« マーキュリー通信」no.1000【boblog「マーキュリー通信」を発信して1000号となりました】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1002【私のコミュニケーション論-71 »

2008年9月24日 (水)

「マーキュリー通信」no.1001【映画「ボディジャック」の試写会を見て】

「マーキュリー通信」no.1001【映画「ボディジャック」の試写会を見て】

昨日映画「ボディジャック」の試写会を見て来ました。
 
 Bodyjack01 主人公テツは団塊の世代で、元学生運動家。学生運動の夢破れ、
しがないサラリーマンとなる。その20年後はコピーライティングの広告代理店の
仕事。

 酒が好きなテツは、酔っぱらって帰宅する途中でボディジャックに遭う。
ボディジャックとは憑依のことです。憑依したのは、幕末の革命志士土佐藩の月
形半平太。月形半平太は別名武市半平太でも知られています。月形半平太は、志
半ばで切腹で死ぬ。
 
 Bodyjack020000 月形半平太は、テツをボディジャックして、同じく幕末の志士で人斬り以蔵として
有名な岡田以蔵を探している。人斬り以蔵も、月形半平太の密告により幕府に捕
まり、最後は拷問にあって非業の死を遂げた。そのため、月形半平太に恨みを抱
き、別の人間にボディジャックして、月形半平太を探している。その間に以蔵は
次々と殺人事件を起こしていく。

 そして、月形と以蔵は再会する。月形半平太は、以蔵の居場所を幕府に伝えたのは、
これ以上を犠牲者を出さないためであり、決して私心ではないことを訴える。一
方、以蔵は半平太の密告を許せない。
 2人は真剣を抜き、死闘を展開する。そこに同じ土佐藩の坂本龍馬が現れる。
龍馬の言葉に以蔵は半平太を許し、以蔵は地獄から抜け出し、天国へと向かう。
 
 主人公テツは私と同じ団塊の世代なので共感を呼ぶ部分があります。
「俺は帝国主義の先兵である三井物産を変えてやる!」と豪語していた一橋大学
の民青のリーダーが、三井物産に入社して1年後には、急におとなしくなり、20
年後には普通の中年のおじさんになった同期生とテツとがダブって見えました。

 ※民青とは今の若い人には死語となってしまったでしょうが、
共産主義を理論闘争で実現しようとする穏健派全学連です。

 さて、映画ボディジャックで注目したいのは、最近のスピリチュアルブームを
反映して、憑依現象を映画で取り上げたことです。
 憑依現象とは、悪霊が人間の体にとりつくことですが、世の中に対し不平不満を
絶えず持ち続け、酒にはけ口を求めている人間は憑依されやすくなります。
 
 テツの場合、世の中に対する不満から学生運動として活動し、その夢が叶わぬまま、
鬱々として社会に出たわけです。実はテツの性格は半平太に似ているのです。だ
から半平太がボディジャックしたことになるわけです。

 一方、以蔵は地獄に堕ちた悪霊です。従って、テツよりもっと心の状態が暗い人間に
憑依します。よく「魔が差した」という言葉が使われますが、実は悪霊が憑依し
たからいろいろな事件を引き起こしていくわけです。
 先日千葉県東金市の路上で保育園児の殺人事件の犯人などはまさに殺人犯本人の
世の中に対する強い不平不満状態に悪霊が憑依して事件を起こしたといえます。

 映画を見ていて、殺人鬼以蔵が出てくる場面は会場全体が悪い波動に包まれている
ことを感じました。

 一方、最後龍馬の登場場面で、会場全体の波動は突然変わります。
会場全体の波動が光で包まれるように感じる不思議な感覚に包まれます。

 映画「ボディジャック」を通じて感じたことは、夫婦間の猜疑心が悪霊を呼び込み、
夫婦の不和を増長させていきます。一方で、夫婦の不和の原因がお互いの誤解が
原因と気づき、お互いに理解しようとします。そして、夫婦間の愛情が悪霊を遠
ざけていくというその辺の心の波動の妙を感じる新しい試みの映画でした。

 ボディジャックの作者が訴えたいことを理解すれば、世の中の悲惨な事件が
どのようにして起こるのか、逆にどのようにしたらそれを予防できるのかが分かっ
てきます。
 その意味では、新しいジャンルを開拓した興味深い映画といえます。
 10月25日から上映予定です。新しい世界が開けるかも知れません。お勧めです。
http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD13345/index.html

*************************************
──────────────────────────────────────
◆◆編集後記◆◆
 boblog「マーキュリー通信」1000号に対し、多数の方からお祝いのメッセージ
を頂きました。本メルマガを通じてお礼を申し上げます。
 本当に読者の皆様の励ましの言葉がboblog「マーキュリー通信」の原動力となっ
ています。
 今後も引き続きご支援のほどよろしくお願い申し上げますm(__)m

──────────────────────────────────────
◆私の友人の㈱ラヴィ青木社長からの紹介です。住友不動産ヴィラフォンテーヌ
「六本木アネックス」内にて、10月1日より「耳クリーン」を「MimiPanf03.pdf」をダウンロード 開業することにな
りました。別添紹介状(boblog「マーキュリー通信」にあります)を持参すると
10%引きとなるそうです。「02.pdf」をダウンロード

*************************************

|

« マーキュリー通信」no.1000【boblog「マーキュリー通信」を発信して1000号となりました】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1002【私のコミュニケーション論-71 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/42582494

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.1001【映画「ボディジャック」の試写会を見て】:

« マーキュリー通信」no.1000【boblog「マーキュリー通信」を発信して1000号となりました】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1002【私のコミュニケーション論-71 »