« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月31日 (日)

「マーキュリー通信」no.984

「sr0808.pdf」をダウンロード 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓  2008年8月31日〓〓〓〓〓〓〓〓 
                                  
          「マーキュリー通信」no.984
         【「創レポート」8月号『精一杯がんばれば分かってくれる』
       その“常識”が今や“逆”効果?】
                            http://mercurytsushin.cocolog-nifty.com/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

今月の「創レポート」は、説明責任の重要性を事例を基に分かりやすく説明して
います。
 詳しくはboblog「マーキュリー通信」をご覧下さい。
(有)マーキュリー物産
菅谷信雄

     『精一杯がんばれば分かってくれる』
       その“常識”が今や“逆”効果?
☆☆☆ 説明責任時代の社会的信用形成視点 ☆☆☆

                    ◆本レポートの内容◆

【1】サラリーマンのAさんがNPOを設立した!       ………… 1㌻
【2】善人が集まった美談でもやり方次第で問題に! ……… 2㌻
【3】社会的信用を得るための“視点”変更って…?  ……… 3㌻
【4】顧客の“理解不足”が顧客自身を害することも…    …… 4㌻
【5】適切な“説明”の有無が事業を大きく左右する   ……… 5㌻

一生懸命やれば“分かってくれる”から、あえてアピールする必要はない
という奥ゆかしさは、私たちの良き伝統だ。
しかし“複雑化”が進む昨今“うまく説明しなければ誤解される”ことが増えた。
しかも顧客や取引先も、やはり“分からないと言わなくても、分かっていないと
察してよ”という奥ゆかしさがあり、『分かってない』とも言ってくれない…。

******************
  公認会計士・税理士 伊藤 隆
  【本   部】03-3556-3317
  【会計工場】059-352-0855
    http://www.cpa-itoh.com
   中小零細企業の存続と
             その未来のために
******************

────────────────────────────────
 【 編 集 後 記 】
 朝、晴れていたと思ったら夕方には雷と豪雨、本日もそうでした。
ここ1週間、そんな日が続きました。
 恐らく皆さんも初めての体験だと思います。天変地異の前触れでないことを祈
ります。
 今月の私は、8月の天気のような雷と豪雨のような1ヶ月を経験しました。

----------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月30日 (土)

「マーキュリー通信」no.983【私の異見・ひと言申す-81「政府は少子高齢社会のビジョンを国民に示せ!」】

 政府が緊急避難的に11・7兆円の総合経済対策を発表しました。
それはそれなりに頑張ったといえるかもしれません。009
 しかし、毎回小手先の対応ばかりで、この国の為政者にビジョンなり戦略がないのが残念です。

 少子高齢社会のビジョンに関しては私はboblog「マーキュリー通信」を通じ何回か発信しているので、
今回は格差社会について触れてみたいと思います。

 格差社会是正を言えば票が稼げると思って政治家がリップサービスでよく言います。
しかし、私はこういう政治家を信用しませんし、格差社会是正を主張する政治家
には1票を投じません。

 なぜなら、21世紀ははますます知識集約化とIT化が進み、それに伴い能力格差と
所得格差が益々進みます。従って、重要なことは彼等の活力を殺ぐことではなく、
彼等にはどんどん稼いでもらい、税収源としてどんどん貢献してもらうことです。

 一方、政府のすることは生活コストの低減を図り、年金生活者や低所得者層でも
ゆとりのある生活を送れるようにすることです。

 一昔前と比べると日本は100円ショップ全盛の時代となり、食料品や雑貨の値段は
非常に安くなり、暮らしやすくなりました。しかし、住宅コストは未だ世界一高
い水準です。政府としては、今後住宅コストの引き下げを政策の重点に置くべき
です。
 例えば都内で100㎡のマンションで10万円の家賃を実現するために様々な優遇策を
講じるのです。もう1つは高齢者用の集合住宅です。こちらも一人暮らし用に毎
月3万円程度で住めるアパートを大量に提供できるように税制面で優遇するので
す。

 その為の1つの活用策としてNPOがあります。例えば、老人ホームを建設するNPOに
投資した場合、投資金額を税額控除したり、そちらから得た配当には非課税にす
るのです。これだけでもかなりの投資誘発効果があります。もちろん所得税や固
定資産税にも優遇措置を講じます。

 政府はこれまで持ち家政策を中心に据えてきましたが、これは借家人にとって不公平です。
マイホーム同様借家人にも優遇措置を講じるべきです。特に高齢者には持ち家よ
り借家を優先した政策に変えていくのです。家賃を所得控除の対象にするのです。
これにより実質3万円程度の家賃が可能となってきます。

 一方、高速道路料金は道路公団を廃止してフリーウェイにすべきです。
車が必需品の先進国で高速道路料金を取るのはナンセンスです。これは利権と役
人を食わせるための利権構造に過ぎません。
 
 その他日本には至る所に規制や役人天国によるコストアップ部分があります。
それらを撤廃して、国民に還元するのです。そうすれば低所得者層や高齢者にも
住みやすい国となります。
 
 実は、200万円以下の低所得者層は、海外では決して低所得者層ではないのです。
生活コストが高いので暮らしにくいだけです。政府の努力により、生活コストを
引き下げれば、低所得者層でも住みやすい日本となります。

 いつまでもお役人の発想でものを考えるのでなく、民間の自由な発想を入れて、
いかに国民に住みやすい国にしていくのかが重要です。お役人の発想ではいつも
新鮮味のない小手先対応に終始します。

────────────────────────────────
 【 編 集 後 記 】
 お役人や世の識者から出てくるアイデアいつも変わり映えしなくて面白みがあ
りません。口をつけば、当然の如く消費税アップを言います。この人達に消費税
アップを言わせることで、国民に「消費税アップやむなし」の気持ちを浸透させ
ていきます。
 消費税アップの前に、民間の発想に基づく景気刺激策が山のようにあります。
それらをまず議論すべきです。

----------------------------------------------------------------

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年8月27日 (水)

「マーキュリー通信」no.982【ワンポイントアップの仕事術-49

 社会人となってから様々な職場を経験することで仕事能力をアップしていきます。
大企業では、同じ部門内で異動するのでなく、異なる業種、業態の職場へ異動す
ることでキャリアアップを計れます。中小・ベンチャー企業の勤務者なら転職が
中心となります。
 その場合、自分の実力は丁度エレベーターいうなら1階分くらい実力がアップした感じがします。

 4ヶ月前から私はM&Aの仕事に携わっています。
経営コンサルタント業務の延長線上の仕事として、自分自身のキャリアアップを
図っています。

 これまでジェネラリストとしてキャリアアップを形成してきた
私にとり今回の仕事は私の強みと弱みの部分を実感しています。

 強みの部分としては、法務、会計、マネジメント、事業計画等何でも直ぐに対応できることです。

 一方弱みの部分としては、それぞれの分野における専門知識がないので、
判断材料として各分野の専門家の知識が必要なことを痛切に感じました。但し、
各専門家も自分の分野以外の知識は一般論として知っているだけで、実務知識で
は当てにできないことが判りました。
 更に、弁護士の仕事も細分化しており、自分の得意分野以外の事はやはり具体
的な実務対応は難しいことが判りました。今回は企業再生やM&Aの得意な弁護士
と接していますが、法律の知識+実務経験がものを言います。

 さて、弁護士といえば当然依頼人の為に働いてくれるものと思うのが常識ですが、
実際に企業再生やM&Aの世界に入ってみて、いろいろと利害が絡み、代理人の弁
護士が相手方についてしまったりと信じられないことも経験させていただきまし
た。
 弁護士が相手方の利益のために仕事をすることを双方代理として法律で禁止されていますが、
実際にはなかなか立証するのは難しく、依頼主の思った通りには行かないことも
あります。
 従って、依頼した弁護士が依頼主の通り動かない場合には、
その弁護士を解任するという判断も必要となってきます。
 
 今回はその辺のノウハウとノウフーを経験でき、
私としては経営コンサルタントの仕事領域を更に拡げることができ、エレベーター
でいうなら1階分くらい実力がアップした感じがします。
 この4ヶ月間殆ど休みを取らず仕事をしていますが、仕事の大変さより、
新しい仕事を経験でき、自分が成長できている喜びの方が大きいです。

 世の中の風潮を反映してか、本当にカネ、カネ、カネの拝金主義が横行する中、
正義を貫き、私と縁合って出会った人々がハッピーになって欲しいと思う私の行
動哲学を肝に銘じながら日々思い、行動しています。

 M&Aの仕事を通じ多数の関連書物を読みました。実務をやりながら関連書物を読むと
理解度が断然違います。そして、実務+理論的裏付けとして活用しました。関心
のある方は、私の読んだ本を参考にしてください。

★ビジネスデューディリがよく分かる本 菅原祥公 船井総研¥1890
★今すぐ始める地頭力         細谷功 大和社 ¥1575
★教科書なき時代の食品流通 白石吉平 冷凍食品新聞社 ¥2625
★弁護士犯罪 安土茂 三一書房 \2100
★企業再生 企業再生研究会 幸福の科学出版 ¥2100
★DCF企業分析と価値評価 土井秀生 東洋経済新報社 ¥2940
★投資ファンドの全て 光定、白木共著 きんざい ¥2100
★企業参謀 大前研一 プレジデント社 ¥2100
★不思議の国のM&A 牧野 洋 日経 ¥1785
★将の器、参謀の器 童門冬二 青春新書 ¥570

────────────────────────────────
 【 編 集 後 記 】
 仕事能力は、その人に向上心があれば年齢には関係ないようです。私自身一生
涯勉強と思っています。仕事を通じ、自分の実力を磨き、その能力を生かして、
世の為、人の為になるようなことをしていきたい。
 この行動哲学を基本に持っていると仕事自体が楽しくなります。そして、仕事
を通じ自己成長できる自分に喜びを感じることができます。

----------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月26日 (火)

