« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月30日 (火)

「マーキュリー通信」no.1003 「創レポート」9月号【☆☆☆ 価格競争絶対の常識を疑ってみよう! ☆☆☆】 

「マーキュリー通信」no.1003 【☆☆☆ 価格競争絶対の常識を疑ってみよう! ☆☆☆】 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓  

「創レポート 9月号」「sr0809.pdf」をダウンロード は価格競争に関するレポートです。価格競争をすべきかどうか経営者の悩むところです。 町田市の「でんかのヤマグチ」http://www.d-yamaguchi.co.jp/yamagichi/yamaguchi.html では、周辺にあるヤマダ電機やヨドバシカメラと価格競争をせずに、サービスで徹底的に差別化して、増収増益を上げているそうです。顧客ターゲットを高齢者に絞り、価格競争を止めてから、粗利益が25%から37%に伸びたそうです。 

 消費者の財布のひもはますます固くなる一方で、価格競争よりサービスで生き抜くのも、高齢者社会のキーワードかも知れませんね。  

 漠然とした思い込みはあきらめにつながり  

    数値による気付きは成果に至る? ☆☆☆ 価格競争絶対の常識を疑ってみよう! ☆☆☆ ◆本レポートの内容◆

【1】結果として“450円”のための緊急対応?   ………… 1㌻

【2】事業の中で結局“何”をしてしまっているか?   ……… 2㌻

【3】低価格が事業の質を下げる“悪循環”の典型   ………… 3㌻

【4】一方的には決められない価格を“マネージ”する?   …… 4㌻

【5】教訓~数値で考えた上で小さな努力を蓄積する   ……… 5㌻

たとえば“コストアップ”を商品やサービスの価格に転嫁する時、『値上げをする』と言うと不可能に見えることも、『450円を470円にする』と具体的数値に置くと、印象が変わる。しかも、その価格是正で利益や資金繰りがどう変わるかまで計算してみると、計算結果がドーンと背中を後押ししてくれることもある。数値で考える習慣形成の意味がここにある…!

******************

  公認会計士・税理士 伊藤 隆 

 【本   部】03-3556-3317 

 【会計工場】059-352-0855 

   http://www.cpa-itoh.com  

  中小零細企業の存続と    

         その未来のために

****************** ************************************* ────────────────────────────────────── ◆◆編集後記◆◆  半月以上前に開店した銀座7丁目のH&Mは、本日も500メートルの行列です。しかも、本日は雨が降り昼でも肌寒い1日でした。雨の中で傘を差しながら行列をして待つ。大半が若い女性ですが、不況、不況と言っても、ファッションと女性心理は別物のようです。 

 NHKクローズアップ現代で、海上自衛隊の内幕を厳しく報道していました。豊かな時代に甘やかされて育った若者像も各種問題の一因となっているようです。 しかし、いくら報道の自由といっても、国家機密を一般に公開して良いモノでしょうか。 もし、この報道を北朝鮮や中国が見たら、こんな綱紀の乱れた精神的に柔な自衛隊ならちょっと脅かせば、直ぐに怖じ気づいて逃げてしまうだろうと思うはずです。というより自衛隊の実態などとっくに把握しているのかも知れませんね。 ──────────────────────────────────────

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月28日 (日)

「マーキュリー通信」no.1002【私のコミュニケーション論-71

「マーキュリー通信」no.1002【私のコミュニケーション論-71
「不平不満を抱いたら感謝の思いを持つ」】

仕事をしていて、会社や上司に不平不満はつきものです。
そんな時、あなたの現在の仕事能力と現在の待遇を比べてみるのです。

 不況色が強まってきた現在、もしあなたの現在の能力を見て、
他社でもっと高給で使ってくれるところがあるなら、転職を検討すべきです。
しかし、なかなかそのような実力のある人はごく一握りです。

 社外の評価が分からない人は、一度人材登録してみると良いです。
そうすればあなたの社外における評価がどの程度か分かります。

 たいていの人は、転職は不利と悟ります。
そして、その時、今まで抱いていた会社や上司に対する不平不満も薄らいできま
す。

 そして、こんな自分を雇ってくれている会社に感謝の念が湧いてきます。
いつしか自然と会社や上司に対する不平不満は消えていきます。

*************************************
──────────────────────────────────────
◆◆編集後記◆◆
 Kif_2253先日我が家のペット、金魚(種類は丹頂)紅白が奇跡的に生き返ったと報告し
ました。しかし、やはり1週間後に死んでしまいました。
 本日、紅白と同じ丹頂とオランダシシガラを購入しました。
 妻が、ミッキーとミニーという名前を付けました。又、紅白同様可愛がっていきます。Kif_2247

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月24日 (水)

「マーキュリー通信」no.1001【映画「ボディジャック」の試写会を見て】

「マーキュリー通信」no.1001【映画「ボディジャック」の試写会を見て】

昨日映画「ボディジャック」の試写会を見て来ました。
 
 Bodyjack01 主人公テツは団塊の世代で、元学生運動家。学生運動の夢破れ、
しがないサラリーマンとなる。その20年後はコピーライティングの広告代理店の
仕事。

 酒が好きなテツは、酔っぱらって帰宅する途中でボディジャックに遭う。
ボディジャックとは憑依のことです。憑依したのは、幕末の革命志士土佐藩の月
形半平太。月形半平太は別名武市半平太でも知られています。月形半平太は、志
半ばで切腹で死ぬ。
 
 Bodyjack020000 月形半平太は、テツをボディジャックして、同じく幕末の志士で人斬り以蔵として
有名な岡田以蔵を探している。人斬り以蔵も、月形半平太の密告により幕府に捕
まり、最後は拷問にあって非業の死を遂げた。そのため、月形半平太に恨みを抱
き、別の人間にボディジャックして、月形半平太を探している。その間に以蔵は
次々と殺人事件を起こしていく。

 そして、月形と以蔵は再会する。月形半平太は、以蔵の居場所を幕府に伝えたのは、
これ以上を犠牲者を出さないためであり、決して私心ではないことを訴える。一
方、以蔵は半平太の密告を許せない。
 2人は真剣を抜き、死闘を展開する。そこに同じ土佐藩の坂本龍馬が現れる。
龍馬の言葉に以蔵は半平太を許し、以蔵は地獄から抜け出し、天国へと向かう。
 
 主人公テツは私と同じ団塊の世代なので共感を呼ぶ部分があります。
「俺は帝国主義の先兵である三井物産を変えてやる!」と豪語していた一橋大学
の民青のリーダーが、三井物産に入社して1年後には、急におとなしくなり、20
年後には普通の中年のおじさんになった同期生とテツとがダブって見えました。

 ※民青とは今の若い人には死語となってしまったでしょうが、
共産主義を理論闘争で実現しようとする穏健派全学連です。

 さて、映画ボディジャックで注目したいのは、最近のスピリチュアルブームを
反映して、憑依現象を映画で取り上げたことです。
 憑依現象とは、悪霊が人間の体にとりつくことですが、世の中に対し不平不満を
絶えず持ち続け、酒にはけ口を求めている人間は憑依されやすくなります。
 
 テツの場合、世の中に対する不満から学生運動として活動し、その夢が叶わぬまま、
鬱々として社会に出たわけです。実はテツの性格は半平太に似ているのです。だ
から半平太がボディジャックしたことになるわけです。

 一方、以蔵は地獄に堕ちた悪霊です。従って、テツよりもっと心の状態が暗い人間に
憑依します。よく「魔が差した」という言葉が使われますが、実は悪霊が憑依し
たからいろいろな事件を引き起こしていくわけです。
 先日千葉県東金市の路上で保育園児の殺人事件の犯人などはまさに殺人犯本人の
世の中に対する強い不平不満状態に悪霊が憑依して事件を起こしたといえます。

