« 「マーキュリー通信」no.893【人生100年時代を勝ち抜く為の最強戦略-5「人生100年時代を勝ち抜く為の死生観を持つ」】 | トップページ | boblog「マーキュリー通信」no.895【私の健康法-50「マジカルアイでファンタジーの世界を楽しみながら目のトレーニングをする」】 »

2008年3月11日 (火)

「マーキュリー通信」no.894【中小・ベンチャー企業経営者の為の経営のヒント-7「社長の意識次第で社員の残業時間は増減する」】

~~~【ワンポイントアップの経営術 今日のポイント】~~~
         中小・ベンチャー企業の場合、社長の「思いと行い」の部分
        が社員に大きな影響を与えている、言い換えれば経営にも大き
        な影響を与えていることに気づくことも重要といえます。        
      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ━━━━━━━━━━━━━━ 2008年3月11日━━━━━━━━━━━
 □■□  中小・ベンチャー企業コンサルタントが語る
 ■□■  ワンポイントアップの経営術 7号
 □■□   「社長の意識次第で社員の残業時間は増減する」
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■「ホワイトカラーの生産性向上」のキーワードは「時短」であることがリサーチ
  の結果分かったことをお伝えしました。

 ■ 「時短」の中で重要な点は、社長の意識が社員の残業時間に影響を与える
  ことです。

 ■私の知り合いのT社長の場合、社長が帰社するまで社員の退社を認めません。
  社員に仕事があってもなくてもお構いなしです。T社長が帰社してから、社
  員一人一人に本日の報告をさせるそうです。社長の帰社が深夜に及ぶことも
  あるけれど、この慣行は続いているそうです。その場合には、タクシーで帰
  るそうです。さすがに女子社員は問題なので、8時以降の場合には帰社させ
  ているそうです。
 
 ■この場合、社員の残っている時間の大半はサービス残業となります。当然社員
  のストレスは溜まりますが、T社長は超ワンマン経営で、誰もT社長に怖くて
  進言できません。

 ■同社の離職率は高いのですが、T社長はその原因が自分にあることに気づいて
  いません。これは同社を辞めた社員からの情報です。
 
 ■T社長の例は、極端としても、似たような事をやっていないかどうか自らを振り
  返ってみることも大切です。要は、社長が残っていると帰りづらい雰囲気か
  どうかです。これがサービス残業の元になっているケースも多々あります。

 ■他の経費削減策に関しては、本シリーズで随時ご提案していきたいと思います。

  ────── ∞ ────── ∞ ────── ∞ ───────∞ ───────

 【 編 集 後 記 】
 
 T社のように離職率が高いと、新たな社員の採用費、研修費がかかり、採用後
は生産性も低下します。

 これは本来経営課題なのですが、超ワンマンのT社長は気づいていません。

 又、T社長は自分より一回り年上の社員を呼ぶ時、呼び捨てにしています。社
員は、T社長の顔色ばかり伺っています。

 その反動が取引先に出て、取引先に対する態度は極めて横柄で、取引先にも評
判が悪いです。

 このような社員の態度は、当然取引先からの信用低下と生産性低下に結びつい
ていることにT社長は気づいていないようです。
 
 経営不振の原因の1つにこのような社長の態度に気づいていない社長も結構い
ます。他人のことはよく見えるのですが、自分のこととなると気づかない社長も
多いです。特にワンマン社長の場合、それが顕著のようです。

 今後、本メルマガで具体的な「時短」を述べていきますのでご期待下さい。

 中小・ベンチャー企業コンサルタント 菅谷信雄
 --------------------------------------------------------------

|

« 「マーキュリー通信」no.893【人生100年時代を勝ち抜く為の最強戦略-5「人生100年時代を勝ち抜く為の死生観を持つ」】 | トップページ | boblog「マーキュリー通信」no.895【私の健康法-50「マジカルアイでファンタジーの世界を楽しみながら目のトレーニングをする」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/40462919

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.894【中小・ベンチャー企業経営者の為の経営のヒント-7「社長の意識次第で社員の残業時間は増減する」】:

« 「マーキュリー通信」no.893【人生100年時代を勝ち抜く為の最強戦略-5「人生100年時代を勝ち抜く為の死生観を持つ」】 | トップページ | boblog「マーキュリー通信」no.895【私の健康法-50「マジカルアイでファンタジーの世界を楽しみながら目のトレーニングをする」】 »