« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月30日 (日)

「マーキュリー通信」no.1029【「創レポート」11月号 「資金繰りの重要性を考える」】

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓  2008年11月30日〓〓〓 
                                  
             「マーキュリー通信」no.1029
                       【「創レポート」11月号 「資金繰りの重要性を考え
            る」】
         
                    http://mercurytsushin.cocolog-nifty.com/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 今月の「創レポート」は、「資金繰りの重要性を考える」です。
 非常に耐無理なー内容です。中小・ベンチャー企業の経営者の方は是非熟読してください。
 又、中小・ベンチャー企業と取引のある大企業の方も、中小・ベン
チャー企業の立場に立ち、与信面や、経営を把握するのも肝要といえます。
 「創レポート」の内容は、boblog「マーキュリー通信」からご覧頂けます。

************************************************************************

世界を揺るがせた「リーマン・ショック」が意味するもの!
     「貸し渋り」再燃に備える対策とは!?
☆☆☆ 時代背景から“資金繰り“を再考する! ☆☆☆

                    ◆本レポートの内容◆

     あと一歩先の経営を考えるシリーズ①
     「貸し渋り」再燃に備える対策とは!?

     【1】時代背景から“資金繰り”を再考してみる
     【2】多くの社長が抱える共通の悩み……
     【3】それは構造の問題だった!?
     【4】比べてみると“当たり前”なのに……
     【5】魔法のような方法ではなく小さな工夫

米大手証券リーマン・ブラザーズの破綻は、米国の金融危機をいっそう深刻なものにしました。
日本の金融市場への悪影響も必至で、再び「貸し渋り」が始まったとも言われています。資金繰りは企業にとって生命線です。いざというとき困らないために、早め早めの対策を取っておきたいものです。
*******************************************************************************

******************
  公認会計士・税理士 伊藤 隆
  【本   部】03-3556-3317
  【会計工場】059-352-0855
    http://www.cpa-itoh.com
   中小零細企業の存続と
             その未来のために
******************

 http://venture.ganriki.net/
*************************************
──────────────────────────────────────
◆◆編集後記◆◆
 11月24日の独立開業支援セミナーでは、中小・ベンチャー企業にとり、資金繰りが最重要だと力説しました。銀行の貸し渋りが再燃する中、資金繰りにゆとりを持たせた経営をしていかないとそれだけでストレスが溜まり、メンタルヘルス「sr0811.pdf」をダウンロード 上も好ましくありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月28日 (金)

boblog「マーキュリー通信」no.1028【私はコミュニケーション-76「コミュニケーションと仕事能力」】

 11月24日の独立開業支援セミナーで、私はコミュニケーションの重要性を訴えました。
 GEを超エクセレントカンパニーにした名経営者ジャック・ウェルチも、1にも2にもコミュニケーションが重要と説いていました。
 そのジャック・ウェルチが師匠と仰ぐ20世紀最高経営コンサルタントピーター・ドラッカーもコミュニケーションの重要性を、彼の書物の中で力説していました。

 私がM&Aで関わっている企業で本日こんな出来事がありました。
 コンピューターが苦手な年配社員I氏が、成田で1時に待ち合わせするとのことで、ヤフーの路線図で、接続を確認したうえで電車に乗ったほうが良い旨アドバイスしました。そして、成田まで行き方を印刷して、きちんと説明し、「新橋駅で都営浅草線に乗るのがベスト」というアドバイスまでしました。

 さて、午後1時30分頃取引先から電話がかかり、30分経ってもI氏が現れないので困っているとのことでした。取引先の担当者もI氏の携帯に電話しても、一向につながりません。

 こちらからも、彼の携帯に電話をしてもつながりません。その内、I氏から私の携帯に電話が入り、相手の担当者の携帯を教え、取引先にも散々迷惑をかけた上で、一件落着しました。

 皆を騒がせた当の本人は、「東京駅から乗ったら接続が悪く、乗り換えるたびごとに30分前後待たされて、えらい大変な思いをした」と謝るふうもなく、弁解していたので、「だからそうならないようにヤフーの路線図をコピーして、新橋から行くのがベストと説明したのに」、「菅谷さんの言うとおりだった」と人の話を全然聞いていなかったようです。

 又、「Iさんの携帯に電話がいかなかった?」と聞くと、「そういえば、電車に乗っている最中に、何度も携帯に電話がかかってきた」とI氏は答える。
I氏は自分の携帯電話に電話番号を登録していません。そこで、先日、私の分だけ登録方法を教えて、「仕事上よく電話をする人の電話番号を登録するとよい。」と教えたのですが、本人は全然やっていません。

 一方、約束の時間に大幅に遅れ、その間自分の携帯電話に電話がかかってくれば、待ち合わせの件だろうと思うのが常識であり、基本動作ですが、I氏の場合、着信履歴の相手先にコールバックするやり方をどうやら知らないかったようです。

 さて、このエピソードを聞いて、皆さんはどのように感じましたか?

 「いくらなんでもそこまでひどくないよ」と言う人が多いと思います。
 しかし、自分では気がつかないうちに、折角の文明の利器を使わないで、コミュニケーションをまだまだ活用していない人を多数見かけます。
 例えば、携帯の留守録にコールバックをお願いしても返事が返ってこない人、
 何秒間着信が鳴ったら留守録モードに切り替えるように携帯操作をしていない人、
 仮に留守録モードにしなくても、着信履歴が残るので、コールバックをしない人、
 会議中はマナーモードにしないで、会議中に電話が入り、周りに迷惑をかける人、
 その場合、周りの迷惑を考えないで、電話で話す人、
 ケースを上げれば、まだまだいろいろと出てくることでしょう。

 さて、I氏の場合、困るのは反省がないことです。これほど周りに迷惑をかけても、あっけらかんとしていることです。こういう脳天気な人の場合、同じミスを再び繰り返すでしょう。

 私からは、携帯電話に電話番号を登録することを強く勧めました。IT時代の現代、最低限のビジネスマナーを心得ていないと、周りから馬鹿にされることも説明したのですが、本人は気にしていないようです。

 I氏は、相撲で言えば押し相撲一直線で、つぼにはまれば力を出すタイプです。しかし、このような基礎的なことができないと、IT時代の現在、特定の仕事しか任せられないことになります。
 
 独立開業支援セミナーでは、「仕事能力をアップする為には、習慣化することです。仕事の中で習慣化するのが一番得策です」と解説しました。しかし、自分の仕事能力を高めたいと強く思っていない人には余り効果が出ません。だから長年の間に仕事能力の格差が歴然としてくるわけです。
 
 本日は、コミュニケーションの面から仕事能力を測る思いがけない体験をしました。

 http://venture.ganriki.net/
*************************************
──────────────────────────────────────
◆◆編集後記◆◆
 独立開業支援セミナーでは、ちょっとした工夫で仕事能力が大幅にアップする
ことを解説しました。本日の携帯電話の電話番号登録など基本動作の1つですが、
それをやっていない人もたまにいますが、それを改善しようと努力しない人は、
しまいには周りから見放されていきます。そのことに気がつかないことは本人の
為にならないのですが、本人はそれに気がつきません。いかに本人の心の持ちよ
うが大切であるかを身をもって知りました。

─────────────────────────────────────

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月24日 (月)

boblog「マーキュリー通信」no.1027【独立開業支援セミナー実施】

 
 本日は、「独立開業」した人、これからする独立する人向けの独立開業支援
セミナーを実施しました。
その際、インターネット・ビジネスとして通販する商材用にビデオを撮影しまし
た。本日集まっていただい方は、私のboblog「マーキュリー通信」やメルマガの
読者の方だったので、私自身も気持ちよく話すことができ、6時間の長時間に亘
り、私の言いたいことは概ね伝わったのではないかと思います。

 本日のメインテーマである年収1000万円を稼ぐ極意は、仕事能力のアップ+
人間力をつけることでした。

 仕事能力をアップしただけでは、長期間に亘り成功は難しいのです。
やはりその人の人間力をいかにつけることが長期間に亘る成功には不可欠である
わけです。
 本日のセミナー受講者で、その点をしっかり理解できた方は、本日の講義の採点は5点満点でした。
しかし、やはり全員が全員理解できるのは難しいようで、理解できていなかった
方の評点は3段階に留まりました。

 しかし大半の方が理解できたようで、評価を平均すると4.5でしたのでまずはほっとしています。

 さて、今後は本日撮影したDVDをインターネット販売していき、独立開業した人、
これからする人向けに、是非年収1000万円とれるような力をつける為のお手伝い
をさせていただきたいと思っています。

 具体的には、毎月1回実戦セミナーを実施して、私がこれまで培ってきたノウハウ、経験を伝授していくことです。

 私のセミナーを受けた人が一人でも多く成功していただけることが私のミッションと思っています。

尚、今回都合で独立開業支援セミナーに参加できなかった方の為に、本日セミ
ナーのDVDができる12月10日までに申し込んで戴いた方には、販売価格39,900円
に対し、予約特価14,800円(税・送料込み)とさせて戴きます。

 又、DVD購入者には、特別参加費1万円にて実戦セミナーを下記要領にて実施し
ます。
 12月28日(日)1時~4時「各自が作成した事業戦略と事業計画の実現性を徹底的にディスカッションする」
        その1 
  1月24日(土)1時~4時「各自が作成した事業戦略と事業計画の実現性を徹底的にディスカッションする」
        その2
 2月28日(土)1時~4時「事業計画の作成方法:三表の作り方、貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー」
 場所:本日と同じ東池袋あうるスポット
 http://venture.ganriki.net/
*************************************
──────────────────────────────────────
◆◆編集後記◆◆
 本日、独立開業支援セミナーを講義していて、人によって受け止め方、感じ方
が全く異なることでした。
 サラリーマン時代には、多分独立開業支援セミナーには関心持たなかった人が、
本日は私の1言1口を逃さず、目の色を変えてメモをとっている人がいる一方で、
独立開業した人の中で時々居眠りをしている人もいました。
 この辺が成功する人とそうでない人の違いなのかなあと感じた次第です。
 独立開業して成功する要素はやはり「死に物狂い、ひたむきさ」です。こうい
う人には自ずと協力者が現れるモノです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年11月19日 (水)

boblog「マーキュリー通信」no.1026【人生に勝利する方程式-42「人生とは一種の川下りのようなもの」】


Rafting 最近つくづく人生とは人生という大河を流れる小舟、一種の川下りのように思えます。川を下る小舟は肉体で、船頭は心です。山の頂から川が誕生します。つまり人生の始まりです。川の流れは決して平坦な流ればかりではありません。時には急流も現れます。その時、人生の急流に棹さして、小舟をコントロールするのは船頭、即ち心です。心もし過てば、小舟は岩に砕かれん。座礁です。即ち、人生の挫折です。
 しかし、その急流を乗り切る為に、棹があります。棹のコントロールがうまくできる人が人生の達人です。

 Rafting2 川は途中で複数に分かれたりします。即ち、人生の選択です。この選択により、その人の人生は大きく変わります。私で言えば、11年半前に三井物産を定年扱い退職して独立したことです。子供の頃から独立心旺盛な私だったので、特に迷わず独立しました。

 独立してからも、棹のコントロール方法を学んできました。急流、浅瀬、下に岩があったり、流れが急に変わったりと、その時々で棹のコントロール方法は異なります。

 Rafting_2 今から5年ほど前にバリ島でイカダ下りをしたことがあります。最初は棹(オール)の使い方に慣れない為、水しぶきを何度もうけ、イカダが転覆したり、座礁したりしながら、川を下っていきました。その内、慣れてきて、却って急流を下る方が楽しくなってきました。
 どうも私自身の性格は急流を好むようです。急流の流れに小舟でうまく乗れた時には、快感と同時に充実感を味わえます。時には浅瀬でゆったり気分を味わうのもいいのですが、やはり急流の方が楽しいです。それこそ人生の醍醐味を味わえるからです。

 こういう考え方も又楽しからず哉です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月16日 (日)

oblog「マーキュリー通信」no.1025【アニメ サザエさん40周年】

アニメ サザエさんが放映されて丁度40周年、本日は記念番組で1時間放映されました。サザエさんの視聴率は未だに20%弱の高視聴率で、10月の視聴率は総合でベスト3に入る人気長寿番組です。私もDVDに録画し、毎週欠かさず見ています。とにかく40年も続く番組など恐らくない中で物凄い快挙といえます。

 サザエさんの良さは、世の中がこれだけぎすぎすしてきて毎日犯罪事件が絶えない中、この番組の中だけは放映開始となった昭和40年代の良さが保たれていることです。番組には、携帯電話もパソコンも登場しません。電話も黒電話のダイヤル式です。つまり、昭和40年代のまま時間がストップしたままです。
 サザエさん一家は7人家族という大家族ですが、毎回ささやかな話題を実に巧みに取り上げているスタッフの観察眼の細やかさに感心します。
 一家の大黒柱である磯野波平さんが頑固親父だけれど優しい頼れる父親であり、母親のふねは良妻賢母、子供は両親を尊敬しており、こういう番組が長続きすることは子供の教育にとっても良いことだと思います。

 因みに、その前の時間帯の「ちびまるこ」は見ません。、同じく大家族ですが、父親の威厳もなく、子供が親を尊敬していません。又、子供が大人を呼び捨てにしたり、言葉遣いもよくありません。因みに「ちびまるこ」の視聴率はベスト30にも登場しません。やはり視聴者は私と同じ印象を持っているのでしょうか。

 毎週サザエさんを見ていて飽きません。毎回見終わった後ほのぼのとした感じがします。今後も放映を続け、50周年目指して頑張って欲しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年11月15日 (土)

boblog「マーキュリー通信」no.1024【私のコミュニケーション論-75「相手の心は合わせ鏡」 女教師と生徒の話】

「相手の心は合わせ鏡」とよく言います。これはあなたが相手に好意を持っていると、まるで鏡に映っているあなたの心が相手に反射し、相手が好意を持つようになります。

 さて、私は2007年3月19日の私のコミュニケーション論で「コミュニケーションの発展5段階」を話したことがあります。
 コミュニケーションにも段階があり、5段階目になると神仏の世界を垣間見るとの話をしました。「神仏の目から見たら、自分も他人もなく、それこそ自他一体の世界があるのみ」というお話をしました。

 先日、友人から女教師と生徒の心温まる話を頂きました。これなどまさに神仏の目から自他一体の世界と感じました。
 素晴らしいお話なので、ご紹介します。

「先生と子供の物語」                        
小学校で5年生の担任をしていた教師の話です。
その先生は、小学校5年生の担任になった時、自分のクラスの中に一人、どうしても好きになれない少年がいました。服装が不潔でだらしなく、好きになれなかったのです。
先生は、中間記録に、少年の悪いところばかりを記入するようになっていましたところが、ある時、少年の1年生からの記録が目に止まりました。
1年生の時は、「朗らかで、友達が好きで、親切。勉強もよくでき、将来が楽しみ」と記録されていました。「間違いだ。他の子の記録に違いない。」と、先生は思いました。
2年生になると、「母親が病気で世話をしなければならず、時々遅刻する」と記録されていました。
3年生では、「母親の病気が悪くなり、疲れていて、教室で居眠りする」3年生後半の記録では、「母親が死亡。希望を失い、悲しんでいる」4年生になると、「父は生きる意欲を失い、アルコール依存症となり、子どもに暴力をふるう」 先生の胸に激しい痛みが走りました。
ダメと決めつけていた子が突然、 深い悲しみを生き抜いている生身の人間だと感じられたのです。先生にとって、目を開かれた瞬間でした。
放課後、先生は少年に声をかけました。
「先生は夕方まで教室で仕事をするから、あなたも勉強していかない?分からないところは教えてあげるから。」少年は初めて笑顔を見せました。
クリスマスの午後、少年が小さな包みを、先生の胸に押しつけてきました。
あとで開けてみると、香水の瓶でした。亡くなったお母さんが使っていたものに違いない。先生はその一滴をつけ、夕暮れに少年の家を訪ねました。
一人で本を読んでいた少年は、先生に気がつくと飛んできて、先生の胸に顔を埋めて叫びました。「ああ、お母さんの匂い!きょうは素敵なクリスマスだ!」6年生の時、先生は少年の担任ではなくなりました。卒業の時に、少年から一枚のカードが届きました。
「先生は僕のお母さんのようです。そして、今まで出会った中で、一番すばらしい先生でした。」
それから6年が経ち、またカードが届きました。
「明日は高校の卒業式です僕は5年生で先生に担当してもらって、とても幸せでした。
おかげで奨学金をもらって医学部に進学することができます。」さらに10年が経ち、またカードが届きました。しばらく余韻をお楽しみください^^
そこには、先生と出会えたことへの感謝と、父に叩かれた体験があるから患者の痛みがわかる医者になれると記され、こう締めくくられていました。
「僕はよく5年生の時の先生を思い出します。あのままダメになってしまう僕を救ってくださった先生を、神様のように感じます。大人になり、医者になった僕にとって最高の先生は、5年生の時に担任してくださった先生です。 」
そして1年後、届いたカードは結婚式の招待状でした。「母の席に座ってください」と一行、書き添えられていました。(「致知」 致知出版社より)
この先生が少年のことを「ダメな子」「だらしない子」だと決めつけていたときは、 この少年のことを好きになれなかったのです。しかし、少年の心の痛みを理解し共感したことによって、その少年にとって人生の恩師になるような先生になったのです。
私たちは、目の前の人に対して、ついつい「○○な人」という決めつけをしてしまいます。「ダメな人」「わがままな人」「イヤなやつ」「性格の悪い人」などレッテルを貼ってしまいます。
それは、その人の奥にある心の痛みを理解できていないだけなのかもしれませんね。
その人の心の痛みに共感し、その人をまるごと理解してあげることができたら、その人にとっての“心の支え”になってあげることができるのかもしれません。

*************************************
──────────────────────────────────────
◆◆編集後記◆◆
 今年もインフルエンザが猛威を奮いそうです。本日近くのクリニックでインフ
ルエンザの予防接種を受けてきました。
 インフルエンザの注射をしても効果が出るのは1ヶ月後で、それから5ヶ月間
効果が持続するそうです。
 従って、予防接種は今が一番だそうです。
 私は毎年必ず受けるようにしています。私自身一度もインフルエンザにかかっ
たことはありませんが、油断は禁物です。予防接種の料金は医者によって異なり、
近くのクリニックでは3150円でした。保険は効きません。

──────────────────────────────────────Hamanako1

| | トラックバック (0)

2008年11月14日 (金)

マーキュリー通信」no.1023【第74回「新しい時代を創る経営者の会 考動の学校」】

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓  2008年11月14日〓〓〓〓〓〓〓〓 
                                  
             「マーキュリー通信」no.1023
        【第74回「新しい時代を創る経営者の会 考動の学校」】
         
                    http://mercurytsushin.cocolog-nifty.com/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 第74回「新しい時代を創る経営者の会」のプレゼンターは、株式会社ToBeNextの四分一武社長による「考動の学校」です。

  中小・ベンチャー企業の経営者も当然社員のレベルアップを常日頃思っているわけです。

 しかし現実には、
1.課題が多く、研修テーマが絞れない
2.時間が取れない
3.実際に役立つかどうか疑問
4.予算がない
等々の理由で、研修ができていない。

事実、従業員1000人以上の大企業の場合、管理職研修は8割の企業で実施している。しかし、100人以下の中小・ベンチャー企業では2割程度しか実施できていない。それは上記のような理由によるところが大きい。

 Kif_2272_2 そんな問題点を解決してできあがったのが「考動の学校」です。
月4回x6ヶ月コースでかなり細かくカリキュラムが決められている。中小・ベンチャー企業の社員は、能力差が大きく、それぞれの社員にあったテーマを選んで共同受講することもできる。

  さて、研修内容の一部が披露されました。コミュニケーションがテーマです。
 人間考えることが千差万別ですが、面白い実験をしました。
 4人1組のチームを組みます。
 まず犬の絵を描きます。次にその左右に自分の思いついた犬に関するキーワードを10書き出します。そして、4人のチームメイトで、キーワードを比べます。
 さて、10のキーワードの内、4人全員が共通したキーワードがいくつあったか?
 結果はゼロでした。他のチームも、4人全員同じだったキーワードは唯一「忠実」だけでした。
 この種の実験をやると、4人全員一致するキーワードは基本的にはゼロだそうです。
 こんな単純な「犬」というテーマに絞っても、いかに皆違うことを思うか面白い実験でした。
 それだけ人間のコミュニケーションは難しいと言うことです。分かったつもりでも分かっていないと言うことがよくあります。

 「考動の学校」では、いかにコミュニケーションをとっていくかをこのような実験をやりながら楽しく実習していきます。詳しくは、http://www.koudou-g.jp/
をご覧下さい。

 さて、当会では6月に株式会社ソーシャルアライアンスが「超アナログで営業マンの売上を上げる」という研修に関するレクチャーをしました。一見今回の「考動の学校」とバッティングしそうです。しかし、全然切り口が異なり、逆にコラボレーションがとれそうだと、懇親会の席上で両社の経営者が熱心に会話していました。

 当会では、このように様々な形でコラボレーションがなされています。それは主催者として願ってもないことで、このような形で会員企業同士が発展繁栄していっていただければと思っています。
 今回も満員大盛況でした。参加者の満足そうな笑顔に接すると、主催者の苦労も報われる気がします。

 尚、当会では新しい時代を創る意欲のある経営者の参加は大歓迎です。自薦他薦Okですので、ご参加をお待ちしています。但し、会の雰囲気を壊す方にはご遠慮いただくこともあります。
 

*************************************
──────────────────────────────────────
◆◆編集後記◆◆
 前回のboblog「マーキュリー通信」で「岡目八目」と書いたところ、読者から
早速「傍目八目」が正しいとの訂正を受けました。
 以前ワープロ変換した時に「岡目八目」と変換され、今回も「岡目八目」と出
たの特に不思議に思いませんでした。確かに「傍目八目」の方が実感がでますね。
 しかし、「傍目八目」と書いて、「おかめ」と読むそうで、日本語は難しいです。
 ご指摘ありがとうございましたm(__)m 1つ勉強になりました。

──────────────────────────────────────

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月10日 (月)

【「中小・ベンチャー企業コンサルタントが語るワンポイントアップの経営術-34「傍目八目」】

 日本シリーズ優勝を逃しました。シリーズ中は、継投策がずばり当たり、3勝2敗と王手をかけました。

 しかし、第5戦、逆転で大勝した際に、解説者が何度も繰り返し言っていました。
このシリーズのラッキーボーイ的な中継ぎエース越智投手に連投の疲れが見え、巨人が負けるとしたら、越智投手を出した時だと解説していました。
 そして、第7戦最終戦に越智は逆転打を打たれ敗戦投手となり、巨人は日本シリーズ優勝を逃しました。
 最終戦なのだから、先発投手も使い、継投の細切れで投手陣を総動員すれば結果は違っていたかも知れません。

 ここで私が言いたいのは、将たるもの最終的には己が最終決断を下し、結果に対しては全て責任をとるわけです。しかし、その決断する情報として、様々な情報源を駆使する必要があります。今回は、ラッキーボーイ的な中継ぎエース越智投手にかけたのではないかと見受けられます。

 さて、中小・ベンチャー企業の経営者を見た時、経営コンサルタントとして、私はその企業の経営状況を傍目八目的に把握することができます。そして、的確なアドバイスをしていきます。しかし、私のアドバイスに耳を傾けず、その結果大きな失敗をする経営者にたくさん接してきました。

 日本シリーズの解説者は野球経験豊富な人の解説です。私の経営アドバイスは、長年の経験に基づいたアドバイスです。
 今回の原巨人軍の継投策の失敗を他山の石として、このメルマガを読んだ経営者に学びとっていただけたらと思っています。

*************************************
────── ∞ ────── ∞ ────── ∞ ───────∞ ───
【 編 集 後 記 】
 時にはその道のプロのアドバイスに耳を傾けることで、大きな損失を蒙らない
で済むことがたくさんあります。

               中小・ベンチャー企業コンサルタント 
                   独立開業支援コンサルタント
                            菅谷信雄
--------------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 9日 (日)

boblog「マーキュリー通信」no.1021【私の健康法-55「私のダイエット革命「ショウガ紅茶健康法その後の成果」」】

boblog「マーキュリー通信」no.1021【私の健康法-55
「私のダイエット革命「ショウガ紅茶健康法その後の成果」」】

 ショウガ紅茶健康法を実施してから丁度1年経ちます。
当初の目的はメタボ症候群からの脱却でした。66~67kgあった体重が59kgまで減少しましたが、最近は少しリバウンドして62kg。体脂肪率が21~22%だったのが20%を切り、合格圏内に。更にはウェストが87cmだったのが85cm以下に減り、昨年までのズボンがゆるゆるになりました。これでメタボ症候群からは脱出できました。
 
 一方、ショウガは抵抗力や免疫力がつき、万能薬といわれ、様々なサプリメントに使われ、薬にも配合されています。
 お陰様で、冬は風邪を引きにくくなり、夏は夏ばてと無縁でした。

 さて、ショウガ紅茶健康法で予期せぬ効果も出ました。
私は子供の頃から腸が弱く、長年下痢に悩まされてきました。しかし、ショウガ紅茶健康法を実施して以来、快便に変わり、下痢も殆どしなくなりました。これはショウガの整腸作用のお陰だと思います。

 ショウガ紅茶健康法を採用して以来、朝食は抜きにしていますが、
この為、午前中が空腹で仕事ができないと言うことはありません。
 但し、私の場合、栄養バランスにはかなり気を遣っており、朝食のメニューは下記の通り、毎朝同じメニューです。
 ショウガ紅茶(紅茶+ショウガ(練りショウガをチューブより適宜)
+黒砂糖(胃腸の粘膜を和らげる)、バナナ、野菜ジュース、豆腐(ショウガ+鰹節+きざみネギ+海苔。冬は電子レンジで1分間温めて湯豆腐にして食べる)、ヨーグルト(きな粉+黒ごま+砂糖少量)

 ご覧の通り、健康食です。栄養バランスと胃に負担をかけない食事になっています。
これから寒い季節ですので、ショウガで体を温め、免疫力をつけることで、風邪を引きにくい体質にしておくと良いです。
 

*****************************──────────────────────────────────────
◆◆編集後記◆◆
 来年還暦を迎える私にとり、充実したビジネスマン人生を送るためには健康は良い仕事を続けていくための最重要項目の1つです。

 私の健康戦略は、「予防医学」です。基本的には薬に頼らないです。
 その為に、「正しい生活習慣」「栄養バランス」「不足部分はサプリメントで補う」「適度な運動」「メンタルヘルス」そしてもちろん禁煙です。
 

そして、歯周病チェックのために半年に1度は歯科医で定期チェック、1年に1度は眼科医で目に異常がないかどうか(緑内障、網膜剥離その他異常)をチェックしています。普段から歯科医と眼科医と親しくしておけば、いざというときに自分のカルテがあるので安心です。

 又、体調が優れないと思ったら、医者にかかり、早め早めに身体に異常がないかをチェックを怠りません。
 予防医学を重視しつつも、自分の健康を過信せず、早め早めの対策を打っています。

※エチオピア料理とダンスの夕べKif_2266 Kif_2268

| | コメント (0) | トラックバック (0)

boblog「マーキュリー通信」no.1021【私の健康法-55「私のダイエット革命「ショウガ紅茶健康法その後の成果」」】

boblog「マーキュリー通信」no.1021【私の健康法-55
「私のダイエット革命「ショウガ紅茶健康法その後の成果」」】

 ショウガ紅茶健康法を実施してから丁度1年経ちます。
当初の目的はメタボ症候群からの脱却でした。66~67kgあった体重が59kgまで減少しましたが、最近は少しリバウンドして62kg。体脂肪率が21~22%だったのが20%を切り、合格圏内に。更にはウェストが87cmだったのが85cm以下に減り、昨年までのズボンがゆるゆるになりました。これでメタボ症候群からは脱出できました。
 
 一方、ショウガは抵抗力や免疫力がつき、万能薬といわれ、様々なサプリメントに使われ、薬にも配合されています。
 お陰様で、冬は風邪を引きにくくなり、夏は夏ばてと無縁でした。

 さて、ショウガ紅茶健康法で予期せぬ効果も出ました。
私は子供の頃から腸が弱く、長年下痢に悩まされてきました。しかし、ショウガ紅茶健康法を実施して以来、快便に変わり、下痢も殆どしなくなりました。これはショウガの整腸作用のお陰だと思います。

 ショウガ紅茶健康法を採用して以来、朝食は抜きにしていますが、
この為、午前中が空腹で仕事ができないと言うことはありません。
 但し、私の場合、栄養バランスにはかなり気を遣っており、朝食のメニューは下記の通り、毎朝同じメニューです。
 ショウガ紅茶(紅茶+ショウガ(練りショウガをチューブより適宜)
+黒砂糖(胃腸の粘膜を和らげる)、バナナ、野菜ジュース、豆腐(ショウガ+鰹節+きざみネギ+海苔。冬は電子レンジで1分間温めて湯豆腐にして食べる)、ヨーグルト(きな粉+黒ごま+砂糖少量)

 ご覧の通り、健康食です。栄養バランスと胃に負担をかけない食事になっています。
これから寒い季節ですので、ショウガで体を温め、免疫力をつけることで、風邪を引きにくい体質にしておくと良いです。
 

*****************************──────────────────────────────────────
◆◆編集後記◆◆
 来年還暦を迎える私にとり、充実したビジネスマン人生を送るためには健康は良い仕事を続けていくための最重要項目の1つです。

 私の健康戦略は、「予防医学」です。基本的には薬に頼らないです。
 その為に、「正しい生活習慣」「栄養バランス」「不足部分はサプリメントで補う」「適度な運動」「メンタルヘルス」そしてもちろん禁煙です。
 

そして、歯周病チェックのために半年に1度は歯科医で定期チェック、1年に1度は眼科医で目に異常がないかどうか(緑内障、網膜剥離その他異常)をチェックしています。普段から歯科医と眼科医と親しくしておけば、いざというときに自分のカルテがあるので安心です。

 又、体調が優れないと思ったら、医者にかかり、早め早めに身体に異常がないかをチェックを怠りません。
 予防医学を重視しつつも、自分の健康を過信せず、早め早めの対策を打っています。

※エチオピア料理とダンスの夕べKif_2266 Kif_2268

| | コメント (0) | トラックバック (0)

boblog「マーキュリー通信」no.1021【私の健康法-55「私のダイエット革命「ショウガ紅茶健康法その後の成果」」】

boblog「マーキュリー通信」no.1021【私の健康法-55
「私のダイエット革命「ショウガ紅茶健康法その後の成果」」】

 ショウガ紅茶健康法を実施してから丁度1年経ちます。
当初の目的はメタボ症候群からの脱却でした。66~67kgあった体重が59kgまで減少しましたが、最近は少しリバウンドして62kg。体脂肪率が21~22%だったのが20%を切り、合格圏内に。更にはウェストが87cmだったのが85cm以下に減り、昨年までのズボンがゆるゆるになりました。これでメタボ症候群からは脱出できました。
 
 一方、ショウガは抵抗力や免疫力がつき、万能薬といわれ、様々なサプリメントに使われ、薬にも配合されています。
 お陰様で、冬は風邪を引きにくくなり、夏は夏ばてと無縁でした。

 さて、ショウガ紅茶健康法で予期せぬ効果も出ました。
私は子供の頃から腸が弱く、長年下痢に悩まされてきました。しかし、ショウガ紅茶健康法を実施して以来、快便に変わり、下痢も殆どしなくなりました。これはショウガの整腸作用のお陰だと思います。

 ショウガ紅茶健康法を採用して以来、朝食は抜きにしていますが、
この為、午前中が空腹で仕事ができないと言うことはありません。
 但し、私の場合、栄養バランスにはかなり気を遣っており、朝食のメニューは下記の通り、毎朝同じメニューです。
 ショウガ紅茶(紅茶+ショウガ(練りショウガをチューブより適宜)
+黒砂糖(胃腸の粘膜を和らげる)、バナナ、野菜ジュース、豆腐(ショウガ+鰹節+きざみネギ+海苔。冬は電子レンジで1分間温めて湯豆腐にして食べる)、ヨーグルト(きな粉+黒ごま+砂糖少量)

 ご覧の通り、健康食です。栄養バランスと胃に負担をかけない食事になっています。
これから寒い季節ですので、ショウガで体を温め、免疫力をつけることで、風邪を引きにくい体質にしておくと良いです。
 

*****************************──────────────────────────────────────
◆◆編集後記◆◆
 来年還暦を迎える私にとり、充実したビジネスマン人生を送るためには健康は良い仕事を続けていくための最重要項目の1つです。

 私の健康戦略は、「予防医学」です。基本的には薬に頼らないです。
 その為に、「正しい生活習慣」「栄養バランス」「不足部分はサプリメントで補う」「適度な運動」「メンタルヘルス」そしてもちろん禁煙です。
 

そして、歯周病チェックのために半年に1度は歯科医で定期チェック、1年に1度は眼科医で目に異常がないかどうか(緑内障、網膜剥離その他異常)をチェックしています。普段から歯科医と眼科医と親しくしておけば、いざというときに自分のカルテがあるので安心です。

 又、体調が優れないと思ったら、医者にかかり、早め早めに身体に異常がないかをチェックを怠りません。
 予防医学を重視しつつも、自分の健康を過信せず、早め早めの対策を打っています。

※エチオピア料理とダンスの夕べKif_2266 Kif_2268

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 5日 (水)

「マーキュリー通信」no.1020【経験から学ぶマンション管理の重要性-7「リサイクル文庫の設置」】

「マーキュリー通信」no.1020
【経験から学ぶマンション管理の重要性-7「リサイクル文庫の設置」】

私の住んでいるライオンズシティ池袋には、ゴミ置き場があり、
いつでもゴミを捨てられるようになっています。
ブックオフに古本を持って行っても、殆どお金になりません。
古い本もたくさん捨てられていました。
 そこで私が理事長の時に、リサイクル文庫をゴミ置き場の中に本箱を置いて、
作りました。するとたちまちリサイクル文庫は一杯になりました。そして、住民
の中でのリサイクルが始まりました。
 人によってはいらなくなった本でも、他の人では必要としているわけです。
我が家でも、ブックオフで多読用にたくさん本を買いますが、とっておいても仕
方のないものは、リサイクル文庫に入れます。

*************************************
──────────────────────────────────────
◆◆編集後記◆◆
豊島区役所のスピーカーから、「最近、自転車の暴走による事故が増えています。
夜間、無点灯の自転車も多く危険です。歩行者はできるだけ目立った服装にしま
しょう」と呼びかけています。
 そこを、胸開きの超ミニの若い女の子が通りかかりました。確かに目立つ服装
でした^o^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「マーキュリー通信」no.1020【経験から学ぶマンション管理の重要性-7「リサイクル文庫の設置」】

「マーキュリー通信」no.1020
【経験から学ぶマンション管理の重要性-7「リサイクル文庫の設置」】

私の住んでいるライオンズシティ池袋には、ゴミ置き場があり、
いつでもゴミを捨てられるようになっています。
ブックオフに古本を持って行っても、殆どお金になりません。
古い本もたくさん捨てられていました。
 そこで私が理事長の時に、リサイクル文庫をゴミ置き場の中に本箱を置いて、
作りました。するとたちまちリサイクル文庫は一杯になりました。そして、住民
の中でのリサイクルが始まりました。
 人によってはいらなくなった本でも、他の人では必要としているわけです。
我が家でも、ブックオフで多読用にたくさん本を買いますが、とっておいても仕
方のないものは、リサイクル文庫に入れます。

*************************************
──────────────────────────────────────
◆◆編集後記◆◆
豊島区役所のスピーカーから、「最近、自転車の暴走による事故が増えています。
夜間、無点灯の自転車も多く危険です。歩行者はできるだけ目立った服装にしま
しょう」と呼びかけています。
 そこを、胸開きの超ミニの若い女の子が通りかかりました。確かに目立つ服装
でした^o^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 4日 (火)

 「マーキュリー通信」no.1019【ワンポイントアップの経営術-33社員に教えること」と「社員を使うこと」の違い】

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
                  
         ~~~【ワンポイントアップの経営術 今日のポイント】~~~
         
       「社員に教えること」と「社員を使うこと」の違いと勘所を 
        掴むだけでも、マネジメント能力が格段にアップします。
        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

━━━━━━━━━━━━━━ 2008年11月4日━━━
 □■□  中小・ベンチャー企業コンサルタントが語る
 ■□■  ワンポイントアップの経営術 33号
 □■□  社員に教えること」と「社員を使うこと」の違い】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓  2008年11月4日〓                                  
             「マーキュリー通信」no.1019
                 【ワンポイントアップの経営術-33
         社員に教えること」と「社員を使うこと」の違い】
                    http://mercurytsushin.cocolog-nifty.com/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

「マーキュリー通信」no.1019
【中小・ベンチャー企業コンサルタントが語るワンポイントアップの経営術-33
「社員に教えること」と「社員を使うこと」の違い】
中小・ベンチャー企業の経営者には「社員に教えること」と「社員を使うこと」
の違いをよく理解しておく必要があります。

 中小・ベンチャー企業の場合、社長と社員の能力格差が大きいことが多いです。
従って、「教えること」とは、社員を雇うだけ会社が収益体質になってきた時に、
社長の仕事の一部を肩代わりしてもらい、その部分を「教えること」になります。
そして、手が空いた時間を、社長は次の付加価値の高い部分に自分の時間を振り
向けます。従って、「教えること」に多大な労力と時間を使ってはいけないわけ
です。
 営業の仕事なら、商品知識を覚え、見積書の作成等一番簡単だけで、
時間と手間がかかる部分を渡していくわけです。

 これが「社員を使うこと」の意味です。中小・ベンチャー企業に入社する社員の
能力は個人差が非常に大きいです。又、各自得意分野も異なります。従って、社
員の能力にあった部分の仕事を教え、そして使っていくわけです。

 ここの部分をしっかりと認識しながら社員を採用し、教え、使っていかないと、
折角の人件費を空費してしまいます。月給30万円の社員を3人雇ったからといっ
て、社長と同じ仕事は期待できません。
 
 会社を収益体質に持って行くかが社長の仕事です。そして、基礎的な仕事をどんどん
社員に任せていき、社長は付加価値の高い仕事にシフトしていく。この感覚を把
握することが社長の重要な仕事といえるわけです。

*************************************
────── ∞ ────── ∞ ────── ∞ ───────∞ ───
【 編 集 後 記 】
 私自身も中小・ベンチャー企業の経営者として、社員の使い方の手綱捌きの重
要性を実感しました。

               中小・ベンチャー企業コンサルタント 
                   独立開業支援コンサルタント
                            菅谷信雄
--------------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 2日 (日)

マーキュリー通信」no.1018【人生に勝利する方程式-41「最小努力の法則(逆代償の法則)」】


8月2日付人生に勝利する方程式-37で「代償の法則」について語りました。
「代償の法則」では、その目的を達成する場合には、犠牲が伴う。しかし、その
目的を達成した場合、目的を達成した喜び以外にも得るものが多いことを私の経
験からお伝えしました。

 それでは逆の場合はどうでしょうか。「逆代償の法則」、言い換えると「最小努力の法則」とも言います。
 つまり、人生をイージーに生きると、そのつけが後々現れ、結局自分のためにならないとのことです。

 私自身の人生を振り返り、2度後悔することがあります。
 1つは大学生活の4年間です。一橋大学に合格して、大学時代は、
自分の納得のいく勉強をしませんでした。一橋大学は就職貴族と言われ、一橋大
学に合格すれば、就職先には苦労しないとの触れ込みでした。それに対する甘え
もあり、満足のいく勉強をしませんでした。今から思うと、もっと徹底的に勉強
し、深く考え、大学時代にしかできないことをやるべきでした。

 そのつけが社会人になって現れます。それに気付いたのが、今から20年ほど前でした。
それ以降、もっと深く考えるトレーニングをしてきました。しかし、自分自身未
だ満足していません。まだまだトレーニングの最中です。

 もう1つは、大学1年生の時に剣道部に入部しましたが、僅か1年で退部したことです。
剣道部の仲間は素晴らしい仲間が多かったのですが、練習の辛さに耐えかねて、
僅か1年でギブアップしたことです。
 この為、スポーツに対するコンプレックスを生涯持っています。
社会人になってから、テニス、スキー、ゴルフとやりましたが、どれも中途半端
でした。

 もし、剣道部を4年間続けたら、厳しい練習に耐え抜いた自信と、
素晴らしい仲間の両方が手に入ったことを思うと残念です。

 この後悔があるため、私の人生観は、生涯努力精進の連続、
絶えず自分を鍛えて、自己成長していきたいという向上心が未だ衰えません。
 つまり、払った代償の後に得る精神的充実感が、自分の人生の糧となり、
足腰の強い魂となっていることが喜びに繋がるわけです。

*************************************
──────────────────────────────────────
◆◆編集後記◆◆

 昨日から日本シリーズが始まりました。しかし、何と巨人-西武のゴールデン
カードがテレビ中継されないのです!
 それではその時間帯にもっと面白そうな番組をやっているのかを調べました。
 私にとっては、日曜日は、毎週定番の「サザエさん」、「ダーウィンが来た」、
「篤姫」があります。しかし、1日(土)、3日(祝日)には見たいテレビ番組が
ありません。
 視聴率が2桁以上行く番組があるのかどうか分かりませんが、日本シリーズを
放映すれば、2桁は行くと思うのですが、テレビ局はそのようには判断しないの
でしょうか。実に不思議です。それともスポンサー料が高すぎて、それに見合っ
た視聴率が見込めない為なのでしょうか。

──────────────────────────────────────

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »