« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月31日 (木)

「マーキュリー通信」no.965【私の異見・ひと言申す-80「役所の本質」】

消費税の増税論議が再び活発となってきました。消費税アップに賛成する国民も結構いるようです。
 
 しかし、役所がこれだけ税金の無駄遣いをしている実態ではまずは歳出の徹底削減が先です。
 その際考慮すべき点は、役所の本質を理解することです。これなくして歳出削減はあり得ません。P1010036
 役所と付き合った企業なら民間では考えられないような非効率さと無駄を幾らでも経験します。
 
 本日も、当社のお客様がインターネットを通じて「家庭用生ごみ処理機」を購入したい
と注文がありました。「家庭用生ごみ処理機」には全国約7割の自治体から助成
金が出ます。但し、そのお客様は京都市内に住んでいる方なので、京都市内の販
売店から購入することが条件となっています。
 IT全盛の時代で、インターネットショッピングで購入するお客様も多数いるのに、
役所の対応は、市内業者から買えば、市内業者が潤い、市にも税金が還元される
という発想です。

 しかし、現実にはお付き合いで販売店になっているところが大半です。
当社が連絡を取っても、相手にしてくれない販売店が多いのです。その度毎に当
社では手間が掛かります。市役所の助成金をもらうために領収証だけ発行しても
らい、その為に手数料を支払うこととなります。

 役所はこういう実態を知らずに、建前論でいきます。そして、
何か問題が起きたり、上からの圧力等がない限り、このような馬鹿げた旧態依然
のやり方を続けます。
 そして、時には役所の形式主義を悪用して、助成金を搾取する悪徳業者も出てきます。
 一方、役所が民間業者と絡むと、利権と癒着構造が生まれます。
最近では介護保険制度がその典型例です。介護保険は、民間に任せておけば、もっ
と効率よくできたものを、政治と利権がくっついたため、税金の無駄遣いが発生
しています。又、年金制度などは最たるものです。

 従って、このような利権構造に民間の目でメスを入れ、役所の無駄を徹底的に
排除しない限り、消費税の増税などはもってのほかです。本来マスコミはこのよ
うな論調を張らなければいけないのですが、消費税アップに同調しているマスコ
ミもあるのが残念です。

 とにかく、国民としては、消費税アップを謳う政治家には絶対投票しないことです。
 
────────────────────────────────
 【 編 集 後 記 】
 最近先のとがった革靴を履く若者が多いのに目につきます。先のとがった靴を
履いている靴屋の店員に、「靴の履き心地はどう?」と聞いたところ、「最初は
履きづらいですが、慣れれば大丈夫です」との回答でした。

 しかし、先のとがった靴を履くと、男性でも外反母趾になる確率が高くなり、
後で痛い思いをします。
 私には全然かっこうよく見えないので、私は先の丸い靴を履き続けます。

----------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月30日 (水)

「マーキュリー通信」no.963【私のコミュニケーション論-70「相手の思いの部分を読む」】

人の言っていることがころころと変わるように思えることがあります。
人の言っていることにだけとらわれると、それに振り回されることになります。
会社において、上司の場合、言っていることがしょっちゅう変わる。朝令暮改だ
Kif_0722 と思うことがあるかもしれません。しかし、よくよく考えてみると、相手はTPO
に応じ、言い方を変えているのかもしれません。

 そのような時、相手の思いの部分にフォーカスすると、
相手の言葉の真の意図が理解できるようになります。

 私が企業再生の為に働いている社長とは最近すっかりとうち解けてきました。
私の癖を見抜き、私が頭をかいている時には、自信がない時と思っているようで
す。

 又、その社長は、私の目の前でよく鼻毛を抜きます。鼻の穴をかっぽじったり
することもよくあります。困るのは、その指で食べ物をつまみ、私にくれること
です (=´Д´=)
 そして、私の目の前で靴下を脱ぎ、足を投げ出し、ズボンをまくったりもします。
 これらの行為は、人によっては随分失礼だと憤慨する人もいることでしょう。
しかし、私に対し、心を許しており、その結果出た行為と思えば、却ってその場
の雰囲気が良くなります。
 又、私のことを時々いじめて楽しんだりもしています。これなど、
私も笑いながら言葉を返すので、却って場が和みます。

 相手の思いの部分、根っこの部分を掴んでおくと、そこから発せられた
言動も自然と理解できるようになり、コミュニケーションも円滑に行きます。
 
────────────────────────────────
 【 編 集 後 記 】
 私の所には毎月ジョークサロン「伝笑鳩」が送られてきます。今月も笑い満載
です。時事をユーモアたっぷりに皮肉にながらも笑い飛ばしています。
 ★お役人様 お疲れ様と 居酒屋タクシー お出迎え
----------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月28日 (月)

「マーキュリー通信」no.962【「創レポート」7月号「退職金への課税強化にマネジメントとしてどう対処すべきか」】

 今月の「創レポート」は、本業の税理士、CPAの視点から分かりやすく捉えています。
 「sr0807.pdf」をダウンロード
 マネジメントの立場からは、給与と退職金のバランスをどのように捉えるかです。成果報酬制度の問題点が出始め、再び日本的な終身雇用制度の見直しをする企業も出てきています。

 但し、中小・ベンチャー企業の場合、基本的には終身雇用を考える経営者も社員も少ないので、退職金制度は給与の後払い的な考え方をしている経営者が多いようです。

 それでも退職金には税制上の優遇があります。今後、課税強化が計画されていても、所得税と分離して所得税計算されるので、税制上のメリットは受けられます。経営者の視点からすると退職給与引当金による節税メリット、従業員側からすれば退職時の節税メリットが得られます。この辺に着目して、従業員の定着率を高めるために、労使双方で検討するのも必要と思います。詳しくは、「創レポート」7月号をご覧下さい。

  “感情”に響きがちな情報に
           冷静なマネジメント視点で対応する
      ☆☆☆ 退職金への課税が変わる? ☆☆☆

                    ◆本レポートの内容◆

【1】“人気週刊誌”報道で再燃した退職金課税問題   ……… 1㌻
【2】 税制改訂を“判断”するマネジメント視点とは?    ……… 2㌻
【3】“事実”を的確にとらえることが何より大事!       ……… 3㌻
【4】“目的”確認と“総合検討”が重要になる背景        ……… 4㌻
【5】“総合検討”って例えばどんなことなのか…?      ……… 5㌻

課税額が増える話には、確かに不快感を超えるものがある。特に昨今の“国の財政問題”には、言うべきことも少なくない。
しかしそれは“外的条件”であって、経営には“冷静に変化に対応する”ために“自分はどうするか”という内的視点が必要になる。
そんなマネジメントの内的視点を、いかにして持つか…、そう考えると3つの視点があらわれる。

******************
  公認会計士・税理士 伊藤 隆
  【本   部】03-3556-3317
  【会計工場】059-352-0855
    http://www.cpa-itoh.com
   中小零細企業の存続と
             その未来のために
******************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月27日 (日)

「マーキュリー通信」no.961【経験から学ぶマンション管理の重要性-2「自分の財産は自分で守る」】

 Kif_2190 私が住むライオンズシティ池袋は交通至便の場所で、当時(94年頃)バブルが崩壊し、
マンション相場が下落傾向にある中、相場8000万円台の3LDKマンションが6000
万円台で購入できるという触れ込みで人気の物件でした。

 しかし、落とし穴がありました。ライオンズシティ池袋のモデルルームは現場にはなく、
現場から1分ほど離れた静かな場所にありました。ライオンズシティ池袋

(我が家のエントランスです)

の眼下には、山手線が走っています。そこで、大京の営業マンに騒音問題は大丈夫なの
か念を押したところ、「防音サッシを使用しているので問題なし」との回答でし
た。

 しかし、いざ入居してみると、眼下に走る山手線の音が気になります。
大京にクレームを付けても、問題を回避するだけでした。

 そこで、新たに入居したマンション住民から、「菅谷さん、是非理事長に就任して、大京と交渉してください」
と頼まれ、理事長を受けることにしました。

 大京と、騒音に関する交渉をしましたが、大京側はのらりくらりと逃げるだけで、
誠意のある回答は得られませんでした。

 大京との交渉には勝てませんでした。しかし、マンション業界最大手の大京の態度に不信感を抱き、
このことが却ってマンション住民の連帯意識を強めることとなりました。

 私はライオンズシティ池袋の理事長を2期2年勤めました。理事長在任中、20以上の改革や改善をしました。
その中で、最大のものは、「自分の財産は自分で守る」を掲げ、その理念が住民
に定着したことです。
 
 マンション管理を全面的に管理会社に任せず、管理会社をプロのよきパートナーとして
活用していくという方針を立て、それが現在も続いています。

 理事会スタート当初、管理会社(当時大京管理、現在大京アステージ)から2年毎の
理事交代を順送りで行う案を提示されました。それを断り、理事は毎年交替とし
て、次の理事を自薦他薦で選んでいく方式としました。
  
 この考えは、できるだけ多くの住民にマンション管理に参加して欲しいとの思いにあります。

 あれから13年経ちますが、理事会は毎月行われ、議事録は毎回作成され、既に150回を超えました。

 ライオンズシティ池袋は、築13年の割には管理状態は良く、
これも「自分の財産は自分で守る」というマンション管理に住民参加の意識が根
付いてからではないかと思います。 
 
────────────────────────────────
 【 編 集 後 記 】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月25日 (金)

boblog「マーキュリー通信」no.960【ワンポイントアップの仕事術-44「仮説を

  仮説を立てながら仕事を進めると、時間管理が効率的に行え、
仕事の能率がぐんとアップします。

 仮説思考の際に参考になるIT機器がカーナビです。Ryoma
カーナビは、目的地を入力すると、目的地までの最適なルートと所要時間を教え
てくれます。そして、目的地に到着するまで、絶えず道路の渋滞状況に合わせ、
最適な所要時間を計算してくれます。

 カーナビを仕事に応用すると、締め切りまでに実施しなければならない仕事を、
最終日から逆算して、手順書を作成します。社内の協力部署や社外の取引先等と
の連絡事項も含め、おおよそのフレームワークを作っておきます。
 特に新しい仕事の場合には、このやり方が有効です。

 もし、途中で渋滞や事故に遭った場合には、カーナビは代替手段を教えてくれます。
同様に、予測しなかったトラブルが発生した場合には対処方法が必要となります。
その際、重要なことは、スケジューリングはびっちりと立てずに多少余裕を見て
おくことが必要です。予算も予備費を計上しておくように、時間も予備の時間を
取っておけば良いわけです。

 仮説思考の際のポイントとして、自分自身に対し、
「切羽詰まった状態を常に作り出す」ことです。明日、9時スタートのゴルフ・
コンペに行く場合、そこから逆算して朝何時に起きなければならないと逆算し、
朝早くぴしっと起きることができます。

 仕事も同様です。「時間を常に人一倍大事に考える」
「目覚まし時計が鳴っている」状態を作っておくことです。
 この「人生の目覚まし時計」状態を、仕事にも取り入れ、
習慣化しておくことで、仕事の能率が格段にアップし、短時間で仕事を切り上げ
ることができます。

────────────────────────────────
 【 編 集 後 記 】
 カーナビというIT機器の特徴を仕事にも応用すると、仕事の能力がアップし、
仕事がはかどり、仕事が楽しくなってきます。
 そして、たくさんの仕事を同時並行的にこなすことができ、周りからの評価も
高くなってきます。
 
----------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月24日 (木)

boblog「マーキュリー通信」no.958【私の健康法-54「夏ばて対策に3C」】

boblog「マーキュリー通信」no.958【私の健康法-54「夏ばて対策に3C」】
 いよいよ夏本番です。
 私自身20代の頃に夏ばてした記憶がありますが、最近は夏ばてをしたことがありません。
それにはきちんと夏ばてを対策をしているからです。

 その秘訣は3Cにあります。
 Kif_0286 1番目のCはクーラーです。私は夏でも自宅で自宅で殆どクーラーをかけません。
かけても27℃程度に止めています。クーラーをかけすぎると、自律神経のコント
ロールが衰え、夏ばての原因となるからです。

 その代わり、就寝の時は、扇風機のタイマーを2時間セットしておきます。
これで気持ちよく入眠できます。もちろんその前に、入浴し、きれいさっぱりし
てから寝ます。
 又、私の書斎は、東芝のαエアーという送風機を使っていて、風邪が心地よいです。
20年ほど前に35千円程で買いましたが、未だ使えます。冷暖兼用なので、2つの
エコ(環境と経済)の典型商品です。

 次に、外出時には、キャップ(帽子)をかぶります。これで夏ばてがかなり防止できますよ。
ついでにサングラスも使用して、紫外線から目を守ります。

 3つ目のCは、クールビズです。ノータイ、ノースーツです。これだけで疲れ方が全然違います。

 Kif_0279 更には、夏ばてしないように体を常日頃鍛えています。毎朝マンションの9階まで階段を駆け上ります。
これだけで足腰が鍛えられ、夏ばてしない体力を維持できます。
 その他ショウガ紅茶健康法は続行しており、これも夏ばて対策には効果があるようです。

 又、当然のことながら、規則正しい生活習慣をしていますので、疲労を明日に持ち越さないようにしています。

────────────────────────────────
 【 編 集 後 記 】
 毎朝9階まで駆け上っていく時に、同じマンションでもう1人6階に住む中高年
の女性も階段を利用しています。
 時々すれ違いますが、彼女を追い抜く時、多少の優越感を感じます^o^
 
----------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月22日 (火)

boblog「マーキュリー通信」no.958【中小・ベンチャー企業コンサルタントが語るワンポイントアップの経営術-23「中小・ベンチャー企業では意思決定はトップダウン型が中心」

~~~【ワンポイントアップの経営術 今日のポイント】~~~
         
        経営者は孤独です。しかし、時には外部の経営コンサルタント
        の意見に真摯に耳を傾けることも重要です。
        それを怠った為に、経営破綻に陥った中小・ベンチャー企業を
        過去、多数見てきています。
      
      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ━━━━━━━━━━━━━━ 2008年7月22日━━━━━━━━━━━
 □■□  中小・ベンチャー企業コンサルタントが語る
 ■□■  ワンポイントアップの経営術 23号
 □■□  「中小・ベンチャー企業では意思決定はトップダウン型が中心」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■boblog「マーキュリー通信」no.958

 大企業ではボトムアップ型の意思決定をしているのに対し、
中小・ベンチャー企業では基本的にはトップダウンです。そして、トップダウン
型の経営をしている経営者が大半です。

 しかし、経営者といえども判断ミスや意思決定ミスをすることはよくあります。
その時、心しておくことは、経営者は「朝令暮改で良し」とすることです。
たとえ、社員から社長の考えはころころ変わると思われても、もし判断ミスをそ
のまま実行してしまい、誤った方向に行って、損失を蒙っても、その責任は社長
が取るからです。

中小・ベンチャー企業では、基本的に社長以外責任を取れません。
だから朝令暮改で良いわけです。もちろん朝令朝改でもOKです。これを社長たる
者判断をころころ変えるようでは沽券に関わると変なプライドを持つ方がもっと
危険です。

一方、中小・ベンチャー企業の経営者には私のような経営コンサルタントは
重宝な存在です。社長が迷ったことに関して的確なアドバイスを与えることがで
きます。又、岡目八目的に経営を見ることができるので、アドバイスが外れるこ
とは殆どありません。

ところが残念なことに、経営コンサルタントである私の意見に真摯に耳を傾け、
その通り実践する経営者は非常に少ないです。その結果、会社に損害を与えるこ
とになります。中には会社に致命的なダメージを与えた経営者もいます。

────── ∞ ────── ∞ ────── ∞ ───────∞ ───

 【 編 集 後 記 】
 損害保険会社から火災保険の更新案内が来ました。生損保の保険金不払いの不
祥事のせいでしょうか。金融庁の指導が入り、更新手続きが非常に煩雑になりま
した。
 当然、面倒だから書類もよく見ないで印鑑を押して返送します。多分事務方は
膨大な事務量の増加に悲鳴を上げているのではないかと思います。
 不祥事が起きると役所の規制がきつくなる。そして官製不況が起きるというの
が、最近の悪しき傾向でしょうか。
 
               中小・ベンチャー企業コンサルタント 
                   独立開業支援コンサルタント
                            菅谷信雄
 --------------------------------------------------------------
□■□  □■□  □■□  □■□  □■□  □■□  □■□

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月21日 (月)

boblog「マーキュリー通信」no.957【経験から学ぶマンション管理の重要性-1「大規模修繕」 】

私が住むライオンズシティ池袋は築13年を経過したため大規模修繕を実施することになりました。
 Kif_2196 そのリーダーに理事長経験者の私が選ばれ、今年1月中旬からスタートした大規模修繕がこの度無事終了しました。

 今後、各地でマンションの大規模修繕が必要となりますので、私の経験がお役に立てば幸いです。

 大規模修繕委員会のリーダーとして私が心したことは下記3点です。
1.住民の総意で大規模修繕を実施すること
2.リーダーに権限が集中しないように、大規模修繕委員会は理事会の諮問委員会として、理事会の決議を経て、管理組合総会の承認を取り付けること。
Kif_2181 3.今後資材価格等の価格上昇が予想されるので、大規模修繕実施の時期は梅雨時を避け、今年の1月からとし、そこから逆算して全てスケジューリングをする。

 そして、最重要の大規模修繕の業者選定に当たっては、下記3点を重視しました。
1.工事費の削減の為に4社から相見積もりを取る。業者はマンション住民から推薦を出し、その中から下記基準で選ぶ。
2.ライオンズシティ池袋と同程度の規模(60戸)のマンションの大規模修繕実績があること。
3.当マンションの眼下に山手線が走っており、JR対策ができるような、ある程度の規模と経営内容の会社とする。

 その結果、三井住友建設に決まりました。発注価格は予算以内に納まりました。その後、原油価格の高騰による資材価格が上昇しているので、まさにドンぴしゃのタイミングで実施することができました。
 そして、大規模修繕の結果も、イメージした通り満足のいく結果となりました。今回の各種データ、資料等は媒体に残し、次回大規模修繕の時の参考になるようにデータベース化する事としました。

 Kif_2194今回の大規模修繕の際に、住民参加の意識を高めるために、住民からアンケートを実施し、住民からの要望事項を聞きました。費用対効果を勘案し、エントランスのドアを自動ドアに変えました。その際、マンションのグレードアップの為に、豪華な扉にしました。扉を開けずに中に入れる便利さとグレードアップの為に掛かった費用は200万円でしたが、住民からは好評です。

 一方、私からの提案で、車いす用のスロープを設けることを提案しました。当マンションでも高齢化が進み、既に車いすの高齢者がいます。又、ショッピングカートを引きずって返ってくる時にもスロープがあると便利でKif_2184 す。工事費は100万円以内に抑えるよう三井住友建設と交渉し、その金額に抑えることができました。Kif_2183

 半年間の大規模修繕が終わり感じることは、大規模修繕を全て管理会社任せにするのではなく、住民自らが自分たちの住みやすいマンションに変えていくのだという意識の重要性を改めて感じた次第です。
 大規模修繕のリーダーの大役を終え、全て順調に終わったことにほっとしています。大規模修繕は、そこに住民の生活があるので、却って新築より大変です。

 今回私からの強い要望でコスト削減に協力してくれ、無事大規模修繕工事を完了してくれた三井住友建設の関係者の方には改めて感謝する次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月20日 (日)

boblog「マーキュリー通信」no.956【第71回「新しい時代を創る経営者の会」ハリウッド映画化が決まった話題のベストセラー書「ミッテランコード」の著者が語る他では聞けない本音トーク 】

Kif_2177
 ベストセラー中の「ミッテランコード」(白木正四郞著 海鳥社 1785円)のハリウッド映画化が決まりました。
 本日の「新しい時代を創る経営者の会」では、その著者に福岡から空路上京していただき、他では聞けない本音の話をたっぷり聴かせていただきました。

 白木正四郞氏の実兄大五郎氏は、正四郞氏と同じ早稲田大学を卒業後日立に入社。入社後は、労務、人事、総務畑を歩き、最後は日立電子サービスの専務を務め、文字通りエリート街道を歩んだ人でした。そして、昨年リスク・マネジメントを川柳とマンガを交え、分かりやすくユーモラスに解説した「あなたの会社は大丈夫?」を丸善プラネットから出版し、ベストセラーとなり、現在リスク・マネジメントの講演のために全国を飛び回っている方です。

 Kif_2179 一方、弟正四郞氏は、自分の人生に対する「幸福感」に関しては違った考えを持っていました。曰く「自分の夢を追いかける幸せな人生」です。

 正四郞氏は早稲田大学を卒業後出光興産に入社しましたが、39歳の時に自分の夢を追いかける為にスピンアウトしました。

 そのきっかけとなったのは35歳の時に事故に遭い、半年間職場を離れ、リハビリをしていた時のことです。その時に老荘思想に出会いました。
 老荘思想の特徴は物事を全て陰陽で捉えることです。
 高い山の登頂に成功した時に、更に高い山を登ろうと頑張ります。その山を克服したら、更に高い山にチャレンジしようとします。しかし、いつかは終わりが来ます。

 一方、山があれば谷もある。谷で生きる人生のノウハウを得たい。谷なら、更に深い谷を目指すことを考えようとしない。ナンバーワンを目指そうとしない。その代わり自分だけのオンリーワンの人生を送りたいという気持ちに駆られました。

 さて、老荘思想では全てを陰陽で捉えると言いました。これは対立意見を認めることを意味します。老荘思想が最も大事にしていることです。

 例えば、現在地球温暖化が問題となっています。その原因は二酸化炭素だと言われています。しかし、その原因が二酸化炭素だと証明されたわけではありません。

 白木正四郞氏は、現在RKB福岡放送の人気ニュースキャスターですが、対立意見を言えない空気が支配しているそうです。

 地球の最近の温度変化を見ても、30年毎に地球温暖化と寒冷化を繰り返しているそうです。現在の温暖化論争も70年~2000年の間は温暖化が進行し、その時に偶々二酸化炭素の量が増えたということで1つの仮説に過ぎなかったものが、定説になってしまいました。そして、今それに異を唱えようとすると抹殺されてしまいます。

 これを老荘思想の観点から捉えるなら、地球温暖化で誰が得をするかと考えると答えが容易に出てきます。地球温暖化で化石燃料から原子燃料にシフトしていきます。即ち一番メリットを受ける人は、原子力発電推進論者、業界となるわけです。

 二酸化炭素を削減して地球温暖化を防止しようと各国が積極的に取り組んでいます。しかし、100年前と現在の地球の温度差をくまなく網羅して測定することは不可能です。一体、100年前の温度を全世界的に誰が測定したというのでしょうか?
 又、100年後の温度測定も現実的ではありません。そこで取り上げられた温度は人為的に操作されてきます。

 地球温暖化にストップをかけようとする考え方は、大自然の偉大さを知らない人間の奢りに過ぎません。自然科学者の立場からすれば、そんなことはできない代物です。

 現在全世界に65億人の人間が住んでいます。その全体重の10倍以上重い生物が地球には住んでいます。それはシロアリです。地球を代表する生物は、重量でいうならシロアリになります。
 大都会に住んでいると人間は地球を征服したかに見えます。しかし、大自然に接すると人間がいかにちっぽけな人間であることを知ります。
 
 白木正四郞氏は、出光興産に勤務時代、カリブ海でエンジントラブルに遭い、漂流します。その時、静寂な世界と出会い、自然の偉大さを感じました。"Something great"人間の目には見えない偉大な存在に気付かされました。それを人は神とも呼びます。

 さて、「ミッテラン・コード」は、もちろんフランスで一番人気のあった故ミッテラン大統領に因んで付けられました。
 ミッテラン大統領は、大統領演説の中で、「自由と平等と博愛」を唱えました。その中で、「博愛」とは、"respect others"つまり、「他人の意見を尊重する」ことです。
 今、日本では前述の通り、他人の意見を尊重しない空気が蔓延し、危機的状況にあると白木氏は危惧しています。
 最大の原因はマスコミにあります。今年はテレビ開局50周年です。昔は、テレビジョンと言っており、テレビ局にビジョンがありました。しかし、最近ではテレビと短縮されたことにともない、テレビ局からビジョンも消えました。

 全ての情報の中には真実と嘘が隠されています。マスコミの報道はその一面に過ぎません。視聴者としては、別の側面を見る習慣を絶えず養っておく必要があります。

 さて、白木正四郞氏が語ってきた神髄を、「ミッテラン・コード」というミステリー小説の中に知的好奇心をくすぐりながらうまくちりばめられています。
 
 私自身ダ・ヴィンチコードも読みましたが、間違いなく「ミッテラン・コード」の方が面白いです。

 「ミッテラン・コード」のハリウッド映画化は来年上映されるそうです。もちろんフランスや米国でも上映されることになりそうです。
 白木正四郞氏は地元福岡では有名人ですが、来年、映画化で知名度は更にアップしていることでしょう。

 さて、ここで「新しい時代を創る経営者の会」として楽しみなのは、「ミッテラン・コード」の映画化に合わせ、「ミッテラン・コード」をマンガ出版しようと当会の若手経営者から提案されたことです。その絵コンテを見ましたが、若者受けしそうな絵でした。活字離れした若者には、マンガの方が取っつきやすそうです。
 そうなると、小説、映画、そしてマンガと、来年はトリプルの話題をさらってくれそうです。「新しい時代を創る経営者の会」の主催者としては、今からその実現を楽しみにしています。

 最後に、実兄大五郎氏の弟さん思いには頭が下がります。大五郎氏の声掛で「新しい時代を創る経営者の会」は今回も定員オーバーの満席となり、熱弁を奮う正四郞氏を励ましていただきました。
 60代になっても、仲睦まじいご兄弟を見ていると、男兄弟のいない私にとってうらやましい限りです。

 正四郞氏は、「ミッテラン・コード」のベストセラー化とハリウッド映画化で幸福を掴みました。しかし、忘れてはならないもう1つの幸せがあります。それはいつまでも兄弟が仲睦まじいことです。私は、こちらの幸せの方が平凡だけどかけがえのない幸せだと、本日お二人の姿を見て実感した次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月17日 (木)

boblog「マーキュリー通信」no.955【迷惑男 2話】


昨夜夜11時35分頃秋葉原駅で乗車したら構内アナウンスがありました。
「線路に男性のお客様が歩いているので山手線と京浜東北線の運行を中止します。
現在説得中のため、構内のお客様にはご迷惑をおかけしますが暫くお待ち下さい」。
こんなアナウンスが何回も流れました。その度毎に駅のホームは乗客で混み始め
ましたP1010005
 そして、12時近くになって、やっと「線路を歩行中のお客様はやっと線路を出て
いただきました。」とのアナウンス。
 法的に言えば、他人の所有する土地に無断で侵入し、営業妨害しているのだから
立派な犯罪なのに、その犯罪者をお客様扱いするJRの甘やかしぶりに憤慨。だか
らこんな迷惑男が最近頻繁に現れるのですよ(ーー;)

 今朝、山手線に乗っていたら、20代の男性が突然ヘアースプレーをかけ始め、
髪の毛のセットを始めました。辺りはヘアースプレーの臭いが充満し始めました。
その男は周りの迷惑も顧みず、再びヘアースプレーをかけて、髪の手入れをして
います。
 世の中何か狂っている感じがします(ノ゜д゜)ノ

────────────────────────────────
 【 編 集 後 記 】
 先日、ベビーカーを押している40前後の女性に道を聞きました。その女性は親
切に「おじさん、駅はあっちですよ」と教えてくれました。
 日本語とはおかしな言語で、子供から「おじさん」と言われてもごく自然に受
け止めるのに、子供から見れば立派なおばさんから「おじさん」と言われると何
か抵抗を感じるのは私だけでしょうか(;-;)
 
----------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月15日 (火)

boblog「マーキュリー通信」no.954

■boblog「マーキュリー通信」no.954
【中小・ベンチャー企業コンサルタントが語るワンポイントアップの経営術-22
「時短」こそが飛躍的な生産性向上のキーワードと認識する】

■最近再びサマータイム導入論が出てきました。
しかし、サマータイム導入はアナログ時代に実施すべきでした。アナログ時代は、
時計の針を1時間前後するだけで済みました。
しかし、IT全盛の現代では、1時間の時間調整は社会的不便さと混乱を招きます。

■それよりも意識を変えることの方が重要です。
人生の中で一番無駄が多いのが仕事と勉強時間の中にあると言われています。人
は意識次第で、自分の時間をコントロールできます。

■特に中小・ベンチャー企業の場合、社長の意識次第で社員の労働時間に影響を与えます。
社長が、遅くまで残っている社員を評価していると、社員はどうしても遅くまで
残りがちです。
 しかし、労働時間の長さより、成果を中心に評価をすると、
社員は短時間で仕事をするように努力します。

■三井物産に在籍の頃、毎週水曜日は残業無しデーでした。
残業が認められないので、水曜日はまず優先度の高いものから仕事を片付け、明
日に回せるものは明日にするように仕事の段取りと調整をするようになります。

■又、管理職も部下に安易に仕事を頼めなくなります。上司自体も仕事を選別しな
がら、部下に仕事を頼むようになります。
 こうして好循環で回り始めます。

■さて、サマータイム導入の代わりに出勤時間を1~2時間早めるのです。
取引先との関係上どうしても時間を早めることができない場合には、コアタイム
を設けて、それ以外は業務ニーズに応じて、時間調整できるようにしておきます。
 
■しかし、昔と違い携帯電話もあるので、事務所にずっといなければいけないとい

必要性もなくなりました。要は、業務内容も勘案しながら、どうしたら仕事を最
大限効率化できるか社長を中心に検討するのです。「時短」をキーワードに時間
で仕事の評価をするのではなく、成果で評価していくわけです。
 これから猛暑到来です。これを機に丁度良いチャンスかもしれませんね。

────── ∞ ────── ∞ ────── ∞ ───────∞ ───

 【 編 集 後 記 】
 私は毎日スーツと靴を変えています。これは毎日変えることで、スーツと靴を
長持ちさせる理由からです。
 
 しかし、もう1つの理由があります。それは毎日変えることで、身の回りの必
要な品を入れ替えることで、自分にとって必要なものの再確認となります。
 この作業は妻に頼まず、自分でやることで、呆け防止にも繋がっています。
 
               中小・ベンチャー企業コンサルタント 
                   独立開業支援コンサルタント
                            菅谷信雄

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月12日 (土)

boblog「マーキュリー通信」no.952【ワンポイントアップの仕事術-43「奪う愛、与える愛」】

 本日のテーマは仕事と関係あるのかと違和感を持つ人もいるかもしれません。
 しかし、こういう切り口で職場の仕事を考えると仕事に対する認識が変わってきます。
 P1010098 経営コンサルタント先の職場で、先日若い男性担当者と派遣社員(中年女性)が
口論していました。お互いに言い方が気にくわないと言っています。これなどは
「奪う愛」の典型です。つまり、お互いに口論することで、その間仕事は中断し、
仕事の生産性は落ちているわけです。会社は仕事をする場です。お互いの感情を
ぶつける場ではありません。そして、会社に損害を与えることになります。

 それでは「与える愛」とは何でしょうか。それは相手に対する気遣いです。
私は、この若い男性にも中年女性にも笑顔で接しています。そして、時々さりげ
なく声をかけ、職場を明るくするように努めています。

 又、社長秘書の女性がお茶を出してくれた時には、必ず「ありがとうございます。」
とお礼を言います。夕方若い社員が私のゴミ箱の中のゴミを収集に来てくれます。
その時にも同様に「ありがとう」と感謝の言葉を発します。

 一方、仕事を頼む時には段取りや手順を正確に説明することが重要です。
これをきちんとやらないと相手の時間を浪費したことになり、頼んだ仕事も満足
のいかない結果となり、自分に跳ね返ってきます。

 先日、社長秘書が大量の契約文書を社長から指示されていました。
私は、IMEの単語登録をすると文章作成のスピードが5~10倍になる旨話をしまし
た。その女性は60代ということもあり、新しいことをするのに抵抗があるようで
した。余り強く勧めても善意の押し売りになるので、彼女の様子を見ていたとこ
ろ、IMEの単語登録の仕方を教えて欲しい旨頼んできたので、教えました。
 彼女は変換スピードが俄然違ってきたので喜んでいました。

この辺のさじ加減も、善意の押しつけをすると「奪う愛」になるし、相手が希望
してきたら丁寧に対応する。この場合には相手にも喜ばれ、「与える愛」となり
ます。

────────────────────────────────
 【 編 集 後 記 】
友人からe-メールで「天使のモーニングコール」というラジオ番組が素晴らし
いと紹介がありました。
 私のマンションはなかなかラジオの電波状況がよくありません。
 そこで、http://www.tenshi-call.com/からポッドキャスティングすることで
過去の番組も保存することができることが判り無料でダウンロードしました。
 その後に、パソコンから聞いたところ、アナウンサーの白倉律子さんの声がま
さに天使の声のようでした。
 又、BGMがそれこそ天国の調べのようで素晴らしかったです。1回の番組時間
は18分でしたので、出勤前に聞くと、気分爽快となり、良い1日のスタートを切
ることができます。
----------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 7日 (月)

boblog「マーキュリー通信」no.952

■boblog「マーキュリー通信」no.952
【中小・ベンチャー企業コンサルタントが語るワンポイントアップの経営術-21
「社員の本音の声をいかに出させるかも重要な経営の仕事」】

■経営コンサルタントの仕事上、私の所には、社員の本音情報が頻繁に入ってきま
す。
経営コンサルタントとしては、社員の本音情報を、上手に咀嚼して、社長に伝え
たり、意見具申したりすることも時には必要となります。もちろん誰が言ったと
かいうことは伏せておきます。もし、社員の名前を出した場合には、そのことが
社員に伝わり、私の所には本音情報が入って来なくなるからです。

■社員が経営者に本音を語ることは多くはありません。
従って、いかに社員の本音を引き出すかも経営者の重要課題の1つです。

■社員が本音を言わないケースとはどのような場合でしょうか。
やはり一番多いのは、社員の説明や主張を直ぐに否定にかかると
社員はやる気を無くし、次からは言わなくなります。
 
■但し、これには社員の性格により異なります。
 一般的に言うならば、一方的にしゃべりまくる社長の会社の社員はおとなしいです。

■又、ワンマン社長の会社も同様です。そこにはどうしても性格的におとなしい社
員が集まってきます。
 
■一方で、おとなしい社長や、合議制を重んじる社長の場合、
比較的社員からの意見が出てきやすいです。

 
■それでは社員の本音を引き出すにはどうしたら良いのでしょうか。
 それは社員をほめたり、おだてたりすることです。すると社員は
気分が良くなり、本音を言いやすくなります。
 
■又、社員の何気ない表情からも社員の本音を読み取ります。
社長から指示命令を出しても、あまり乗り気でない場合には、表情や態度に現れ
てきます。社長はすかさずそこを読み取り、その場で社員の意見を聞き出します。
社長の判断がいつも正しいとは限りません。特に現場のことに関しては、社員の
方が当然よく知っています。もし、社員の意見に一理あるならば、それを採用す
るのも大事です。次から社員の本音が出やすくなります。

────── ∞ ────── ∞ ────── ∞ ───────∞ ───

 【 編 集 後 記 】
 経営コンサルタントの私の所には社員の本音情報がよく入ってきます。
 私自身、心していることは、社員の言っていることに素直に耳を傾け、肯定す
ること。そして、何が言いたいかを理解すること。
 時には愚痴もたくさん聞きます。しかし、社員は私に愚痴を言うことで、気分
がすっきりして、次から更に本音情報が入ってきます。
 
 そして、その本音情報を社長に漏らさないこと。
 いつも社員の立場に立って考えてあげること。この辺を重要と考えています。
               中小・ベンチャー企業コンサルタント 
                   独立開業支援コンサルタント
                            菅谷信雄
 --------------------------------------------------------------

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年7月 6日 (日)

boblog「マーキュリー通信」no.951【私の健康法-53「高密度磁束活性水装置による健康法」】

最近は水に関する関心が高まり、大半の家庭で、
浄水器等を付けてそれなりに健康に気を遣っていると思います。
 我が家では、水道栓のメーターボックスの所に
ダイポールという高密度磁束活性水装置がついています。
 この高密度磁束活性水装置により、室内の水は全て高密度磁束活性水となっています。
従って、どの蛇口からもおいしい飲料水を飲むことができます。さらし粉もかな
りカットしているので、健康にも良いです。通常は、キッチンの1箇所だけです
が、このダイポールの特徴は全ての蛇口からおいしい水が飲めるので気に入って
います。

 入浴の際にはさらし粉の臭いがしないので気分爽快です。体が芯から温まるので、
ぐっすりと眠れるようになります。そして、さらし粉が無いので、肌にも良く、
年の割にはきれいな肌をしていると言われます^o^
 ダイポールの価格は30万円ほどで、5年ほど前に購入しました。
製品寿命は60年なので一生涯使え、カートリッジ交換等一切不要です。一度付け
たらそれで終わりなので、トータルな費用は割安になると思います。
http://www.hrd-ion.info/index1.php

────────────────────────────────
 【 編 集 後 記 】
Handy_vaccleanerハンディで便利な掃除機が壊れたので池袋のビックカメラに行きました。する
と5年ほど前に購入したものと同じ商品が陳列されていました(boblog「マーキュ
リー通信」の写真参照)。
 他の小型掃除機も見たのですが、やはり同じ掃除機が軽くて、場所を取らず、
デザインも良いので、5年前と同じものを2480円で購入しました。電気製品で、
同じものを買うことは滅多にないのですが、人気商品は息が長いのでしょうか。

 Cdplayer 一方、3年ほど前に購入した入浴時に聞けるCDプレーヤーも同じ商品が陳列さ
れていました(価格は9990円)。(boblog「マーキュリー通信」の写真参照)
 値段も手頃で、デザインも良い商品は消費者から支持され、ロングランで売れ
るのでしょうか。
----------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

boblog「マーキュリー通信」no.950【おつりにまつわるエピソード】

 今朝、クリーニング店で、1万円札を出したところ、おつりとして5千円札の上に、
千円札を3枚乗せて出してきました。私は、思わず店員に、「5千円札の上に、
千円札を乗せておつりを出す店は殆どないんですよ」と言ったら鳩が豆鉄砲を食
P5140066 らったような顔をしていました。

 1万円札を出しておつりをもらう場合、殆どが5千円札が上に来ます。
おつりを財布にしまう時、その度毎に5千円札を下にしてからしまいます。
なぜなら普段お札を使う時は、千円札から使うからです。
 このちょっとの手間を掛けさせない気遣いをする店は殆どないようです。
 又、たまにいちいち千円札を数えながら渡す店もあります。
千円札が4枚以下なら、扇形に拡げて、客に目で確認させれば済むことです。

 客に手間を掛けさせないメリットは店側にもあります。
客が財布にしまう時間を短縮できるからです。レジが混雑している時など、待ち
時間がそれだけ短縮できます。

 一方、私がカナダに駐在していた時には、
おつりの出し方は日本と全く逆です。あちらは足し算方式です。
 例えば、7ドル48セントの買い物をして、。50ドル札を出した場合、
まず1セント硬貨を2枚出して、「7ドル50セント」と言います。その次に、50
セント硬貨を1枚出して、「8ドル」と言います。そして、1ドル札を2枚出して、
「9ドル、10ドル」言います。その次に20ドル札を2枚出して、「30ドル、50ドル」
と言って、これで終わりです。
 どうやらカナダ人は日本人のように引き算は苦手のようで、
足し算でおつりを出す習慣のようです。日本人の目から見たら随分と判りづらい
ようですが、カナダ人にとってはこの方が分かりやすいようです。

 高齢社会を迎え、釣り銭の出し方も考える時代が来たようです。

────────────────────────────────
 【 編 集 後 記 】
最近、男性用の肌着でベージュ色が人気があるそうです。理由は、下着のライ
ンが見えないからだそうです。
 その理由を聞いて、私は唖然としました。なぜなら私自身下着のラインが見え
ることを気にした事など考えたことも無かったからです。
 時々下着を着ない男性の乳首が透けて見えることがあります。その方が醜悪に
見えて、私など恥ずかしいと感じますが。それ以前に下着を着けないと、汗によ
る不快感が先立ちます。
 同じ男性でも随分と違うものだとびっくりした次第です^o^
 
----------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 5日 (土)

boblog「マーキュリー通信」no.949 【「創レポート」6月号☆ 成功者の意外に地道な“自己コントロール”法 ☆】

「sr0806.pdf」をダウンロード
 公認会計士・税理士 伊藤 隆先生からの「創レポート」です。

 6月号は、マーケティングの神髄を語っています。
経営者にも営業責任者にも営業マンにも大きなヒントとなります。
詳しくはboblog「マーキュリー通信」に掲載していますので、そちらをご覧下さ
い。

努力と成果の《時間差》を今期業績で実感すると見えるのは?

☆☆☆ 成功者の意外に地道な“自己コントロール”法 ☆☆☆

                    ◆本レポートの内容◆

【1】フランチャイズ事業の経営指導員の独白と発見 ……… 1㌻
【2】今期の業績は今期に作られたものではない…? ……… 2㌻
【3】行動力は“頭”からではなく“腹”から出る!         ……… 3㌻
【4】分かったことを繰り返し意識し直すことの効果    ……… 4㌻
【5】過去業績の“振り返り方”が大きな差を生む!  ……… 5㌻

“当たり前”への気付きが、業績改善行動の第1歩になることがある。
その“当たり前”とは“今期の業績は必ずしも今期の活動の結果ではない”という現実だ。

もし前期以前の活動蓄積の結果が今期に出るという時間差関係が当たり前なのだとしたら、
長期的視点の重要性はもちろん、すぐに成果が出ないように見える“今”の努力の意味も見える!

******************
  公認会計士・税理士 伊藤 隆
  【本   部】03-3556-3317
  【会計工場】059-352-0855
    http://www.cpa-itoh.com
   中小零細企業の存続と
             その未来のために
******************

────────────────────────────────
 【 編 集 後 記 】
石油価格高騰の自衛手段として、米国では使用済みの食用油を活用して、ガソ
リンに使う人まで現れたそうです。人間、創意工夫するといろいろな知恵が生ま
れてくるのですね。
 
----------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 1日 (火)

boblog「マーキュリー通信」no.948【【中小・ベンチャー企業コンサルタントが語るワンポイントアップの経営術-20「自分の強みと弱みは表裏一体であることを知る」】

━━━━━━━━━━━━━━ 2008年7月1日━━━━━━━━━━━
 □■□  中小・ベンチャー企業コンサルタントが語る
 ■□■  ワンポイントアップの経営術 20号
 □■□   「自分の強みと弱みは表裏一体であることを知る」

■私は多数のベンチャー企業家のコンサルタントをしてきました。その中で実感
したことは、経営者の強みが出過ぎると弱みに変わることが判りました。つまり、
経営者の強みと弱みは諸刃の剣なのです。

■例えば資金調達力に優れている経営者は得てして営業が得意ではありません。
余裕の資金が確保できるとどうしても脇が甘くなります。本人は、資金調達が得
意なことと営業力に優れていることが別問題であることに気付きません。

■一方、チャレンジング精神旺盛な経営者の場合、どうしても戦線を拡大しすぎます。
そして、どれも中途半端に終わってしまいます。要は器用貧乏なところがありま
す。

■又、アイデア、企画力に優れている経営者もいました。その経営者はマスコミ
にも
100回以上登場し、マスコミにもてはやされたことが裏目となりました。つまり、
マスコミで有名になったこと=経営者として優秀者と勘違いしたのです。そして、
増冗漫に陥り、結局その会社は倒産してしまいました。つまり、地に足のついた
経営をしていなかったわけです。

■職人気質の経営者の場合、理想を追求する余りコストを無視してしまいがちです。
その結果、損益分岐点が高くなり、黒字転換できないまま倒産したオルガニック
食品を販売する経営者もいました。

■経営者にはバランス感覚が求められます。自分の強みをよく知りながら、
強みが出過ぎると、却ってそれが足を引っ張ることになるのだということ認識す
ることが重要です。つまり、強みであるアクセルを踏みながら、ブレーキを時折
利かせながら車を運転するが如しです。

■一方、弱みの場合、そこで墓穴を掘ることはありません。但し、弱みの部分には
どうしても関心を持たないので、この部分の情報が入ってこなくなりがちなので、
経営者としては自分の弱みの部分も経営情報として仕入れておく感度が必要とな
ります。

■私自身コンサルタントとして経営者には問題点を指摘し、改善を求めてきました。
しかし、そこはコンサルタントとして悲しいかな、なかなか聞き入れてもらえま
せん。しかし、私がアドバイスしたことの殆どが当たっています。

■今後、私が新しく経営コンサルタントをお引き受けする場合には、
「多少はコンサルタントの意見に耳を傾けていただく。もし、それができない場
合にはコンサルタントを辞退することもありうべし」という一項をコンサルタン
ト契約の中に盛り込もうと思っています。

────── ∞ ────── ∞ ────── ∞ ───────∞ ───

 【 編 集 後 記 】
 オーストラリアに棲むミーアキャットは、子供に教育することで有名な動物で
す。赤ちゃんのミーアキャットにサソリの取り方を教えます。
 最初は死んだサソリを与え、味を覚えさせます。次に、生きたサソリを与えま
す。但し、最初はサソリのしっぽにある毒の部分を取り除いてから与えます。赤
ちゃんサソリは、サソリを倒してからエサにありつけます。
 そして、最後は毒を持ったサソリと戦い、獲物にすることができるようになり
ます。その教育方法が赤ちゃんの習熟度に応じて、対応していきます。
 教育がしっかりしているミーアキャットの群れは繁栄していきます。逆に、教
育に熱心でないミーアキャットの群れは衰え、ついには滅びるそうです。

 ミーアキャットの話を聴くと、何やら最近の日本の教育制度に思いが行きます。
こんな教育制度で果たして大丈夫なのだろうかという疑問が湧いてくるからです。
 中小・ベンチャー企業コンサルタント 
 独立開業支援コンサルタント
           菅谷信雄

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »