« boblog「マーキュリー通信」no.1183【好きな料理でストレス解消と右脳開発】 | トップページ | boblog「マーキュリー通信」no.1185【経験から学ぶマンション管理の重要性-最終回「ご意見番として」】 »

2009年9月25日 (金)

【私のコミュニケーション論-83「嫉妬心はあこがれと表裏一体」】

イチローが9年連続200本安打を達成したときに、マリナーズの選手の中には、「自分ばかり目立って」と批判する選手がいたそうです。

 これは一種の嫉妬心です。実は、嫉妬心はあこがれと表裏一体となっています。嫉妬心とは、自分もああいう風になれたらというあこがれ、理想像でもあるのです。
 イチローを批判した選手の深層心理では、同じプロ野球選手ならイチローように200本安打を打ちたいと心の底では思っているわけです。

 一方で、我々とイチローとは全く別の世界です。従って、イチローの快挙にただただ賞賛するのみです。当然嫉妬心などないわけです。

 我々のビジネス、プライベートでも、もし、あなたが嫉妬心を感じる対象がいたら、それはあなたのあこがれ、理想の対象だと認識するのです。そして、その理想に近づこうと努力するのです。だから身近に嫉妬する対象がいることは、あなたにとってラッキーなことと受け止めれば良いわけです。
 もし、努力をしても絶対かなわない相手なら、嫉妬をする代わりに、その相手を賞賛し、尊敬のまなざしに変えれば良いのです。これでその相手との人間関係も好転していきます。

 そして、あなたを向上させる原動力ともなります。

| |

« boblog「マーキュリー通信」no.1183【好きな料理でストレス解消と右脳開発】 | トップページ | boblog「マーキュリー通信」no.1185【経験から学ぶマンション管理の重要性-最終回「ご意見番として」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【私のコミュニケーション論-83「嫉妬心はあこがれと表裏一体」】:

« boblog「マーキュリー通信」no.1183【好きな料理でストレス解消と右脳開発】 | トップページ | boblog「マーキュリー通信」no.1185【経験から学ぶマンション管理の重要性-最終回「ご意見番として」】 »