 映画を見ていて、殺人鬼以蔵が出てくる場面は会場全体が悪い波動に包まれている
ことを感じました。

 一方、最後龍馬の登場場面で、会場全体の波動は突然変わります。
会場全体の波動が光で包まれるように感じる不思議な感覚に包まれます。

 映画「ボディジャック」を通じて感じたことは、夫婦間の猜疑心が悪霊を呼び込み、
夫婦の不和を増長させていきます。一方で、夫婦の不和の原因がお互いの誤解が
原因と気づき、お互いに理解しようとします。そして、夫婦間の愛情が悪霊を遠
ざけていくというその辺の心の波動の妙を感じる新しい試みの映画でした。

 ボディジャックの作者が訴えたいことを理解すれば、世の中の悲惨な事件が
どのようにして起こるのか、逆にどのようにしたらそれを予防できるのかが分かっ
てきます。
 その意味では、新しいジャンルを開拓した興味深い映画といえます。
 10月25日から上映予定です。新しい世界が開けるかも知れません。お勧めです。
http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD13345/index.html

*************************************
──────────────────────────────────────
◆◆編集後記◆◆
 boblog「マーキュリー通信」1000号に対し、多数の方からお祝いのメッセージ
を頂きました。本メルマガを通じてお礼を申し上げます。
 本当に読者の皆様の励ましの言葉がboblog「マーキュリー通信」の原動力となっ
ています。
 今後も引き続きご支援のほどよろしくお願い申し上げますm(__)m

──────────────────────────────────────
◆私の友人の㈱ラヴィ青木社長からの紹介です。住友不動産ヴィラフォンテーヌ
「六本木アネックス」内にて、10月1日より「耳クリーン」を「MimiPanf03.pdf」をダウンロード 開業することにな
りました。別添紹介状(boblog「マーキュリー通信」にあります)を持参すると
10%引きとなるそうです。「02.pdf」をダウンロード

*************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月23日 (火)

マーキュリー通信」no.1000【boblog「マーキュリー通信」を発信して1000号となりました】

「マーキュリー通信」no.1000【boblog「マーキュリー通信」を発信して1000号となりました】

本日でboblog「マーキュリー通信」を発信して丁度1 000回目となります。
第1号が2004年10月14日でした。あれから4年弱で1000号ですから年間250回程度
発信してきたことになります。週にすると4~5回となります。
 この4年間は、あっという間に過ぎました。4年前に書いたboblog「マーキュリー通信」
を見ると、今でも何を書いたか記憶に蘇ってきます。
 
 4年間発信し続けることができたのも、やはりboblog「マーキュリー通信」読者の方の
ご支援のお陰と心から感謝していますm(__)m

 boblog「マーキュリー通信」は、全部で30のカテゴリーに分け、
シリーズ物として発信し続けてきたましたが、一番人気のあるシリーズは、「私
を育ててくれた元上司達」でした。大半の読者は、私の元上司をご存知ないわけ
ですが、ご自分の上司と重ね合わせてみると、又違ったを視点で捉えることがで
き、参考になったようです。

 最近では、8月23日付け「人生100年時代を勝ち抜く為の最強戦略」の
「三途の川の渡り方」でした。「勇気を頂いた」という感想を多数頂きました。

 過去一番反響のあったものは、「その時人生が動いた2007年3月8日付け「その時人生が動いた」
の「一橋大学合格の日」でした。私にとっては、1968年3月8日が、人生で一番感
動した日でしたが、その感動が読者の方にも伝わったようでした。

  尚、私の一番好きなシリーズは、「人生の新発見」(2005年8月15日~8月29日)です。
日光の研修所で、八正道の研修を受け、心の垢がとれ、ぴかぴかになった至福の
状態の時に、人生の新発見ができたその感動が綴られています。きっと皆様のご
参考になると思います。是非ご覧になって下さい。
http://mercurytsushin.cocolog-nifty.com/blog/cat6224502/index.html

 さて、boblog「マーキュリー通信」を4年間書き続けてきて、様々なメリットを享受できました。

◆第1番目は「文章能力のアップ 」です。文章作成のスピードもアップしました。
手書きの5~10倍のスピードで書くことができるようになりました。

◆2番目は、世の中で起こる出来事や自分が経験すること、
書物からの知識等が私の脳の中の無数の情報の小箱と結びついて、私の言葉とし
てアウトプットされてくる。
 インターネット時代の現代、コピペ(copy & paste)文化全盛時代です。
しかし、コピペに頼ると、思考能力も物事の組立能力も衰えてきます。
 boblog「マーキュリー通信」を書くことにより、私の過去の経験や知識が再生され、
更に世の中の事件、出来事等と出会うことで、様々な論理の展開ができるように
なりました。これはトレーニングを積むことによってできるのだと実感していま
す。
 
◆3番目は、それに従い「思考能力」も自然とアップしてきます。
これが短時間でできるようになってきます。

◆4番目は、「人脈の維持」を図ることができます。
異業種交流会で名刺交換した人とは、時間の経過と共に記憶から薄れていきます。
単に名刺交換をしただけとなってしまいます。しかし、私のboblog「マーキュリー
通信」を読んでいただけることで、私の事をよく知っていただき、親近感をもっ
ていただけるようです。

◆5番目は、boblog「マーキュリー通信」を通じて新たな出会いがでてきます。
読者から、私と会いたいとのメールが届きます。そして、異業種交流会で単に名
刺交換をした人から、その後親しくお付き合いをする人も出てきています。

◆6番目は、「新たなビジネスチャンス」です。読者から、新たなビジネス、
商材が持ち込まれます。そこから新たな展開が生まれてきています。

◆7番目は「出版」です。boblog「マーキュリー通信」は、
全部で30のカテゴリーに分けてシリーズ物として書いているので、30冊分位
の原稿のネタがあります。「マーキュリー通信」は、毎回1テーマを簡潔に書く
ことをモットーとしているので、書物として書く場合には、文章として加筆訂正
が必要です。まだそれを出版するだけの時間的余裕がないので、いずれ将来出版
していきたいと思っています。

 boblog「マーキュリー通信」はメルマガという形にしても発信しています。
ブログを読む人が少なくなることを心配していましたが、ブログへのアクセスも
それほど数が減っていないので、ほっとしています。ブログでは写真を入れたり
していますので、是非ブログの方もご愛読をお願いします。

 「継続は力なり」といいますが、4年間boblog「マーキュリー通信」を発信し
続けてきましたが、それを実感しています。
 そして、1000号も発信できたのも、読者の皆様の暖かいご支援の賜と心より感謝
申し上げます。皆様からのご支援が、boblog「マーキュリー通信」のエネルギー
となっています。
 引き続きご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

本日はインターネット・ビジネススクールJISの卒業式でした。その仲間達とのスナップ写真です。Kif_2229

Kif_2234 *************************************
──────────────────────────────────────
◆◆編集後記◆◆
 私自身boblog「マーキュリー通信」を始めた時も、現在も自然体で望んでいま
す。
 始めから1000号を目指そうとは思っていませんでした。読者との一体感がなけ
れば、続けることができません。それがなければ、単なる自己満足に過ぎません。
 これがなくなった時が、boblog「マーキュリー通信」を止める時だと思ってい
ます。その意味では、プロ野球の選手と同じです。1000号は1000本安打です。次
の2000本安打目指して頑張りたいと思います。

 boblog「マーキュリー通信」の材料自体は、いくらでも泉の如く湧いてくるの
で、枯れることはないのですが、やはり読者のご支援があってのboblog「マーキュ
リー通信」と思っています。
 だからといって、読者に迎合することはしません。基本方針は、私の人生哲学
である、「活私豊幸」=「自分を活かしながら人生の途上で出会った人々をいか
に豊かに幸福にできる人間でありたい」 です。
 この人生哲学に基づき、日々思い、行動してアウトプットされたものがboblog
「マーキュリー通信」です。30のカテゴリーに分れていますので、ご自分の気に
入ったカテゴリー、ジャンルを選んで頂き、少しでも参考になったと思って頂け
れば、それだけで幸せです。
 今後も重ねてよろしくお願い申し上げますm(__)m

──────────────────────────────────────

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月22日 (月)

「マーキュリー通信」no.999【中小・ベンチャー企業コンサルタントが語るワンポイントアップの経営術-30

「マーキュリー通信」no.999
【中小・ベンチャー企業コンサルタントが語るワンポイントアップの経営術-30
「9時5時うつ病問題と現代若者気質の把握」】

 勤務時間中だけうつ病になる「9時5時うつ病」がサラリーマンが若者を中心に増えているそうです。
 P1010047「9時5時うつ病」の特徴は、勤務時間外には正常に戻っているそうです。
最近の若者はドライだそうで、休暇を取って旅行に出かけたりする不謹慎な者も
いるそうです。

 「9時5時うつ病」の原因は、やはりその職場の人間関係にあると思います。
大企業なら管理職の問題、中小・ベンチャー企業なら経営者の問題といえます。

 上司から頭ごなしに怒られたりすれば、上下の人間関係にだんだんとひびが入ってきます。
そして、上司の顔を見るのが嫌になってきます。このようなことから「9時5時う
つ病」が始まってきます。

 最近の若者は、豊かな時代に育ってきただけに精神的に非常に柔になっています。
上司はその点に考慮して部下の管理をしていかないと折角の貴重な戦力の喪失に
なりかねません。メンタルヘルス マネジメントも重要な時代になってきました。

 尚、メンタルヘルスに関しては、㈱シーメット医総研/アレグリア㈱による
「音声によるストレス解析サービス」が、低料金で利用できるのでお勧めです。
http://www.alegria.co.jp/imgnew/huedex_catalog_080522.pdf

────── ∞ ────── ∞ ────── ∞ ───────∞ ───
【 編 集 後 記 】
 私が若い頃に受けたスパルタ教育を現代の若者に同じ事をしたら3日と持たな
いでしょう。
 昔は、うつ病は怠け者の代名詞のように思われていました。しかし、現代はう
つ病も風邪と同じような病気の一種と認識され、薬と職場の配慮により、治る病
気との認識に変わりました。
 しかし、これを乱用して、勝手に休暇を取り、好きなことをやる若者も増えて
きました。そして、それは自分が悪くない。会社が悪いという身勝手な論理にす
り替わってしまっているようです。
 こういう若者気質も把握しておく必要が屡洋です。

               中小・ベンチャー企業コンサルタント 
                   独立開業支援コンサルタント
                            菅谷信雄
--------------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月21日 (日)

「マーキュリー通信」no.998【経験から学ぶマンション管理の重要性-6「チラシの投函」】

「マーキュリー通信」no.998【経験から学ぶマンション管理の重要性-6「チラシの投函」】

世の中にはおかしいことがたくさんありますが、世間で一般的に行われているので、
特に問題ともされずに、慣習として行われていることも結構あります。

 その1つにマンションのポストへのチラシ等印刷物の投函です。
多くのマンションには「チラシの投函お断り」と書いてあります。そして、管理
人のいるマンションでは、ポストにチラシをいれようとすると、管理人が真顔で
投函者を追い払おうとします。

 Kif_2223 マンションの集合住宅では、チラシの投函を拒否するかどうかは入居者の意思に
任せて然るべきです。チラシは、その町のミニコミ情報です。例えば、出前のチラシなどはその典型です。それをシャットアウトしようとする考え方がおかしいのですが、管理会社はそこまで考えません。又、拒否の貼り紙をしても、チラシはどんどん入れられます。

Kif_2224  ライオンズシティ池袋でも、管理会社がチラシを拒否する貼り紙をしていたので、私が初代理事長の時に、管理人に指示して、即刻貼り紙を剥がさせました。

 その代わり、公序良俗に反するようないかがわしいチラシを拒否するステッカー「青少年に有害なビラ・チラシお断り」を希望者に配布しました。希望者は半分強でした。逆に言えば、アダルト関係のビラ・チラシも希望している入居者も中にはいるわけです。

 Kif_2210 Kif_2211 尚、ポストの傍に不要なビラ、チラシを捨てるゴミ箱を用意して、マンション内が散らからないようにしました。

(ライオンズシティ池袋に来た祭りの山車)
──────────────────────────────────────
◆◆編集後記◆◆
 マンションのような集合住宅でも、理事となった役員のほんのちょっとしたこ
とで、マンションライフが住みやすくなることが多いです。
 私が理事長在任中の2年間に、小さなモノも含め20以上の改善を実行しました。

 入居時、来客用の駐車場として2台分のスペースがありました。特にルールが
なかったので、先着順で駐車場を使っていました。
 その内、駐車スペースをあたかも自分の駐車スペースとして使用する住民が出
てきました。これに対処するために、予約制を設け、有料制にしました。料金は
3時間単位で500円としました。
 尚、2台の駐車場スペースの内、1台分は駐輪場の増設スペースに当てました。

 一方、ライオンズシティ池袋に入居時、管理人が宅配便を預からなかったので、
預かるように管理会社に頼みました。これも入居者と宅配便の両方にメリットの
あることです。

──────────────────────────────────────

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年9月19日 (金)

マーキュリー通信」no.997【私の異見・ひと言申す-82「規制緩和と規制強化

「マーキュリー通信」no.997【私の異見・ひと言申す-82「規制緩和と規制強化
の功罪はお役所体質を考慮しないから問題を起こす」】

 事故米が大きな社会問題を引き起こしています。
 事故米の最大の責任はもちろん農水省です。ひとKif_2208 言で言えば役所の甘い検査体制です。
 問題を起こしたコメ卸加工会社「三笠フーズ」は事前に農水省の検査日を察知
し、その日だけ検査が通るようにしたことが分かりました。
 しかし、これは古くて新しい問題です。役所の立ち入り検査日を事前に察知するのが
どの業界でも共通の常識です。銀行のMOF担が大蔵相の役人の検査日を事前に
察知するために、ノーパンしゃぶしゃぶまでやって顰蹙を買ったこともありまし
た。
 
 Kif_2209 さて、小泉改革の規制緩和で各種問題が吹き出してきたことが問題にされています。
しかし、問題が出て当然です。
 規制緩和されれば、法の網をくぐって悪いことをする輩が必ず出ます。
それは形式だけ整えばよいというお役人体質をよく知っているからです。従って、
規制緩和をすれば悪いことをする輩が出ることを想定したチェック体制を、民間
の知恵も借りながら実施すべきです。そして違反者に対する罰則規定を予め強化
しておくのです。そうすれば、事件や事故は最小限に抑えられます。

 一方、規制強化の場合には、お役所は民間の迷惑など顧みず、
ルールに徹底的に従います。最近よく言われる官製不況はまさにその通りです。

 昨日、豊島区役所に、元従業員の住民票を取りに行ったところ、
今年から個人情報保護法が更に強化され、原則ノーとなりました。私の場合は、
従業員にお金を貸したので、その場合には融資契約書をもってこいと言われ、翌
日再び行きました。今度は、その従業員がその住所に住んでいなかったので、親
元の住所を確認しようとしたところ、再度書き直して来いと言います。社判がな
ければだめだと受け付けません。「住民票をとるだけなのに、何でこんな大げさ
な事をやるのだ」と聞くと、「個人情報保護の為です」と答える。私は怒り、
「私は区長をよく知っている。窓口の担当者は区民の為の仕事をしていないと訴
える」と息巻いたら、「ちょっと待ってください。上司と相談します」と言って、
結局三文判の訂正印でOKとなりました。

 規制強化をやると住民のための行政サービスから離れていってしまう
お役所体質を為政者はよく理解すべきです。

 規制緩和も規制強化も、単に法の改正をするだけでなく、
お役所の体質を熟知した上で、その対策をとり、違反者に対するペナルティを強
化してからやらないと各種事件や問題が必ず起こります。

 一方、小池百合子自民党総裁候補が環境税の導入を訴えています。
私は目的税は反対です。環境税を一旦導入したら、環境という大義の下に、利権
構造ができあがり、税金の無駄と不正が必ず行われます。
 そんなこと介護保険の時に経験済みの筈です。逆の言い方をすれば、
新しい税金を導入することで、政治家と企業の新たな利権構造の模索を考えてい
るものと思っても良いかも知れません。

 世の識者は、財政再建のために、早く消費税アップを訴えていますが、
このような役所の規制緩和や強化に伴う無駄、浪費、詐欺等こういうものからな
くしていかないと、最近の物価高に苦しむ庶民を到底納得させられませんよ。そ
の部分では、5人の中では小池百合子さんの意見に同調しますが。
──────────────────────────────────────

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月18日 (木)

「マーキュリー通信」no.996【我が家の小さな家族、奇跡の生還!】

「マーキュリー通信」no.996【我が家の小さな家族、奇跡の生還!】
 我が家では2匹の金魚と2匹の赤いドジョウを飼っています。
 2匹の内の1匹は6年前に6匹購入した最後の1匹です。
丹頂鶴に頭の恰好が煮ているので丹頂という種類の金魚です。紅白2色の金魚な
ので、我が家では「紅白」という名前を付けて可愛がっています。

 毎朝私がエサをあげようとすると、私の所によってきて、大きな目をくりくりさせながら、
口をぱくぱくしてエサをねだります。6年前から飼っているので、購入した時と
比べ、20倍くらいの大きさになり、体長が16cmにも成長しました。金魚と
してはかなり高齢ですが、我が家にとっては大事な家族の一員です。

Kif_2213  そんな紅白が一昨日突然具合が悪くなり、腹を上にして苦しんでいます
(boblog「マーキュリー通信」の写真参照)。そして最後は砂の上に横たわり息
絶え絶えの状態となりました。もちろんエサを与えても食べようとしません。
 他の5匹も同じような死に方をしたので、そろそろ寿命と紅白の死を覚悟していました。
 しかし、紅白の奇跡の復活の為に、夫婦で真剣に祈りました。
お祈りはエルカンターレ・ヒーリングという修法ですが、修法エルカンターレ・
ヒーリングは、これまで人間に数々の奇跡を起こしてきました。まさか金魚に効
果はないと思い、ダメ元で修法エルカンターレ・ヒーリングを繰り返し夫婦で行
いました。

 Kif_2215 するとこちらの思いが通じたのか、それまでほぼ死んだ状態の紅白が突然動き
出しました。そして、腹を上にしていた状態から普通の状態になりました。そし
て、エサを全く受け付けない状態から、エサを積極的に求めるようになりました。
(写真参照)Kif_2220

 翌朝、紅白の所に行くと、いつも全く変わらない状態で、口をぱくぱくしてエサを求めに来ました。

 本日帰宅して紅白の様子を見ると、何もなかったかのように元気にすいKif_2216 すいと泳いでいます。Kif_2217 Kif_2218

 金魚にも我々の思いや愛情が伝わると、奇跡が起こるのだという体験をしました。

──────────────────────────────────────
◆◆編集後記◆◆
 武田邦彦著「偽善エコロジー」(幻冬舎新書)がベストセラー中です。8月1
2日付「マーキュリー通信」no.974でも取り上げました。
 武田邦彦氏の偽善エコロジーに対し、数々の疑問が寄せられています。「マー
キュリー通信」の読者からも書き込みがありました。
 参照URLがあり、そちらを読みました。武田邦彦氏の意見に対する反論です。
その反論を読むとなるほどごもっともと取れます。しかし、私にはどちらが正し
いかを判断する力はありません。

 但し、「マーキュリー通信」の読者の書き込み欄のコメントが、「おまえが騙
されてんだよ」とのひと言で、しかも匿名でした。この人は、きちんと名前を公
表して反論すべきでした。このひと言で、この人の人間性を判断されてしまいま
す。そして、武田邦彦氏への反論がとたんに信憑性をなくしてしまいます。

──────────────────────────────────────

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月17日 (水)

「マーキュリー通信」no.995【iPod vs Walkmanの戦い】

「マーキュリー通信」no.995【iPod vs Walkmanの戦い】
Walman iPodの独壇場に切り込む形でソニーがWalkmanの販売強化をしています。
といってもWalkmanの世界販売台数は07年度に580万台。ライバルのアイポッ
ドは07年4月~08年3月の1年間で5278万台(四半期業績の合算)と9
倍以上だ。ソニーは08年度の販売台数を2割増の700万台に引き上げる目標
で商品を順次拡充する。

 CD Walkmanが故障したので、最近Walkmanを購入しました。CD Walkmanと比べ、
超小型で、胸ポケットに入るので、その意味では画期的と言えます。又、パソコ
ンからダウンロードもでき、これまでのCD Walkmanと比べ、かなり使い勝手が
良いです。価格も1万円程度と手頃です。

 私は、歩行中はピーター・ドラッカーの経営論を聞き、電車の中では本を読み
ながらクラシックのBGMを聞いています。

 しかし、機能が格段にアップしたのですが、音楽中心の仕様なので、
私のように音声を聞きたいユーザーに取っては、取説が不十分です。

 ソニーがiPodを追撃するなら、私のような中高年層に音楽以外の音声機能も充実し、
使いやすさをアピールするなら、価格が手ごろなのだからiPodの追撃の為の新た
な市場開拓となります。

 私の場合、音楽だけを聞くためにiPodやWalkmanを買うつもりはありません。
あくまでも講演内容を聞くついでに、音楽も聞けたらベターと思っているような
ユーザーも意外といるかもしれません。
──────────────────────────────────────
◆◆編集後記◆◆
 米国証券大手リーマン・ブラザーズがサブプライム・ローンが引き金となり経
営破綻した為に、株式市場が大混乱となっています。
 数年前にはエンロンがデリバティブの失敗で倒産しました。

 デリバティブ全盛の10年前頃、私はデリバティブの専門家に、「デリバティ
ブはハイ・リスク、ハイ・リターン商品ですね。管理体制をしっかりしないと大
やけどをしかねないですね」と質問をした時、その専門家は返事に窮していまし
た。

 一方、サブプライム・ローンは、低所得者向けの住宅ローンですから、どんな
商品構成にしても、ハイ・リスク、ハイ・リターン商品であることには変わりあ
りません。
 この原理原則を無視して、金儲けに走ったことがサブプライム・ローン破綻の
原因といえるかも知れません。
 岡目八目的な素人の単純な疑問が的を得ていることも往々にしてあります。
 
 金融関係のプロの存在がクローズアップされ、かなりの高年収を稼ぐ人も出て
きています。しかし、今回の事件は、カネ、カネ、カネの拝金主義の結果がもた
らしたものと思っています。これを機に拝金主義を反省し、ビジネスの原点に立
ち帰って欲しいと思います。

──────────────────────────────────────

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月16日 (火)

ワンポイントアップの経営術-29「自信過剰と謙虚さ」

━━━━━━━━━━━━━━ 2008年9月15日━━━━━━━━━━━
> >  □■□  中小・ベンチャー企業コンサルタントが語る
> >  ■□■  ワンポイントアップの経営術 29号
> >  □■□  【「自信過剰と謙虚さ」】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「マーキュリー通信」no.994
【中小・ベンチャー企業コンサルタントが語るワンポイントアップの経営術-29
「自信過剰と謙虚さ」】
 ベンチャー企業家の性格は前向きでチャレンジングな人が多いです。
しかし、これが強く出過ぎると自信過剰となってきます。そして、人の話を聴か
なくなってきます。これが往々にして落とし穴となります。
 過去、事業で失敗した人の大半はここに原因があります。
 
 それでは自信過剰を防ぐにはどうしたらよいでしょうか。
それは謙虚さです。謙虚さとは、人の話に素直に耳を傾けるということです。
 パーフェクトな人間は世の中に存在しません。ワンポイントアップの経営術でもお話ししたように、
自分の強みが余り強く出過ぎると、躓く原因となります。

 謙虚さというブレーキをうまく踏みながら、経営の舵取りをしていくと、
大きな失敗に繋がることはまずないと思ってください。

────── ∞ ────── ∞ ────── ∞ ───────∞ ───
【 編 集 後 記 】
 過去自信過剰で突っ走り大やけどをしたベンチャー企業経営者を多数見てきま
した。
 今回のワンポイントアップの経営術は短いですが、かなり含みのある内容と言
えます。

               中小・ベンチャー企業コンサルタント 
                   独立開業支援コンサルタント
                            菅谷信雄
--------------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月15日 (月)

「マーキュリー通信」no.993【人生100年時代を勝ち抜く為の最強戦略-13「政府の役割」】

「マーキュリー通信」no.993【人生100年時代を勝ち抜く為の最強戦略-13「政府の役割」】
 厚労省が75歳以上の高齢者を後期高齢者と呼び、不評を買っています。役人がやるとどうしてもこういう心が通わない言葉になります。

 私なら後期高齢者をプラチナ・エイジと呼びます。プラチナ・エイジの役割は、これまでの経験を活かし、本人の心身の健康状態と経済状態により、様々な社会参加をしていきます。基本的にはボランティア活動です。ボランティア活動による社会参加により、本人は喜びを感じます。その結果、寝た切りや認知症老人の減少に繋がります。
 政府の介護保険制度は、寝た切りや認知症老人を増加させる政策です。又、医療費は徴収すべきです。ただと思うから安易に医者にかかろうとします。これが医療費の増加の要因の1つとなっています。もちろん低所得の高齢者には配慮はすべきですが。それでも若干は徴収すべきです。逆に医者に1年間かからなかったら報奨金を出すくらいのことを考えたらいかがでしょうか。こうすれば医療費の削減に繋がります。

 一方、65~74歳の高齢者をゴールデン・エイジと呼びます。ゴールデン・エイジは、基本的には働いていただきます。つまり、政府が年金支給は原則75歳以上と宣言するのです。但し、健康上の理由で、仕事ができないゴールデン・エイジには予定通り支払います。この年代では、本来支給されるべき年金の受取が遅れるわけですから、受給年齢に達したら、未払いの年金を加算して支払うのです。その分受給年金額がアップするので、75歳になるまでは何とか仕事をしようと頑張るわけです。現在の70代前半の高齢者はまだまだ元気です。従って、ゴールデン・エイジの高齢者が働ける職業機会の場を与えるように官民挙げて努力するのです。尚、受給する年金額は、インターネットで検索すれば分かるようにしておくべきです。こういうコンピュータ化には積極的に投資すべきと考えます。

 このような高齢者対策をすることで、福利厚生費の増加に歯止めをかけることができ、その結果消費税アップにもブレーキをかけることができます。

編集後記
 Kif_1910_2元関脇荒勢氏が心筋梗塞の為、亡くなったとの訃報に接しました。享年59歳。心よりご冥福をお祈りします。
 荒勢氏は私と同じ歳ということもあってウマが合っていたようです。時々荒勢氏から電話があり、ビジネスの話や異業種交流会へのお誘いがありました。荒勢氏は、後輩思いで日大後輩の琴光喜関を大関にしようとその激励パーティを開いたこともありました。2~3年前に脳梗塞を患い、まだ話すのがもどかしげなのが気になっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月14日 (日)

「マーキュリー通信」no.992【私を育ててくれた元上司達-番外編1「三井物産㈱元会長橋本榮一氏」】

「マーキュリー通信」no.992【私を育ててくれた元上司達-番外編1「三井物産㈱元会長橋本榮一氏」】
 Hashicmotokaicho0000 三井物産㈱元会長橋本榮一氏が8月12日に98歳で永眠されたという訃報に接しました。私が昭和47年に三井物産㈱に入社した時には副社長でした。当時は雲の上の存在の人でしたからもちろん面識はありません。

 橋本榮一氏が昭和44年に当時の八幡製鉄所の社員を前に講演しました。その内容を取りまとめた小冊子が昭和59年に「人が仕事をつくり、仕事が人を磨く」として、社員向けに配布されました。

 この度訃報に接し、改めて橋本榮一氏の遺作を20数年ぶりに読んでみました。すると当時とは又違った感覚で読むことができました。

 その中で一番印象に残った箇所は、商社マンとメーカーの人間のものの考え方の違いです。

 メーカーの頭の回転の仕方は、車の軸心の動き方、即ち、求心的に深く動く。スローでいいから、非常に深く、じっくりと動く。これがメーカーの頭の仕方、ものの考え方である。

 一方、商売人の頭の回転は外輪的な動き方をする。頭も体の回転は、遠心的に大きく回らなければいけない。

 この一節は、若い時に読んでもピンと来なかったと思います。今だからこの一節を充分理解できるわけです。現在の私の頭の構造も、体の動き方もまさに橋本榮一氏が指摘した通りになっています。
 だから私のものの考え方や動き方は商売人そのものであり、商売人とメーカーの人間との役割分担があるのだと思います。

 そして、この小冊子のタイトルを改めて眺め、まさにその通りだと実感しました。私自身も、自ら多数の仕事を作ってきたし、仕事を通じて成長できてきたことを実感します。

──────────────────────────────────────
 【 編 集 後 記 】
 私の前を歩いていた若い女の子2人が、周囲に全く気を遣う様子もなく火のつ
いたままたばこの吸い殻を突然ぽーんと捨てました。
 一方、近くの山手線大塚駅前では、「豊島区ではたばこのポイ捨ては禁止です」
と歩行者に訴えかけています。

 先日、JTの社長が、英国のたばこが1箱1000円なので、日本もそれに倣い、
1000円にすべきだとの意見があるが、それは横暴だと憤慨していました。
 喫煙者のマナーは最近大分良くなってきたので、今後もマナー改善に尽力して
きたいと抱負を語っていました。

 喫煙者と非喫煙者の意見やものの見方は全く視点も異なります。確かに、昔と
比べれば、喫煙者のマナーは改善されたと思いますが、「たばこを吸ってもよろ
しいですか」と非喫煙者を気遣い、一声かける喫煙者はまだまだ殆どいません。
 このような気遣いをすることが、マナーの原点だと私は思いますが。

──────────────────────────────────────

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月13日 (土)

「マーキュリー通信」no.991【私の健康法-55「歯の治療で損をしないコツ」】

「マーキュリー通信」no.991【私の健康法-55「歯の治療で損をしないコツ」】
 私は歯周病予防のために歯周ポケットのチェックに自宅付近の歯医者に半年に一度通っています。
その時に、虫歯の定期的チェックと歯垢歯石の除去を行います。これを実践する
ことで高齢者となっても入れ歯にしなくても済み、快適な食生活を送ることがで
きます。

 厚労省では、80歳になっても20本は自分の歯で食事をしようという「8020運動」を
呼びかけていますが、80歳で20本自分の歯がある人は少ないようです。その最大
の原因は歯周病だそうで、日本人の約9割が歯周病だそうです。歯周病がひどく
なると歯槽膿漏となり、歯茎がぐらぐらとなり、入れ歯となります。そして後で
辛い思いをするのは自分です。
 自分の歯で食べるのと、入れ歯で食べるのでは食感も違い、
ステーキ等固い食べ物も食べることができるので歯の予防は大事です。もちろん
歯の定期健診も保険が利きます。本日は初診料がかかったので1590円の費用でし
た。通常30分くらいかかるのですが、私の場合、日頃の歯の手入れがしっかりし
ている為、僅か15分で済みました。

 さて、本日の定期チェックの際に、10年近く前に入れたインプラントを
そろそろ取り替えた方が良いと言われました。
 その時の歯医者の説明では、私の歯はインプラントを入れるのがベストと言われ、
健保が利かないため50万円以上支払ってインプラントにしました。
 しかし、インプラントは永久ではなく、10年に一度程度は取り替える必要が出てくるそうです。
 本日のチェックでは、私の歯は、インプラントにする必要がなかったそうです。
インプラントの除去後は、保険の利くブリッジにすれば良いとのことです。
 インプラントの問題点としては、インプラントの内部に菌が入って、
雑菌が繁殖するとインプラントを取り替えなければならないそうです。すると又
数十万円の治療費がかかります。

 インプラントを入れた歯科医は儲け主義で、歯の治療以外で月10万円もする
サプリメントを無理強いしてきたので、その歯医者を止めることにしました。

 皆さんが通っている歯医者で、もしインプラントを勧める歯医者がいたら、
別の歯医者のセカンドオピニオンを入手し、どうしても必要かどうかを納得して
からインプラントにすることをお勧めします。そうでないと金儲け主義の歯科医
のお得意さんとなってしまいます。
 その歯科医の場合、虫歯となった私の歯を1本抜いてしまいました。
その後、他の歯科医に聞いたら、歯を抜く必要など全然なかったそうです。

 患者の無知をよいことに、インプラントを勧める歯医者と、
勝手に抜歯する歯科医は要注意です。

──────────────────────────────────────
 【 編 集 後 記 】
 知り合いの男性で、周りから見ても明らかに歯槽膿漏だと判っているのですが、
歯医者に行くのが怖くて、ずっと逃げ回っていました。しかし、周りからうるさ
く言われるので、観念して歯医者に行きました。

Bwme  もちろん歯槽膿漏で歯茎はぐらぐら、抜歯することになったそうです。かなり
の本数を抜歯することになりそうですが、世の中には痛い目に遭わないと行動に
移さない人も多数いるようです。

──────────────────────────────────────

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月12日 (金)

「マーキュリー通信」no.990【第72回「新しい時代を創る経営者の会 音声で判るメンタルヘルス」 】

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓  2008年9月12日〓〓〓〓〓〓〓〓 
                                  
          「マーキュリー通信」no.990
   【第72回「新しい時代を創る経営者の会 音声で判るメンタルヘルス」 】
                            http://mercurytsushin.cocolog-nifty.com/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

今月の「新しい時代を創る経営者の会」は、まさにIT時代に経営者に求められる経営要素「メンタルヘルス」でした。

 Kif_2203 僅か5分間の問診に対し、声で応答する。その声をパソコンソフトが聞いて、問診者のメンタルヘルスを判定するという画期的なものです。

 IT社会の進展と共に職場でのストレスが増加し、うつ状態の人の数が毎年増加しております。全国6400万人の就業者の内、2~3割に当たる2000万人前後の人がうつ状態又はうつ病予備軍なのだそうです。

 Kif_2205 うつ病にならないまでも、気分的に落ち込むことで業務能率が悪化している人は全国で約1000万~2000万人もいるそうです。

 経営者の立場からこれを見て、そして、ホワイトカラーの生産性を上げていくためには、メンタルヘルスチエックならびにその改善対策をしっかりやり続けることが、経営課題の極めて重要な1つになったと言えるのです。

 一方、昨年4月から厚労省により企業の安全配慮義務が課せられています。
つまり、管理職が部下のメンタルヘルスに気を配ることが法的にも求められるようになった訳なのです。これを怠ると、確実に訴訟等では敗訴し、結果、ペナルティを支払うことにもなり、またその上、社会的制裁も受ける恐れがあるのです。 経営者としても否が応でもメンタルヘルスマインドの重要性を認識していかなければならない時代になってしまったことを知るべき時が来たのです。

 さて、今月の「新しい時代を創る経営者の会」は、㈱シーメット医総研/アレグリア㈱による「音声によるストレス解析サービス」です。
http://www.alegria.co.jp/imgnew/huedex_catalog_080522.pdf
 本サービスは、イスラエルの軍事技術の転用で始まりました。イスラエル軍が捕虜を捕まえた時などに、ウソ発見器を使いますが、その技術を応用したものです。イスラエルは特にこの方面の技術が発達しているようです。

 本サービスは、僅か5分程度の声による問診(Q&A)で、自分のメンタルヘルスの状況がグラフ化されて分かります。一見元気そうに見えても、このサービスを使うと、ストレスの状況も含めて直ぐに判ります。従業員が手軽に使え、継続的に利用できるところから、継続的な安全配慮と言うエビデンスを容易に得ることが、記録とともに可能になったのです。これが本システムの一番のポイントと言えるようです。

 個人情報なので、その扱いは会社と社員の双方で機密保持の取り決めをした上で、会社としてはメンタルヘルス上の活用に限定して使えば、かなりの利用価値はありそうです。

 利用料金も本サービス(パソコン機器+基本ソフトウエアの購入が基本、若しくは機器類の貸出料)は、基本料は月額6万円程度のリース料で済むが、その他に1人あたり1,500円のメンタルヘルスチエック料がかかります。その他に、社員の生産効率を継続的に図る意味でも今後必要経費となってくることと思います。

★従業員のメンタルヘルスを管理するキーワードは、「けちなのみや」だそうです。

け:欠勤
ち:遅刻
な:泣き言を言う
の:能率が下がる
み:ミスが多くなる
や:辞めたいと言い出す

 覚えやすいので、メンタルヘルスのキーワードとして覚えておくとよいと思います。

★今回のプレゼンテーション・ペーパーをご希望の方はご連絡ください。PDFファイルでデータが重いのでご希望の方にのみ送ります。

========================================================================
> > ** 明朗 ** 愛和 ** 喜働 **
> 〒113-0033文京区本郷2-39-5 ニュー本郷ビル
> > 【NPO法人市民と医療を結ぶ会】 http://www.just.st/?in=7199436 
> >  Tel ;03-6905-7533    、Fax  ;03-6662-7834
> > 【株式会社  シーメット医総研】 代表理事 中野隆男
> >   Mail;nakanot@cimeto.com、Mobile;090-3085-1539
> > ==Tel ; 03-6662-7833    、Fax  ; 03-6662-7834

========================================================================

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年9月 9日 (火)

「マーキュリー通信」no.989【その時人生が動いた-22「リースマンション最大手 マルコーが倒産」】

バブルが崩壊し、土地、株式が暴落し始めて来た時のことでした。一橋大学旧剣道部の友人と飲み会をやっていた時に、当時大手都銀に勤務する友人からリースマンション最大手 マルコーの経営危機の情報を入手しました。  その時、私はマルコーのリースマンションを2棟所有していました。友人からその情報を得た翌日に2棟を売りに出しました。売りに出したら、幸いにも直ぐに売れました。そして、売却代金の入金してから1週間後、1991/8/29 にマルコー倒産のニュースが入ってきました。同時に、マルコーのリースマンションの売買は凍結されました。 売却益は1000万円程出ました。同時に私は持っていた株式を全部を売却しました。こちらの売却損は1000万円でした。リースマンションの売却益と差引チャラでした。 結局株式投資は、バブル全盛期に1000万円の利益を上げ、バブル崩壊後1000万円の損をしたので、株式投資ではプラスマイナスゼロという実績でした。  リースマンションの価格も、株価もその後ご存知の通りどんどん下げ続けました。もし、あの時リースマンションと株式を全て処分していなかったら、1億円程度の損を出していたことになります。 当時、大手企業の課長職以上には銀行から2億円程度の融資を無担保で貸してくれた時代でした。この銀行融資に乗せられて、株式や不動産に手を出し、自己破産した人も多数います。  私の場合は、友人の情報のお陰で大損を免れ、その友人には本当に感謝しています。 私はそれ以来、株式投資から手を引きました。  現在は、ベンチャー企業に対する投資を(有)マーキュリー物産として行っています。こちらの方は、やはりベンチャー企業だけあって、倒産した企業も3社あり、3社で300万円の損となりました。やはりベンチャー企業の成功確率は低いです。但し、幸い1社から2000万円程のキャピタルゲインを得たので、他社の損を十分吸収しています。現在は、ベンチャー企業の出資も控えています。  何もやらなければ、損も得もしなかったわけですが、株式投資やリースマンションの怖さも同時に実際に経験をすることにより、貴重な経験と教訓を得ることができました。 ────────────────────────────────  【 編 集 後 記 】 最近は再び土地のミニバブルが弾け、土地は再び下落傾向にあるようです。不動産に対する神話は崩れたようですが、マイホームに対する信仰は未だ根強いです。 不動産が更に下落する傾向の中で、35年もの超長期ローンを組むことは、かなりリスクが高いということを認識し、充分なマイホーム購入資金を集め、余裕をもった資金計画をすることが肝要と考えます。 この基本を外すと、後で自分の首を絞めることになります。借金に追われる人生となってしまいます。 ----------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 8日 (月)

ワンポイントアップの経営術-28 「M&A,IPO等の場合、それぞれ専門分野が得意な弁護士、公認会計士、FAを選ぶ】

■「マーキュリー通信」no.988
【中小・ベンチャー企業コンサルタントが語るワンポイントアップの経営術-28
「M&A,IPO等の場合、それぞれ専門分野が得意な弁護士、公認会計士、FAを選ぶ】

■ベンチャー企業が成長してくるとIPOに向けて期待が膨らんできます。
しかし、IPOのメリット、デメリットがあります。P1010043
 メリットは、創業者や社員にキャピタルゲインが期待でき、大きなインセンティブとなります。
 逆にデメリットは、IPOに向けてのコンプライアンスです。このコストが年々上昇し、
今や年間2~3億円くらいは覚悟しておいた方が良さそうです。

■又、今まで社長が自由にできいた経営が、だんだんと縛られ、窮屈に感じてきます。
もちろんベンチャー・キャピタル等新たな株主ができれば、株主対策が重要課題
となり、そちらにも大分神経を使うようになります。

■一方、M&Aのケースも出てきます。

■さて、IPOにしろ、M&Aにしろ、当然プロの専門家が必要となります。
例えば、弁護士や公認会計士、ファイナンシャル・アドバイザー等が必要となっ
てきます。

■特に、M&Aの場合、弁護士や公認会計士は、その分野に強い弁護士や公認会計士を頼まないと、
実務レベルで役に立たないことが出てきて、徒に報酬を支払うことになります。
特にこの世界の報酬に関しては、あまり値切り交渉ができない世界ですから、事
前に各専門家がその分野に強いかどうか確認しておくことです。

■更に重要なことは、弁護士が依頼人の利益を本当に代弁してくれるのかどうか
チェックすることです。時として、
依頼人の利益を代弁せず、相手方につくような不届きな弁護士もいますので、も
し、そのような疑問が生じたら、セカンドオピニオンを別の弁護士からもらうこ
とです。そして、もし代理人弁護士が依頼人の利益に反したことをやっているよ
うだったら、解任する勇気も必要です。

■このような行為は双方代理として、法律で固く禁じられており、
発覚したら弁護士資格を剥奪されます。しかし、実際には表沙汰になることの方
が少ないようです。
>
> ────── ∞ ────── ∞ ────── ∞ ───────∞ ───
>
>  【 編 集 後 記 】
>  私自身、現在M&Aに関わっていますが、この世界は本当に何が起こるか分か
らない世界です。利害関係者のいろいろな思惑が絡み合い、なかなか理屈通り動
かないの実態のようです。
 この時、特に弁護士の人選が重要となってきます。
>                中小・ベンチャー企業コンサルタント 
>                    独立開業支援コンサルタント
>                             菅谷信雄
--------------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 7日 (日)

「マーキュリー通信」no.987【経験から学ぶマンション管理の重要性-5「駐輪場対策」】

Kif_2196
マンション・デベロッパーが入居者の入居後の事を余り考えないものの1つに駐輪場があります。
 前のマンションは630戸の大規模マンションでしたが、各戸の駐輪場の割り当ては1台でした。
その為、10年住んだ頃には駐輪場から自転車が溢れ出し、マンション内の敷地が
雑然として、美観上も好ましくありませんでした。

 現在のライオンズシティ池袋も駐輪場は各戸1台の割り当てです。
そこで、レンタサイクル制度を提案し、住民から自転車を募りました。私も1台
提供しました。

 一方、2台目の所有にブレーキをかけるために、2台目から1台につき
年間3千円の駐輪代を課しました。駐輪代収入は、理事会が通常の管理費とは別
会計で管理して、レンタサイクルの購入、修理費、駐輪場の整備費等に当ててい
ます。
 そのお陰で、13年経った現在でも自転車の増加は抑えられ、
駐輪場は整然と整理されています。

────────────────────────────────
 【 編 集 後 記 】
 先日、boblog「マーキュリー通信」no.974「偽善エコロジー」の中で、家電リ
サイクル制度がだんだんと形骸化してきていることが分かりました。
 先日のワールド・ビジネス・サテライトでも、家電リサイクル料金を値下げす
るとの発表がありました。
 理由は、引き取った家電製品が中古品として販売されているからです。役所は、
この事実については見て見ぬふりをしています。
 役所主導で作った家電リサイクル法のお陰で、国民は高い処分料を押しつけら
れているようです。本当に、怒れ!消費者です。

----------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 5日 (金)

「マーキュリー通信」no.986【人生100年時代を勝ち抜く為の最強戦略-11「転生輪廻の法則を理解すると人生観が180度変わる」

前回の人生100年時代を勝ち抜く為の最強戦略「三途の川の渡り方」では
「勇気を頂いた」他多数の感想が寄せられました。ありがとうございます^o^

P1010048  さて、今回の「転生輪廻の法則を理解すると人生観が180度変わる」は、
私の人生観に一番衝撃を与えた法則だと思います。
 つまり、死んだら灰になってあの世に行くと思うだけではまだこの世に未練が残ります。
しかし、人は過去何十万回とあの世とこの世を行ったり来たりしている存在だと
いうことを知ると、この世の生き方ががらりと変わってきます。

 まず第一に死に対する恐怖がなくなります。しかし、こういうと中には、
「それでは自分のやりたい放題やって死ねばいいんだ」と勘違いする人が出てき
ます。やりたい放題やって人に迷惑をかけた人は一旦地獄に堕ちて、反省を強い
られます。

 オウムの教祖麻原彰晃は、石川五右衛門の生まれ変わりと聞いていますが、
一度地獄で猛反省をしてから、今世は真っ当な人間として生まれ変わる決意をし
たはずでした。しかし、今世も邪教の教祖として世間を大混乱に陥れた罪で、死
後は無間地獄という地獄の最深部に堕ちて、何千万年も猛省を強いられることに
なりそうです。そして、本人が自分の罪に気がつき、目覚めて初めて天国へと昇
り、再び生まれ変わることができます。

 私の場合、好奇心が旺盛なので、いろいろなことにチャレンジしてみたいと思っています。
来世では今世と全く別の道を歩みたいと思っています。
 私は中学生の時に、東大で建築工学を学び、将来は都市工学の道に進みたいと思っていました。
しかし、高校生の時に、日本は小資源国家、だから貿易を通じ国家に貢献したい
と思いました。世界に股をかけるビジネスマンの道を選び、一橋大学商学部に進
学し、三井物産という総合商社を選びました。

 来世は、好きな数学と英語を生かし、国際的に活躍するエンジニアの道に進みたいと
思っています。多分生まれる国は日本ではなく、欧米を選択すると思います。
 このように生まれ変わる時には、自分で人生計画を立て、その人生計画を全うするために、
国や両親を選択することができるようになっています。
 この法則を知っているだけで、あの世に行くことは、期待や希望に変わってきます。

 もう1つ重要な法則は、この世でどれだけ社会に貢献したか、人々を幸福にしたかで、
還れる世界が異なります。良い行いをした人は、高い次元の世界へと還れます。
この法則を理解しておくと、今世でできるだけ世の為、人の為に頑張ろうと思い
ます。そして、その結果、自分自身の幸福感も増してくることに気付きます。

 転生輪廻は、平均的な人は300年に1回程度生まれ変わります。
時代、地域を超えて生まれ変わります。
 米国のブッシュ大統領は、イラクのフセイン大統領を抹殺しました。
どちらが正しいかは神のみぞ知ることですが、ひょっとしたら2人は来世で逆の
立場を演じるかも知れません。つまり、ブッシュ大統領がイラクに生まれ、米国
に生まれたフセインから攻められ、お互いの立場を理解するようになります。こ
れをカルマの法則ともいいます。この法則を理解していると世界中から戦争がな
くなり、平和な世界になっていきます。戦争をすること自体がばかばかしくなっ
てきます。

 転生輪廻の法則を知っていれば、無理して長生きしようと思いません。
この世への執着もなくなります。私は100歳まで生きる人生計画を立てています
が、もし、途中で世間に迷惑をかける高齢者になっているようでしたら、神仏に
早くあの世に引き上げてもらうように祈ります。

────────────────────────────────
 【 編 集 後 記 】
 セミが我が家のベランダで死んでいました。セミは成虫になって、僅か1週間
しか生きないそうです。
 これをもって可哀想と思うかどうか。諸行無常と感じるかどうか。セミにはセ
ミの生涯があるわけです。
 人間にも若くして死ぬ人もいます。しかし、人生を生きた長さでなく、いかに
人生を生ききったかが大事と思います。人から煙たがれ、長生きしていることほ
ど辛いことはありません。少なくとも私はそんな老人になりたくありません。

----------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 3日 (水)

「マーキュリー通信」no.985【人生に勝利する方程式-39「豊かな社会を肯定する」】

Image002
 最近小林多喜二の「蟹工船」が40万部も売れ、ベストセラー中だそうです。
 「蟹工船」は昭和4年(1929年)に発売されたベストセラー書です。
当時は、資本家が労働者を搾取し、貧富の差が激しく、「女工哀史」なる言葉も
生まれ、共産主義革命がいつ起きてもおかしくない時代背景でした。

 「蟹工船」は、最近マスコミで話題にしている言葉、主に「ワーキングプア」
から支持されているとのことです。彼等が「蟹工船」を支持するのは心情的に理
解できます。

 しかし、現代の日本は世界第2位の経済大国となり、豊かな社会となりました。
昭和初期と比べ、自由な社会となりました。

 一方、共産主義国旧ソ連も75年の壮大な実験の結果、見事失敗に終わりました。
北朝鮮は独裁者金正日の下、世界最貧国の国民として生活苦に喘いでいます。

 共産主義は、金持ちに対する嫉妬を持っており、金持ちからお金を取り上げて
当然という発想を持っています。日本の官僚やマスコミ、有識者の中には、政策
の変更をしようとすると「金持ち優遇に繋がる」という金持ち嫉妬論が頭をもた
げてきます。

 豊かな社会は、豊かな社会を為政者も国民も肯定するところから生まれてきます。
そこから富が還流してきます。為政者のなすべき事は、その還流しているお金を、
様々な事情から自立が困難な人に対し、自立を促す為の各種施策の実行に振り向
けることです。
 
 個人レベルで見ると、この豊かな社会に暮らす中で、自分はどのような形で社会に
役に立ち、その見返りとして報酬を受けることができるかと考えることが肝要で
す。この原則を理解し、努力精進しながら自分を磨いていけば、多少時間のギャッ
プはあっても自ずと道は開けてきます。「小欲知足」、即ち自分の身の丈にあっ
た生活をしていけば、心が落ち着き、豊かな社会の恩恵を受けるようになります。
現代の日本はいろいろな問題はあるにせよそのような制度仕組みになっています。

 私の友人新田義治氏が最近「成功本はムチャを言う?!」(青春新書735円)を
出版してアマゾンで第1位となりました。新田義治氏も自分の性格にあった身の
丈にあった成功を主張しています。
http://www.amazon.co.jp/gp/browse.html?node=489986
 そして、私が標榜する「人生に勝利する方程式」も、決してお金の多寡だけを
言っていません。自分が得た富をいかに世のため人の為に還元できたかが人生に
勝利する前提と思っています。

 日払い派遣労働の最大手グッドウィルが日払い派遣労働者で違法派遣をしたために
同社は廃業となりました。そして、この影響を受けて日払い労働者の派遣も原則
禁止になるそうです。

 しかし、これなども企業=悪、労働者=ワーキングプア層=可哀想という発想に
基づいています。これなども共産主義の変形版であり、豊かな社会を否定する考
え方です。

 様々な価値観が飛び交う現代社会、日払い労働を希望する労働者もいるのですから、
官が禁止することは憲法で保証されている労働権の侵害に当たります。ポイント
は、日払い派遣の問題点、例えば失業保険をつけないとかを是正すれば良いわけ
です。

 最近景気が悪化しているので、この種の悲観論がまたぞろ台頭しているようです。

────────────────────────────────
 【 編 集 後 記 】
 福田首相が突然の辞任しました。もともと国民から期待されず、自民党の派閥
の論理で首相になった人だから、自分の能力の限界を知り、これ以上国民に迷惑
をかけてはいけないと思っての辞任でしょうから、福田首相の勇気に拍手したい
と思います。
 但し、現在の1000兆円近い赤字国債の元凶の仕掛け人は父福田赳夫氏でした。
私としては、父が蒔いた悪しき芽を息子が刈り取ってくれることを1万分の1%
ほど期待していたのですが、やはり駄目でした。

 一方、次期首相候補の一人小池百合子氏は国民の人気が高いですが、1つだけ
気になる点があります。それは炭素税の導入です。新しい税を導入すると、そこ
には必ず利権構造が発生し、税金の浪費と汚職の温床になります。
 もし炭素税が実現したら、環境、エコの大義の錦の御旗、様々な利権構造が形
成されることは容易に想像できます。

----------------------------------------------------------------

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »