらよいです。boblog「マーキュリー通信」にサンプル図を載せましたので、そちらでまずトレーニングしてみてください。

 そして、気に入ったら、マジカルアイを購入してみてください。書名は「どんどん目が良くなる マジカルアイ」(宝島社1050円)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月11日 (火)

「マーキュリー通信」no.894【中小・ベンチャー企業経営者の為の経営のヒント-7「社長の意識次第で社員の残業時間は増減する」】

~~~【ワンポイントアップの経営術 今日のポイント】~~~
         中小・ベンチャー企業の場合、社長の「思いと行い」の部分
        が社員に大きな影響を与えている、言い換えれば経営にも大き
        な影響を与えていることに気づくことも重要といえます。        
      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ━━━━━━━━━━━━━━ 2008年3月11日━━━━━━━━━━━
 □■□  中小・ベンチャー企業コンサルタントが語る
 ■□■  ワンポイントアップの経営術 7号
 □■□   「社長の意識次第で社員の残業時間は増減する」
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■「ホワイトカラーの生産性向上」のキーワードは「時短」であることがリサーチ
  の結果分かったことをお伝えしました。

 ■ 「時短」の中で重要な点は、社長の意識が社員の残業時間に影響を与える
  ことです。

 ■私の知り合いのT社長の場合、社長が帰社するまで社員の退社を認めません。
  社員に仕事があってもなくてもお構いなしです。T社長が帰社してから、社
  員一人一人に本日の報告をさせるそうです。社長の帰社が深夜に及ぶことも
  あるけれど、この慣行は続いているそうです。その場合には、タクシーで帰
  るそうです。さすがに女子社員は問題なので、8時以降の場合には帰社させ
  ているそうです。
 
 ■この場合、社員の残っている時間の大半はサービス残業となります。当然社員
  のストレスは溜まりますが、T社長は超ワンマン経営で、誰もT社長に怖くて
  進言できません。

 ■同社の離職率は高いのですが、T社長はその原因が自分にあることに気づいて
  いません。これは同社を辞めた社員からの情報です。
 
 ■T社長の例は、極端としても、似たような事をやっていないかどうか自らを振り
  返ってみることも大切です。要は、社長が残っていると帰りづらい雰囲気か
  どうかです。これがサービス残業の元になっているケースも多々あります。

 ■他の経費削減策に関しては、本シリーズで随時ご提案していきたいと思います。

  ────── ∞ ────── ∞ ────── ∞ ───────∞ ───────

 【 編 集 後 記 】
 
 T社のように離職率が高いと、新たな社員の採用費、研修費がかかり、採用後
は生産性も低下します。

 これは本来経営課題なのですが、超ワンマンのT社長は気づいていません。

 又、T社長は自分より一回り年上の社員を呼ぶ時、呼び捨てにしています。社
員は、T社長の顔色ばかり伺っています。

 その反動が取引先に出て、取引先に対する態度は極めて横柄で、取引先にも評
判が悪いです。

 このような社員の態度は、当然取引先からの信用低下と生産性低下に結びつい
ていることにT社長は気づいていないようです。
 
 経営不振の原因の1つにこのような社長の態度に気づいていない社長も結構い
ます。他人のことはよく見えるのですが、自分のこととなると気づかない社長も
多いです。特にワンマン社長の場合、それが顕著のようです。

 今後、本メルマガで具体的な「時短」を述べていきますのでご期待下さい。

 中小・ベンチャー企業コンサルタント 菅谷信雄
 --------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 9日 (日)

「マーキュリー通信」no.893【人生100年時代を勝ち抜く為の最強戦略-5「人生100年時代を勝ち抜く為の死生観を持つ」】

日本人の平均寿命はどんどん延びて毎年100歳以上の高齢者が2桁の勢いで増えています。我々団塊の世代が100歳になる頃には100歳以上の高齢者は100万人以上になるとも言われています。
 
 一般に、平均寿命と平均余命を混同しているようです。平均寿命とは、生まれたての赤ちゃんも全てを含めた平均寿命のことで、平成12年の調査で男77.71歳、女84.62歳でした。

 これに対し、平均余命は、平成17年厚生労働省大臣官房統計情報部の公表によると、現在60歳の人で、男が後22.06歳生き、平均82.06歳でなくなります。女で後27.62歳生き平均87.62歳と予測されています。
 
 そう言われれば、自分の親も含め80歳代の高齢者が周りに多数いることに気づくはずです。女性はもうじき平気余命が90歳に手が届きそうです。従って、我々団塊の世代が100歳まで生きて不思議でない時代が到来するわけです。

 7年前の日経ビジネスで、我々団塊の世代の内、4人の内3人が100歳まで生きることになるだろうと予測していましたが、あながち誇大報道というわけでもありません。

 さて、現在の社会制度や仕組みは人生80年時代を前提に考えられていますが、これでは時代の変化に対応できず、医療、介護、年金等今後益々大変なことになります。

 それでは、人生100年時代にはどうしたらよいのか?

 一番大切なことは「人生100年時代を勝ち抜く為の死生観を持つ」ことだと思います。

 それには、「死後の世界」があるということをしっかりと認識することです。
 お釈迦様は、「死後の世界」があることを明確に説いたのですが、戦前の宗教教育に対する反省から、戦後は宗教アレルギーが蔓延し、国民から宗教の芽をつみ取ってしまいました。
 従って、宗教に関する正しい知識が無くなってしまいました。

 その1つに「死後の世界」があった訳です。生前良い行いをした者は極楽に行き、悪いことをした者は地獄に堕ちるということをしっかりと認識することです。
 この部分をしっかりと認識していないと、「死後の世界」があるならと簡単に人を殺したり、自殺をしたりする不埒な人間が多数出てくる恐れがあるからです。

 この前提に立った上で、「三途の川」の渡り方を学ぶことです。これは仏教的な表現方法ですが、「三途の川」の渡り方の原理は至極明快です。

 あの世のに持って還れる物は「心」しかないと理解することです。財産、地位、名誉をあの世に持って行くことはできません。これらに執着していると、「三途の川」は渡れず、その重さで沈んで地獄へと堕ちていきます。もちろん葬式の時に頂く戒名なども自己満足の世界で、お寺を儲けさせているに過ぎません。

 お釈迦様はもう1つ重要なことを説いてます。それは「転生輪廻」の教えです。人は、あの世に還った後、再びこの地上に生まれ変わる。あの世とこの世を何度も何度も行き来している霊存在であると説いています。これは重要な教えなので、又別の機会に説明したいと思います。

 さて、この死生観にたった上で、医学の力で高齢者を長生きさせることが果たして高齢者の幸福なのかを国民全体で深く考えていくことが重要と考えます。

 高齢者がガンを始めとした大病に罹かった場合、基本的には手術をせず、あの世へのスムーズな旅立ちをするお膳立てをする。それでもどうしても手術を受けたい人は高額医療費を支払って、手術を受ければ良いと考えます。これだけでも医療費の国民負担は減ってきます。

 今後は、高齢者のあの世へスムーズに行ける「旅立ち権」を真剣に考え、尊重する時代へと変えていく必要があると思います。その方が高齢者にとっては幸福だと考えます。

 本件は、まだまだ言いたいことが山ほどありますが、本日はこのくらいにしておきます。皆様のご意見をお待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 7日 (金)

boblog「マーキュリー通信」no.892【中小・ベンチャー企業コンサルタントが語るワンポイントアップの経営術-6「ソフトバンク同士の携帯電話料金無料による経費削減を図る」】

       ~~~【経営のヒント 今日のポイント】~~~
       社員に対する思いやりが
          社員のモチベーションを高める。
      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ━━━━━━━━━━━━━━ 2008年3月7日━━━━━━━━━━━
 □■□  中小・ベンチャー企業コンサルタントが語る
 ■□■  ワンポイントアップの経営術 6号
 □■□   「ソフトバンク同士の携帯電話料金無料による経費削減を図る」
 ────────────────────────────────

 最近、携帯電話各社の料金値下げ競争が激しいです。

 固定電話は、過去20年間で50分の1に値下がりしました。携帯料金は今後、ま
だまだ値下げ競争が続きます。経営者として、これを取り入れない手はないです
よという話です。

 ■最近ソフトバンクでは、ソフトバンク同士の携帯電話料金無料というホワイトプラ
  ンが人気を博し、月間純増台数でここ数ヶ月間業界トップを維持しています。
  因みに、ホワイトプランの料金が月間980円、ダブル・ホワイトプランがそ
  の2倍の1960円となっている。

 ■ランチェスター戦略で言うなら、これは弱者の戦略であり、シェアの低いソフト
  バンクだからできる料金プランです。この料金プランをDoCoMoが実施したら、
  通話料収入が毎月減少し、自分の首を絞めることになるので、できないわけ
  です。

 ■又、相手がソフトバンクの携帯電話の場合、「ぷぷぷ」という信号音が出るので、
  ソフトバンクの携帯端末を使用していることが直ぐに分かります。そのお陰で、相
  手がソフトバンクの場合、通話料金を気にせず通話ができるメリットがあります。

 ■このメリットを取引先の経営者に話しても乗ってこない経営者が結構います。DoCo
  Moやauと取引関係にあり、切換が困難な場合にはやむを得ないと思います。
  しかし、ただ単に「面倒くさい」と言って敬遠する経営者も結構います。

 ■中小・ベンチャー企業の場合、携帯料金を社員に負担させている企業が大半です。
  だから不要と考える経営者も多いです。しかし、本来は、業務用の携帯料金は会社
  負担であるべきです。社員は口には出しませんが、個人負担に不満を持っているは
  ずです。

 ■その辺を察して、ソフトバンクの携帯に切り替えれば、外から会社に電話する料金は
  不要となります。又、これを機に、ホワイトプランの980円又は営業ならダブル・ホワイト
  プラン2960円分程度を会社負担とすれば、社員のモチベーションは上がります。

 ■社長のちょっとした気遣いで、社員のモチベーションは上がります。そして、他でコスト
  ダウンを図る策はいくらでもあります。

 ■本シリーズでは、他の経費削減策をご提案していきたいと思います。

  ────── ∞ ────── ∞ ────── ∞ ───────

 本日は、携帯電話料金の経費削減の話でしたが、これは私の「経営ビジョン」
に基づいています。それでは「経営ビジョン」とは何でしょう?
 今後、本シリーズで都度述べていきたいと思います。お楽しみに(*^^*)

 中小・ベンチャー企業経営コンサルタント 菅谷信雄
 --------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------

◆(有)マーキュリー物産の新しい経営コンセプト「中小・ベンチャー企業の収
益力20%アップの実現 」を書いた会社概要を添付しました。是非、ご覧下さい。

◆今回新たに 「ホワイトカラーの生産性向上の為の研修」をスタートしました。
別紙の研修テキスト目次に従い、実施していきます。3月末までにお申し込みの企業様
には、特別価格10万円(税別)で提供させていただきます。

◆boblog「マーキュリー通信」http://mercurytsushin.cocolog-nifty.com/
「経営、ビジネス」というお堅いカテゴリーから、健康趣味スポーツ」まで柔ら
かいものまで全部で29のカテゴリーに分かれています。私の過去のブログ中で、
気に入ったブログをご覧下さい。公私ともに参考になる情報が満載です。

◆リスク・マネジメントに関しては私が親しくさせていただいている白木大五郎
氏のベストセラー書「あなたの会社は大丈夫?」(丸善プラネット1470円)をお勧めし
ます。難しいリスク・マネジメントを、同氏の全て作品による川柳と漫画で分か
りやすく解説してあります。http://item.rakuten.co.jp/book/4489133/
同氏は、日立グループで人事、労務、教育畑を歩いてきた方で、本書を基にNHKを
始め、大手企業から中小企業まで全国で毎週講演中です。同氏の講演は川柳を交え、
ユーモアたっぷりに話す口調が評判ですが、講演をご希望の方には私宛お申し込みい
ただければ、同氏におつなぎいたします。

◆「ペットのフンも同時に処理できる生ごみ処理機・環境生活館」http://www.namagomi.biz/

 ────────────────────────────────
 ────────────────────────────────
 【 編 集 後 記 】
 「ホワイトカラーの生産性向上」を書店で調べたり、インターネットでリサー
チして出てきたキーワードが「時短」でした。但し、どれも大企業向けの「時短」
でした。

 そこで、この度、中小・ベンチャー企業向けの「時短」プログラムを作成しま
した。このプログラムは、労使双方にメリットのあるものです。そうでなければ、
「時短」は成功しません。

 今後、本メルマガで具体的な「時短」を述べていきますのでご期待下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「中小・ベンチャー企業コンサルタントが語るワンポイントアップの経営術」過
去のメルマガ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
下記URLをクリックすると過去のメルマガをご覧頂けます。
http://mercurytsushin.cocolog-nifty.com/blog/cat20041865/index.html

◆第6号 「社長の意識次第で社員の残業時間は増減する」
◆第5号 「ホワイトカラーの生産性向上のキーワードは『時短』」
◆第4号  「中小・ベンチャー企業の為のホワイトカラーの生産性向上の為の研修」
◆第3号 「契約を遵守する」
◆第2号 「社員に苦手なことはやらせない」
◆第1号 「インフルエンザが流行っています」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆メルマガ発行者さま向け情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆メルマガ相互紹介募集 
 
 当メルマガと相互紹介をしていただけるメルマガを募集しています。
 
 部数は問いません。紹介内容についてはご相談に応じます。
 
 お気軽にメールをいただければ幸いです。

  ⇒ sugaya@mercury-b.com   

◆有料広告も受付けています
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 5日 (水)

boblog「マーキュリー通信」no.891【トレンディ・ドラマから世の中の動きを掴む】

トレンディ・ドラマを見ると世の中の動きがよく分かります。私は、気に入ったトレンディ・ドラマは、DVD録画しておき、食事の時間等に見ています。

 現在、見ているのは週4本ですが、どういうわけか皆学校モノを扱っています。そして、幼稚園児から高校生まで全ての学校にまたがっています。

 毎週水曜日10時pm 日テレ「斉藤さん」 母親と幼稚園児
 毎週木曜日9時pm TBS「金八先生」   中学3年生
 毎週木曜日10時pm フジテレビ「鹿男あをによし」 高校生
 毎週金曜日10時pm TBS「エジソンの母」 小学生

 4つのトレンディ・ドラマに共通しているのは、「先生が事なかれ主義」だと言うことです。子供のことより、学校の体裁を第1に考え、上司である校長、教頭の方に顔が向いています。
 この体質が、いじめや不登校の原因となっていることに気づきません。いじめや不登校が出ると、外部に漏れたらまずいという隠蔽体質が働きます。
 又、親の影響を受けるのが子供です。「金八先生」では、現代の教育の問題を学校と家庭の両方にあると鋭く突っ込んでいます。根っこの部分にそれがあり、問題が頻繁に吹き出します。それを熱血教師金八先生(武田鉄矢)が徹底的に生徒を庇います。
 しかし、その熱血教師金八先生に対し、全くの誤解からセクハラ教師を2チャンネルで生徒が誹謗中傷し、金八先生の進退問題にまで発展します。これもIT時代の現代の教育問題をついています。

 一方、「母親が学校に口を出しすぎる」ということも現代の学校教育の特徴なのでしょうか。
 「エジソンの母」では、天才児童賢人の異常な行動に母親が目くじらを立て、追放運動を開始する。
 しかし、皮肉なことに、追放運動のリーダーの母親の娘が天才児童賢人にラブラブです。又、他の級友からも賢人は人気があります。現代教育が、賢人のような天才児童の才能発揮の芽を摘んでしまっていることに警鐘を鳴らしています。

 親たちは、教育現場を見ようとせず、親の価値観だけで賢人を問題児童と判断し、追放運動に走る母親はちょっと行きすぎですが、これも教育に口を出しすぎる最近の親の実態を良く表しています。

 幼稚園児を扱う「斉藤さん」でも、母親達は幼児の気持ちに立っていません。良い学校に進学させようと、幼稚園児の時から息子を塾に通わせる母親。子供はストレスからいじめに走る。母親は、自分の世間体の為に子供を良い学校に通わせていることに気づき、塾通いを辞めさせる。

 4つのトレンディ・ドラマから、教育の荒廃と家庭の崩壊が浮かび上がってきます。そして、それを題材によくドラマ化されています。私の子供の頃と比べると、教育現場も家庭もずいぶんと変わったモノだと痛感します。
 今と比べ圧倒的にモノがない時代でしたが、もっとゆとりがあり、情緒豊かに育ったよき時代かと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 4日 (火)

boblog「マーキュリー通信」no.890【中小・ベンチャー企業経営者の為の経営のヒント-5「ホワイトカラーの生産性向上のキーワードは『時短』」】

 「時短」という言葉を聞いて、経営者と社員では異なった捉え方をします。即ち、経営者の立場に立てば、「総労働時間の短縮による賃金の削減」又は消極的に解釈するなら「時短」により「生産性ダウン」をイメージする経営者もいます。
 
一方、社員は、「残業代削減による収入減」をイメージします。残業代を生活給の一部に組み入れている社員もいるでしょうから残業時間削減には反対します。
 
しかし、労使が「時短」にこのようなイメージを持ったら「時短」は成功しません。
 総労働時間の中にはサービス残業もあるでしょう。大企業ですらサービス残業が恒常的に行われており、中小・ベンチャー企業なら尚更です。

 私はカナダ(アルバータ州カルガリー市)に3年半ほど駐在していました。カナダでは、夫が週2回以上7時以降に帰宅すると離婚問題の原因となります。こんなお国柄ですから、皆残業しないように必死で働きます。どうしても、残業が必要な場合には、早朝出勤となります。早朝の電話のかかってこない静かな時間帯に残務をこなそうとします。カナダ人は、仕事も大事にするけれど、家庭も大事にする国民性なのです。

 日本人の場合、残業が当たり前と思っているとどうしてもだらだら残業となり、残業が恒常化してきます。日本のホワイトカラーの生産性は世界の先進国の中でも一番低いレベルだそうです。この辺にホワイトカラーの生産性向上の鍵があるようです。
 つまり、労使共に協力しながら「時短」を実施し、まずはサービス残業の解消を目指します。これなら社員の給与は減少せず、社員の協力も得られます。中には残業代稼ぎの残業をしている社員もいるかもしれないので、その場合はもちろん残業代はカットです。
 そして、総労働時間が減少し、社員の疲労やストレスが減少してきます。そして、会社に対する不満も減り、離職率の減少となってきます。その結果、新規採用コストが低減し、新規採用した社員の研修費や、既存社員の負担も減ります。当然新規採用した社員の生産性は職場になれるまで一般的には低いと言えます。
 これが前向きな「時短」です。これまで中小・ベンチャー企業経営者の為の経営のヒントで「インフルエンザが流行っています」、「社員に苦手なことはやらせない」を取り上げました。これもホワイトカラーの生産性向上の一部です。今後、「中小・ベンチャー企業経営者の為の経営のヒント」として皆様のご参考に取り上げていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 2日 (日)

boblog「マーキュリー通信」no.889【人生に勝利する方程式-33「第8の習慣に学ぶ-2」 】

1月25日付「マーキュリー通信」no.850【人生に勝利する方程式-30「第8の習慣に学ぶ-1」】では、第8の習慣はつまるところ「本当の自分」を発見し、自分を光り輝かしていく習慣であると結論づけました。
 しかし、一方で第8の習慣は「潜在意識」の部分に働きかけ、「潜在意識」をいかに習慣化していくということでもあるのです。

 「潜在意識」は、放置しておくと易きにつく方向へと流れていきます。「思いと行い」の部分で、こうしようと思っても、「潜在意識」がその「思いと行い」を拒絶していると、現実には自分の「思いと行い」は実現せず、「潜在意識」の方向に流れていってしまいます。

 さて、それではその「潜在意識」をトレーニングして、良い方向に持って行くにはどうしたら良いのでしょうか?
 「潜在意識」をプラスの方向に持って行くには、「ビジョン」「情熱」「自制心」の3つがあります。
 「ビジョン」があるから「情熱」が沸いてくるわけです。但し、「ビジョン」に向かって突き進んで行くには、自己犠牲を強いられます。ここに「自制心」が働いてきます。
 例えば、私の例でいえば、一橋大学商学部に絶対合格するぞと強く思い、この1点に集中しました。その際、大好きなビートルズのレコードを全て処分しました。レコードは、大学に受かってから又買い直しすればよいと割り切りました。私自身、大きな自己犠牲を払いましたが、その結果「合格」というご褒美が得られました。合格の瞬間、人生最大の「喜び」と「充実感」も得ることができました。何故なら、私が人生で一番努力した時期だったので、得られた喜びも一番大きかったことを身をもって知ることができました。又、自分自身に対する自信もつきました。

 この経験により、私の潜在意識には、「努力精進し、その結果得られる達成感と喜びは大きい」ということが強く植え付けられました。

 一方、本書では、上記3つのベースとして重要なものに、「良心」を上げています。「良心」に反したビジョンを掲げ、情熱を傾けても、潜在意識との乖離現象が起きてきて、そのギャップの為にいずれ問題が生じてきます。
 例えば、ホリエモンが、世界一の株式時価総額の企業にライブドアを育てるというビジョンを掲げても、実際にやっていることが、自分の良心に反したことをやってきた結果、刑務所入りとなったわけです。ホリエモン自身、自分のやってきたことが良心に反していたかどうかまで分かっていなかったかもしれません。

それでは「良心」とは何か?
 2月 2日 の「マーキュリー通信」no.859【人生に勝利する方程式-32「心の安らぎを発見する時間管理の探求に学ぶ」-1】で述べましたが、自分の価値観に基づいた行動です。この価値観はベンジャミン・フランクリンが「13の徳」でまとめていますが、本書の著者はクリスチャンなので、神の性質と親和性の持ったものと定めています。つまり、自分の価値観が神の性質と親和性の持っているものでなければ、「良心」とは言えないわけです。
 私の場合、ベンジャミン・フランクリンの定めた「13の徳」を基に、自分の性格や行動指針に合った「純粋、誠実、正義、責任感、感謝、謙虚、寛大、素直、中道、努力精進、勇気、質素倹約、与える愛」に変えて、この「13の徳(価値観)」を基に日々の行動を実践しています。この「13の徳(価値観)」に反していないか、1日が終わった時に、+2~-2まで点数を付け、毎日自らを振り返っています。これを実践することで、日々穏やかな毎日を暮らすことができます。

 著者スティーブン・コビーは、「良心」(SQ:精神的能力)、「ビジョン」(IQ:知的能力)、「情熱」(EQ:情緒的能力)、「自制心」(PQ:肉体的能力)の4つの能力をバランス良く育てていくことが「潜在意識」強化に役立つと説いています。そして、この習慣化が7つの習慣と結びついてきます。

 ※「7つの習慣」(スティーブン・コビー著 キングベアー出版):全世界で1000万部以上売れたロングセラーのベストセラー書
 ※「第8の習慣」同じ著者の続編のベストセラー書

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »