« boblog「マーキュリー通信」no.941【人生に勝利する方程式-35「活私豊幸」】 | トップページ | boblog「マーキュリー通信」no.943【人生に勝利する方程式-36「中道からの発展」】 »

2008年6月16日 (月)

中小・ベンチャー企業コンサルタントが語るワンポイントアップの経営術 17号 「従業員を性弱説で捉える」

 ━━━━━━━━━━━━━━ 2008年6月16日━━━━━━━━━━━
 □■□  中小・ベンチャー企業コンサルタントが語る
 ■□■  ワンポイントアップの経営術 17号
 □■□   「従業員を性弱説で捉える」

■最近親しくさせていただいているリスク・マネジメントの大家白木大五郎氏
(日立電子元専務)は性悪説の代わりに性弱説を唱えています。

■人間は、本来弱い者である。だからちょっとした出来心で悪いことをしてしまう。
従業員の弱い部分をいかに見抜くかも経営者の重要な仕事です。

■マーキュリー物産という小さな会社を経営していて、
私自身かなり痛い目にも遭いました。私自身本来性善説の持ち主ですが、経営者
として痛い目に遭うと、どうしても性悪説に立ちがちです。しかし、社員をいつ
も犯人扱いの目で見ていたら、社員との信頼関係は生まれません。

■しかし、性弱説の立場に立つと見方が変わってきます。

■「社員が不正を働いたり、会社に損害を与えたりするのは、
社長である私の管理が甘かったからだ、そこを社員に見抜かれて、つい出来心で
会社に損害を与えてしまったのだ」と理解するようになります。

■そして、社長は現場をしっかりと把握し、不正が出ないような仕組みと仕掛けを
作る。
社員を信頼して仕事を任せる一方で、金銭的な部分では、「この社長は侮れない
ぞ」という意識を植え付けることも重要と考えます。

────── ∞ ────── ∞ ────── ∞ ───────∞ ───

 【 編 集 後 記 】
 私の携帯電話にはスピードダイアル機能がついており、数字の1桁を押すだけ
で、相手に繋がるので活用しています。よくかける相手は、その時々の仕事によっ
て変わってくるので適宜変えています。

 又、着メロも、一番よく電話をする相手には特定の着メロにしています。こう
することで、着メロを聞いただけで、誰からの電話なのか直ぐに判り、心の準備
もできます。
 中小・ベンチャー企業コンサルタント 
 独立開業支援コンサルタント
           菅谷信雄

|

« boblog「マーキュリー通信」no.941【人生に勝利する方程式-35「活私豊幸」】 | トップページ | boblog「マーキュリー通信」no.943【人生に勝利する方程式-36「中道からの発展」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/41544836

この記事へのトラックバック一覧です: 中小・ベンチャー企業コンサルタントが語るワンポイントアップの経営術 17号 「従業員を性弱説で捉える」:

« boblog「マーキュリー通信」no.941【人生に勝利する方程式-35「活私豊幸」】 | トップページ | boblog「マーキュリー通信」no.943【人生に勝利する方程式-36「中道からの発展」】 »