【ワンポイントアップの経営術-27「業績不振は全て経営者の責任と認識する】

~~~【ワンポイントアップの経営術 今日のポイント】~~~
>          
>         社長がいつも業績不振は自分にあり、好業績は社員のお陰と
         思い、ボーナス等に反映させると、社員の士気向上に繋がる
         のは明白です。こういう金は生きた金となります。

>          ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
>
>  ━━━━━━━━━━━━━━ 2008年8月26日━━━━━━━━━━━
>  □■□  中小・ベンチャー企業コンサルタントが語る
>  ■□■  ワンポイントアップの経営術 27号
>  □■□  【ワンポイントアップの経営術-27「業績不振は全て経営者の責任と認識する】
> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

> ■「マーキュリー通信」no.981
【中小・ベンチャー企業コンサルタントが語るワンポイントアップの経営術-27
「業績不振は全て経営者の責任と認識する】

■この言葉はピーター・ドラッカーの明言です。多くの経営者は、
業績不振は全て経営者の責任と認識していることと思います。もし、そう思わず、
業績不振は部下の問題であると思っている経営者はレベルが低いと言わざるを得
ません。
■仮に、本当にその部下が原因で、業績が悪かったとしても、その部下なり、
仕事を与えているのは経営者自身だからです。

■業績不振の原因を突き止め、深く反省しているかどうかは、
経営者のその後の行動に表れます。本当にそう思い、深く反省していると自らの
行動が変わります。しかし、又、同じ過ちを繰り返しているようでは、本当にそ
う思っているとは言えません。ここがポイントとなります。

■この考え方は、経営者だけに当てはまるとは限りません。
中間管理職、担当者も同様に業績不振は己にありと思い、深く反省し、次の行動
に生かそうと思っている会社なら業績発展は間違い無しです。
なぜなら、それぞれの階層で「責任は己にあり」と思っているような組織は、
組織自体が自己責任の下、自立した組織であり、業績向上の原動力となるからで
す。

>
> ────── ∞ ────── ∞ ────── ∞ ───────∞ ───
>
>  【 編 集 後 記 】
>  ディスカウント・ストアとして有名なドン・キホーテの店内を一度見てみた
いと思い、銀座ナインのドン・キホーテを訪れました。
 予想通り、店内は所狭しと商品が陳列してあり、圧倒されます。
 しかし、私には香水の匂いが混じったような息苦しさと、安物商品の陳列がご
ちゃごちゃしているだけで、ちっとも買う気をそそりません。

 ドン・キホーテは、このやり方で急成長してきた企業なので、私のような年代
や性格の人間はターゲットとなっていないのでしょう。
 消費者の好みは本当に多様化していることを実感しました。同時に経営の難し
さも感じました。
>                中小・ベンチャー企業コンサルタント 
>                    独立開業支援コンサルタント
>                             菅谷信雄
>  --------------------------------------------------------------
> □■□  □■□  □■□  □■□  □■□  □■□  □■□
> ----------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月23日 (土)

「マーキュリー通信」no.980【人生100年時代を勝ち抜く為の最強戦略-10「三途の川の渡り方」】

 「三途の川」を空想の世界と思っている人も多いと思いますが実際には存在します。
あの世に旅立つ時に必ず渡るのが「三途の川」です。但し、あの世に持って行け
るものは心だけなので、生前身につけていた心以外のものを多く身にまとってい
ると、「三途の川」を最後まで渡れず、川底の中に沈んでいきます。どの位深く
沈むかは、どの位余分のものを身につけていたかで異なります。川底を別の言い
方をするなら地獄です。Kif_0898

 それでは余分なものとは何でしょうか?
 それは、心以外のもの、即ちお金も含めた財産、地位、名誉、肩書き等です。
仏教ではこれを執着といいます。
 但し、これだけだと生前得た財産、地位、名誉、肩書き等を軽視しているように思えますが、
これらを活用して、いかに世の中の人々を幸福にできたか?ここが最重要ポイン
トといえます。
 財産、地位、名誉、肩書き等がその人に必要なくなってきた時点であっさりと手放しても、
世間の人はその方の生前の功績を称えます。

 日本人は数千万円の預貯金を残して死ぬそうです。本日もテレビで十数兆円のタンス預金があり、
旧1万円札のまま眠っていると放映していました。この事実を知ると外国人はびっ
くりするそうです。外国人の常識では、老後の生活のために預貯金をするのです
が、日本人はいざという時の為に貯金しておくのでしょうか。実に不思議な貯蓄
感覚です。

 先日、知り合いの高齢者(76歳)の方が、脳腫瘍の手術をしました。頭を切開せずに、
レーザーで腫瘍をカットするだけなので、手術の時間は僅か10分程度。痛みも全
く感じなかったそうです。1日の入院で済み、治療費は入院代も含め僅か10万円
だったそうです。更に、この治療費は高額医療費の補填がでるので実質3万円程
度に軽減されます。日本の医学はここまで進み、医療保障もかなり充実していま
す。

 さて、高齢者としては、死ぬ時に数千万円の預貯金を残すなら、そのお金は世の為、
人の為に使っていくことをお勧めします。
 自分が恵まれた環境にいることに感謝し、恵まれない高齢者の為に、
例えば老人ホームの建設資金として拠出するのです。
 人は、他人に良いことをすると嬉しいものです。
そして、感謝されると更にその喜びは倍加してきます。実践してみるとその幸福
感覚を体感していきます。

 尚、土地家屋は子供に残して良いと思いますが、
預貯金は葬式代を残して原則使い切ることが人生100年時代のあるべき姿と考え
ます。なぜならば、そのお金は、高齢者社会を潤す血流となって、社会に還元さ
れ、豊かな高齢者社会の建設資金となります。当然景気にプラスとなり、消費税
アップもできるだけ少なくて済みます。

 「三途の川」の渡り方は、上記のように生前できるだけ良いことをして、
世の中から感謝されることです。

 その人の心の持ちようで、「三途の川」をこちらの岸(此岸)から
あちらの岸(彼岸)まで上手に渡ることができます。この世への執着が強ければ
強いほど「三途の川」をうまく渡れません。一番大事なことは、生前の自分の行
いに対し、反省をし、間違った事は悔い改め、他人から受けた恩義には感謝し、
できるだけ心穏やかな心境に持って行くことです。死ぬ時に頂く戒名はあの世で
は不要ですが、この世の付き合いもあるので、戒名代をお布施していただいた子
供達に感謝しておけばよいと思います。

 さて、「三途の川」を渡る時の楽しみとして、
自分の両親、家族、親戚、友人、仕事で縁のあった人々等が向こう岸で出迎えて
くれます。

 私の場合、一番会いたい人は、私が5歳の時に他界した母です。
母の面影は殆どありません。母から抱きしめられた記憶もありません。従って、
母と会った時は、思い切り母を抱きしめたいし、抱きしめて欲しいと思っていま
す。

 ★学生の頃に母を偲んで歌を作りました。
 子供の頃、一番貧乏な時代でした。しかし、母のぬくもりで幸せを感じた頃でした。

「おもかげ」
(昭和45年12月作詞作曲 阿加土丈)
※阿加土丈(あかどじょう): 私のペンネームです。学生時代赤いドジョウを
飼っていました。今も2匹飼っています^o^

1.赤く燃えた夕焼けの海に
  白く小さな雲が1つ
  その中にきっと安らかに眠る
 
  遠い昔の母の影
  優しいあなたのおもかげばかり浮かぶ空の果て
  今はもういない遠い国の人

2.赤とんぼの飛んだ夕暮れは
  遊び疲れて帰る頃
  顔も手も足も汚れたままで
  帰る家には母の声

  優しいあなたのおもかげばかり浮かぶ空の果て
  今はもういない遠い国の人

3.サザンカの花の咲く頃は
  冷たい霜の降りる頃
  花びら集めて手のひらに乗せた
  薄桃色の母の花

  優しいあなたのおもかげばかり浮かぶ空の果て
  今はもういない遠い国の人

────────────────────────────────
 【 編 集 後 記 】
 あの世の存在とか三途の川について語ると非科学的だと反論する人が必ずいま
す。しかし、現代の科学は、大宇宙の事実や法則の1万分の1%も解明できてい
ない現実を知った時に、少しは謙虚で素直な気持ちになれると思います。
 アポロの元宇宙飛行士ニール・アームストロングが言っていました。宇宙船に
乗り、地球を離れることで偉大な存在、神の存在を認識すると言っていました。
 人智を超えた存在を知ると、人生の意味も更に理解できるようになります。そ
して面白みも増してきます。

----------------------------------------------------------------

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年8月21日 (木)

「マーキュリー通信」no.979【経験から学ぶマンション管理の重要性-4「防犯、防災対策」 】

ライオンズシティ池袋に入居した当初空き巣被害が数件ありました。
そこでフェンスを付けました。その後、各戸で玄関ドアに2つ目の鍵を付けるこ
とにしました。又、防犯カメラも設置しました。

 Kif_2201 しかし、初代理事長として私が重視したのは、住民同士のコミュニケーションです。
 そこで、住民同士マンション内で会った時にはお互いに挨拶を励行するように促しました。
僅か60戸の小さなマンションです。だから住民同士が親しくなることで、不審者が侵入しづらい雰囲気を作るようにしました。あれから13年が経ちますが、

(大規模修繕の時に入り口のドアをオートドアに換えました)

この慣習は当マンションでは根付いています。朝子供達の登校姿を見かけます。子供の方から「おはようございます。」と元気の良い声がかかってきます。子供の挨拶はすがすがしいです。
 その効果のせいか、その後空き巣の被害はありません。

 最近では引っ越しで新しい住民も増えてきました。見知らぬ人に会った時には、
「最近引っ越してきたのですか」と声をかけ、コミュニケーション作りをします。
 本日も若い女性に会ったので、同様に「最近引っ越してきたのですか」と
声をかけました。その若い女性は私と同じ3階の住民で、私のことをよく知って
いました。入居時には中学2年生だった女の子が、今ではすてきな若い女性に変
身です。時の流れの速さを感じました。

 又、私の提案で理事を毎年交替することにしました。毎年交替することで違う
階の異なるライフスタイルの家族とも接点をもつことで、住民同士親しくなるこ
とができます。既に理事も2巡目となり、私の狙い通りとなり、理事会を通じて
住民同士親しくなっています。

 一方、防災対策には、毎年の予算3万円を設け、未利用のリサイクル庫に災害時の
水や食料、そして簡易トイレ等を毎年買い足していくことにしました。毎年、理
事会が引き継ぎ、期限切れの水は植木等に撒いて、交換しています。

────────────────────────────────
 【 編 集 後 記 】
 女子ソフトボールで日本チームが見事金メダルを獲得!おめでとうo(^▽^)
/"
 私はプロ野球ファンですが、プロ野球の選手を集めたベースボールには何故か
興味が湧きません。
 女子ソフトボールのようにアマの編成チーム(女子だから全員アマです(*^^*))
の方が見ていてその感動が伝わってきます。金メダルの瞬間、思わず感激の涙が
出てきてしまいました(;-;)o(^▽^)/"

----------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月20日 (水)

「マーキュリー通信」no.978【人生に勝利する方程式-38「時代を先読みして自己投資する」】

私自身の人生を振り返ると、時代を先読みしながら自分に投資してきました。
 11年前三井物産を早期優遇退職した時、当時はまだワープロ優位の時代でした。
 
 Img_0590 しかし、当時Windows95が大ヒットし、いずれワープロからパソコンの時代になる。
パソコンはスタンドアローンから通信と融合した時代が来ると予測していました。
漸くインターネットという言葉が一般的になり始めた頃でしたが、まだ使ってい
る人はそれほどいませんでした。メールといってもまだピンと来ない時代でした。

 そこで私はNECのパソコンを40万円で購入しました。
そして、40万円でパソコンスクールに通い、集中的にパソコンのトレーニングを
受けました。当時は、ワープロソフトは一太郎が優位の時代でした。 

 しかし、そのパソコンスクールでは一太郎を教えていなかったので、Wordを習
うこととなりました。
  更に私の苦手な通信、つまりインターネットを勉強しました。
お陰様で現在はインターネットもパソコンソフト(Word、Excel、パワーポイン
ト)も自由自在に使いこなせるようになりました。今やワープロは市場から姿を
消し、ワープロという言葉さえ死語となってきました。

 それ以外にも、脳力開発関係のセミナーやテキストは受講し、
基礎理論を学び、20年以上に亘り実践してきたので体に染みついています。

 若い人には是非自己投資をお勧めします。
それが5年後、10年後の自分の力として身についてきます。

────────────────────────────────
 【 編 集 後 記 】
 オリンピックの選手に触発されて、私の朝の9階までの階段ダッシュも自己新
記録を更新し、目標の40秒をクリアし、38.90秒まで記録が伸びました。
 しかし、その後は記録にこだわることを止めることにしました。
 我々の年代で余り頑張りすぎて、万一心臓発作で階段ダッシュの途中で帰らぬ
人となったらまずいと思ったからです。
 現在は、9階まで駆け上がり、心臓の呼吸が余り乱れない程度までペースダウ
ンしています。これで55秒程度です。
 今は、階段を駆け上がる目的は、足腰を鍛え、毎日元気に仕事ができる基礎体
力維持です。

----------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月18日 (月)

「マーキュリー通信」no.977【【中小・ベンチャー企業コンサルタントが語るワンポイントアップの経営術-26「仕事を部下に任せられる能力】】

 中小・ベンチャー企業の経営者は仕事が忙しくなるに従い、社員の数を増やしていきます。そして、自分の仕事をどんどん社員に任せていきます。その際、どの程度任せられるかですが、その時に経営者の能力が問われます。

 社員の能力や性格をよく見ながら仕事を任せるのですが、任せっきりにしているようで、どこかで手綱を押さえておくことが肝要です。この手綱捌きがポイントです。

 昨年7月まで住宅リフォームの経験40年のベテラン社員を雇っていました。彼に現場の仕事を全て任せました。しかし、彼は頭に乗り、社長である私の指示を一切聴こうとしないばかりか、住宅リフォームの経験のない私をバカにしてきました。そして、お客様や会社にも迷惑をかけ始めました。
 そこで、受注した仕事が終了したところで、辞めてもらいました。そして、住宅リフォーム部門も閉鎖しました。

 中小・ベンチャー企業では、担当者が辞めても、社長が代わりをできるようにしておかないといけないということをこの一時で身をもって経験しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月17日 (日)

「マーキュリー通信」no.976【人生100年時代を勝ち抜く為の最強戦略-9「あの世の存在を信じる」】

お盆のこの時期は、あの世に関心を持つ日本人は多いことと思います。
 ところであの世はあるのかどうか?よく議論になるところですが、
これまで臨死体験を含め、あの世の存在を証明した人は数え切れないほどいます。
 一方で、あの世の存在が無いことを証明した人は誰一人いません。

 Kif_0879 私自身、もちろんあの世の存在を信じています。
あの世があるとの前提に立つの立たないのでは、世の中の制度にも大きく影響を
与えます。

例えば、医療制度。歳を取れば取るほど病気になる確率が高くなります。
もし、あの世の存在を知っているなら、高齢者に無理して手術を受けさせ、延命
させようとすることがなくなります。

 先日も、知り合いの88歳の父親が癌の手術を受けました。
彼は、父親に癌の手術を受けさせ、1日でも長く生きてもらうことが親孝行だと
思っています。
 もし、私がその父親なら手術は絶対受けません。
そして、自分の死期を悟り、あの世への旅立ちの為の心の準備をします。あの世
の存在があるわけですから、死ぬことに対し、恐怖感はありません。寧ろ、ぼろ
ぼろになった肉体を脱ぎ捨て、早くあの世へと旅立ちたいと思います。
 そして、自分がこれまで親、兄弟、親戚、会社、世間から受けてきた恩義を振り返り、感謝していきます。
 最期に心しておくことは、できるだけ心穏やかにすることです。
これがあの世への旅立ちをスムーズにさせます。

 もし、高齢者が自分の最期に対し、このように臨むなら、医療制度自体も変わり、医療費の削減へと繋がっていきます。

────────────────────────────────
 【 編 集 後 記 】
 オリンピックで一番楽しみにしていたマラソンは、今朝行われました。しかし、
野口みずき選手が欠場したため、3大会連続の金メダルは逃しました。

 1964年の東京オリンピックの時、私は中学3年生でした。たまたま私の母校調
布中学の近くがマラソンの折り返し地点だったため、全校を上げて日本選手の応
援にでかけました。オリンピックの為に、新しく甲州街道が建設されました。
 そこで、君原健二選手や寺沢、円谷選手を応援しました。今でも首を振りなが
ら走る君原選手が印象的でした。同時にオリンピックマラソン2連覇を達成した、
エチオピアのアベベ選手も印象的でした。

 今から44年前のことですが、私のオリンピックのイメージはこの時を脱してい
ません。
----------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月15日 (金)

「マーキュリー通信」no.975【終戦記念日に思う】

P1010065 本日は63回目の終戦記念日です。
 学生の頃に「戦争を知らない子供達」というフォークソングが大ヒットしました。戦後生まれの私はもちろん戦争を知りません。

 この為、私はこの時期関連本を読み、戦争の愚かさと平和の尊さを再認識すると同時に正しい歴史観を持つように努めています。

 今年は、「チャーチルが愛した日本」(関栄次著 PHP新書756円)を読みました。
 チャーチルは戦前両親と一緒に世界1周旅行をして、その途中日本に寄り、日本人と日本の歴史や文化・伝統、風俗習慣を大変気に入り親日家になりました。

 しかし、日本が当時の松岡洋右外務大臣を中心とした軍国主義者がヒットラーのドイツと同盟を結んだことに危惧し、それから日本は破滅の道に進んでいきます。
 ポツダム宣言では、チャーチルも主役の一人でしたが、日本に好意的でした。

 P1010071 戦後、皇太子(現在の平成天皇)がエリザベス女王に会うために訪英した時、当時の英国は反日ムードが非常に強い世相でした。
 その反日ムードを一掃したのがチャーチルでした。そして、その後日英関係は復活し始めます。

 戦後日本の奇跡の経済成長ばかりクローズアップされますが、その陰にはこのように日本を支えてくれた人が多数いたわけです。

 終戦記念日に、平和の祈りと同時に、チャーチルを始め海外の要人のお陰もあることに思いを馳せ、感謝することも重要だと感じました。
 
 マスコミは、首相の靖国神社参拝ばかりとりあげないで、このような報道特集をやって欲しいものです。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2008年8月12日 (火)

「マーキュリー通信」no.974【偽善エコロジー】

友人から紹介された「偽善エコロジー」(武田邦彦著 幻冬舎新書777円)を読み、
これまでの環境、エコロジー、そして私たちが普段やっていた環境対策に対する
考え方が根底からひっくり返されてしまいました。

 著者は東大卒の工学博士、現在中部大学総合工学研究所教授、内閣府原子力安全委員会専門委員、
文科省科学技術審議会専門委員他多数の要職を兼務している方であり、長年の文
献調査と独自調査を基に発表しているのでかなりの信頼性をおける著作だと思い
ます。
 さて、何がこれまでの常識を根底から覆されたのでしょうか?本書には多数の
実例が掲載されていますが、一例を挙げるとスーパーのレジ袋追放運動が上げら
れます。
 スーパーのレジ袋は、もともと石油の不必要な成分を活用した優れものです。
もし、スーパーのレジ袋が日本中から消えたらどうなるのでしょうか。その場合、
石油の不要な成分の処分場と施設が必要となるという無駄が生じます。

 一方で、エコバッグに使われる原材料は石油の中で量が少なく貴重な成分である
BTX成分を使います。もし、レジ袋の代わりに全てエコバッグに切り替わったら、
石油の消費量が大幅に増加し、石油価格の上昇に繋がり、資源の無駄遣いとなり
ます。
 それではレジ袋追放で誰が得をするのでしょうか。レジ袋が市民権を得た時には、
消費者は無料でもらっていたレジ袋に2~5円程度支払うことになりスーパーの収
入となります。又、エコバッグの売上増加に繋がり、結局はスーパーが儲かるこ
とになります。

 次に、ペットボトルのリサイクルの例です。これも全く意味がありません。
 ペットボトルを地方自治体で回収しても、後は業者が処分するだけで、
その先は関知しないことになっています。実際にリサイクルとして利用されてい
るペットボトルは僅か5%程度に過ぎません。後は処分されたり廃棄されたりし
ています。
 又、役所の回収費用に400円程度掛かりますが、これを中国を始め外国に輸出しています。
輸出価格はその10分の1程度です。当然9割に当たる部分は税金です。民間のビ
ジネスなら400円で購入した商品を1割の価格で輸出したら当然倒産します。これ
を役所が関与すると税金の無駄遣いという感覚を持たずに平然と行われます。

 ペットボトルを他のゴミと一緒に燃やすと、空気の部分が多いので他のゴミが
非常に燃えやすくなります。ペットボトルを燃やすと害になると思っているのは
単に勘違いです。 現在、役所がゴミの分別回収として年間一人当たり5千円の
税金を使っています。しかし、全くのナンセンスといえる。個人が分別してゴミ
を出しても、正確さに欠ける。ゴミの中には毒性のものも含まれており、個人が
識別するのは不可能です。

 それではゴミ処分の正解は何か?金属類とそれ以外のものに分けて出す。
ただそれだけのことで、年間5千億円の税金の無駄遣いが節約できる。住民のゴ
ミの分別の手間が省け、環境にも却って貢献する。

 尚、ペットボトルのリサイクルが開始されてから、それまでペットボトルの生産量は
年間15万トン程度だったのが、現在ではその約4倍に増えているそうです。つま
り、ペットボトルのリサイクルにより、大量の石油資源を使いながらペットボト
ルメーカーが大儲けしている訳です。

 それでは何故間違った環境行政が行われているのか?それは利権の問題。
つまり、住民から集めた5千億円の税金を吸い取る業界、業者がいるわけです。1
人当たり年間5千円の税金はたいしたことはありません。しかし、5千億円の税金
を頂けるなら非常に魅力的であり、この利権に業者が群がるのは当然です。そこ
に「環境のため、エコロジー」という大義や耳障りのよい言葉がつくことで住民
の賛同が得られます。

 極めつけは家電リサイクル法です。テレビ、冷蔵庫、洗濯機、クーラーの4品目は
処分する時にリサイクルするという名目で処分料を取られます。しかし、現在こ
の中の半分は処分されずに中古品市場に出回っています。その比率はどんどん増
えているそうです。これには大手家電メーカーも加担しているそうで、いずれこ
の事実が発覚して、社会的な大問題となることでしょう。

 家電リサイクル法施行前は、新品を購入する時は下取り価格で引き取り、
時には下取り価値ゼロのものでも値引き材料に使われていました。
 しかし、家電リサイクル法施行後は、下取り価格を支払う代わりに引取料金を
支払うことが義務づけられました。客から4千円のリサイクル料金を受け取り、5
千円で転売したら9千円の利益になり、とてもおいしい商売となります。この仕
組みができあがり、東南アジアに日本の中古家電製品が転売されており、東南ア
ジアの各国政府からは家電ゴミの輸出を日本はしていると非難を浴び始めている
そうです。

 そういえば、我が家で今年冷蔵庫を買い換えた時、7年前に購入した冷蔵庫だったので、
ヤマダ電機の下請け運送会社が気を利かしてただで引き取ってくれました。お陰
でリサイクル料金を支払わずに済みましたが、それはこの仕組みがあったのだと
今になって合点しました。
 
 それでは正しいエコライフとは何でしょうか?著者は訴えます。
 それは「心」です。昔は、ご飯粒を1粒でも残すと親から叱られました。
それはお百姓さんが丹精して作った米に感謝し、ものを大切にしようという心で
した。つまり、ものを大切に、長く使おうという気持ちが大事です。この心さえ
持っていれば、自然とゴミの量は減っていきます。
 
 現在政府と国民が一体となっている地球温暖化防止キャンペーンの為の
CO2削減等も本書を熟読するとなんと無意味なことをやっていることがよく判り
ます。

 日本人は6割の食糧を輸入しています。しかし、その半分は廃棄処分されています。
環境政策は、このように食料廃棄防止キャンペーンを政府が音頭を取るとか、もっ
と地に足のついた政策をやるべきです。

 最後に、日本の農業人口の過半数は65歳以上です。これに比べフランスは僅か4%、
英国は8%しかいません。逆に、35歳以下の若者は英仏共に3割前後もいるのに、
日本では僅か3%しかいません。国は、英仏の現状を調べ、若者に魅力的な農業
政策を推進すべきです。

 国のやるべき政策は、環境やエコといった大義を掲げて、役人の天下り先の確保や、
業者の為の偽善エコロジー、即ちエゴを止め、国民のためになる環境政策を推進
すべきです。
 本書を一人でも多くの方が読むことで、偽善エコの実態を理解し、お上の発想による
役人と企業のための環境政策でなく、国民の為の環境政策に転換して欲しいと切
に願う力となって欲しいと思っています。

────────────────────────────────
 【 編 集 後 記 】
 「偽善エコロジー」という名著を読み、またまた役所の本質を知った思いです。
 つまり、役所は大義の下に動く。その大義とは、今回は「環境、エコ」です。
しかし、現実にはそこには役所のエゴが働き、天下り先の確保、業者との利権構
造の確立が上げられます。
 今回も偽善エコという大義の下、又税金の無駄遣いが明るみに出ました。消費
税アップの前に、徹底的に税金の無駄遣いをチェックするべきですが、私から言
わせれば、水でぐっちょりと濡れたぞうきんを軽く一握りした程度といえます。

----------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月11日 (月)

「マーキュリー通信」no.973

■「マーキュリー通信」no.973
【中小・ベンチャー企業コンサルタントが語るワンポイントアップの経営術-25
「過暖房、過冷房に注意」】

■猛暑の真っ最中、私の周りにも夏ばての人が多数います。
帽子をかぶったり、サングラスをするだけで大分違うと勧めるのですが、皆さん
格好を気にしてなかなか実行しようとしません。

■さて、最近は地球温暖化防止の為に過冷房の事務所は少なくなってきました。
過冷房をやめるかどうかも経営者の考え方に関わってきます。

■過冷房の事務所に長時間いると自律神経失調の原因となります。
人間には体温調節機能が備わっています。ところが急激な温度の上下は体に良く
ありません。そして、急にはなかなか調整できません。
自律神経失調になると体温の調整がしにくくなり、抵抗力が衰え、夏ばての原因となります。

■又、過冷房は高齢者にもよくありません。室内外の温度差が大きいと、
心臓に負担が掛かり、心臓発作、心筋梗塞の原因となります。

■経営者がこのことを理解していると社員に対する接し方も変わります。
「冷房の効いた事務所で快適な執務環境」から、適温(26~28℃)による温度管
理で社員の仕事能率を上げる。
 経費の節減にも繋がるので一石二鳥です。

────── ∞ ────── ∞ ────── ∞ ───────∞ ───

 【 編 集 後 記 】
 昔はクーラーの効いた快適なオフィスが憧れでした。そして、この思いこみの
ために、過冷房、過暖房の事務所が未だに多いです。
 しかし、それは古い考え方なのだといことに早く気付き、社員の健康を考える
と逆のことをしているのだと気付くことが重要です。
               中小・ベンチャー企業コンサルタント 
                   独立開業支援コンサルタント
                            菅谷信雄
 --------------------------------------------------------------
□■□  □■□  □■□  □■□  □■□  □■□  □■□
----------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月10日 (日)

「マーキュリー通信」no.972【ワンポイントアップの仕事術-47「メンタルヘルスの重要性」】

 
 メンタルヘルスについては昨年の11月28日「マーキュリー通信」no.780【私の健康法-44「メンタルヘルスの重要性」】http://mercurytsushin.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/no78044_8fdf.htmlで触れましたので、そちらをご覧下さい。
 
 Hamanako53 今回はメンタルヘルスと仕事の関係で述べてみたいと思います。
 良い仕事をするには、心身共に健康であることが重要で、私は長年それを実践してきました。毎朝、自宅でフィットネス・トレーニングとメンタルヘルスを1時間半程かけて実践しています。これでウォーミングアップは完了し、1日の仕事に集中して取りかかることができます。

 さて、メンタルヘルスの観点から言うと、仕事をしていると様々なことに出会います。最近、信頼している弁護士から思い切り裏切られました。その弁護士には悪意を持って罠にはめられました。私は相当傷つき、落ち込みました。
 
 それではどのようにして立ち直ったか。私自身まだまだ甘いと気付かされました。弁護士だから人を騙さないと思っていた自分が甘かった。この事件は、私の弱点を徹底的に矯正してくれた。特に現在私が関係しているM&Aの世界では魑魅魍魎百鬼夜行の世界ともいえるので、私のような善人はこのような悪徳弁護士の餌食にされやすいと猛省しました。
 人生途上で、様々な事件、出来事に出会う。そして、それは自分の魂を磨く恰好の材料なのだ。人生修行の課題として受け入れ、智慧と勇気と精進で乗り切っていく。こう思うと、力が湧いてきて、挫折から早く立ち直ることができます。そして、仕事をやるぞという活力に変わってきます。

 しかし、これだけは心に誓いました。「自分は絶対に人を騙したりしないぞ!」。人を騙す人間は、心の中はだんだんと悪魔の巣窟と化し、心の中は真っ黒になる。そして、人生のどこかの時点で必ずそのしっぺ返しが来ると。それが弁護士のような知的職業であるなら、尚更その時に地位と名誉とお金を失います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 8日 (金)

「マーキュリー通信」no.971【ワンポイントアップの仕事術-46「筋トレを実践すると仕事能力が上がる!」】 

  本日から北京五輪が始まります。そして、本日は08/08/08の末広がりの縁
起の良い日ですね(*^^*)

 さて、最近は経営者、ビジネスマンの間でもフィットネス・ブームだそうです。

 Bwme もちろん、健康の重要性に気付いてフィットネス・クラブに通うのですが、
もう1つの理由にフィットネス・クラブで筋トレを実施し、筋肉が引き締まった
体にすることで、できる男のイメージを与えるからとの理由もあるそうです。
 事実、フィットネス・クラブに通い、目標通りの体に改造できたビジネスマンは、
仕事ができる人が多いそうです。

 又、フィットネス・クラブで、減量、ウェスト、体脂肪率他の目標値を設定し、
その目標に向かうこと自体、まさに日頃のビジネス活動に他なりません。従って、
フィットネス・クラブで筋トレを中心としたレパートリーをこなしていくことで、
ビジネスにおける目標達成能力や管理能力が自然とついてくるわけです。詳しく
は、「仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか」(山本ケイイチ著 幻冬舎新書
777円)をご覧下さい。

 さて、私もフィットネス・クラブに何度か通いましたが、長続きしませんでした。
最大の理由は時間がないことです。

 そこで、私は自分に合ったトレーニングを毎朝自宅で1時間15分かけて実施しています。
前半の半分がフィットネス・トレーニング、後半の半分がメンタルヘルスです。

 毎朝、録画しておいたDVD(英会話他)を見ながら、みんなの体操、筋トレ、
ストレッチ(真っ向法)、そして最後は階段ダッシュです。

 筋トレは、ブルワーカーを活用しています。ブルワーカーは、
40年前の大学1年生の時に9800円で購入しました。7秒間の筋肉の静止トレーニン
グです。場所を取らないのでいまだに続いています。現在も1万5千円程度で売ら
れているロングセラー商品です。
http://www.smarter.co.jp/se-g3WDi4OPgVuDSoFbIIFF.htm

 早朝フィットネス・トレーニングの仕上げは階段ダッシュです。
私が住むマンションは9階建てなので、毎朝スポーツシューズを履いて、1階か
ら9階まで1段おきに駆け上がっていきます。その際、ストップウォッチをもって
いきます。最初は60秒以上掛かっていましたが、本日新記録が出ました!目標の
40秒を切り、39秒90の新記録です。このように、自分で目標値を設定して、それ
に向かって頑張るとやる気も出てきます。

 Okujo2kif_0280 9階に駆け上がった時、多少呼吸が乱れるので、使用済みテレカを使って、
今度は目の筋トレです。テレカの小さな穴から遠方を20秒見ます。その後、親指
を20秒凝視します。この遠近トレーニングにで目の毛様筋を鍛えます。毎日パソ
コンで酷使した目の筋トレになります。
 帰りは、下りの階段もトレーニングになるので、3階の我が家まで下りていきます。

 毎日の早朝トレーニングで、今年も夏ばて知らずです。

────────────────────────────────
 【 編 集 後 記 】
 我々の年代になると健康管理の重要性を痛感します。しかし、これは若い時か
らの健康管理の延長線上にあります。従って、若い時から健康管理をしっかりと
やっているかどうかで、10年後、20年後の自分の健康度が決まってきます。
 その重要性に若い時から気付くかどうかがポイントです。
 そして、心身共に健康であることが、当然良い仕事ができる基礎となります。
これは年齢、性別に関係のない原理原則といえます。

----------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 7日 (木)

「マーキュリー通信」no.970【ワンポイントアップの仕事術-45「小の経験をできるだけして、習慣化する」

仕事能力をアップするにはいかにたくさんの経験を積むことと、
習慣化に他なりません。経験にも大中小いろいろありますが、もちろん大きな経
験をした時には、能力がぐんとアップします。しかし、なかなかそんなチャンス
には巡り会いません。従って、いかに小さな経験を多く重ね。それを習慣化して
いくことが重要です。

 今年、インターネット・ビジネスの関係でskypeの使い方を知りました。
知っていることと、できることとは大違いです。

 skypeのメリットは、通話料が無料ですが、それ以外にもヘッドセットを使って
相手とハンズフリーで話すので、電話よりも相手とリラックスして話すことがで
きます。尚、ヘッドセットはヨドバシカメラで980円で買いました。
 私は経営コンサルタントの仕事もしているので、skypeはコンサルタントの
仕事にはコミュニケーションの良きツールとなります。その他、仕事でも応用範
囲は広いと思います。

 skypeなどは、小さな経験ですが、この小さな経験を実践に活かすことが重要です。
そのことにより仕事がワンポイントアップします。

────────────────────────────────
 【 編 集 後 記 】
 中程度の経験は職場の異動、転勤に当たりますが、私は三井物産に25年間在籍
中、全部で10箇所の異なった職場を経験させていただきました。それも全て自分
の希望が通りました。その点、三井物産には感謝しています。
 人事異動に関しても、どのような自分になりたいかをイメージしておくと、比
較的希望が通りやすいようです。
 一方、中小企業の場合、なかなか異なった職場を経験することは難しいです。
そのような場合、自分のきゃりあアップに繋がる転職をしていく事です。キャリ
アアップを意識しながら、転職を考えておくと、10年後の自分の力はかなりアッ
プしていることは確実です。

----------------------------------------------------------------

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年8月 6日 (水)

「マーキュリー通信」no.969【経験から学ぶマンション管理の重要性-3

デベロッパーは新築マンションを売りやすくするために、
修繕積立金の額を意図的に低くしたりします。
 ライオンズシティ池袋の場合も、入居時の修繕積立金では10年後の
Kif_2186 大規模修繕費用を賄えないことが判りました。

 この対策として、①大規模修繕時に一時金として徴収する②段階的に上げていく
③その他(収益事業等)があります。

 そこで、住民のアンケートをとった結果、段階的に緩やかにアップしていくこと
が望ましいとの結論にいたりました。引き上げの時期は、できるだけ早期に実施
した方が、住民の負担が少ないので、毎年徐々に上げていきました。そして、デ
フレの時代に入り、物価が下落傾向になったことと、修繕積立金も充分な額が貯
まったので、値上げをストップしました。

 そして今年の1~4月に大規模修繕を実施しました。工事費は予算内に収まり、
大規模修繕の時期が予定より若干遅れたこともあり、積立金は余裕をもって残す
こととなり、当面毎月の積立金を増額しなくても大丈夫そうです。

 修繕積立金の増額に関しては、私が掲げたスローガン「自分の財産は自らが守ろう」
の精神が浸透したせいで、住民の協力がスムーズに得られた結果だと思います。

 修繕積立金の増額や大規模修繕に関しては、強力なリーダーシップを発揮する事
が重要だと感じました。

────────────────────────────────
 【 編 集 後 記 】
 私の年金記録を確認する年金特別便が本日我が家にも届きました。
 私の場合、幸運にも(?)全て合っていました。しかし、この程度のことを全
国民にやることは膨大な経費がかかることが容易に想像されます。業務委託先は、
郵便事業株式会社となっているので、数百億円は掛かることでしょう。
 
 しかし、この程度の確認なら年金番号を各個人が入力して確認すれば済むこと
です。万一他人がやったとしても、この程度の記録内容なら、それほどの個人情
報として役に立ちません。

 一方で、個人の年金記録確認を勧めるために、宝くじ付きにしたら進んで協力
すると思います。インターネットを自分でできない人は、家族、友人知人に頼み、
お礼に宝くじの権利を上げれば良いのです。

 それでも期限までに確認されなかった個人に限り、年金確認案内を送れば良い
のです。これだけでもかなりの経費削減となります。

----------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 5日 (火)

「マーキュリー通信」no.968【タレント田中義剛が経営する北海道花畑農場に学ぶ近未来の農場経営】

 私のお気に入りの番組の1つに「日テレの波瀾万丈(日曜9時54分~)」があり、DVDに録画してあります。

 今週はタレント田中義剛タレント経営する北海道花畑農場でした。http://www.hanabatakebokujo.com/
 田中義剛の夢は北海道で農場を経営することでした。その為の資金稼ぎにタレント業もやっています。

 素人が農場経営するには大きな障害がいくつもありました。
資金面、参入規制等いくつもの障害を乗り越え、農場経営を始めました。しかし、
スタート当初はヨーロッパで人気のチーズを日本では消費者から「カビが生えて
いる」とクレームの連続で相手にされず、赤字が4億円まで膨らみました。

 しかし、田中義剛は決してあきらめませんでした。チーズを粉状にしてラーメン
として売り出したら大ヒット。ここから上昇気流に乗り始めました。

 その次のヒット商品が高級スイーツ。年間1800万人の乗降客がいる千歳空港を
販売ターゲットに絞り、老若男女に愛される商品を作りました。商品コンセプト
は手作り&高級志向。

 そして、まもなく商品化するのがホエー豚。ホエーとは、チーズの製造工程で
廃棄処分される成分で、このホエー(乳清)を飼料として育てた豚のことをそう
命名しました。ホエー豚は柔らかく美味です。尚、豚舎は清潔そのもので、豚特
有の臭いがしません。豚の糞は培養土と混ざり、分解し、冬では暖房材となりま
す。これも大ヒット間違いないようです。

 さて、タレント田中義剛の農場経営を見ていて参考になる点は、手作りによる
高付加価値農産物の販売です。手作りのため大量生産はできませんが、「夢と物
語」、「味」、「安全」そして、それが信頼に繋がっています。

 国の補助金など受けず、自分の夢の実現のため、消費者に喜ばれる商品開発を
とことん追求する。養豚経営のように、臭いもフンも出さずに、果環境にも優し
い経営を実践している。

 少子高齢化が進む中、大量生産できる安い農産物は供給地の多様化を図りながら
輸入依存していく一方で、高付加価値商品は国産化を奨励していく。その時のポ
イントは、補助金を出すより、参入障壁の撤廃をしていくことです。

 今週の、田中義剛の波瀾万丈伝を見て、近未来の日本農業の原点を垣間見た思いです。

────────────────────────────────
 【 編 集 後 記 】
 補助金行政は日本の産業をスポイルしています。補助金を頼りにした依存体質
ができあがります。
 今回のタレント田中義剛のように異業種からの参入でも、夢とやる気があれば、
素人でもできるのです。
 新しい事業を始めようとする時、往々にして役所の参入障壁にぶち当たります。
この参入障壁をなくすだけでも、日本農業は良くなっていくはずです。

----------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 4日 (月)

■「マーキュリー通信」no.967【中小・ベンチャー企業コンサルタントが語るワ

■「マーキュリー通信」no.967【中小・ベンチャー企業コンサルタントが語るワ
Spbob4 ンポイントアップの経営術-24「健康管理の重要性を認識する」】

■中小・ベンチャー企業の経営者は土日の休み無く、夜も働いている人が多いよ
うです。
それは大事なことです。私も同様に働いています。

■しかし、経営者の中には、健康管理の重要性に気付いていても、
超多忙な余りなかなか実践している人は少ないようです。

■私は、日本成人病予防協会の健康管理士一般指導員という資格も持っています。
経営者の表情や体系を見るとどこが具合悪いかある程度想像がつきます。

■取引先のF社長は、自他共に認める生活習慣病のオンパレードの社長です。
糖尿病、高脂血症、高血圧、痛風、肥満等いつ倒れてもおかしくない状態です。
本人も自覚しているのですが、なかなか治療しようとしません。

■しかし、取引先の立場から見たら健康管理が苦手な社長は危険と見なさざるを得ません。
ベンチャー企業の場合、社長が倒れたら会社は機能しません。同社も同様です。

■従って、健康管理は経営者の重要な仕事の1つと認識し、
その実践も自らの努めと思うことが重要です。健康管理の基本は、①規則正しい
生活習慣と②バランスの取れた食事、③適度な運動④それとメンタルヘルスも含
めたストレス・マネジメントです。

■健康管理の実践に関しては、個人差、性格、体質等によって異なりますが、
良かったらboblog「マーキュリー通信」「私の健康法」も参考にしてください。
http://mercurytsushin.cocolog-nifty.com/blog/cat6288856/index.html

────── ∞ ────── ∞ ────── ∞ ───────∞ ───

 【 編 集 後 記 】
 猛暑の最中、熱中症対策として私は帽子とサングラスをかけています。
 周りから見たら異様で滑稽に見る人もいます。
 しかし、恰好より健康管理の方が重要です。夏ばてで仕事の能率が落ちても、
誰も構ってくれません。暑い暑いと言ってるだけでは、暑さは解消されません。
 私の胸ポケットには扇子が入れてありますが、いつも使うのを忘れてしまうく
らい、余り暑くて仕方がないと感じません。逆に言えば、帽子とサングラスとクー
ルビズで暑さから身を守っていると言うことです。
               中小・ベンチャー企業コンサルタント 
                   独立開業支援コンサルタント
                            菅谷信雄
 --------------------------------------------------------------
□■□  □■□  □■□  □■□  □■□  □■□  □■□
----------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 3日 (日)

「マーキュリー通信」no.966【人生100年時代を勝ち抜く為の最強戦略-8「死は仏の慈悲と悟る」】

  NHKの大河ドラマ「篤姫」を毎週日曜日楽しみに見ています。
幕末の動乱期を女性の主人公の視点で見るのは初めてだからです。幕末の英雄西
郷隆盛と篤姫の関係などを見ていると、篤姫の存在の偉大さに気付かされます。

 Kif_0899 さて、当時は医学が発達していないの時代なので、薩摩藩の名君島津斎昭も50歳の若さで他界します。
名君が志し半ばで亡くなるのは惜しい気がします。しかし、一方でそれぞれの人
生を生き抜いて亡くなっていくことに自然さを感じます。

 翻って、現代の日本人を見た時に、医学が発達したために生かされてしまっている人も多数見受けます。
 
 先日も、親戚の叔父さんが81歳で亡くなりました。叔父さんには
子供の頃お世話になったので感謝しています。
 しかし、年取ってからの叔父さんは年寄りの頑固さが出て、
やたら口うるさくなって直ぐに怒るので親戚から敬遠されていました。
 葬式の時には、叔父さんの悪口があちこちから聞こえてきます。皆叔父さんが亡くなってほっとしているようです。

 もし、世の中に叔父さんのような年寄りがいつまでも長生きしていたらどうでしょう。
皆、本音では「早くあの世に逝って欲しい」と思っています。その意味で、死と
は仏の慈悲と思うと死に対する見方も変わってきます。

 又、あの世があることを知ると、死に対する執着が無くなってきます。
更に、人間は何度も生まれ変わるという転生輪廻の法則を理解すると死に対する
見方ががらっと変わってきます。お釈迦様はこの法則を明確に説きました。その
意味で我々日本人は仏教をしっかりと学び直してみると、死は悲しみではなく、
仏の慈悲だと理解できるようになります。
 この法則を知った時に、死に対する見方が変わり、長生きさせることが
善であるという思いこみから解放されます。

────────────────────────────────
 【 編 集 後 記 】
 日本人には仏教という素晴らしい宗教があるのに、仏教の神髄である「死後の
世界」の存在や、「転生輪廻の法則」を知らない人がまだ多いようです。
 現代科学で証明されていないから「死後の世界」を信じない人も多いようです。
 しかし、現代科学で解明された部分など、宇宙の中の1億分の1%も解明され
ていません。

 孫悟空が自慢げにきんとん雲に乗って遠くまで飛んでいったら、そこはまだお
釈迦様の手のひらの上だったという逸話があります。
 現代の科学の力などまだそんな程度なのに、「科学で証明するまでは死後の世
界を信じない」という人は、丁度孫悟空の心境と同じですね。

 今世紀末までにはエジソンが生まれ変わり、霊界通信機を発明してくれるそう
です。そう思った方が夢があって楽しいと私は思います。

----------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 2日 (土)

「マーキュリー通信」no.965【人生に勝利する方程式-37「代償の法則」】

 「代償の法則」とは、何か手に入れようとした時に、そこには代償を伴います。
手に入れたい物が大きければ大きいほど支払う代償は大きくなります。

 本日8月2日は、私が朝日洋上大学の学生として、さくら丸という貨客船に乗船して、
米国に向けて横浜港を出港した日です。今から39年前の日のことでした。

 Image002 当時、大学生が米国に旅行することは夢の時代でした。
 その頃、朝日新聞社が新聞配達員不足を補うために、朝夕1年間新聞配達をして、
給料を貯めて、不足分を朝日新聞社が補填するという制度を私が大学1年生の時
に募集しました。私は朝日洋上大学に応募して、1年間朝夕新聞配達をしました。

 新聞配達をした1年間、秋は台風、冬は雪に苦労しました。台風が来ると、
自転車を止めていても、直ぐに風で吹き飛ばされてしまいます。雪の場合は、自
転車が使えないので、歩いて配達です。通常1時間半程度の配達時間が6時間も
掛かりました。特にその年昭和44年(1969年)は大雪の年で4月に2回も雪が降っ
たのには閉口しました。
 朝、まだ暗い中から、犬吠えられてびくっとしたこともありました。
工事の穴に落ちたこともありました。

 しかし、そんな苦労の結果、米国に旅立った日、
岸壁で友人から送られる紙テープを見て、感無量でした。
 当時20歳の私にとり、米国は巨大であり、豊かであり、見るもの全てを吸収していった感じでした。

 私が支払った代償は大きかったけれど、手に入れた対価も大きかったでした。
「代償の法則」=努力精進の結果とも置き換えられます。

 ところで、「代償の法則」には、予期せぬ収穫が得られることに気付きました。
 朝日洋上大学には男子大学生300名、女子大学生75名、朝日新聞社の職員25名、
計400名の参加者でしたが、生涯得難い友人が得られたことです。

 そしてもう1つは健康です。新聞配達のために、夜は10時に寝て、
朝は4時起きでした。そして、朝1時間30分、夕方1時間15分の配達は非常に健康
に良いことが判りました。
 ハードな大学受験で私の健康は最悪状態でしたが、朝夕の新聞配達のお陰で
健康を回復しました。この頃が生涯を通じて一番健康な時でした。

更にもう1つ、朝夕の新聞配達のお陰で、精神的に鍛えられました。
そして、努力精進すればするほど精神面で鍛えられ、得られる結果と喜びも大き
いことに気付きました。

 青春のこの時の体験が今でも生き続け、私は一生涯勉強、努力精進と思っています。
なぜならば、努力精進の結果、得られた喜びが大きいからです。そして、その積
み重ねの結果、自己成長に繋がり、成長できている自分を垣間見ることができ、
喜びに繋がります。
 
────────────────────────────────
 【 編 集 後 記 】
 実はここ3ヶ月ほどM&Aの仕事に関わり、ゴールデンウィーク期間中も含め、土
日も含め殆ど休みを取っていません。
 しかし、この3ヶ月間の内容は濃く、又新たな経験を積み、自己成長に繋がる
喜びを得ているので、休みを取れない辛さを全然感じていません。
 もちろん、時々息抜きはしています。昨夜も池袋の自宅近くのTimes Spaでリ
ラクセーションしてきました。

----------------------------------------------------------------

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »