« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月30日 (木)

boblog「マーキュリー通信」no.1096“将来を見据えた事業承継”

「sr0904.pdf」をダウンロード  今月の「創レポート」は事業承継の話です。
 一般論で言うと、親が優秀すぎると子供が駄目なケースが多いのですが、今回の事例は子供が時流をしっかりとキャッチし、バトンタッチがスムーズにいったケースです。
 
 ITが急速に発達した現代で、ITに疎い経営者の場合、これで足下をすくわれるケースも少なくありません。
 ITが苦手な場合、ITに強い息子の事業計画をしっかり聴き、それが実行可能かどうかチェックすべきです。
 しかし、ITに弱いとその感度すらありません。その場合、思い切って息子に任せるしかないようです。
 詳しくは「創レポート」をご覧下さい。

急激な経済変動の時代だからこそ
       “将来を見据えた事業承継”を考える時
☆☆☆ 事業承継の準備に早すぎるということはない ☆☆☆

                    ◆本レポートの内容◆

        あと一歩先の経営を考えるシリーズ〓
       “将来を見据えた事業承継”を考える時

   【1】事業承継は遠い先の話……?
   【2】「オレがいなければ」が時に判断を誤る
   【3】事業承継を決断するのは経営者自身
   【4】後継者の力量を信じるという“教育”
   【5】備えて“その時”を待つことの重要性

近年において事業を廃業する理由のうち、後継者不在による廃業が珍しくない時代となりました。
しかし、手塩に掛けて育ててきた事業を後継者不在で廃業せざるを得ない状況になることは、なんとも残念なことではないでしょうか。

今月は、多くの中小企業が潜在的に抱えている事業承継の課題について考えてみたいと思います。
*******************************************************************************

  公認会計士・税理士 伊藤 隆
  【本   部】03-3556-3317
  【会計工場】059-352-0855
    http://www.cpa-itoh.com
   中小零細企業の存続と
             その未来のために
******************
◇◆◇◆────── 編集後記─────────────────────

 一橋大学同期生の河村たかし君が名古屋市長に断トツトップで当選しました。
 彼の奥歯に衣着せぬ発言は、民主党内でも煙たがられている存在です。
 しかし、閉塞感のある現代の日本社会では、彼のような政治家こそ期待大です。
 是非、名古屋で一波乱を起こし、又、中央政界に戻ってきて欲しいです。
◇◆◇◆─────────────────────────────────────

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月26日 (日)

boblog「マーキュリー通信」no.1095【ワンポイントアップの営業力-1「二人の中国人女性」】

090424_011 営業マンの能力は、天と地との差程の開きがあります。その能力の1つに相手に対する心遣い、気遣いがあります。

 23日~25日まで北京に出張しました。
 出張中にOさんとSさんの二人の中国人女性と仕事で接点がありました。二人とも40前後の既婚者です。

 Sさんは自己中心的で会社に対する不平不満を私にぶつけてきます。Sさんの実力なら今の給料の3倍もらっても良いと主張します。しかし周りの人は今の3分の一の給料が妥当と評価しています。

 090424_021 一方、Oさんは社交的で前向きです。そして営業が得意です。
 北京での仕事を終えてOさんと別れの挨拶をする際に、Oさんから翌日の予定を聞かれました。
 私は「午前中市内見学をします」と応えました。するとOさんから会社の車を出すとの申し出がありました。Oさんの心遣いに感謝しその申し出を受けました。Oさんは運転手が中国語しか話せないので隣にいたSさんにアテンドを打診しました。Sさんは、北京の出張所の人間で、私の部下に当たります。しかし、Sさんはアテンドをする来はないようです。これを見たOさんは、もし何か困ったことがあれば、彼女の携帯まで電話するようにと言ってくれました。

 翌日、Oさんの手配した社有車が来ました。高級車で、運転手も非常に礼儀正しいです。最後、その運転手に感謝の気持ちでチップを渡そうとしたところ、受取を拒否されました。社員教育も非常に行き届いているようです。

 私のOさんに対する評価はグンとアップしました。さすがトップ営業だけあって、人の気持ちを良く理解できています。Oさんは基本的に人の悪口は言いません。この点もSさんとは人間性が違います。

 実力のない人間程、「自分はこれだけやった。だからもっと給料を支払うべきだ」と主張します。
 一方、実力のある人間は、自己PRしなくても、周りが放っておきません。

 二人の中国人女性の性格を通じ、優秀な営業パーソンの資質を肌で感じました。

◇◆◇◆────── 編集後記─────────────

 北京で一番有名な観光スポット紫禁城の土産物屋でお土産を買いました。女子店員はかなりよれよれの釣り銭10元紙幣2枚を私にくれました。その後、他の土産物を買った際に、先ほどもらった10元紙幣2枚を、その女子店員に渡したところ、拒否されました。どうやら紙幣がすり切れているからのようです。しかし、その紙幣を渡したたのはその女子店員です。近くにいた日本語が多少分かる夫人に状況説明し、その女子店員を説得してくれました。その女子店員は一応理解して、私に立腹の様子で商品を手渡しました。しかし、包みもせず、むき出しのままでした。
 私にとり生まれて初めて出来事でしたが、中国人の国民性、民度を垣間見た思いがしました。 

─────────────────────────────────────◇◆◇◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月21日 (火)

boblog「マーキュリー通信」no.1094【人生100年時代を勝ち抜く為の最強戦略-23「100歳まで生きることを目標に計画を立てると人生が充実してくる」】

年々平均寿命が伸び、我々団塊の世代が100歳になる頃には4人に3人が100歳まで生きるとも言われています。
 
 人生100年時代を想定して、「100歳まで生きる」と思うと、自分の人生に対する取組方が違ってきます。
 私は来月5月に還暦を迎えますが、丁度人生の折り返し地点と思っています。つまり、私自身ダブル還暦、120歳まで生きることを想定して人生計画を立てています。こう思っておけば、丁度その8掛けの100歳で往生するのではないかと思っています。

 100歳まで生きる為には、心身共に健康を保つことが必要ですが、「私の健康法」で私の実践健康法を都度ご披露しているように、現在の私自身の健康状態は20年前と殆ど変わりません。「体」の部分は、現状維持が重要と思っています。何もやらなければ、体力は低下していく一方ですから。
 
 又、「心」の方は、過去20年間、氷山の水面下の部分を鍛えてきましたので、20年前と比べ、かなり人間力はアップしていると思います。それでも私の理想と比べ、精々50点程度です。まだまだ修行が足りないと思っています。

 一方、人生100年時代を生きていく為に、自分の「技」、即ち「強み」の部分を強化しておくことが重要です。私自身、現在これまで蓄積してきた経験を充分に発揮でき、そこに喜びを感じています。その意味で、現在が一番充実しているといえます。
 しかし、それでもまだまだ発展途上と思っていますし、更に努力精進を積み重ね、「技」の部分は向上させていきたいと思っています。

 人間は、いくつになっても心がけ次第で「心・技」の部分は永遠の向上を目指すことができます。そして、向上の過程で、「自己成長」を実感できる時、喜びを感じます。これは年齢に関係ありません。

 私自身は、75歳まで現役のビジネスマンとして活躍し、75歳以降は自分の夢の実現の為に全力投球していこうと思っています。

 このように人生を捉えると、人生は充実したものに変わります。生涯現役と考えている私にとり、「老後」という言葉は存在しません。  
◇◆◇◆─────────────────────────────────────

編集後記
 
 元スパイダースのムシューかまやつは今年古希を迎え、記念コンサートを開き、
記念アルバムを出したそうです。
 このような老人パワーがどんどん出てくると、皆を元気づけてくれるので、大歓迎です。
 昔の老人のイメージと全然変わってきましたよね。

─────────────────────────────────────◇◆◇◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月20日 (月)

 boblog「マーキュリー通信」no.1093【人生に勝利する方程式-44「さわやかに生きる」】 

さわやかな人ってどんなイメージでしょうか?
 もし「さわやかな人は誰か?」と聞かれたら、皆さんなら誰を思い出しますか?

Ryoma  私は、真っ先に「坂本龍馬」を思い出します。私が歴史上で一番好きな人物です。
 龍馬には私心がなく、いつも先を見つめ、絶えず自己変革をしていました。自分が間違っていると思ったら直ぐに改めようとします。
 勝海舟を殺そうと勝海舟に会ったが、そのスケールの大きさを一瞬で見抜き、その場で勝海舟に弟子入りを申し入れた。そこから龍馬はどんどんスケールが大きくなっていきます。
 龍馬は31歳の若さで暗殺されますが、龍馬の業績は永遠に不滅です。31歳で亡くなっても、龍馬は人生に勝利した人物と言えるでしょう。その最大の理由にさわやかに31年の人生を駆け抜けていったからといえるでしょう。

 私は龍馬に憧れ、龍馬のような人物になりたいと思っています。「私心がなく、自分の夢を持ち、先を見つめ、至誠を尽くす」、このような態度で人生を生きていったら、人生に勝利すると信じています。

 私のイメージする「人生に勝利する方程式」とは、大金持ちになることでも、名声を上げることでもありません。「本当の自分」に忠実に生き、さわやかな人生を生き抜いていくことです。その延長線上で大金持ちになることがあるかも知れません。その時得たお金は、自分の夢の実現の為に使っていきたいと思っています。

  
◇◆◇◆─────────────────────────────────────

編集後記
 
 さわやかに生きるもう1つの秘訣が、他人を害さないということがあります。
「他人を害さない」を積極的に捉えると、いつも明るく朗らかなことを心がけています。
 消極的に捉えると、愚痴を言わないことも大事です。愚痴は他人に対し言葉のゴミを投げつけることですから。1度や2度なら他人は聞いてくれますが、余り頻繁に愚痴を言われることは、いつも言葉のゴミを投げつけられ、遠ざかっていくことになります。

 もう1つ消極的な側面として、いつも心穏やかに、心の湖面を波立たさないこともメンタルヘルス上重要なので、実践しています。
─────────────────────────────────────◇◆◇◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月19日 (日)

boblog「マーキュリー通信」no.1091【私のコミュニケーション論-81「全ての人とうまく行こうと思うと疲れる」】

私自身子供の頃から、優等生から悪童に至るまで分け隔てなく付き合ってきたせいか、余り好き嫌いを持ちません。比較的誰とでもうまく接することができる性格です。Cat0066
 第1印象が余り良くなくても、その人の良さを理解している内に、相手に対し好印象を持ったことも過去に多数ありました。

 しかし、中にはどうしても波長が合わないタイプもいます。その場合には、無理して相手に合わせようとすると疲れるので、適当な距離を置いて接します。いずれ何かのきっかけで波長が合うようになるだろうと気長に構えています。

 Cat0065 因みに私自身波長が合わないタイプは、無礼な人、横柄な人、理不尽なタイプ、不誠実な人、陰ひなたのある人、こういった人とは昔から波長が合いませんでした。
  
◇◆◇◆─────────────────────────────────────

編集後記
 
 本日、池袋駅東口の名所「いけふくろう」に黒山の人だかりができているので、何かと思って覗きました。
 すると、いけふくろうの上に一匹の黒猫が悠然と構えて座っています。ふくろうの頭の上ですから、よくあんな所に跳び乗れたモンだと皆物珍しそうに感心し、皆携帯で写真を撮っていました。私もつられて写真を撮りました。
 黒猫は、シャッターに合わせ、振り向いてくれます。
 しかし、こびる様子はなく、泰然としています。人間関係もこの黒猫に学びたいところです。

─────────────────────────────────────◇◆◇◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

boblog「マーキュリー通信」no.1091

Dsc00095    
私の幼少期の頃は、波瀾万丈の人生でした。

 母親が悪性貧血の為、私が5歳の時に他界しました。
 父は母の死にショックを受け、その翌年、私が小学校1年生の時に、1つ年下の妹と私を置いて、ある日突然家出をしてしまいました。
 危うくホームレス小学生になるところでしたが、幸い母の実家に祖母と伯父夫婦がいたので、そちらで引き取られました。
 伯父夫婦には子供がいなかったので、子供のようにして育てられました。但し、商売(自転車業)を営んでいたので、祖母が母親代わりに育ててくれました。

 父は、10年後に戻ってくるのですが、その間の10年間は私にとって、人生で一番平穏無事な時代でした。伯父夫婦がいなければ、孤児院に預けられていたので、伯父夫婦と祖母に対する感謝の念は生涯忘れません。
 
 10年後、私が高校2年生の時に戻ってきた父は、日焼けした労務者の恰好で多少酒気を帯びていました。
 羽振りの良い姿で帰れたら良かったのですが、日雇い労働者で、所持金も殆ど無く、肩身が狭かったのでしょう。我が子には会いたいけれど、まともに顔を見ることができないので、酒の強くない父が、敢えて酒を飲んでいたのだと思います。当時の光景を今でもはっきり覚えています。

 10年間、子供を捨てた父を恨んだことはありませんが、その時私は、「父親のような人間には絶対なりたくない」と強く思いました。
 そして、一生懸命勉強して、将来立派な人間になるのだと心に誓いました。その頃、丁度、「資源の乏しい日本は貿易立国が必須。だから自分は世界を股にかける国際ビジネスマンとして、日本の為に役に立とう。その為に貿易商社に入ろう」と決めていました。そして、一橋大学商学部を受験しようと決めたのもこの頃でした。
 
 父の家出は、私自身に大きな影響を与えました。幼少期に両親を失った私は、幼少期から、人に頼らず、独立心旺盛な子供に自然と育っていました。

 小学生の頃から、お世話になっている実家の為に、風呂を沸かす仕事を始め家事を手伝いました。当時は石炭風呂で、風呂を沸かす為に、木をのこぎりで切り、斧となたで薪を作りました。

 中学1年生からは日本通運のアルバイトを始めました。大学を卒業するまでの10年間で、日通の仕事は宅配便を始め、倉庫の仕事、引っ越しの手伝い、他には米屋の餅つき、家庭教師、市場調査等かなり多くのアルバイトをやり、お金を稼ぎました。
 そのお陰で、子供の頃から自分で金を稼ぐという金銭感覚と自立心が自然と養われました。

 ◇◆◇◆編集後記◇◆◇◆
 チーターの狩りはメスの仕事だそうです。メスは、子供の為に必死に獲物を探しに行くので、メスの狩りの能力は抜群だそうです。
 一方、オスは、メスが捕ってきた獲物の残りを子供の頃は食べているので、狩りに余り熱心ではありません。
 メス親から独立すると、オスは複数(3匹前後)で行動し、兄弟が力を合わせて、食べ物を探しに行きます。狩りに行くというより、小動物を探しに行くといった感じです。

 チーターの世界でもそうなんですから、人間にも同じ事が言えます。つまり、子供の頃から甘やかされて育てられると、自立心、独立心がなかなか育たず、依存心が強いまま成長していきます。

 その意味で、独立心の極めて強い私は、今では父親に感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月15日 (水)

boblog「マーキュリー通信」no.1090【ワンポイントアップの仕事術-60「状況判断力を磨く」】

Dsc00093 最近状況判断力の重要性を感じています。
 状況判断力とは、状況に応じて適切な判断をしていく力のことです。
 自分の立場や取引先との関係で、状況は刻々と変化していきます。
 状況判断力を磨くには、それなりの経験を必要とします。しかし、ポイントさえ把握しておけば、経験不足を補うことができます。

 営業なら、顧客が何を考えているのか、顧客のニーズを把握して、
そのニーズにできる応える為に、社内の関係部署を説得していきます。
 又、顧客に対する対応の仕方も、顧客が購買担当、総務、技術、現場等によって対応の仕方も異なります。要は、対応部署が何を必要としているかを 考えながら対応すれば良いわけです。

 技術部門なら、営業からの要望にできるだけ応えることは重要ですが、しかし、技術部門の見識として、営業からの要望を受けた場合、会社の信用力を著しく傷つける場合には、勇気を持って拒否すべきです。それが長期的に見て会社の利益となります。

 状況判断力を磨く為に「考える力」が必要とされます。この「考える力」をつけるには、長い年月と経験が必要です。その為に、絶えず考える力を訓練する必要があります。それには、前述の状況判断をする際に、絶えず相手のことを考えながら判断していくと、判断するまでの時間が短縮されます。

 これを念頭に仕事をすると、仕事力がワンポイントもツーポイントもアップします。
◆◆編集後記◆◆
日本直販から通販のDMが届きました。ビートルズの曲をクラシックにアレンジした特集100曲(CD5枚組)が気に入ったので買いました。
 今、その曲を聞きながらboblog「マーキュリー通信」を書いています。
 クラシック音楽として聞くビートルズの曲の素晴らしさを改めて実感しています。 
◇◆◇◆─────────────────────────────────────

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年4月13日 (月)

  boblog「マーキュリー通信」no.1089【私の異見・ひと言申す-89「定額給付金支給事務に関する呆れたお役所仕事」】

定額給付金の通知が豊島区から来たので、氏名、住所、そして振込銀行口座を記入して、今朝ポストに投函しました。
 帰宅してから定額給付金支給に関する留意事項が記載されていたので、一応目を通しました。
 目的は、「景気後退下で区民の皆さんの不安に対応する為の生活支援と、あわせて、皆さんに広く給付することにより、地域の経済対策に資する事を目的として給付します」ともっともらしいことが書いてあります。
 まず、僅か1万2千円程度(我が家の場合は夫婦2名で24千円)で生活支援とは恩着せがましいと思いました。
 次に、地域の経済対策を謳うなら、豊島区だけで使える豊島区発行の商品券を発行すればよいわけです。利用期限を3ヶ月程度にすれば、早期の利用促進が可能となります。しかも、定額給付金を辞退する人は、商品券を利用しなければ、自動的に辞退したことになります。

 そして、なによりもびっくりしたことは、こんな少額のお金をもらうのに、
わざわざ本人確認の為の書類(免許証、保険証、パスポートのいずれ1点)のコピーと振込口座のコピーを同封せよとのことです。

 まさかこの程度のお金をもらうのに、こんな手間暇をかけさせるとはゆめゆめ思わなかったので、本人確認の資料を同封せずに投函しました。
 私のようなおっちょこちょいの人間は他にも多数いると思います。このフォローアップの作業でまだ事務が煩瑣になります。
 それともか同封しなかった本人が悪いのでそのまま放っておくのでしょうか。
そうすると政府のあまねく支給するという趣旨に反してきます。役所の対応を見たいと思います。
 それから、給付金申請書の半月前に、わざわざご丁寧に定額給付金が4月12日頃届きますという通知が届きました。こんなのも全く無駄です。

 定額給付金支給に関する莫大な通信費と事務処理費用は区民の税金から出ているはずです。この辺が民間人とお役所の感覚に相当ずれがあります。

 私なら、上記の通り、豊島区内だけで利用可能な豊島区発行の商品券(3ヶ月間有効、千円券を12枚)を、住民票記載の区民に郵送します。住民票は100%正しくはありませんが、定額給付金の趣旨である経済対策を考えれば、これで充分です。

 定額給付金に関しては過半数の国民が反対していますが、支給に関するお役所仕事を見ていると、ますます反対です。結局、我々国民や区民に税金となってツケが回ってくることになります。

 来るべき総選挙で、定額給付金を自分の手柄と吹聴する代議士がいたら、「衆愚政治を代表する愚かな代議士」と見なし、絶対に投票しません。
「衆愚政治」という漢字を見ると、愚かな衆議院議員とも読めますね(;-;)

◆◆編集後記◆◆
 一橋大学同期の河村たかし代議士が民主党を辞めて、名古屋市長選に立候補するとのことです。
 前回は、民主党との軋轢の中で立候補を断念せざるを得なかったのですが、今度は民主党の支持も取り付けての立候補となりそうです。
 河村たかし君からは、隔月「夢負けるな!」という1人新聞が送られてきます。
政治家として骨のある彼こそ、小沢一郎の代わりに総理になって欲しい人物です。
破天荒の彼は民主党内ではどちらかというと浮いた存在のようです。
 友人として、是非、名古屋市長に当選して欲しいモノです。
 名古屋市民の方がいたら、清き一票を是非お願いします。
◇◆◇◆─────────────────────────────────────

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月12日 (日)

boblog「マーキュリー通信」no.1088【経験から学ぶマンション管理の重要性-11「管理費の値下げ」】

Kif_2188   2回目の理事長に選ばれた時は、デフレの真っ最中でした。
 そこで、管理会社の管理費の値下げが必要となってきました。マンション内のトラブル事項や誰もやりたがらないことは私の所におはちが回ってくるようです。

 管理会社に対する私の基本的な考え方は、適度な緊張関係をもちながら、お互いに信頼関係を築いていくことです。
 従って、管理費の値下げに関しても、管理会社の言い分も良く聴き、
どこまで値下げできるかです。
 独立系の他の管理会社で、もっと安い管理費を提供するところもあったのですが、結局、値下げ幅は10%のところで合意に達しました。余り安さだけを追求して、もし、管理会社を変えて、「安かろう、悪かろう」だったら大変なことになります。
 管理の悪さは、マンションの資産価値にも影響します。又、住民に見えないストレスが発生し、マンション内に不協和音が流れることも恐れました。

 10%の値下げは年間約90万円に相当します。10年間で900万円になり、次の大規模修繕の貴重な原資となっています。

 尚、当時管理会社の倒産が問題となっていましたので、業者等への各種支払いを、管理会社経由支払うのではなく、直接管理組合から支払う方式に切り替えました。

◆◆編集後記◆◆
 ライオンズシティ池袋は築14年になります。
 今朝、出かける時に、若い女女性から「おはようございます。菅谷さん、
お久しぶりです」と挨拶してきました。
 その子は、同じフロアのM家の娘さんでした。入居した時には、小さな女子
だったのが、あれから14年、時の流れの速さを感じています。
 
◇◆◇◆─────────────────────────────────────

| | コメント (0) | トラックバック (0)

boblog「マーキュリー通信」no.1087【私の健康法-59「メタボ対策は三位一体で解決」】

こんにちは!

マーキュリー起業塾塾長 菅谷信雄です。
 [link]http://venture.ganriki.net/

いつもご愛読いただきありがとうございます。

この【「マーキュリー通信」】は過去に名刺交換させていただいた方や
お目にかかった方に発信させていただいています。

さて、今日は
【私の健康法-59「メタボ対策は三位一体で解決」】についてです。
[link]http://mercurytsushin.cocolog-nifty.com/

Bullworker1kif_0284 ◇◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━2009年4月12日━━━━━━━

  boblog「マーキュリー通信」no.1087
【私の健康法-59「メタボ対策は三位一体で解決」】
  http://mercurytsushin.cocolog-nifty.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇◆
NHKの新番組「エアロビ(毎週日曜日6:30am-7:00am NHK衛星第2)で「メタボ対策は三位一体で解決」と紹介していました。
 エアロビは有酸素運動ですが、これに筋トレを加えることで体脂肪を取り、体重を減らすことができるそうです。

 私は毎朝30分運動をしていますが、ストレッチと筋トレ中心です。
 NHKの「みんなの体操」をやった後に、ストレッチは真っ向法、筋トレはダンベルとブルワーカーです。ブルワーカーは40年続けています。
 筋トレの最後は、マンション(ライオンズシティ池袋)の階段を一気に9階まで1段おきに駆け上がっていきます。下りも膝の強化に繋がるので、下りも階段を利用します。ここで有酸素運動と足腰の強化を行います。足腰の衰えは、集中力の低下にも繋がるので、一番重視しています。

 一方、身の回りには運動の道具がたくさんあります。駅の階段、お店の階段等エレベーターやエスカレーターを使わずに、階段を上がれば、運動の道具に変身です。

 電車の中も、なるべく座らないで立っていることで、筋トレになります。
 そして、何よりも歩くようにしています。これが一番手っ取り早い有酸素運動です。1日最低でも1時間、多い時には3時間くらい歩いている計算になります。

 健康管理の重要性に気付いていても、多忙を理由に実践していないビジネスマンが多いですが、健康でこそ良い仕事ができるわけです。

 さて、「メタボ対策の三位一体」の最後は、ダイエットコントロールです。
 私の場合、朝はショウガ紅茶健康を1年以上実践しています。非常に簡単な健康法です。ティーバッグにポットからお湯を注ぎ、これにチューブから練りショウガを紅茶カップに入れ、黒砂糖を少量入れるだけです。簡単だから長続きします。

 このお陰で子供の頃から弱かった腸が現在では超ベリーグッドの状態となりました(*^^*)

◆◆編集後記◆◆
 ショウガ紅茶だけでは昼間で厳しいので、実際には次のようなヘルシーメニューを毎朝食べています。
 豆腐+練りショウガ+鰹節+海苔(冬は電子レンジで湯豆腐にします)
 プレーンヨーグルト+きな粉+黒ごまのすったもの+砂糖少量
 バナナ、野菜ジュース◇◆◇◆─────────────────────────────────────

菅谷信雄
独立開業支援コンサルタント
マーキュリー起業塾塾長 http://venture.ganriki.net/
中小・ベンチャー企業経営コンサルタント
丸の内起業塾マーケティング講師[link]http://www.odyssey-com.co.jp/venture/index.html
─────────────────────────────────────◇◆◇◆

◆DVD(3部作)「独立開業1年後にあなたの年収を1千万円にします」を新発売!
 販売価格29,800円(70ページのテキスト付)。(電話、skype、メール等による
個別指導付の場合には39900円、個別面談の特別コースは149,800円)
となります。
尚、「独立開業」しない人でも、このDVDを何度も視聴し、実践することで、年
収1千万円を 稼ぐ力がつきます。又、中小・ベンチャー企業の研修用にも利用さ
れています。
詳細は、 http://venture.ganriki.net/をご覧下さい。
 テキストのサンプルと動画像もホームページからご覧頂けます。

◆年収1千万円を稼ぐ力をつける為に、現在毎月1回実戦セミナーを実施中。
 ●4月26日(日)1時~5時「マーケティング戦略及びそれに基づいた事業計画の数字のツメを具体的に行い、より実現の高い数字にする」
新農業革命「ゼム酵素}の事業です。わくわく、期待の持てる事業です(*^^*)
 ●参加費:5千円(オブザーバーは1千円)
 ●場所:東池袋あうるスポット3階A会議室。詳細はhttp://venture.ganriki.net/ 参照願います。
 ●定員:20名

************************************

◆boblog「マーキュリー通信」http://mercurytsushin.cocolog-nifty.com/
「経営、ビジネス」というお堅いカテゴリーから、健康趣味スポーツ」まで柔ら
かいものまで全部で30以上のカテゴリーに分かれています。私の過去のブログ中
で、気に入ったブログをご覧下さい。公私ともに参考になる情報が満載です。
----------------------------------------------------------------

◆リスク・マネジメントに関しては私が親しくさせていただいている白木大五郎
氏のベストセラー書「あなたの会社は大丈夫?」(丸善プラネット1470円)をお勧めし
ます。難しいリスク・マネジメントを、同氏の全て作品による川柳と漫画で分か
りやすく解説してあります。http://item.rakuten.co.jp/book/4489133/
同氏は、日立グループで人事、労務、教育畑を歩いてきた方で、本書を基にNHKを
始め、大手企業から中小企業まで全国で毎週講演中です。同氏の講演は川柳を交え、
ユーモアたっぷりに話す口調が評判ですが、講演をご希望の方には私宛お申し込みい
ただければ、同氏におつなぎいたします。
 
★★★最近の白木大五郎氏のユーモア川柳です。★★★

1「フシマツと 名義変更? 裏献金」
2「新総裁 漢検テストで 審査され?」
3「国産の ウナギが喋る 中国語?」
4「危機対応 鳥インフルで 試される!」
5「闇専従 調査に予告 茶番劇?」

最近は団塊世代のリタイアで年金亭主族が急増中。年金亭主5川柳をご紹介します。
1「(あ):愛が消え 情で繋がる 日々となり」
2「(い):いつからか 家内変じて おっかない」
3「(う):羨まし メシ・フロ・ネルと 言えた頃」
4「(え)えらいこと 俺の年金 これっきり」
5「(お):おいお前 どこ行く ワシも付いて行く」

因みに3つ以上丸がつかないとイエローマークです。くれぐれもご用心、ご用心(笑)
最近は企業不祥事に関する事件が増えています。次は「経営責任時事川柳10選」をご紹介致します。
・「国家より 企業の品格 問われてる」
・「部下を切り ケジメをつけたと 言うトップ」
・「責任の 二文字が辞書に ない企業」
・「責任は? 居残り職責 果たします」
・「刷新の 人事で判る 危機意識」
・「晩節を 汚して恥じぬ 経営者」
・「老害が 改革スピード 遅らせる」
・「不祥事の 身内に甘い 処分案」
・「事故謝罪 棒読みトップは 何思う」
・「不祥事の 老舗は介護の 法人(ヒト)となり」
────────────────────────────────

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月10日 (金)

boblog「マーキュリー通信」no.1086【第78回「新しい時代を創る経営者の会」株式会社インフォランス 佐々木社長「中小・ベンチャー企業向け経営支援サービス」】      

boblog「マーキュリー通信」no.1086【第78回「新しい時代を創る経営者の会」
株式会社インフォランス 佐々木社長「中小・ベンチャー企業向け経営支援サービス」】      
  http://mercurytsushin.cocolog-nifty.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇◆

第78回「新しい時代を創る経営者の会」は、株式会社インフォランス 佐々木
雅士社長による「経営側面支援サービス」でした。
 
 これだけ聞くと、特にぐぐっと来るテーマではないのですが、佐々木社長の起
業の発想の原点、事業化等を伺い、まさにベンチャー起業家の神髄をいくもので
した。

 佐々木さんは、大学3年生の頃、テレビでアフリカ難民が飢餓で死んでいく様
を見て衝撃を受け、今すぐにでも、恵まれない環境にいる人たちを支援したいと思い
ました。
 しかし、今すぐに社会貢献をすることが最善ではないと考え、自分が楽しいと思う
ことをやりながら、社会貢献をする形を取ろうと考え、起業をして利益を出して、そ
れで社会貢献をしていくという考え方に切り替えました。
 目標を具体的なものにするため、60歳の時までに30億円を入れた財団を創る。そし
て元本を減らさずに、その利子で社会貢献を永遠に残したいというのが佐々木さんの
夢となりました。

 佐々木さんの発想は非常にユニークです。社会人になったら、遊ぶ暇がなくな
る。そこで大学生になったらバイトはやらずに、4年間を徹底的に遊ぶと決意しまし
た。

 その為の軍資金を稼ぐ為に、大学浪人中に、受験勉強をそっちのけで、サイド
ビジネスに手を出しました。
 そのサイドビジネスはパチスロでした。パチスロで絶対稼ぐぞと決意した佐々木さ
んは、当時22万円もするパチスロの台を1台購入しました。そして、自宅で徹底
的にパチスロを研究しました。
 そして、その研究成果を出すために、早速パチンコ店に行きました。研究成果はす
ぐに現れ、パチンコ店で荒稼ぎをして、浪人生活1年間で約1500万円を稼ぎ出しまし
た。但し、パチンコ店の店員の接待交際費に約500万円かかった為に、接待交際費差
引後の利益は1000万円が残りました。あまり荒稼ぎしすぎると、店から出入り禁止になるこ
とが分かり、それを事前に察知して接待するという対策を打ったそうです。若干18~19歳の未
成年の酒も飲めないはずの若者にそんな発想が湧くモノだと、佐々木さんの起業家精神の原
点を垣間見ました。

 佐々木さんは、大学3年生の時に、ベンチャー起業家として世に出ようと決意
していました。しかし、海外の旅行先で恋に落ちました。彼女にはお見合い相手がい
たのですが、好きな人と一緒にいたいという思いが生まれてしまい、親の決めた相手と結婚
することに抵抗を感じるようになってしまい、駆け落ちをすることになってしまいま
した。

 佐々木さんは彼女の為に、安定を重視して、暫く起業家の道を封印し、サラリーマ
ンとして三和銀行に勤めることにしました。
 佐々木さんは、銀行マンとして取引先の中小企業を回っている間に、経営者は本業
以外の事には意外と弱いことに気付きました。経営者の本業以外の部分を支援する会社が
世の中には必要だろうと感じて、経営側面支援をする会社を起業しました。

 企業は成長するに従い人件費や家賃等の固定費の増加に直面します。又、社長
は会社に対し多大なリスクを負っているにも拘わらず、その見返りとしての報酬
が少ないことも分かりました。役員報酬にはダブルで課税され、世界で一番厳し
い累進課税の為に、可処分所得が減ります。

 又、約8割の中小・ベンチャー企業の経営者が税理士に不満を持ちながら付き合い
を続けていることが調査をして分かりました。税理士は財務諸表を作成する財務会計には強いのですが、
財務データを活用した経営アドバイスをする税理士、即ち管理会計に強い税理士は少ない
ことが分かりました。

 佐々木さんはそこに着目し、中小・ベンチャー企業向け経営相談のワンストッ
プ・サービス化事業を始めました。

 三和銀行を退職した佐々木さんは、会社の信用力がない為、新規顧客開拓を、
紹介形式中心に行いました。これがうまく成功し、会社は着実に成長していきまし
た。
 佐々木社長の着眼の良さは、中小・ベンチャー企業のターゲットを儲かってい
る企業に絞ったことです。この割合は企業全体の1割程度です。

 利益企業の支援が功を奏し、中小・ベンチャー企業向け大卒新人のリクルーティン
グ事業にも進出しました。

 同社は、現在設立10年目にして1200名の税理士とウェブサイト制作会
社100社と提携しています。保険会社は17社と提携しています。
 このネットワークを活用、強化して、他社が真似のできないような節税対策、
税務サービスを提供しています。

 佐々木社長は現在40歳、こういう若手経営者が日本を元気にしてくれます。60
歳までに是非30億円を稼ぎ、佐々木さんの夢を叶えて欲しいと思います。

◆◆編集後記◆◆
 今月も満席でした。今月は初めてドタキャンがなく、懇親会にも22名が参加し、
皆さん満足して帰られました。まさに、世話役の冥利に尽きるところです。
本日のプレゼンテーションも、ここでしか聴けないような内容がふんだんに盛り
込まれていました。
「新しい時代を創る経営者の会」のプレゼンテーションは、毎回各経営者の経営
のヒントになるような話がふんだんに盛り込まれています。
 経営者の異業種交流会、「新しい時代を創る経営者の会」にご参加をご希望の方は、ご連絡をお待ちしています。

◇◆◇◆─────────────────────────────────────

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 5日 (日)

boblog「マーキュリー通信」no.1085【ワンポイントアップの経営術-43「一流の経営者と二流の経営者の違いとは」】

boblog「マーキュリー通信」no.1085【ワンポイントアップの経営術-43「一流の経営者と二流の経営者の違いとは」】
 中小・ベンチャー企業においては会社の業績は全て社長の責任であり、会社の成長も全て社長次第です。そして、会社の成長は社長の器の大きさで止まります。従って、会社をどの程度まで大きくしたいのか、又、会社を自分の実力以上に大きくしたいのなら、後継者を育成するか、外部から探す必要があります。

 Dsc00094さて、社長の知らないところで社員の不祥事、不始末、失敗等によって会社が大きな損害を被ることがあります。
 これを社員のせいにするかどうかで、その社長の器が試されます。

 社長の知らないところで社員が失敗しても、その社員に仕事を任せたのは社長です。もし、その社員に全幅の信頼がおけない場合には、きちんとチェック体制を作っておくべきです。もちろん会社に損害を与えた社員は、叱ったり、損害の程度に応じ、然るべき処置はするべきですが。
 社員の失敗の話は社内的な話に止めるべきです。社員の失敗や駄目社員を社外の取引先に吹聴する社長がよくいますが、これは自らの会社の信用をおとしめているに過ぎません。社員のことを悪く言う社長は反省が足らないので、同じ過ちを何度も繰り返します。

 一方、注文を取った際、その手柄を社員に譲らず、自分がやったと吹聴する社長も一流の社長とはいえません。
 社長の仕事は、注文が取れる仕組み作りです。注文を取る仕事は社員です。この流れをいかに作っていくか、この仕組みができれば、社長としても喜ばしいことです。社長は、頭脳部分、手足となって動く部分は社員なのです。
 従って、社長は自分の創ったその仕掛け、仕組みに社内体制ができあがったことを喜ぶのです。社長が機嫌が良く、社員が注文を取ってきた時に、褒めてやれば、社員は次も頑張る意欲が湧いてきます。そして、好循環となってきます。

◆◆編集後記◆◆

 私のよく知っている社長で、よく私に社員に対する愚痴不平不満をいう社長がいます。しかし、何度も聞かされている方は決して良い気持ちではありません。
 当然、その社長と社員との間もしっくりいっていません。案の定、その社員は辞めていきましたが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

boblog「マーキュリー通信」no.1084【人生100年時代を勝ち抜く為の最強戦略-22「自分の体は自分で守る」】

Dsc00093  本日、池袋の上田胃腸クリニックで大腸の検査を受けてきました。一昨年の12月に大腸検査を受けた時に、3mm程度のポリープが見つかりました。特に問題はないが、経過観察として、2年後に再検査を勧められました。もし、大きくなって問題があるようならその場で簡単に除去できるとのことでした。
 本日の検査結果は、多少の宿便は認められたモノの、前回発見されたポリープは消滅していました。

 過去1年間で私自身の職場環境が大きく変わったので、妻の勧めで早めに受けることにしました。

 Dsc00095 私は、来月還暦を迎えますが、歳を取れば、年々体は老化し、体のどこかに異変が起きてもおかしくありません。
 自分の体調に少しでも異変を感じたら、検査を受けてみる。これで当面大腸癌の心配はなくなったわけです。次の検査は3年後です。

 池袋の上田胃腸クリニックの上田医師は、大腸検査では優秀な医師で、自宅付近のクリニックから紹介を受けました。

 自分の健康管理の医療ルートをこのように持っていれば、安心して仕事ができるわけです。もちろん、普段から健康管理には気を遣っています。
 正しい生活習慣に基づいた食習慣、毎日の適度な運動、充分な睡眠、ストレスを溜め込まない等、このような日常の健康管理をしっかりすることで充実した人生100年時代をエンジョイできるわけです。

◆◆編集後記◆◆
 医学の発達により、好むと好まざるとに関わらず、熟年世代の4人に3人は100歳まで生かされてしまうのです。自分の周りを見ても、10~20年程前なら70代で他界するのが普通でした。それが今は80代半ば普通です。我々の時代には、90代となり、100歳以上で他界する人もごく一般的になります。このままの増加率で行くと、我々が100歳になる頃には、100歳以上の人口は100万人を突破すると言われています。

 従って、本シリーズでは、明るく元気で心身共に豊かな「人生100年時代を勝ち抜く為の最強戦略」を提案しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 3日 (金)

boblog「マーキュリー通信」no.1083 【ワンポイントアップの仕事術-59「最近の私の読書法」 】

私の場合、年間100冊の読書を目標に多読、精読、そして座右の銘のように繰り返し読む本とに分けて読んでいます。

 書物は、仕事力、人間力をアップするモノを中心に、ジャンルとしては、仕事関係、経済書、趣味、心の糧となるような本、友人知人からのお薦め本等多岐に亘っています。
 購入先は、書店、アマゾン、そしてブックオフコーポレーションがメインです。

 さて、最近の読み方は、まずはじめにを読み、そして目次を読みます。
ここで本書の概要を掴み、本書の読む時間を予め決めます。通勤時間が片道25分ですから、片道で読んでしまうモノ、往復で読むモノもあります。
この種のモノは、ブックオフコーポレーションで購入した文庫本、新書版が多いです。

 目次を見てから本文を見ると、以前に読んだ内容も結構多いです。
その場合には、読み飛ばしていきます。1冊の本の中で、2~3箇所参考になればOKです。
 更に本で学んだことを実際に仕事の中や日常生活のなかで実践したり、boblog「マーキュリー通信」でも引用したりしています。このことにより、本で学んだことを活用できます。
 本日の電車の中で、「Yahooジャパン完全活用本」(創藝舎630円)を読みました。
但し、これはその内容を早速パソコン上で試してみたい内容が盛りだくさんです。
実際に試してみて良ければboblog「マーキュリー通信」でご紹介したいと思います。
 明日は、「Google完全活用本」を読む予定です。因みに本日現在今年に入ってから36冊読んでいます。

─────────────────────────────────────
編集後記
本の内容を全て理解し、記憶するのは不可能です。従って、読んだ内容をいかに活用し、自分のモノとするかがポイントと思います。
 最近、「本が今までの10倍速く読める法」(栗田昌裕著 三笠書房560円)を読みました。この本をマスターすると、確かに10倍速く読めるようになります。しかし、マスターするのにかなりの時間とエネルギーを必要とするので、なかなか実戦できません。又、速読講座に通い、指導を受けないと、効果的に上達しないようです。やはり、10倍速く読むには、それなりの覚悟が必要のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »