« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月30日 (月)

「マーキュリー通信」no.1238【創レポート11月号 組織力を高めるマニュアルの活用法】

「sr0911.pdf」をダウンロード
毎月好評の公認会計士・税理士 伊藤 隆先生が発行している創レポー

トを今月もお届けします。

マニュアルは、どこの企業にもあると思いますが、今月の創レポートは

マニュアルを取り上げています。

マニュアルは、その企業のルールが反映されており、各企業によって異

なります。

マニュアルは企業活動を進めていく上での道具ですから、若手社員はま

ずその道具の使い方を身につけることから始まります。

しかし、マニュアルはあくまで道具であり、あまりマニュアル通りに行

うと、取引先との関係がぎくしゃくしてきます。

基本動作以外に、応用動作も時には必要となってきます。

従って、若手社員が取引先との対応で何か問題が生じたら、それを応用

例として対応するのがベテラン社員の役割です。

大企業になるとマニュアルが徹底している反面融通が利かなくなってき

ます。特に最近はコンプライアンスの関係で、融通が利かないことが多

々見受けられます。

その辺のさじ加減をどうするかは、各企業の管理職の采配にゆだねられ

ます。
http://www.cpa-itoh.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

boblog「マーキュリー通信」no.1237「コンピューターウィルスが猛威を振るっているのでご注意を!」

最近私が立ち上げたホームページ
「あなたの会社の収益力を倍増させる『脅威の経営上達法』」
サーバーに保存されているhtmlファイルに勝手に書き込みをされました。
ウェブサイト作成業者が気づいて事なきを得ました。

現在、楽天を始め、インターネットショッピングにも影響が出ているそうです。

一方、複数のURLにアクセスしようとすると、頻繁にInternet Explorerが
シャットダウンする現象が発生しているのですが、
それもコンピューターウィルスの仕業だそうです。

年末年始は例年コンピューターが猛威を振るう時期なので、
ご注意下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月29日 (日)

「マーキュリー通信」no.1236【シリーズ日本の生命保険の意義と問題点を再考する-4「生保代理店が中高年に向いている理由】

 昨日社団法人生命保険協会から生命保険代理店の受験結果が届きまし

た。98点で合格でした。

 生命保険代理店の試験内容は一般常識+生命保険業界及び生命保険商

品に関する質問です。

中高年は若年層と比べ記憶力ではかないませんが、
一般常識は社会経験が長い分、勝っています。

試験内容の内、一般常識部分は7~8割程度です。
従って、受験勉強を全然やらなくても、80点前後はとれます。

合格最低点は70点なので、受験勉強をしなくても合格は可能です。
しかし、代理店になってから、
生命保険業界及び生命保険商品の知識は当然必要になってくるので、
受験勉強の時にやりました。

又、引っかけ問題が結構あるので、
傾向と対策を事前にやっておけば、
受験の際に、自信をもって臨めます。

現在、産業界はリストラの嵐が吹き荒れ、
36歳以上の中高年の再就職は極めて厳しい状況です。

本シリーズ第1回目で述べたように、
保険商品に満足している人はごく僅かです。
統計上は、一応3分の1程度です。
しかし、実際には自分のかけている生命保険商品の内容を知らない人の

方が圧倒的多数です。

従って、満足と答えた人も、
果たして本当に満足かどうかまでは把握できていません。

ですから、
保険代理店の仕事はまだまだたくさんあるといえます。

中高年の強みは、若年層と比べ、
人脈が多いことです。

従って、顧客ニーズを把握し、
顧客ニーズに合った生命保険商品を提案すれば、
ビジネスとして十分成り立つわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月28日 (土)

「マーキュリー通信」no.1235【私の健康法-67「歯と眼」の定期的チェックは活力の源】

私は、歯の定期的チェックは年2回、
眼は年1回実施しています。

本日は、近くの菅谷眼科で眼のチェックの為、検診に伺いました。

菅谷眼科は、菅谷先生が丁寧な診察をするので、
患者の評判が良く、本日も2時間待ちでした。

2時間待ちはあらかじめ予想されたことなので、
その間は本を読んでいます。

さて、チェック項目は、
緑内障、白内障、網膜剥離、そして眼の疾患等です。
視力検査も実施します。

2年前の検診では、「視野狭窄の兆候が現れてきたので、
今後は緑内障に気をつけましょう」とのことでした。
ところが、昨年はその心配がなくなり、
今年は全然問題ないとのことです。

普通は加齢と共に、
視野狭窄が進むのですが、
私の場合逆なので、先生はびっくりしていました。

いずれにせよ、年に1回定期的にチェックを受けておけば、
眼の突然の病気、網膜剥離や緑内障も事前にチェックできるので、
ひとまず安心です。

眼の病気は、若いからといって、
絶対かからないとは 断言できません。

ハメを外さないためにも必要です。

おっと、最後はおやじギャグでしたm(__)m

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

 昨日、こういうセンスはよく分かりません」というブログを書いたら

、早速読者からコメントがありました。
女性が透明バッグを持つ理由は、
従業員による窃盗防止のために企業側が義務づけているそうです。

不信の時代、従業員も信用できない時代となったのですね(;-;)
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月27日 (金)

「マーキュリー通信」no.1234【「こういうセンスはよく分かりません」】 

本日新宿三井ビルのエレベーターに乗りました。

同乗した若い女性が、透明のビニールバッグに
所持品を入れていました。

財布、ケータイ、歯磨きセット、本・・・

中の所持品が全部丸見えです。

その女性はごく普通のOLといった感じでした。

女性は、普通自分の所持品を見られたくないと思うのですが。

それとも新しいファッションなのでしょうか?

この点この女性心理をよく理解できませんでした。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月26日 (木)

「マーキュリー通信」no.1233【ワンポイントアップの経営術-47 気をつけよう! 「虎の威を借る狐的発言」の社員がでてきたら】

 中小・ベンチャー企業では、社長の発言、
権限は絶大なるものがあります。

 「これは社長がおっしゃったことだから」と、
社員がよくいうことがあります。

 社内のコンセンサスを取り付ける際や、
急いでいる時には必要なことがあります。

 しかし、 「これは社長がおっしゃったことだから」的発言が多くなると、
社内のコミュニケーション上の問題点も出てきます

 社員が議論をしなくなり、
「社長が言ったことだから仕方がない」的に
社員同士の活発な意見交換が少なくなってきます。

 もしくは、社員から反発が出て、
社員同士の関係がぎくしゃくしてきます

 これが更にエスカレートすると、
社長から目にかけられている社員、
中には社長にうまく取り入っている社員が、
「これは社長がおっしゃったことだから」とか、
さらには「俺は社長から信頼されているんだ」式に
他の社員に高圧的となり、命令口調になってきます

