« boblog「マーキュリー通信」no.1052【「ワンポイントアップの仕事術-56「知っているとグンと作業効率がアップするパソコンテクニック」】 | トップページ | boblog「マーキュリー通信」no.1054【「創レポート」2009年1月号 厳しい経営環境に翻弄されないために!】 »

2009年1月28日 (水)

boblog「マーキュリー通信」no.1053【その時人生が動いた-24「霊の存在を知る】

カナダ駐在の時に、妻が原因不明の病気で具合が悪くなりました。妻の病気を治す為に、医者のはしご、そして様々な民間治療を受けました。

 そんな中、三井物産OBの奥様から手かざしで病気が治るという新興宗教を紹介されました。私自身、新興宗教に関しては、病気治しや精神的に弱い人が行くところというふうに思っていたので、余り良いイメージは持っていませんでした。

 しかし、妻の病気を治す為に、その新興宗教に入ってみました。
 さて、その新興宗教では、信者同士がお互いに手を伸ばして、お互いに手かざしをやっています。すると、今までおとなしかった信者達が突然暴れ始めました。

 ある若い男性の信者は、床をのたうち回りました。又、別の主婦の信者は、それまでおとなしかったのが、突然、「おまえを呪ってやる!殺してやる!」と絶叫し始めました。
 この宗教では、この現象を清浄化と呼び、ありがたがっていました。

 実は、この清浄化現象は、後々悪霊の仕業であることが分かりました。それをこの宗教では御利益があるとありがたがっていたわけです。お互いに信者同士悪霊のとばしっこをしてありがたがっていたわけです。

 この新興宗教には1年ほどいましたが、悪霊であることが分かったので、退会を申し出たところ、そこの道場主から「あなたは地獄に堕ちる」と脅かされました。
 信者が辞めようとすると、「地獄に堕ちる」と脅かすのが、邪教の典型的な例ですが、この新興宗教もそうでした。

 しかし、この新興宗教に入ったお陰で、私自身霊の存在を知ることができました。そのことがその後私の人生を変えるとは、その時まだ気がついていませんでした。

 尚、妻の病気は、後に自律神経失調症と分かりました。

|

« boblog「マーキュリー通信」no.1052【「ワンポイントアップの仕事術-56「知っているとグンと作業効率がアップするパソコンテクニック」】 | トップページ | boblog「マーキュリー通信」no.1054【「創レポート」2009年1月号 厳しい経営環境に翻弄されないために!】 »

コメント

興味深いお話ですね。
ボブさんは今はもしかしてクリスチャンですか。

投稿: クッキー | 2009年1月29日 (木) 04時19分

こんにちは。
特殊な能力を持たない人が無意識のうちに悪霊の飛ばしあい、なんてことができるものなんですか?

投稿: tora | 2009年1月29日 (木) 06時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/43887558

この記事へのトラックバック一覧です: boblog「マーキュリー通信」no.1053【その時人生が動いた-24「霊の存在を知る】:

« boblog「マーキュリー通信」no.1052【「ワンポイントアップの仕事術-56「知っているとグンと作業効率がアップするパソコンテクニック」】 | トップページ | boblog「マーキュリー通信」no.1054【「創レポート」2009年1月号 厳しい経営環境に翻弄されないために!】 »