« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月29日 (日)

boblog「マーキュリー通信」no.947【ワンポイントアップの仕事術-42「問題意識を引き出す」】

一流営業マンとそうでない営業マンの大きな違いに「問題意識を引き出す」があります。
これを絶えず意識するかしないかで営業能力が格段に変わります。

 似た言葉に「問題意識を与える」があります。「問題意識を与える」だけでは
見込み客はあなたの商品に関心を持ちません。持たないどころか、却って反発さ
えします。
 どういう事かというと、例えば喫煙者に向かってたばこの害を幾ら説いても
一向に聴こうとしません。本人は、たばこの害は嫌と言うほど知っています。し
かし、「わかっちゃいるけど止められない」訳です。

 それでは、「問題意識を引き出す」とはどういう事でしょうか?
 女性なら喫煙はお肌に良くない。もし、彼氏がたばこを吸わなければ、
たばこの口臭を彼氏から嫌われたらどうしようと思います。優秀な営業マンなら
さりげなく彼女に話し、そして禁煙のためのプログラムを勧めます。
 つまり、見込み客が何に関心を持ち、どこを攻めたら問題意識を持ち、
解決しようとするかです。このことを考えながら営業をしていると営業能力が格
段にアップします。

────────────────────────────────
 【 編 集 後 記 】
食糧危機が叫ばれる中、最近の調査で、家庭から出る生ごみの内、4割は食べな
いでゴミ箱行きだそうです。質素倹約で育った私にはちょっと信じがたい事です。
又、コンビニ等の売れ残った弁当も廃棄処分されています。その額が年間11兆円
にも及ぶそうです。この数字は国内の農業、水産業の年間出荷額とほぼ等しいそ
うです。
 早急に食料廃棄物の循環システムを作る必要がありそうですね。同時に、食べ
物を無駄にしない日本人の質素倹約の精神を復興する必要がありそうです。

 そうでないと早晩食料が輸入されず、食料品が前年比2倍、3倍となる大幅上昇
に見舞われるショックとなりそうです。もっとも今の日本人にこのようなショッ
クが来ないと、なかなか食習慣を直すことは難しいかもしれませんね。
 
----------------------------------------------------------------

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年6月26日 (木)

boblog「マーキュリー通信」no.945【私のコミュニケーション論-69「相手中心

現在経営コンサルタントとして某社に毎日通っています。
当然社長とのコミュニケーションが中心で、食事も殆どが社長とすることが多い
です。

 その職場は若い人が多いのですが、私と同年代の人H氏が顧問として一人います。
そこで、彼を昼食に誘ったところ、あっさり断られました。

 以前の私なら、「せっかく誘ったのに、断るのは無礼な」と多少は憤慨したものです。
しかし、H氏の場合はちょっと変わり者で、唯我独尊型のタイプのようです。又、
周りに余り気を遣わないタイプのようで、雨の日などはぬれた自分の傘を乾かす
ために、自分の傍にばんと拡げて平然としています。

 H氏の性格を理解してしまうと、H氏とのコミュニケーションを特に気にする必要なく、
下手に気を遣うと却ってこちらが疲れてしまうので、そっとしておきます。

 とにかく世の中にはいろいろな性格の人がいます。相手中心のコミュニケーションを
心がけておくと、職場の調和が保てるようです。

────────────────────────────────
 【 編 集 後 記 】
私の友人から下記のようなキーボード情報が送られてきました。
 ●バイ菌がトイレの便座の5倍のPCも
 ●PCのキーボードはバイ菌の楽園かも…
  (英国消費者情報誌「ウイッチ? コンピューティング」5月号掲載)
上記は同誌編集部にある「PC33台」と「トイレの便座」や「ドアの取っ手」を
微生物学者に調べてもらって結果、「黄色ブドウ球菌」の存在が判明したもの
とのことです。
【原因】としては、
・トイレに行って手を洗わずにキーボードを触る。
・PCの前で食べた時の食べ物のカスが、菌の栄養源になった。
・埃も空気中の水分を吸って菌が繁殖しやすくなっている。
【調査】
・4000人以上のモニター:
  月に1回もキーボードを掃除しなかった人→46%もいた!

この話を聞いて、それ以降私はキーボードに触れた後、手洗いを励行しています
^o^
----------------------------------------------------------------

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年6月23日 (月)

【中小・ベンチャー企業コンサルタントが語るワンポイントアップの経営術-19「事業計画作成に当たって三表の重要性を知る」】

 事業計画策定に当たってはP/LとC/Fに重点がいきがちです。しかし、バランス・シートも加えた三表で事業を見る目を養うことも重要です。

 バランスシートはその名の通り、借方と貸方がバランスしています。つまり同じ金額でない場合には、計画自体どこかおかしいのです。

 一番間違いやすいのが消費税の部分。つまり、P/LとB/Sでは消費税抜きで表示しますが、C/Fでは消費税込みで表示します。従って、P/LとB/Sに1.05を掛けたり、割ったりしているかチェックする必要があります。

 次に多いのが減価償却費です。P/Lには当然入っているが、C/Fからは控除します。そして、減価償却費はその企業の資金繰りを見る際に重要です。

 経営者としては、減価償却費を加味したEBITDA(Earning before interest, depreciation and amortization)という考え方を常にマインドとして持っておく必要があります。つまり、金利、税金、償却前の利益は幾らなのかを絶えず把握しておくことです。

 又、自社の企業価値はいくらなのかをDCF(Discount Cash Flow)から都度把握しておくことも重要です。上場を考えているベンチャー企業なら重要な指標です。
 税引き後のEBITをdiscount率(例えば5.35%)で割るとTV(Terminal Value)が出てきます。
そして、このTVに5年目のdiscount率を掛け、5年間のDCFを足した金額から企業価値が算出できます。但し、未上場企業の場合、その企業価値に7掛けしておいた方が無難と言えます。

 このように絶えず自社の企業価値を見直すことで、中長期的な経営マインドを養うことができます。同時に自社の財務諸表を現実のものと、今後のものを比較することで、自社の財務内容を数字の面から冷静に把握することができます。

ベンチャー企業の経営者としては、このように数字の面からも、絶えず自らの経営感覚を磨いていくことが肝要といえます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月20日 (金)

boblog「マーキュリー通信」no.943【人生に勝利する方程式-36「中道からの発展」】

 人生に勝利する方程式-35では、ベンジャミン・フランクリンの13の徳目に因んで
私自身の「本当の自分」をベースにした13の徳目をKif_0432_2 日々実践していることをお話
ししました。 この実践により、氷山の水面下の部分を大きくし、人間力を上げ
るよう努力しています。但し、この部分だけでは「人生に勝利する方程式」とし
てはまだ不足しています。

 そこで、13の徳目の4番目の「中道」の部分が重要となってきます。「中道」とは
仏教の教えの中の左右両極端にぶれない精神的態度です。
 その実践に有名な八正道があります。八正道には、
「正見」「正思」「正語」「正命」「正業」「正精進」「正念」「正定」の8つ
の反省項目があります。
 
 「正見」とは正しい種を蒔いたかということです。
良い種を蒔けば良い芽が出てきます。逆に悪い種を蒔けば悪い芽が出てきます。
これを縁起の理法といい、人生全て原因結果の連続で成り立っています。従って、
「毎日良い種を蒔いたかどうか」、ここを中心に一日を振り返ります。

 次に、「正思」は心の三毒である貪・瞋・癡(トンジンチ)を中心に振り返ります。
貪とは貪欲(とんよく)のことで、衣食住、異性等何か欲しくて我慢できない状
態のことを言います。瞋(じん)とはちょっとのことで直ぐにかっとなることを
いいます。癡(ち)とは愚かなことをいいます。これに慢(慢心な心)、疑(神
仏に対する疑い)、悪見(間違ったものの見方)を加えて六大煩悩といいます。
この辺をさっと振り返ります。

 3番目の「正語」は正しく語ったかです。本日の自分の語った言葉の中で、
嘘、偽り、人の悪口、二枚舌、おべんちゃら、不誠実な言葉を発していなかった
かどうかを中心に反省します。

 4番目の「正命」は、今日一日正しい生活を送ったかどうかです。
不規則な生活、不倫、歓楽街での遊び等逸脱した生活を送らなかったかどうかで
す。

 5番目の「正業」は正しい職業です。天命に反したような仕事をしていないかです。
又、正しく判断したかどうかも正業に入ります。

 6番目の「正精進」は正しい努力精進したかです。

 7番目の「正念」は神仏の望む方向に思いが向いているかどうかです。
もし、向いていないようなら、八正道の全ての項目は、地に足のついていないも
のとなります。

 8番目の「正定」は1番目の正思から7番目の正念に至るまでを禅定しながら
振り返ることです。しかし、普段超多忙な私には正定まで実践する余裕はないの
で、最近では月1回程度近くのTimes Spaのリクライニング・チェアで1ヶ月を振
り返ることにしています。

 八正道による反省を実践することで、自分がよく見えてきます。
「本当の自分」に忠実であったかどうか。又、私の場合、「本当の自分」の中の
「正義」の部分が強く出過ぎて、調和を欠かなかったかどうか等が反省材料です。
 更には、自分の強みと弱みは表裏一体なので、強みの部分が強く出過ぎて暴走
していないかどうかもチェックポイントにしています。

 このように日々の生活に両極端にぶれない「中道」を取り入れることで、
人生に勝利する方程式が解け始めます。これを「中道からの発展」といいます。

────────────────────────────────
 【 編 集 後 記 】
 雨の日の小道具として、傘袋をお勧めします。電車に乗った時に、ぬれた傘を
傘袋に入れておけば、自分の衣服に水滴がつかずに済み、周りの人にも迷惑をか
けません。
 腕に通すわっかがついているので、傘を忘れなくて済みます。

 又、傘袋に入れて傘立てに立てておけば、自分の傘であることが一目瞭然です。

----------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月16日 (月)

中小・ベンチャー企業コンサルタントが語るワンポイントアップの経営術 17号 「従業員を性弱説で捉える」

 ━━━━━━━━━━━━━━ 2008年6月16日━━━━━━━━━━━
 □■□  中小・ベンチャー企業コンサルタントが語る
 ■□■  ワンポイントアップの経営術 17号
 □■□   「従業員を性弱説で捉える」

■最近親しくさせていただいているリスク・マネジメントの大家白木大五郎氏
(日立電子元専務)は性悪説の代わりに性弱説を唱えています。

■人間は、本来弱い者である。だからちょっとした出来心で悪いことをしてしまう。
従業員の弱い部分をいかに見抜くかも経営者の重要な仕事です。

■マーキュリー物産という小さな会社を経営していて、
私自身かなり痛い目にも遭いました。私自身本来性善説の持ち主ですが、経営者
として痛い目に遭うと、どうしても性悪説に立ちがちです。しかし、社員をいつ
も犯人扱いの目で見ていたら、社員との信頼関係は生まれません。

■しかし、性弱説の立場に立つと見方が変わってきます。

■「社員が不正を働いたり、会社に損害を与えたりするのは、
社長である私の管理が甘かったからだ、そこを社員に見抜かれて、つい出来心で
会社に損害を与えてしまったのだ」と理解するようになります。

■そして、社長は現場をしっかりと把握し、不正が出ないような仕組みと仕掛けを
作る。
社員を信頼して仕事を任せる一方で、金銭的な部分では、「この社長は侮れない
ぞ」という意識を植え付けることも重要と考えます。

────── ∞ ────── ∞ ────── ∞ ───────∞ ───

 【 編 集 後 記 】
 私の携帯電話にはスピードダイアル機能がついており、数字の1桁を押すだけ
で、相手に繋がるので活用しています。よくかける相手は、その時々の仕事によっ
て変わってくるので適宜変えています。

 又、着メロも、一番よく電話をする相手には特定の着メロにしています。こう
することで、着メロを聞いただけで、誰からの電話なのか直ぐに判り、心の準備
もできます。
 中小・ベンチャー企業コンサルタント 
 独立開業支援コンサルタント
           菅谷信雄

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月15日 (日)

boblog「マーキュリー通信」no.941【人生に勝利する方程式-35「活私豊幸」】

「活私豊幸」とは、私が20年ほど前から取り入れている行動哲学で、
これを基本に動いています。
P1010107  「活私豊幸」という言葉は、「滅私奉公」という言葉をもじった私の造語です。
その意味するところは、「自分を活かしながら人生の途上で出会った人々をいか
に豊かに幸福にできる人間でありたい」 という思いが込められています。

 P1010091 この実践哲学に基づき、思いかつ行動している内に、本当の自分に出会うこと
ができました。
本当の自分が解ると、自らの思いと行いの部分をコントロールできるようになり
ます。自らの「心の王国」を支配できるのは他ならぬ自分だけであり、他人には
絶対コントロールできません。

 P1010099 私の場合、本当の自分とは、ひと言で言えば「魂の純粋性」です。そして、
この「魂の純粋性」から出てくるものが「正義感」です。「正義感」を出す際、
「勇気」が必要となってきます。
 但し、この「正義感」が余り出過ぎると、周りとの協調性を欠いてきます。
この部分をうまくコントロールするのに、仏教の教えで「中道」という考え方が
あります。
 
 一方で、「魂の純粋性」の根っこの部分からもう1つ「誠実さ」というものが
湧き上がってきます。この「誠実さ」は「責任感」に繋がります。そして、この
「誠実さ」と「責任感」を全うするために絶えず「努力精進」が必要となってき
ます。

 P1010125 さて、「魂の純粋性」という心のハンドルを操作する時に、人生に勝利する為の
必須項目として、私は「感謝の気持ち」「謙虚な心」「寛大な心」そして、何事
にも先入観を持たず素直に接することが重要であるとの認識に至りました。私は
3つのK+Sの頭文字を取って、3KS(サンクス)ともじり、私の行動指針にして
います。

 又、子供の頃、育ての親である祖母から教育された「質素倹約」は今でも
身についています。
 以上合計12項目に基づき、これとぶれない生活を送っていると精神的にも安定し、
メンタルヘルス上も極めて有効です。そして、時折「光り輝く自分」を発見でき、
その時は喜びに変わります。そして、人生の幸福を垣間見ます。

 最近ベンジャミン・フランクリンの13の徳目を学び、これに倣いもう1項目
「与える愛の実践」を加えました。一日一善を実行するように心がけています。
一日一善を心がけているようでは、まだ未熟なのですが、これが習慣化して自然
に出るようになった時には、もう少し人間的に向上しているのではないかと思っ
ています。

 さて、それでは「本当の自分」に出会うにはどうしたらよいのか?それは子供の
頃の好きな自分にスポットライトを当ててみることで見えてきます。更にヒント
を得たい方は、私のシリーズ「人生の新発見」をご参照下さい。http://mercurytsushin.cocolog-nifty.com/blog/cat6224502/index.html

────────────────────────────────
 【 編 集 後 記 】
 NHKの朝の連続TVドラマ「瞳」を毎朝欠かさず見ています。人情味溢れる下町
の平凡な日常生活がドラマを面白くしていますが、何と言っても里親制度に大き
くスポットライトを当てている点が素晴らしいです。

 里親制度の恩恵にあずかれない子供は9割もいるそうです。その意味でこのド
ラマは、社会的にも極めて意義が大きいです。
 我が家にも子供がいませんが、里親制度のことを知っていれば、子供好きの私
の人生は変わっていたかもしれません。

 このような良いドラマを放映している限り、NHKの支持率は増加していくこと
でしょう。

----------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月14日 (土)

boblog「マーキュリー通信」no.940【第70回「新しい時代を創る経営者の会」

080670sa_009   経営者同士のクローズドの異業種交流会で発足した「新しい時代を創る経営者
の会」は本日で丁度丸6年、第70回目となりました。
その記念すべき回にふさわしい熱弁を奮っていただいたソーシャル・アライアンス岡根専務に感謝です。
 080670sa_007 元俳優、そして劇団を経営していただけのことがあって、当会始まって以来の
寸劇も交えた熱のこもったプレゼンテーションとなり、参加した経営者は思わず身を乗り出して聴き入っていました。

 ソーシャル・アライアンスは、全国に45箇所のFC展開をしているコミュニケーション・トレーニングの会社です。6年前に20年来の親友桑原社長と岡根専務によって創業しました(会社設立は5年前)。

 080670sa_005 桑原社長と岡根専務は、出身地も異なり、性格も異なる2人です。しかし、1つ
だけ共通点があります。自分の夢のために自分の人生に思いっきり体当たりして
いこうということです。そして、頭で考えるタイプでなく、徹底的に現場主義を
貫いています。
 桑原社長は、トレーニングで日本一の経営者になることが夢でした。一方、岡
根専務はチャップリンに憧れ、映画監督になることが夢でした。
 岡根さんは、自分の夢を実現のために、高2の春に親の猛反対を押し切って退
学し、家出をしました。
 しかし、劇団経営はお金がかかり、儲からないビジネスだと気付きました。活
動費や生活費を賄うために闇金まで手を出しました。当初借りた300万円が2ヶ月
弱で500万円に膨れあがりました。
 借金返済のために、フルコミッションの営業の世界に飛び込みました。しかし、
上司は成績が上がらないと殴る蹴るの恐ろしい会社でした。
 成績不振と疲労困憊と栄養不足がたたり、吐血し、胃潰瘍で1ヶ月入院しまし
た。その間闇金の借金は1000万に膨らんでいました。

 しかし、入院生活で考えるゆとりができて、自分の人生を見直しました。退院
後は成績が急に上がり、闇金の借金も何とか返済できました。

 入院前後で、一体何が違ったのか?
 それは仕事に対する心構えでした。これに気付いたのです。

 一方、桑原社長も、将来経営者を目指すために高卒後フルコミッションの世界
に飛び込みました。そこで次々とトップとなりました。
 和歌山県出身の岡根さんと新潟県出身の桑原さんは学習教材販売の会社で出会
いました。二人は早速意気投合し、6畳一間のアパートでの同棲(?)生活が始まりました。そこで二人は寝ても覚めても徹底的にロールプレイングの練習をしました。そして、二人ともフルコミッションの営業の世界でトップのセールスマンになりました。そして、お互い切っても切れない縁となりました。

 しかし、岡根さんは映画監督の夢を捨てきれません。

 二人は別れ際に、ある誓いをしました。それは、「お互い一生に一回切り札を
出す権利を持つ。その切り札を出した時に、たとえ自分の夢を追いかけていても、
その夢を中断して、半年1年は相手のために精一杯助けよう」という誓いでした。

 6年前、桑原氏が切り札を切ってきました。当時、桑原氏は営業マンのトレー
ニングの会社を経営して、大成功していました。しかし、若くして成功者となっ
た桑原社長は天狗となり、壁にぶつかっていました。その心の叫び、"Help me"
という言葉が岡根さんに伝わってきました。
 岡根さんは、2人の誓いを果たすために、取り敢えず半年は手伝おうというこ
とで、営業マンのトレーニング会社セールスアソシエイツ(現在のソーシャル・アライアンス
の前身)の創業に参加しました。

 しかし、もともと大親友の二人、この時の再会が現在も続き、二人の固い絆の
下、その後営業マンのトレーニングだけでなく、コミュニケーション・トレーニ
ングも取り入れ、ソーシャル・アライアンスに名前を変えて、成長を続けていま
す。HP: http://www.master-369.co.jp

 さて、ソーシャル・アライアンスのトレーニングの中味「成功の5ステップ」
を少し垣間見ましょう。
第1のステップ:アプローチ:心を開く。営業の成功の第一歩はお客様に心を開
かせることです。
第2のステップ:問題意識を引き出す:この部分は目から鱗でした。平凡な営業
マンは問題意識を与えるに留まります。例えば、ダイエットの重要性は誰でも知っ
ている。しかし、それを自分の問題と捉え、いかに行動に移らせるかがポイント
です。
第3のステップ:利益、可能性を抱かせる。つまり、その商品を購入したら、こ
んな良いことがあることをイメージさせることです。
第4のステップ:クロージングテクニック
第5のステップ:反論処理

 今回、岡根専務はさすが劇団出身だけあり、寸劇を交えながらの熱演でした。
ここまでの真似はできませんが、しかし、この成功への5つのステップだけでも
学べば普通の人でも営業マンの達人になれます。同社のセミナーを受講して、多
数のトップセールスマンが誕生しています。

 さて、岡根専務の熱弁に私自身も聴き入っていましたが、非常にうらやましい
と思いました。
 人生で無二の親友を得たことです。その無二の親友と一緒に会社を経営して、
成功を収める。こんな素晴らしい人生はありません。成功と幸福の2つを手に入
れてしまいました。
 岡根専務のプレゼンテーションは素晴らしかった。でも、そのプレゼンテーショ
ンからにじみ出る人生観、そしてビジネスを通じ、無二の親友を得たこと。この
部分に一番感動しました。HP: http://www.master-369.co.jp

 尚、桑原社長の最新作「もし、坂本龍馬が営業マンだったら」(ダイヤモンド
社1500円)を読むだけで、営業のヒント満載です。岡根専務との下積み時代の二
人三脚の苦労話も心打たれます。

────────────────────────────────
 【 編 集 後 記 】
 思いこみというのはその人の行動に影響を与えます。
 先日、テレビで豚肉は牛肉同様一部生でも大丈夫と放映されていました。
 私は、長年豚肉は完全に焼かないと菌の関係で危険だと思っていました。しか
し、この放映を見て、それ以降特に気にせず食べるようになりました。これで豚
しゃぶももっとおいしく頂けそうです(*^^*)
 又、鶏肉も、その他の肉もそれほど気にしなくて良いようです。

----------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月12日 (木)

boblog「マーキュリー通信」no.939【ワンポイントアップの仕事術-41「ポストイットの活用」】

Post_it020000
最近3色のポストイットを活用しています。

 緑はこれは参考になると思った箇所、
 赤はこれは注意しないとまずいぞと自分にも要注意と思った箇所、
 黄色はその他の箇所というふうに付箋をつけます。
 そして、付箋には必要に応じ、何か書いておきます。

 もちろん従来通りマーカーや赤線も引きます。

 Post_it01 このようにすることで、記憶も鮮明となり、より深くその本を理解することができます。

尚、ポストイットは100円ショップに売っていて、750枚もついています。
 boblog「マーキュリー通信」をご覧になると参考例を見ることができます。

────────────────────────────────
 【 編 集 後 記 】
 本日、トイレに入ったら、ピンクのスカートをはいた金髪の女性が鏡に向かっ
て化粧をしていました。
 びっくりして、思わず「あれ!男性のトイレじゃあないの!?」と言ったら、
彼女が振り向いて、「男性です」と男の声で応えました(ノ゜д゜)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 9日 (月)

boblog「マーキュリー通信」no.938

P1010061 ■カナダに駐在の頃この言葉をよく聞きました。公私に亘り良く耳にしました。
 私は三井物産の石炭部の代表で駐在しているので全てのことに対応しなければなりません。
しかし、カナダ人は仕事が細分化しており、自分の担当外のことは、「It’s
none of my business」で極めて明瞭に断ってきます。このように反応されると
余り良い気分はしません。

■しかし、経営者となるとそうはいきません。あらゆる角度から検討し、
対応しなければなりません。この対応能力の大きさや広さによって経営者の器が
決まってきます。英語のresponsibility(責任)は本来対応する力という意味で
す。これが大きいかどうかでその人の責任能力が問われます。

■私の場合、商社マン時代にこの対応能力をいやっというほど鍛えられてきました。
しかし、中小・ベンチャー企業の経営者ではこれに資金繰りが加わります。
この大変さを嫌と言うほど味わいます。

■一方、経営者の目から見て、従業員が将来どの程度の器かを判断する材料に
対応能力の大きさが上げられます。自分の仕事の範囲以外のことも考えながら常
に仕事をやっている人間は、上のポジションを任せられます。
 しかし、自分の仕事しかできない人は、それ以上の仕事を与えることは厳しいです。

■もし、社長の指示に対し、「It’s none of my business」的態度をとる社員は、
それ以上の仕事は与えられないことになります。
 社員の活用方法の1つの視点として、この「It’s none of my business」を
とりいれるのも一法といえます。

────── ∞ ────── ∞ ────── ∞ ───────∞ ───

 【 編 集 後 記 】
 最近、太陽のトマト麺というラーメンが新しいタイプのラーメンとして気に入っ
ています。我が家(北大塚)の近くにもできたので時々行きます。
 麺が堅めのスパゲッティ風なのが歯ごたえも良く、トマトベースのスープが逸
品です。普通ラーメンのスープは余り飲まないのですが、このトマト麺のスープ
だけは全部飲んでしまいます。それほど他のラーメンとは一線を画しています。
チェーン店になっているので最寄りの店で楽しめます(*^^*)http://taiyo-tomato.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 8日 (日)

boblog「マーキュリー通信」no.937【私のコミュニケーション論-68「エゴとエコでは大違い」】

P5140060  先日、近所の皮膚科で水虫の治療の治療費を支払おうとしたらいつもより高いので聞いたところ、
「前回の診察から4週間以内に再来院しないと、初診料がかかります」との説明
を受けました。釈然としないので、「毎月同じ治療を受けているので再診ですが。
先月も来ましたが」と聞くと、「しかし、先月の治療から4週間以上経過してい
るので、初診扱いとなり、初診料が必要となります」と事務的に応えます。
 何か釈然としないまま治療費を支払いました。

 一方、一昨日人気のトンカツ店(新橋)で昼食をしようとしたら、貼り紙がしてありました。
「地球温暖化防止に協力するために、当店では紙おしぼりを廃止させていただき
ます。お客様のご理解とご協力をよろしくお願いします。」と書いてありました。
 
 最近、諸経費の上昇の折、飲食店も経費節減が必要ですが、「経費節減のため、
おしぼりを廃止します」と書くより、「エコの為」と書けば、客も納得せざるを
得ません。
 ちょっと、気の回しようで、お客の受け止め方は変わるようです。

────────────────────────────────
 【 編 集 後 記 】
 米国の大統領予備選で民主党の候補が大接戦の末史上初の黒人の大統領候補オ
バマ氏が選ばれました。
 あれほど虐待されていた黒人が大統領候補になる米国の懐の大きさに感心して
います。
 個人的にはオバマ氏に頑張って欲しい気もします。
 しかし、日本の国益を考えるなら、識者の意見を総合すると保護主義的色彩の
強い民主党候補より、共和党マケイン候補の方がベターのようです。

----------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 3日 (火)

boblog「マーキュリー通信」no.936【人生に勝利する方程式-34「自分を変えることで環境も変わる」】

先日テレビで60歳の定年退職者が、本屋のアルバイト時給1000円の仕事に就けなくて嘆いていました。
 マスコミが格差是正社会を唱ったり、政治家が票稼ぎの為のリップサービス
を言っていますが、このような甘い言葉に惑わされてはいけません。
 格差社会はこれから更に拡大していきます。
従って、政府に甘い期待を抱いていたら、後でほぞをかむのは前述の書店のアル
バイトに恨み辛みを言っている60歳の団塊の世代と同じ運命を辿ることになりま
す。

 P1010057 前述の60歳の店員の例を見ても判るとおり、この人が自らの境遇を嘆いたり、
環境のせいにしても誰も助けてくれません。最初はこの人の愚痴を聞いてくれる
でしょうが、何度も愚痴を聞いていたら、周りの人はその内嫌気がさしてきます。

 さて、今後格差拡大社会に対処して行くには、自らを変えていくしかありません。
自らを変えていくと環境が変わってきます。

 私の例で恐縮ですが、三井物産に入社した時に1つの課題を自らに課しました。
入社後3年間は営業会計に配属されました。営業会計部門では、決算時期を除く
と、比較的自分の時間が取れます。そこで、私はこの期間に英語の社内資格を取
ることを第1目標に掲げました。
 三井物産では、海外駐在や海外研修員になるためには英語の社内資格が必須です。
私は営業会計に所属している間に社内資格を取ろうと、当時25万円もする英会話
教材セットを購入し、英会話学校にも通いました。初任給47千円の時代ですから、
私にとって大きな投資でした。英会話の勉強に集中した結果、社内資格を2年で
取得することができました。

 入社4年目に国内営業に異動しました。
 その後、第2次オイルショックが起こり、その結果石炭ブームが起こり、
石炭部から国内の鉄鋼営業で英語ができる若手の募集がありました。当時、私の
所属していた鉄鋼第4部で英語の社内資格を持っていたのは私だけだったので、
私は希望通り石炭部に異動となりました。

 石炭部異動後も、英語の社内資格を持っている社員が意外に少なく、
先輩より先に憧れの北米研修員、そしてカナダ駐在へととんとん拍子に道が開け
ました。

 もし、当時英語の社内資格を取っていなかったら、
私の三井物産における物産マンとしての人生も又大きく変わっていたことになり
ます。

 現在59歳の私は、経営コンサルタントの能力アップに力を注いでいます。
一方で、インターネットビジネスのノウハウを習得中です。この2つの能力のス
キルアップを図りながら、私の得意とするセミナー開催等を計画しています。

 自らを変えることに年齢は関係ありません。各自それぞれ得意分野があるはずです。
自らの強みを強化させ、変えることで自ずと道が開けます。その結果、環境の方
が変わってきます。

 私自身、経営コンサルタントとして某社の経営再建に関わり、環境が激変しています。
そして新しい環境の中で、又大きな学びと経験を積んでいるところです。

────────────────────────────────
 【 編 集 後 記 】
 先日のNHK特集で、繁栄を謳歌するロンドン特集を放映していました。ロンド
ンの人口は現在750万人で、その内3分の1は外国人です。中でもロシア人が多く
25万人もいるそうです。
 石油成金が大挙ロシアからロンドンに移住しているそうです。

 しかし、何か違和感を覚えました。金が全ての社会といった印象で、かつての
日本のバブル社会の再現のようでした。

 このような社会は金によるブームが去った後は、その反動が怖いです。
 又、富める者とそうでない者との格差がどんどん拡大していきます。日本の格
差社会と比べたら比較になりません。
 貧富の格差と、外国人比率が異常に高いと、社会的問題が発生してきます。そ
んな観点から特集を見ました。

----------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 2日 (月)

boblog「マーキュリー通信」no.935【中小・ベンチャー企業コンサルタントが語

■会社設立時の資本金が1000万円未満の場合、
消費税法の立場から見ると新設法人とは見なされず、会社設立後2年間は消費税
が免除されます。
P1010043 
■但し、期中で資本金が1000万円以上になると、
翌期から免税の対象外となります。あくまでも会社設立時の資本金が対象となり
ます。
 
■従って、資本金が1000万円未満(1000万円は含まない)の場合、
売上の多寡に関わらず免税となります。

■仮に売上が1億円として利益がゼロの場合でも人件費や利息、
公租公課には消費税は課されないので、人件費や利息、公租公課の合計が5000万
円だったら通常消費税250万円の消費税が発生しますが、資本金1000万円未満な
ら消費税は免除となります。
大企業の子会社の場合、1000万円未満の子会社を多数作ればかなりの節税メリットとなります。

■このことを知らない公認会計士や税理士も意外に多いようです。
先日も公認会計士が担当している会社が資本金1000万円だったので、「消費税の
免税メリットが受けられませんね」と話したら、「この会社は期中で増資するの
でもともと免税メリットを受けられない」と自信ありげに回答していました。こ
の会社の資本金がもし1000万円未満なら約2億円の節税メリットを受けられたの
に残念なことをしました。その場合、この会計士の責任問題は起こらないのかと
思います。

■いずれにせよ、新設法人が資本金1000万円未満なら、
2年間消費税免除の特例を受けられるので、会社設立の際には合法的に消費税免
除を受けると良いです。

────── ∞ ────── ∞ ────── ∞ ───────∞ ───

 【 編 集 後 記 】
 経営コンサルタントをしていると関係者から本音情報がたくさん入ってきます。
その時心すべき事は、聞いた本音情報は他言しないことです。
 このルールを守ることによって、関係者は私に安心して本音を語ることができ
ます。本音は時として愚痴となって入ってくることも多々あります。愚痴を聞い
てあげることも経営コンサルタントの重要な仕事の1つと思っています。
 そして、これらの本音情報をいろいろと料理しながら、経営者に意見具申して
いくのも経営コンサルタントの仕事と心得ています。
 中小・ベンチャー企業コンサルタント 
 独立開業支援コンサルタント
           菅谷信雄

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »