« boblog「マーキュリー通信」no.911【ワンポイントアップの仕事術-38「地頭力を鍛える」】 | トップページ | boblog「マーキュリー通信」no.913【私の異見・ひと言申す-78「変わらない朝日新聞の誤解と偏見に満ちた報道、天下の大新聞、公器としてこのような報道姿勢を猛省せよ!」】 »

2008年4月 8日 (火)

boblog「マーキュリー通信」no.912【中小・ベンチャー企業コンサルタントが語るワンポイントアップの経営術-11

Img01  昨年10月末に事務所移転の際に、取引先F社に移転通知を出しました。F社からは定期的に代金引換情報が郵送されてきます。

 しかし、移転通知を出したにもかかわらず、情報が旧住所に送られてきます。その度毎にファックスで移転通知するのですが、一向に新住所に訂正されません。

 060322_111 業を煮やした私は電話で住所移転を伝えたところ、窓口の人間は一応マニュアル的に謝罪しました。そして、数日後に取引先情報変更届出書が郵送されてきました。この届出書に必要事項を記入して、同封の返信用封筒で送り返すことになっていることが分かりました。
 1民間運送会社がお役所仕事みたいなことをやっているのにびっくりしました。

 一方、社会保険事務所も事務所移転の通知をしても新住所に郵送されません。仕方なく電話で住所移転の連絡をすると、「登記簿謄本を送れ」との指示でした。社会保険事務所は、事務所の移転の度毎に「登記簿謄本」を要求するのかとびっくりしました。

 そして、毎月の社会保険料の引き落としの通知は新住所に郵送されてきます。しかし、別の資料は旧住所に郵送され、転送されてきます。担当窓口間の連携が取れていないようです。
 相手が社会保険事務所だから特に驚きはしませんでしたが、逆にIT時代の今日でも事務処理能力は旧態依然としているので、5000万件の加入者データが宙に浮くのも合点がいきました。

 そして、いくら政府が5000万件の加入者データの全員照合を訴えても、現場の事務処理のお粗末な実態を見るとお寒い限りです。

 結局、政府は国民に土下座して「国民の加入者データは、管理監督が行き届かず、大半の加入者の確認は困難です。ついては、年金を払った人も、払わなかった人も、最低限毎月○○円を税金で賄うので、後は国民の皆さんよろしく」と平謝りするXデーがいずれ訪れるのでしょうね。

 お役所ならこのような甘えは許されますが、民間企業では許されません。事務処理の重要性を改めて認識しました。

|

« boblog「マーキュリー通信」no.911【ワンポイントアップの仕事術-38「地頭力を鍛える」】 | トップページ | boblog「マーキュリー通信」no.913【私の異見・ひと言申す-78「変わらない朝日新聞の誤解と偏見に満ちた報道、天下の大新聞、公器としてこのような報道姿勢を猛省せよ!」】 »

コメント

そんな状態なんですか?
びっくりですね。

投稿: tora | 2008年4月 9日 (水) 09時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/40812496

この記事へのトラックバック一覧です: boblog「マーキュリー通信」no.912【中小・ベンチャー企業コンサルタントが語るワンポイントアップの経営術-11:

« boblog「マーキュリー通信」no.911【ワンポイントアップの仕事術-38「地頭力を鍛える」】 | トップページ | boblog「マーキュリー通信」no.913【私の異見・ひと言申す-78「変わらない朝日新聞の誤解と偏見に満ちた報道、天下の大新聞、公器としてこのような報道姿勢を猛省せよ!」】 »