« boblog「マーキュリー通信」no.928 第69回「新しい時代を創る経営者の会」ブログ活用に企業の収益力をアップする | トップページ | boblog「マーキュリー通信」no.930【中小・ベンチャー企業コンサルタントが語るワンポイントアップの経営術-14「コミュニケーションは全ての基本」】 »

2008年5月18日 (日)

boblog「マーキュリー通信」no.929【ヤマダ電機の心憎い顧客囲い込み戦略】

一昨年6月に池袋駅東口のビックカメラ本館から2軒目の場所にヤマダ電機が
オープンして以来、両雄の戦いはヒートアップしています。
 池袋はビックカメラの牙城で、さくらやが競争に敗れ、池袋駅前の東口に
こぢんまりと営業している以外、量販店はありません。

 さて、最近ヤマダ電機は、3千円支払うと1年間電機製品の無料修理をする
というサービスを開始しました。このサービスは他店で購入した電機製品もOK
ということですが、もちろんビックカメラを意識してのことです。

 更に嬉しいことに、3千円分のクーポン券をもらえることです。
このクーポン券は、500円x6回分となっています。但し、一遍に使えません。
2ヶ月に1度500円ずつ使え、1年間有効となっています。
 つまり、5~6月の2ヶ月間に使わないとクーポン券は無効となります。
お客は2ヶ月に1度ヤマダ電機に来ないとクーポン券は無効となるわけです。2ヶ
月に1度ヤマダ電機に足を運ぶことで、ヤマダ電機に足を向かせようということ
です。

 池袋駅前のヤマダ電機は、比較的小ぶりなので、電機製品だけ買うなら分かり
やすいレイアウトになっており、店もビックカメラよりきれいです。

 一方、ビックカメラは生活用品は何でも揃っており、ヤマダ電機よりは利便性が高いです。

 今後は、それぞれの特徴を考慮しながら、両店をうまく使い分けていきたいと思います。

 尚、来年以降ヨドバシカメラも池袋駅前に進出計画があり、客の立場にとっては、
量販店が競い、メリットを還元してくれるなら大歓迎です。

────────────────────────────────
 【 編 集 後 記 】
 大手量販店が競合している地域は他の地域より10%安いとの調査結果が出てい
るそうです。
 池袋では、ビックカメラもヤマダ電機も他店より1円でも高ければ安くする事
になっています。
 実際には、お互いに意識して価格調査をしており、同一価格になっているよう
です。客としては、1円安いからと言って、わざわざ店を変えるようなことは通
常はしません。
 デフレの時代が終わり、インフレ気配の昨今、量販店同士の競争は消費者とし
ては歓迎するところです。

----------------------------------------------------------------

|

« boblog「マーキュリー通信」no.928 第69回「新しい時代を創る経営者の会」ブログ活用に企業の収益力をアップする | トップページ | boblog「マーキュリー通信」no.930【中小・ベンチャー企業コンサルタントが語るワンポイントアップの経営術-14「コミュニケーションは全ての基本」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/41249241

この記事へのトラックバック一覧です: boblog「マーキュリー通信」no.929【ヤマダ電機の心憎い顧客囲い込み戦略】:

« boblog「マーキュリー通信」no.928 第69回「新しい時代を創る経営者の会」ブログ活用に企業の収益力をアップする | トップページ | boblog「マーキュリー通信」no.930【中小・ベンチャー企業コンサルタントが語るワンポイントアップの経営術-14「コミュニケーションは全ての基本」】 »