 他の社員は、事を荒げたくないので、
一応おとなしくその指示に従いますが、
ストレスが溜まってきます

 ストレスの解消として、
酒を飲みながら、その「虎の威を借る狐」社員の悪口を言って、
ストレスを発散させます。

 一方では、他の弱い社員、
おとなしい社員のいじめに走ったりします。

 セクハラを起こす社員も出てきます。

 あなたが社長で、数人の社員を持ち始めたら、
その辺の社内の空気を読むことも重要となってきます。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月25日 (水)

「マーキュリー通信」no.1232【シリーズ日本の生命保険の意義と問題点を再考する-3「巨大な力を持った生保は、生命保険のあるべき役割から逸脱していった」】

平成19年末の生保の総資産は326兆円と巨額に上っていることを前回ご

説明しました。

生保は、この巨額の資金を基に、本来の保険事業とは異なる金融機関と

不動産事業を営んでいます。

しかし、生保会社は保険事業に本来限定されているはずなのに、監督官

庁は拡大解釈して認めています。

生保がこの2つの巨大事業に進出することで、強大な力を持つに至りま

した。
 
この2つを武器に各企業に保険外交員いわゆる生保レディを送り込みま

した。

そして、餌食になったのが、各企業の世間知らずの新入社員です。丁度

釣り堀に糸を垂らすがごとく新入社員をつっていきました。
 
会社が認めた生保レディが、あめ玉戦術で生保商品を必要としない新入

社員の下に何度も足繁く通います。それも数社の生保レディが訪れます


 
新入社員の世間知らずを良いことに、終身タイプの高額な保険金をかけ

させました。死亡保険金5千万円をかけさせられた独身の新入社員も多

数いると聞き及びます。

生命保険会社にとっては、この種の生命保険商品が一番儲かる商品だそ

うです。

因みに、掛け捨てや年金タイプの生命保険商品は、あまりうまみがない

そうです。

そして、いつしか生命保険商品は、生保レディ、言い方を変えるなら生

命保険のおばちゃんの非効率な営業による販売商品というイメージが

定着し、男性が一生涯胸を張ってやる仕事ではないという世間的イメ

ージとなりました。

生命保険商品は、複雑でよく分からない。だから3分の2近い保険契約者

が、保険内容を不十分もしくはよく分からないと思っているわけです。

この辺に生命保険商品と営業の問題点が潜んでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月24日 (火)

「マーキュリー通信」no.1231【人生に勝利する方程式-48「人生に勝利するキーワード3KS+H 」】

「3KS(サンクス)」とは私が作った造語で、長年愛用しています。
 3K(感謝、謙虚、寛大)+S(素直)で3KSとなり、読み方はサンク
スです。そして、3KS(サンクス)=「ありがとう」となります。
 その後の+Hは反省のHです。3KSにH(反省)が加われば、鬼に金棒で
す。

 今年還暦を迎えた私は、自分の人生を振り返ると、現在の自分がある

のは、自分一人の力ではない。実にたくさんの人の恩恵を受けてきたこ

とに気づかされます。そこに自ずと感謝の気持ちがわいてきます。

 若い頃、成功した後、自分に自信ができ、うぬぼれた自分がいたこと

に気づきます。自信過剰、人の話を聴こうとしない傲慢な自分、その時

は転落が待っています。
  
 寛大な心も大事です。異なった意見を大切にしないと、人をまとめて

リーダーシップが発揮できないからです。

 3Kがきちんとできていれば、人の話を素直に聴くことができます。

人の話を素直に聴けない人は、成長に限界が出てきます。
 私自身年間多数の人と会います。IT時代、そして激動の時代において

、新しい事業を立ち上げる若い人と多数会います。そんなとき、素直に

頭(こうべ)を垂れ、その人の話に自然と耳を傾ける習慣がついていま

す。

 そして、最後にH(反省)ですが、日々反省をすることで、過ちを早

期に発見し、成長できていきます。このHはHapiness(幸福)のHでもあ

ります。素直のSはSuccess(成功)のSでもあります。
尚、反省は毎日入浴中と、就寝時に行っています。

 3KS+Hを常日頃心がけることで、真の成功と幸福の両方を得ることが

できます。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

昨日、アニメ映画「仏陀再誕」を、品川プリンスシネマでは、再度見ました。
この映画は何度見ても素晴らしいです。

品川プリンスシネマは、ミニシアターが10カ所ほどあり、
切符売り場は朝からずっと行列が続いていました。

アニメ映画「仏陀再誕」も満席でした。
上映終了後には観客から拍手がわき起こりました(*^^*)

「マーキュリー通信」の読者には、チケットをプレゼントさせていただきましたが、
あなたの感激を感想文として送っていただけると嬉しいです(*^^*)
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月23日 (月)

「マーキュリー通信」no.1230【シリーズ日本の生命保険の意義と問題点を再考する-2「何故、生保は破綻したのか?誰も語らない根本的な理由」】

 生命保険の基本理念は「相互扶助」です。

 1867年福澤諭吉が、日本に近代的生命保険を紹介したことが発端と

なり、明治に生命保険会社が誕生しました。

 生命保険会社の多くは相互会社です。相互会社の事業内容は保険事業

に限定されています。株式会社の生保も事業の性格上、保険事業以外の

事業もかなり限定されています。

 ところが、現実にはどうでしょうか?

 生命保険会社は、お客様から集めたお金を不動産事業や、株式、公社

債等の有価証券に投資しています。
 実態は、生命保険事業以外やってはいけないという立法趣旨に反して

います。

 生命保険会社が集めたお金は平成19年末で326兆円と膨大な金額です

。生命保険会社は金融機関の1つですが、集めたお金を運用して、利益

を上げ、それをお客様である保険契約者に還元するのは当然のことです。

 しかし、ここに「生命保険商品の原点」「本来あるべき姿」から逸脱

し、思わぬ落とし穴に陥ったといえます。

 本来の生命保険事業以外の事業拡大をやっていった結果、生命保険会

社が次々と破綻していったわけです。

 さて、生命保険には「大数の法則」が働きます。
「大数の法則」とは、ある一定の規模以上になると、予定された比率に

収斂していくという法則です。

 さいころを6回振っても、1から6までの数字が1回ずつ出てくる確

率は低いです。しかし、何万回も振っていると、そのうち各数字が6分

の1ずつ均等の割合になってきます。

 これを人の寿命に当てはめたのが生命保険商品です。
 生命保険料の内訳は、純保険料に生命保険会社の事業費と利益を加え

たものから成り立っています。
 従って、事業規模が大きくなればなるに従い、利益が上がるのが生命

保険事業の収益構造となっています。 

 事業規模の拡大に伴い、事業収益が拡大していくので、
増加する剰余金は、(1)内部留保を充実させる(2)生命保険商品を

充実させる(3)保険料を値下げする
主にこの3点に限定して使えば、相互扶助の理念を遵守し、契約者の保

護と利益が確保できるわけです。

 これをやらなかった為に、日本の生命保険料は世界一高い水準となっ

ているわけです。これは国民経済的に非常にマイナスです。

 従って、生命保険商品を、掛け捨てだけに限定すれば、
326兆円の残高は大幅に圧縮でき、金融業をやる必要はありません。
日本全体から見ても、資金効率がよくなるわけです。

 一方、国が不動産事業や金融業まで認めたから、バブルの崩壊と共に

生命保険会社が次々と破綻していったわけです。

 10年以上ゼロ金利の時代が続き、生命保険商品は、貯蓄商品としては

魅力がありません。

 生命保険会社の破綻の後、多数の生保が統廃合を行った結果、現在は

財務体質上問題のある生命保険会社はなくなりました。

 しかし、生命保険会社は多数の政府国債を保有しています。国の借金

は現在800兆円以上あり、財政破綻により紙くず化する可能性は否定で

きません。
 その時は、又破綻する生命保険会社が出てくる可能性もないとはいえ

ません。

 従って、国は、生命保険商品本来のあるべき姿に戻り、損害保険会社

と同様に掛け捨て中心の生命保険商品に舵取りを切っていくことが望ま

しいと思います。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月21日 (土)

 「マーキュリー通信」no.1229【私の健康法-66「枕の高さを変えただけで不眠が解消!」】

 夜遅くまでパソコンに向かっていた時に、
時々寝付かれないことがありました。
 そんなとき、アルコールの力を借りていました。

 1ヶ月ほど前に、「枕革命 ひと晩で体が変わる」
(山田朱織著 講談社新書880円)
を読みました。

 枕の高さが少しでも高かったり、低かったりすると、
不眠の原因になる。
さらには、肩こり、腰痛の原因にもなると書かれていました。

 そこで、同書のアドバイスに従い、
これまでの枕の代わりにタオルケットを折りたたんで
自分にあった高さに調整しました。

 タオルケットなら、自分の頭の高さに応じて調節可能です。
又、枕の固さも重要ですが、
タオルケットならほどよい固さです。

 最適の枕の高さは?

 仰向けに寝た時に、
自分の頭がベッドと平行になるように調節することです。

 あれから1ヶ月以上たちましたが、
おかげさまで、この間不眠が解消し、
熟睡できるようになりました。

 枕の高さが、不眠に影響しているなんて
新たな発見でした。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆
 
 25年以上前からキャップロールという
体によいベッドと枕をセットで使っています。
 枕も安眠用の枕でした。

 しかし、人間の体位、体型は加齢と共に変わっていくので、
それに従って、枕の高さも調節することが必要なことを本書で学びました。
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月20日 (金)

「マーキュリー通信」no.1228【私の健康法-65「インフルエンザ対策今年のワクチン接種状況」】

 私は毎年11月下旬にインフルエンザのワクチンを
近くのクリニックで接種しています。 

 本日接種しましたが、費用は3150円でした。
今年は例年と状況が異なるそうです。
 
 新型インフルエンザの影響で、
通常のワクチンの出荷量が減り、
接種する人が例年になく多く、
今年はワクチンがあっという間になくなりそうとのこと。
たぶん来週いっぱいで在庫はなくなるとのことでした。

 土曜日は、カゼの患者もいるので、
2時間待ちの状況だそうですwobbly

 インフルエンザはビジネスマンにとっても大敵です。
 新型インフルエンザは依然流行しているようだし、
若い人の方が免疫力が少ないと聞きます。

 インフルエンザの接種は
とにかく遅くても来週末までに行くとよいです。
尚、予防接種の効果は、2週間後から現れるそうです。

 一方、インフルエンザに関する情報を入手しました。
ご参考にしてください。

1.インフルエンザウイルスは
湿度が50%以上に達すると、急激に動きを弱める。
インフルエンザのウイルスはカラカラに乾燥した空気がお好みだからで

す。
その為に加湿器で絶えず室内の湿度管理をすることが重要です。
尚、室温は、20~22度程度に保てば、ウイルス増殖を防ぐ効果があると

いう。

2.体力が落ちたり、睡眠不足になると、感染しやすくなりがち。
ストレスをためない、睡眠を十分にとる

3.ビタミン不足にならないバランスのよい食事をとるなどは
インフルエンザに限らない健康の基本だ。

4.喉を弱めないように、たばこを控えるのも意味がある。
粘膜の働きを助けるビタミンA、免疫力を高めるビタミンCは積極的に摂りたい。

5.外出時にマスクを着けるのは、ウイルスを吸い込むのを防ぐだけではなく、鼻や口の粘膜が乾燥するのを防ぐ効果もある。
従って、風邪を引いてなくても、マスクをすることは有効。

6.飴玉やガムなどで唾液を出し、喉の乾燥を防ぐのも有効だ。

7.手についたウイルスから感染することも多い。
電車の吊り革、エレベーターのボタン、エスカレーターの手すりなど、
不特定の大勢が触る可能性がある場所は感染ポイントになる可能性がある。
ウイルスが付着した手の甲や手首で無意識に目や鼻をこすって、
うつってしまうこともある。
従って、手洗いを励行すること。
その際、手首あたりまで洗う方がよい。
手のひらを合わせ、指の間、手の甲、爪の間もちゃんと洗おう。

8.うがいの励行
 ※私は、ショウが紅茶でうがいをしています。その方が効果倍増です。

9.ワクチンを打てば、その日から予防効果が出るわけではない。
インフルエンザワクチンは接種後、体内に免疫力ができるまでに平均で

2週間程度かかる。
遅い人は3、4週間のこともある。1月からの本格流行期を乗り切ろうと思うなら、接種を急ぎたい。
効き目は5カ月程度続く。

10.かかったと思ったら、すぐに病院へ。
治療薬タミフルは発症から48時間以内に服用すれば、効果を発揮する。
何日も寝込んだ後では効き目が期待しにくい。
ただし、近年は10代を中心とした異常行動と何らかの因果関係があるのではないかという指摘がある。
服用に当たっては、医師と十分に相談してからが望ましい。

 薬に頼りすぎず、自然治癒に任せるなら、暖かくしてたっぷり眠ること。
安静が第一だ。栄養と水分の補給も忘れずに。
いわゆる風邪とインフルエンザは別物。
家族全員が感染して、面倒を見る人がいなくなるおそれもある。
パートナーや子供にうつさない、うつされないための「家庭内二次感染予防」も重要だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月19日 (木)

「マーキュリー通信」no.1227【シリーズ日本の生命保険の意義と問題点を再考する-1 「生保は超高齢社会を勝ち抜く為の商品」】

 過去1ヶ月間生命保険の代理店の勉強をしてきました。

 本日、社団法人生命保険協会主催の代理店の試験を新橋の共栄火災

本社大会議室で受験してきました。

 受験者は、大会議室の3分の2程度が埋まり、100人以上の受験者が参

加しました。しかし、大手生保からは、明治安田、住友生命以外は受験

者がなく、殆どカタカナの生保でした。これも時代の流れでしょうか。

 さて、私がなぜ生保の代理店にチャレンジしようとしたのかは、13~

14年前に遡ります。

 三井物産勤務時代に、当時ソニー生命からスカウトされ、その業務内

容を説明され、自分に向いている職業と理解しました。
 しかし、その時は三井物産を辞める理由はなかったので、お断りしま
した。

 一方、現在我々団塊の世代の仲間はつらい目に遭っています。60歳で
定年を迎えても、嘱託で残れないひとも結構います。
 再就職先を探しても、60歳になるとなかなか見つかりません。

 そこで、生保の代理店という職業が高齢者に向いているといえます。
 私が生命保険の代理店として先鞭をつけ、団塊の世代の仲間達にも
がんばってほしい思ったからです。
 
一般的には、全世帯の87.5%が生命保険に加入している飽和市場です。
 しかし、4割以上の世帯が不十分と思っており、2割以上の世帯が加入
している生命保険の内容をよく分かりません。

 従って、3分の2に近い世帯で保険の見直しのニーズがあり、潜在市場
としては、まだまだかなり大きな市場といえます。

 又、多くの家庭では、生命保険は貯蓄タイプが多く、掛け捨て型は少
数派です。
 大不況の最中、いかに家計費を切り詰めていくのかを考えた時に、ゼ

ロ金利時代の現代においては、今後は貯蓄型から掛け捨て型がメインの

商品になることが予測されます。掛け捨て型生命保険はその候補の1つ

になりえます。

 私自身、これから代理店登録して、代理店研修を受け、営業活動をし

ていくのは年明けとなります。

 従って、現段階では、まだ外部から見た意見ですが、傍目八目的な業

界の人には見えない視点で語ることができると思います。
 もし、間違い等があれば、ご指摘いただければ、素直に訂正していき
たいと思います。

◆◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

 生命保険の勉強をして気づくのは、コンプライアンスも含め、掲げる

理想は立派なのですが、実際には矛盾するケースが多いです。
 それを今後本シリーズで書いていきたいと思います。 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月18日 (水)

「マーキュリー通信」no.1226【人生100年時代を勝ち抜く為の最強戦略-29「平均寿命と平均余命の違いに気づく」】

平均寿命という言葉は良く聞きます。男性は約79歳、女性は約86歳ということを一応知っています。

 平均寿命に比べ、平均余命という言葉はそれほどポピュラーではありません。
 平均寿命は、今生まれたばかりの赤ちゃんが、後何年生きるのかということです。

 一方、平均余命は、現在の自分が後何年生きるのかということです。

従って、大半の人には平均余命の方が関心あるはずです。

 私は現在60歳です。60歳の男性の平均余命は、平成19年の簡易生命表

によると22.5年です。つまり、私と同年代の男性は平均82~83歳まで

生きるということです。
 
 一方、女性の平均余命は28.1年です。つまり現在60歳の女性は、平

均88歳まで生きることになります。これは平均ですから、90歳以上生き

る女性も多数いるということです。

 平均余命を過去10年毎に見ると、1965年以降10年毎に男女とも平均2

歳ずつ増えています。

 人生100年時代というとぴんと来る人はまだ少ないです。しかし、自

分たちの親の年代を見ると、90以上の人は周りにたくさんいます。

 事実毎年100歳以上の高齢者は、毎年約11%ずつ増加しています。

 厚生労働省の発表では、全国の100歳以上の高齢者が本年9月15

日時点で4万399人です。

 前年の3万6276人から11.1%増え、初めて4万人台になりまし

た。全体の86.5%が女性。今年度中に100歳になる人は、初めて

2万人を超えたそうです。

 老人福祉法が制定された1963年は153人だったが、初めて1万

人を上回ったのは98年で、わずか11年で約4倍になりました。

 この計算で行くと、我々団塊の世代が100歳になる頃には何と100万人

の大台を突破することが予想されます。

 従って、人生100年時代を視野に入れた人生設計をしないと、後期高

齢者といわれる75歳以降は、寝たきり認知症老人の仲間入りとなり、大

きな社会問題となることが必定です。
 

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

 今年、中学、高校、大学と同期会に3回参加しました。

 自分が100歳まで生きると思っている人は殆どいないようです。

 我々の親たちの年代は、まさか自分が人生80年も生きるとは思ってい

ませんでした。

 その為の人生設計をしてきませんでした。その為、寝たきり認知症と

なり、自分も家族も大変な思いをしています。

 シリーズ「人生100年時代を勝ち抜く為の最強戦略」では、人生100年

をいかに生きぬいていくのかを書いていきたいと思います。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

「マーキュリー通信」no.1225 【私の異見・ひと言申す-108「民主党は国民の痛みを理解した心の温かい政治を」】

最近の求人状況は想像を絶するほど冷え切っているようです。
35歳以下の人間ですら転職はかなり厳しい状況です。

 私のところにも、再就職の依頼が時々来ます。

 民主党が、現在官公庁のムダを1つ1つ洗い出し、予算カットを順次行っています。
 それはそれで評価はされるところです。

 現在の不況下で緊急かつ最重要課題は、
1.雇用拡大を基とした景気刺激策
2.不況のあおりを受けて自力では立ち上がれない人の支援
この2つにつきます。
 
 予算カットの美名の下に、失業を余儀なくされる人が出てきます。
八つ場ダムの中止などその典型例です。

 「環境対策」という大義名分の下に、
エコポイント、エコカーへの補助金制度は、
雇用対策に繋がっているので○です。

 実のところは、買い換えしないのが真のエコ対策ですが、
こういう大義名分はOKです。

 一方、民主党の政策は、子供手当を始め、どうもずれています。
子供手当を受け取っても、年収300万円以下の世帯は、貯金に回すといっています。
 民主党はこのような庶民の気持ち、実態を理解できていません。

 個人の金融資産1500兆円をいかに消費に結びつけるか、
私は過去何度も提案してきました。
今こそ、ここに叡知を絞るべきです。
多数の小澤チルドレンの最重要の仕事はここにあると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

「マーキュリー通信」no.1224【「最近買って良かったもの」

 11月7日に【最近、買って失敗した商品「iPhone」】のブログを書いたところ、
皆様からの予想以上の反響に驚いています_(._.)_

 日本直販からDMが届き、
「バッハ大全集CD46巻」を購入しました。Dsc00323

 バッハは私が一番好きな音楽家で
毎朝「ブランデンブルク協奏曲」を聞いています。
 
 既に、10枚以上持っているのですが、
バッハの主要な曲を全て網羅していることと、
46枚で12480円と1枚あたり271円とお買い得だったこと、
それに豪華木製の箱に収容といううたい文句だったので購入しました。

 Dsc00322 早速全曲聞きました。
 私の知らない曲も多数あります。

 フルート、バイオリン、チェロ、歌曲といった楽器で選ぶ楽しみ方、
イギリス組曲、フランス組曲といったテーマによる楽しみ方等
楽しみ方はいろいろあります。

 もちろんクリスマスオラトリオの3枚組も入っているので、
これからクリスマスシーズンまでは
クリスマスオラトリオ中心に聞いていきたいと思います。

 仕事の最中は、BGMとして、バッハとモーツァルト中心に聞いています。
すると心がゆったりとしてきて、仕事がはかどります。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆
CDを今回のようにまとめてどんと買うと、
心が豊かになった感じがします。
今も一番好きな「ブランデンブルク協奏曲」を
聞きながらブログを書いていますが、
気分爽快です(*^^*) 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月14日 (土)

「マーキュリー通信」no.1223【今年は還暦同期会に3回参加しました】

 今年還暦になりましたが、同期会花盛りの年で、中学、高校、大学(朝日洋上大学)と3回還暦同期会に参加しました。

 昔元気だった団塊の世代の仲間も、「俺の人生終わった」と思う旧友が非常に多いのです。大半の旧友が、年金の出る65歳までどのように収入を得ていこうかといった話題が一番多いです。

 多くの旧友は、60歳でいったん定年退職となり、同じ仕事を嘱託として最長65歳まで働く事が多いようです。収入は大幅ダウンです。

 60歳の平均余命は、女性で28年、男性で23年です。その年まで元気で長生きできるのか心配です。

 さて、3つの還暦同期会に参加して、私自身は高校(都立神代高校)の同期会が一番充実していました。

 それは、代表幹事としてクラス幹事を引っ張り、同期会を成功させることができた等からです。本日、当日のスナップ写真ができあがり、ホームページとして旧友に連絡しました。旧友の喜んでいる笑顔を見て、それが私の最大のエネルギーの源泉となっています(*^^*)

http://www.mercury-b.com/jindai/sp/jin.htm

http://www.mercury-b.com/jindai/new5/image0/DSC_0009_thumb.jpg

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆
 良いことをした時は、
心の中に充実感で満たされてきます。
 還暦以降の人生は、人の喜ぶこと、
お役に立つことを中心に生きていきたいと思っています。
その意味で、同期会の代表幹事の仕事もその一つではないかと思っています。  
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月13日 (金)

「マーキュリー通信」no.1222【ワンポイントアップの仕事術-64「1分間スピーチ&ストップウォッチの活用」】

 私が主催する「新しい時代を創る経営者の会」で、
先月から参加者に1人1分ずつの自己or自社PRをお願いしています。

 1分間という時間は結構あります。

 私の方から、「1分間なので1テーマに絞ってスピーチしてください」と念を押します。

 1テーマに絞ると、1分間で十分で余裕を持って終わることができます。

 しかし、これができない人が結構います。

 ストップウォッチで1分間を計っているので、
1分たつとストップウォッチが鳴ります。
1分で終われない人は、テーマを絞り込めず、
だらだらとやってしまいます。

 一方、1分間のスピーチと事前に決めておくと、
周りの参加者が集中して聞こうとします。

 又、スピーチが終わったときに、私が拍手で皆を誘導します。
これで場の雰囲気が盛り上がります。

 
 さて、1分間スピーチを心がけておくと、
相手に対し、何を言いたいのかをいつも絞り込むことができ、
的確に伝えることができるようになります。

 頭の中で、テーマを絞り、話す癖をつけておくと、
相手の理解度も高まります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月12日 (木)

boblog「マーキュリー通信」no.1221【第85回「新しい時代を創る経営者の会」】

Dsc00317 本日第85回「新しい時代を創る経営者の会」のプレゼンターは、スタジオアルタ
の川上博史前社長でした。
 
 川上さんは三越では不採算店の広島三越の再建を見事断行し、デパートマンと して改革の道を歩み続け、最後の職務は皆さんおなじみのスタジオアルタの社長でした。

 Dsc00316 スタジオアルタは、資本金1億円で三越60%、フジテレビ40%が出資する
合弁企業で、タモリの「笑っていいとも」で勇名をはせています。

「笑っていいとも」の前身は1980年4月1日放映開始した「笑ってる場合ですよ」です。

しかし、子供が植木にぶつかりけがをした為、マスコミから「笑っ てる場合じゃない」と
酷評された結果、1年で番組改編となりました。 

 その後、「笑っていいとも」に変わり、1982年10月4日に新スタートを切る。
「笑っていいとも」の命名は、麻雀をやっている時に、「ロンしてもいいかな」
「ロンしてもいいとも」といった他愛ない会話の中から生まれたそうです。

 Dsc00321 又、司会を誰にするかでもめました。
 ビートたけしは逃亡癖があり、毎日のバラエティ番組を任せるにはリスクが 大きいと候補から脱落しました。

 タモリは、昼間からサングラスが問題となったのですが、当時の番組責任者横沢氏が、「あの違和感が却って良い」とのツルのひと言でタモリに決定しました。

 当時、タモリとしては「笑っていいとも」は3ヶ月で終了する『だろうと思っ
ていました。タモリは翌年1月 にはハワイ旅行を計画していたからです。

 しかし、タモリのキャラクターが大当たりし、タモリがこれに気をよくし、ハワイ旅行を
キャンセルしました。

 この「笑っていいとも」という言葉が「いいとも」ブームとなり、いたるとこ
ろで、「洗っていいとも」という言葉がはやったそうです。

 タモリは、イメージとは異なり、責任感が強く、健康にかなり気を遣っているようです。
翌日に疲労を残さない為、沼津市以西、仙台市以北には出張しないと決めている
そうです。前回1週間の休暇を取った時も、人間ドック入りして、自らの健康状態を
チェックしていたそうです。

「笑っていいとも」は、その後誰もが予想しない超長寿番組となり、毎日放映し
ている番組では5000回以上放映されたことでギネスブック入りしました。
 来年1月末で7000回を迎え、更に記録更新中です。

 タモリは現在64歳、当時のファンがそのままついて行っている感じです。又、
その子供の世代にも人気が引き継がれています。

 「笑っていいとも」人気の秘密は、
1.18歳未満のスタジオ見学を禁止したこと
2.変な外人、おかま、文化人を採用して、視聴者を飽きさせないようにしたこ
と。
 アフリカからブッシュマンを連れてきた時は、アフリカ政府に頼み、住所不定
のブッシュマンの住所を急遽作り、パスポートを発行してもらいました。
 又、裸では飛行機に乗れないので、コシノジュンコに着るものをあつらえてもらいまし
た。
 スタジオでは、日本食を知らないブッシュマンに梅干しを食べさせ、その酸っぱさに
びっくりしたブッシュマンの顔が馬鹿受けとなりました。

3.ギャラを無料で映画の宣伝をしてもらう
4.友達の友達は友達式友達の輪の広がり
5.SMAPの貢献
等々いろいろと成功要因が重なり合った。昼間の時間帯で11%の視聴率をとり続
けるのは驚異的といえます。

スタジオアルタは今後知名度を活かしたブランド戦略を模索している。映像、出
版事業、アルタTV、美と健康等いろいろと模索中です。

その一環として、「ラブラブサタデーナイト新宿」という曲を発売した。演歌調の曲
でデュエットで歌え、覚えやすいメロディーなので、カラオケにぴったしの曲で
す。
 既に第一興商とタイアップし、カラオケでも歌える。又、USENのヒット
チャートでも46位にランクインしました。
ポスターに川上さんが登場し、プロモーションに一役買っています。

 お堅いイメージの三越とスタジオアルタとは結びつかないのですが、本日の川
上さんのプレゼンテーションを聞いていて、そのギャップを見事埋めている感じが
しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月10日 (火)

「マーキュリー通信」no.1220【人生に勝利する方程式-47「仕事と家庭のどちらが大切か?」】

マスコミで時々こんな質問をします。そして、最近は仕事より家庭を重視する人の方が増えてきた云々と。

 しかし、「仕事と家庭のどちらが大切か?」といった二者択一式の質問自体がナンセンスなことが多いです。

 私は、「仕事」は「自分を向上させるもの」、「自らの魂を向上させるもの」と捉えています。

 私の好きなTV番組に「ルビコンの決断 」(テレビ東京 毎週木曜22時~22時54分)があります。10月15日の放映では、日本理化学工業が知的障害者を採用するドキュメントでした。http://kakaku.com/tv/channel=12/programID=20582/

 同社はチョークを作るトップメーカーですが、知的障害者を採用するに当たり大きな決断をしました。知的障害者を採用すれば、一般的な経済常識から見れば生産性は低下します。しかし、同社はこの経済常識を覆し、同社の飛躍発展に貢献したのです。
 確かに知的障害者の生産性は一見劣ります。しかし、彼らには与えられた仕事をただひたすら一途に取り組む姿勢があります。健常者と比べて生産効率が悪い分、休憩時間も惜しみ、ひたすら与えられた仕事に集中します。できあがった製品は、最初は問題があっても、慣れてくると、きちんと丁寧に仕上げます。

 知的障害者がなぜここまで一生懸命仕事をするのか?

 それは仕事をやることで、世の中の役に立っていることの喜び、そして、自分が一生懸命仕事をやって、それをほめられれば幸せを感じる、ただこの2点に集中しているからです。
 
 五体満足な人は、彼らの仕事ぶりをみて、そのことを教えられます。「働く」とは、「はたを楽にする」とも言われています。
 つまり仕事の本質は、世の為、人の為になることであり、その結果、働いた人は、その成果として収入が得られるわけです。

 ベンチャー起業家が起業するときに、この仕事の本質を抑えておくことが肝要と思います。

 一方、家庭は良い人生を送る生活基盤であり、家庭の幸福をないがしろにした仕事は本来あってはいけないはずです。私は、カナダに3年半ほど駐在しましたが、カナダ人にとっては、仕事と家庭の両立をきちんととることは当たり前の価値観なのです。
 家庭を持つことで、人間としても成長していきます。そして、良い仕事もできるようになります。

 尚、家庭の仕事、即ち家事も立派な仕事の1つです。経済原則の外に置かれているので、仕事と見られていないこともありますが、これは違います。従って、専業主婦は立派な職業であり、立派な仕事をしていることになります。
 従って、専業主婦の方は、是非自分の仕事に誇りを持ってくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「マーキュリー通信」no.1219【私の異見・ひと言申す-107「小さな義と大きな義」】

2009110813170001 「マーキュリー通信」no.1219【私の異見・ひと言申す-107「小さな義と大きな義」】

今年のNHK大河ドラマ「天地人」では家康を野望の為に手段を選ばぬ狡猾な人間として描いています。
 淀君は、かつて秀吉の家臣だった家康の臣下にはならないことが「義」と考え、結局自滅し、豊臣家は滅びてしまう。

 淀君は、世の中の情勢分析にも疎い。最早家康の優位は動かず、これを覆すことは不可能な状態。

家康が天下を取ることは、100年以上続いた戦国の世に終止符を打ち、平和な社会になるという「大義」があった。淀君はこの「大義」を理解できなかった。

 さて、現代の鳩山外交もこれに似たところがある。
 オバマ大統領と面談した際に、非核三原則を表明した。戦国の世でいうなら、「鉄砲は多くの人を殺す危険な武器なので、私は持ちません。」といっているのと同じです。
 鳩山首相は、国防力=外交力ということに気づいていません。「友愛外交」を強調すればするほど外国の首脳が、、「この首相は外交の素人」と内心馬鹿にしていることに鳩山首相は気づいてません。皆、本音等言うはずがありません。

 それでは現代の大義とは何でしょうか?

 我が国を外国の侵略から守り、国民の生命と財産を守ることです。その国家の基本中の基本要件が、鳩山政権の下、大きく崩れようとしています。

 昨日の「海の武士道 DVD BOOK」出版記念パーティで、田母神元幕僚長が明快に述べていました。
 「核兵器を持つことで、戦争はなくなる」という厳粛な事実にもっと真剣に議論すべき時が来ました。核兵器保有国同士が戦争した場合、お互いに壊滅的打撃を与えるので、戦争抑止力が働きます。

事実、これまで戦争をしていた中露、印パは核兵器保有後、戦争は止んでいます。

 核保有の5国の本音は、この5国以外には核保有をさせずに、自国の軍事力の維持と外交力維持をもくろんでいます。オバマ大統領の「核廃絶」宣言は、きれい事と見抜かなければなりません。

 逆に日本が「3度目の被爆を防ぐ為に、核兵器保有を検討する」と宣言しただけで、外交力がぐんとアップします。

 日本は、バブル崩壊以降軍事費を減らしてきました。
 一方、お隣の中国、韓国、北朝鮮は軍事費を増やしてきました。20年前、日中の軍事力は、日本が上回っていました。しかし、現在は逆転してしまいました。

 鳩山外交の前から、日本の防衛体制は、お公家的軟弱防衛です。既に、韓国に竹島はとられてしまいました。
 200海里を国の面積とするなら、海洋国家日本は世界第7位になるそうです。巨大な海底資源は殆ど手つかずの状態です。

 その権益が東シナ海で既に中国に脅かされています。中国の国家戦略には、日本の属国化があります。その戦略の1つに近い将来東シナ海のガス田の権益は中国に抑えられることになります。
 その時、米国は助けてくれない可能性の方が大きいと思った方が良さそうです。

 鳩山首相が、オバマ大統領に対等の日米外交を伝えましたが、これを言質に「東シナ海のガス田問題は日本が独自に解決して下さい」といわれるのが落ちです。

 又、対等の日米外交の基本は、日本が自立してからが基本です。しかし、現状は、小学生の子供が親に向かって対等宣言をしているようなもので笑止千万です。

 このように鳩山外交は、淀君、秀頼の豊臣氏の末路を着々と歩んでいる状態です。

 しかし、私のような発言をすると、物事を深く考えずに、直ぐに短絡的に「軍国主義者」のレッテルを貼り、「議論をする余地なし」と声高に叫ぶエセ有識者がいるのが残念です。私は真の平和主義者です。だからあらゆる手段を検討して、日本の平和を守る義務があります。2009110813190000

(写真は旧古河庭園 09/11/8撮影)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年11月 8日 (日)

「マーキュリー通信」no.1218【海の武士道を貫いた「工藤俊作艦長」道徳授業普及推進委員会出版記念式典に参加して】

   8月23日付「マーキュリー通信」no.1162でご紹介した「海の武士道」の著者恵隆之介氏は、全国の小中学校で講演していて、「工藤俊作艦長」の勇気に対し、日本人としての誇りを感じ、元気になる小中学生が多数いることに元気づけられました。

 Dsc00313 恵氏は、「海の武士道」を子供向けに書き直し、DVDをつけて、道徳授業にお役に立っていただこうと決意しました。しかし、恵氏1個人ではその資金が足りません。

 そこで上智大学名誉教授渡部昇一氏が代表となり、「工藤俊作艦長」道徳授業普及推進委員会を立ち上げました。又、副代表に田母神元幕僚長が就任し、着々と進めてきました。そしてこの度「海の武士道DVD BOOK」(育鵬社2000円)ができました。

 本日、その記念式典が中野サンプラザで行われました。

  Dsc00311渡部昇一氏、田母神氏が熱く語ったことを以下に簡単にまとめました。

 日本に現在蔓延している自虐史観は、日本が再び軍国主義化しない為に、米進駐軍によって作られたものです。戦前の軍人と一部の政治家が結託して、愚かな侵略戦争を起こし、日本国民をとたんの苦しみに陥れたという内容でした。
 米駐留軍は、日本の言論弾圧を実行。日本国民に分からないように徹底的にマスコミの検閲を行った。
 一方で、20万人以上の要人の公職追放を行った。その代わりに、大学のトップに共産主義者を置き、駐留軍の傀儡として洗脳を開始していった。東大の南原総長、矢内原総長、一橋大学の都留重人学長等々。彼らの当時の本心は分からないが、駐留軍の意図に従い、学生達に自虐史観を植え付けていった。

 この自虐史観を加速化したのが、村山元首相のいわゆる村山談話である。この好々爺は余りにも事実を知らず、それを軽はずみで言ってしまう無責任の輩である。

 話は遡り、太平洋戦争という言葉は駐留軍が作った言葉で、正しくは大東亜戦争です。大東亜戦争のミッションは、白人の植民地支配から東南アジア諸国を解放することでした。白人は、有色人種を家畜同様の扱いを300~400年続けてきました。
 終戦後、バンドンで開かれた国際会議では、東南アジアの植民地解放を果敢に行った日本に対する感謝の意が東南アジア諸国の首脳から告げられた。
 
 日本が真珠湾攻撃を仕掛けたのは、石油等の重要戦略物資の補給路を断たれ、やむなく仕掛けたものでした。その真珠湾攻撃も、ルーズベルト大統領にし向けられたということは米国でもよく知られている。
 尚、真珠湾攻撃の際、日本軍は軍事施設だけに的を絞って攻撃しました。
 一方、米国軍は、東京大空襲、広島、長崎の原爆投下を断行し、数十万人の一般市民を殺戮しました。これは重大な国際犯罪となります。

 Dsc00315※今年、8月6日広島市民、県民の要請で田母神氏は講演会を行った際に重大な事実を知りました。

原爆追悼式に参列した12千人の大半は、全国から日当をもらって集まった左翼団体だそうです。日本のマスコミはこんな重大な事実を伝えません。唯一の被爆国日本が二度と被爆されない為に、核保有することが最重要というのが田母神氏の持論ですが、これに納得する広島市民、県民は多いそうです

 東京裁判で日本の罪が裁かれましたが、裁判官は全員戦勝国でした。戦勝国の論理による戦勝国の裁判でした。自分たちの罪は裁かず、日本軍の微罪を追求し、東条英機首相以下を処刑しました。
 尚、東京裁判は、マッカーサー条例に基づき後付で行ったものでした。

 日本は、サンフランシスコ条約で、国際社会に復帰しました。従って、東京裁判の判決は関係ないと見るのが正しい見識です。

 誤った自虐史観により日本人は自信を失い、閉塞感が漂っています。
 それを払拭する為にも、正しい道徳教育が望まれます。その為にも、「海の武士道 DVD BOOK」が普及し、日本の子供達に自信と勇気を取り戻してほしい。そう願って、3時間に及ぶ記念式典は幕を閉じました。

 「海の武士道 DVD BOOK」を毎回見る度毎に、工藤艦長の武士道に涙が出てきます。是非、皆さんも「海の武士道 DVD BOOK」を購入し、未来の日本を背負う子供達に勇気と自信を与える為に一役買いませんか。

 尚、「海の武士道」に関しては、下記URLをクリックして下さい。http://mercurytsushin.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/boblogno1162-66.html

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆
 私は、屈折した自虐史観の過ちを多数の有識者から聴き、関連書物を多数読みました。
少し学べば「日本の戦争は侵略戦争」は、誤解ということに気づきます。
 自虐史観は、国益を損なうものなのに、何故それに固執する人が未だに多数いることに私自身首をかしげます。
 特にマスコミに携わっている人は、「自虐史観は誤り」だということをことある毎に主張することがマスコミの使命だと思います。 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 7日 (土)

「マーキュリー通信」no.1217 【最近、買って失敗した商品「iPhone」】 

友達が、「iPhoneを使い始めてから仕事のスピードが数段アップした」とiPhoneのすばらしさを語っていました。
 先日、ヤマダ電機池袋店オープンの目玉商品として3800円で販売していたので、今後はビジネスニーズも出てくるので購入しました。もし、使わない場合には、毎月の固定費1044円だけとの説明で納得して買いました。

 しかし、その後に思わぬ落とし穴がありました。

 iPhoneの場合、取説がないのです。これはアップル社の方針だそうです。インターネットには取説があります。しかし、初めて使う初心者の私には殆ど役に立ちません。

 購入時に、店員に簡単な取説をもらいました。しかし、これも簡単すぎて、肝腎の操作方法の解説の記載がありません。
 
 携帯電話の使用方法なら、取説がなくても基本動作は分かります。しかし、iPhoneの場合、操作方法が携帯電話と全く異なります。携帯電話の操作方法の延長線上では使えません。

 又、タッチパネル式なのも、慣れるまでは入力スピードも携帯電話の10倍以上、パソコンの100倍以上です。

 毎月の基本料金もかかるし、悔しいけど、iPhone専用の取説を購入して、覚えるしかありません。

 携帯電話売り場に行くと、ソフトバンクの店員が、盛んにiPhoneのすばらしさをPRしてきます。しかし、肝腎の操作方法が初めてのユーザーには極めて不親切で使い勝手が悪ければ、iPhoneの普及は一定の比率のところで頭打ちとなること必定でしょう(* ̄ー ̄*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 6日 (金)

boblog「マーキュリー通信」no.1216【私を育ててくれた元上司達-19 番外編「上司への思いが世代を超えて伝わる」】

「私を育ててくれた元上司達」は結構人気のシリーズでしたが、本年1月18日に18回で終了しました。
 物産マン時代実に多数の上司の世話になりました。
 その中でも一番好きな上司が鉄鋼部門に異動した時の上司土井貞夫さんでした。土井さんは残念ながら50代前半の若さで他界されました。

 土井さんには3年間使えましたが、徹底的にスパルタ教育を受けました。毎日のように殴られていましたから、通算で数百回は殴られたことになります。
 そんな土井さんを何故一番好きだったのか。それは土井さんの私に対する愛情を感じたからです。

営業未経験の私を徹底的にしごき、一人前の営業マンにしてくれました。
 土井さんのしごきがなければ、今日の私がなかったからです。そして、土井さんは裏表がなく、純な性格でした。その面で私と相通じるものがありました。

 土井さんへの思いは、2005/10/31のboblog「マーキュリー通信」で書きましたが、たまたまお嬢様の真紀子さんの目にとまり、本日感謝のメールを戴きました。

 子煩悩の土井さんは、真紀子お嬢さんのことをいつも話していました。だから私の脳裏には「真紀子さん」の名前は焼き付いています。

 そのお嬢様からメールを戴き感激しています。これぞブロガー冥利に尽きるものです。Doi0000 こういう事もブログを書く喜びの1つです。
(写真は、私の結婚披露宴に出席したときの土井さん。1979年12月1日)

 土井さんに関するブログは、下記URLをクリックして下さい。
http://mercurytsushin.cocolog-nifty.com/blog/2005/10/no224_563b.html

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆
本日、再度土井さんの事を思い出し、土井さんに対する感謝の思いがこみ上げてきました。
私は今年還暦を迎えましたが、人生は感謝と報恩だと思っています。
この思いで生きていく限り、良い人間関係を築きながら、良い人生を全うできるのではないかと思っています。 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年11月 4日 (水)

「マーキュリー通信」no.1215 【ベンチャー起業家の諸君! 日本を誇りの持てる国に変えていこう!】

 2009年10月2日、英誌エコノミスト(The Economist)が発表した
調査結果によると、世界33か国中、自国に対する誇りが最も高い国は
オーストラリア、最も低い国は日本であることが分かった。

 同誌は、ニューヨークに拠点を置く世界的なコンサルティング会社
レピュテーション・インスティチュート(Reputation Institute)
がまとめた調査結果を引用し、「ほかの先進国と比べて、オーストラリア
国民は、自国に対する信頼・称賛・尊重・誇りがより高い」と伝えている。

 それでは「誇りの持てる国」とは何でしょうか?

 。私はかつてカナダに駐在していました。カナダは「誇りの持てる国」
の第2位でしたカナダ国民は、国旗と国歌を大切にしていました。
祝日には、多くの家庭でメープルリーフの国旗を掲揚します。
国歌を聞くことも頻繁にあります。今でも、国歌"O Canada"のすばらし
い旋律が私の脳裏に焼き付いています。

 さて、誇りを失った日本を変えるのはベンチャー起業家です。

 その為に、私の20年以上のベンチャー起業家人生を若い人のお役に立て
ればと、ベンチャー起業家を支援する「龍馬塾」を立ち上げました。

 まずは、龍馬塾への参加をお待ちしています。現在、様々な企画を検討中
ですが、まずは手始めに来年1月24日(土)午後、実戦セミナーを立ち上げ
ます。ベンチャー起業家が困っている点を解決する実戦セミナーです。ご期待ください。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆
 ベンチャー起業家のコンサルタントも多数行ってきました。
しかし、せっかく私がアドバイスをしても、聴かない経営者が多いのです。
 そして、後になって痛い目にあって初めて、「菅谷さんのおっしゃるとおりでした」
というベンチャー起業家が多いのです。中には倒産したベンチャー起業家もいます。
今後は、その点、もう少し厳しく言っていこうかと思っています。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 3日 (火)

「マーキュリー通信」no.1214【都立神代高校還暦同期会】

091103jindai0000 前回の卒業30周年以来11年ぶり、今回は旧友が還暦を迎える年に還暦同期会と称し、母校神代高校の近くのレストランで開催しました。
 前回の78名より今回は13名多い90名の旧友と恩師1名が同期会に集いました。中には、高校卒業以来初めてという旧友も結構いました。
 この年代になると個人差が大きくなり、外見上は同期とは思えない旧友も多数出てきます。久しぶりの再会に、最初は誰だか戸惑う旧友も多いようでしたが、名札を見て、昔を思い出し、一気に神代高校時代にタイムスリップしていました。
 還暦となる旧友の大半は、定年退職の旧友が多く、たとえ再雇用となっても、大幅収入減となるようです。
 まだまだ働く余力の旧友は多く、民主党政権は団塊の世代にもスポットライトを当てた雇用対策をやらないと、ますます元気がなくなる日本となるような感じがしました。

 いずれにしろ、旧友との久しぶりの再会に時を忘れ、あっという間に過ぎ去った3時間でした。
 今回も、代表幹事を務めましたが、旧友たちの喜ぶ声と、「ありがとう」の言葉に、代表幹事の苦労も吹き飛んだ感じがします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 2日 (月)

「マーキュリー通信」no.1213 【ワンポイントアップの営業力-9「顧客サービスが営業の基本」】

 先日、我が家のレンジフードのモーターが故障したので、交換してもらいました。
 その際、羽根式のファンもさびていたので、交換をお願いしたところ、修理マンは持ってきていないとのことでした。
 主婦でもできる簡単な交換との説明だったので、代引きで部品を送るよう頼みました。
 羽根式のファンを本日交換しようとしたのですが、普段取り扱っていれば極めて簡単なことです。

しかし、取説もなく、初めてのことなので、とまどうことばかりでした。
 修理会社に電話して、1件落着しました。

 もし、この修理会社のサービスマニュアルに、「レンジフードの修理の際は、関連部品を一通り持ち歩くこと」と書いてあれば、レンジフードのモーター交換の時に、「羽根式のファンもさびているので、交換した方が良いと思います。部品代は4200円です。」と修理マンがお客様にお勧めできます。
 これでお客様も喜び、会社の売り上げにもつながります。尚、代引きを使ったので、今回支払った費用は送料も含め、約5千円です。お客様は費用増、修理会社は事務経費増、儲かったのは宅配便業者だけです。

 尚、レンジフードの場合、部品はモーターと羽根式のファンの2つしかありません。後は、消耗品としてフィルターです。これも修理の際に、お客様に勧めれば、売り上げにつながります。

 お客様へのサービスを原点としたこのような気遣いをするだけで、会社の事務処理の手間は減り、売上もアップするわけです。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆
 会社の売上は、トップと現場のきめ細かい情報交換によりあがることは多いです。
本日のレンジフードの部品交換もその典型例でした。
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »