« boblog「マーキュリー通信」no.1118【人生の折り返し地点、60年を振り返って-5「その時の思いが10年後に現れる」】 | トップページ | boblog「マーキュリー通信」no.1120【人生の折り返し地点、60年を振り返って-7「変人と呼ばれて」】 »

2009年6月 3日 (水)

boblog「マーキュリー通信」no.1119 【人生の折り返し地点、60年を振り返って-6「ダブル還暦を生きる 私の夢」】

今回のタイトルは「ダブル還暦を生きる 私の夢」です。同年代の多くは老後を意識した人生設計を始めています。
 しかし、現代の60歳は、昔の8掛け48歳程度だと思います。従って、人生80年と思っていると、実は100歳まで生きてしまうのです。ここに大きな落とし穴があります。
 100歳までの残り20年の人生計画を持っていない、心と身体もついて行けません。その為、寝た切り、認知症老人となってしまいます。

 私の意識の中には老後はありません。一生涯現役として働くつもりでいます。但し、働く中身が異なってきます。

 後5年くらいは、現在のビジネスマンの仕事に全力投球していきたいと思っています。そして、その後は私の夢である年金程度で暮らせる一人暮らしの老人ホーム「ユートピア館」を建設していきます。

 人は何故寝た切り、認知症老人になるのでしょうか?
 
 それは人生計画、設計無しに漫然と老後を過ごすことが大きな一因となっています。
 そこで私が考える老人ホーム「ユートピア館」とは、心と身体の予防医学を取り入れ、皆生き甲斐を持って生きるようにします。

 生き甲斐は個々人により異なります。趣味に生きる人、ボランティアに生きる人、仕事に生きる人等多種多様です。個人の生き甲斐を尊重し、サポートしていきます。

 私は三井物産の独身寮に5年住んでいました。又、現在住んでいるライオンズシティ池袋でも理事長を務めました。その経験を活かし、これを高齢者向けのコミュニティ・ハウスを作る計画です。
 1階は入居が集えるサロン、食堂、浴場です。2階~4階は入居者用個室です。
 基本的な考え方は、「ユートピア館」の運営は、入居者が行います。従って、食事や清掃、管理業務は当番制で担当します。食料の仕入も自分たちで行います。人に任せるのでなく、自分たちで行います。これで連帯感が生まれ、生き甲斐が出てきます。共同生活の楽しさがエンジョイできます。自立心も生まれ、ぼけずにすみます。

 こうすれば毎月10万円程度で、食材、光熱費等込みで暮らせることと思います。建設費、用地代で多少異なってきますが、基本的な仕組みはこのように考えています。

 私がダブル還暦を生きよう、つまり120歳まで生きようと思っているのは、このような夢があるからです。「他人の為に生きる。世の為、人の為に生きる。」実はこれを実践すると、喜びに変わることに気付いたのです。
 皆さんも人に親切にして喜ばれた時、嬉しいと感じたことがあると思います。「他人の為に生きる。世の為、人の為に生きる。」ことは、メンタルヘルス上も極めて良いのです。他人の為に生きる。世の為、人の為に生きれば生きる程、喜びは倍加していきます。
 この原理を知り、最期棺桶に入った時に、自分の人生に喜びと充実感を味わえます。そして、三途の川を堂々と渡ることができ、天国に一直線でいくことができます。
 このような人生設計をしていると、死は恐怖ではなく、楽しみに変わってきます。自分が正々堂々と生きた証し、金字塔と言えます。
◆◆◆編集後記◆◆◆

ジュエリーコンサルタント上野延城氏は、人生はVSOPだと述べています。
VSOPはブランデーの事でなく、
20代はV(Vitality)で生きよ
30代はS(Specialty)で生きよ
40代はO(Originality)で生きよ
50代はP(Personality)人格で生きよ
との教えです。
私はこれに60代以降はXOを追加しました。
Xとは60代以降は、エキストラの人生を生きる、そして最期死ぬ時は、無我の境地になろうということです。
これでVSOP-XOとなります。
こういう思いで生きてきたら、60歳になって肩の力が抜け、自然体で生きることができるようになってきました。

|

« boblog「マーキュリー通信」no.1118【人生の折り返し地点、60年を振り返って-5「その時の思いが10年後に現れる」】 | トップページ | boblog「マーキュリー通信」no.1120【人生の折り返し地点、60年を振り返って-7「変人と呼ばれて」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/45226092

この記事へのトラックバック一覧です: boblog「マーキュリー通信」no.1119 【人生の折り返し地点、60年を振り返って-6「ダブル還暦を生きる 私の夢」】:

« boblog「マーキュリー通信」no.1118【人生の折り返し地点、60年を振り返って-5「その時の思いが10年後に現れる」】 | トップページ | boblog「マーキュリー通信」no.1120【人生の折り返し地点、60年を振り返って-7「変人と呼ばれて」】 »