« 「マーキュリー通信」no.1230【シリーズ日本の生命保険の意義と問題点を再考する-2「何故、生保は破綻したのか?誰も語らない根本的な理由」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1232【シリーズ日本の生命保険の意義と問題点を再考する-3「巨大な力を持った生保は、生命保険のあるべき役割から逸脱していった」】 »

2009年11月24日 (火)

「マーキュリー通信」no.1231【人生に勝利する方程式-48「人生に勝利するキーワード3KS+H 」】

「3KS(サンクス)」とは私が作った造語で、長年愛用しています。
 3K(感謝、謙虚、寛大)+S(素直)で3KSとなり、読み方はサンク
スです。そして、3KS(サンクス)=「ありがとう」となります。
 その後の+Hは反省のHです。3KSにH(反省)が加われば、鬼に金棒で
す。

 今年還暦を迎えた私は、自分の人生を振り返ると、現在の自分がある

のは、自分一人の力ではない。実にたくさんの人の恩恵を受けてきたこ

とに気づかされます。そこに自ずと感謝の気持ちがわいてきます。

 若い頃、成功した後、自分に自信ができ、うぬぼれた自分がいたこと

に気づきます。自信過剰、人の話を聴こうとしない傲慢な自分、その時

は転落が待っています。
  
 寛大な心も大事です。異なった意見を大切にしないと、人をまとめて

リーダーシップが発揮できないからです。

 3Kがきちんとできていれば、人の話を素直に聴くことができます。

人の話を素直に聴けない人は、成長に限界が出てきます。
 私自身年間多数の人と会います。IT時代、そして激動の時代において

、新しい事業を立ち上げる若い人と多数会います。そんなとき、素直に

頭(こうべ)を垂れ、その人の話に自然と耳を傾ける習慣がついていま

す。

 そして、最後にH(反省)ですが、日々反省をすることで、過ちを早

期に発見し、成長できていきます。このHはHapiness(幸福)のHでもあ

ります。素直のSはSuccess(成功)のSでもあります。
尚、反省は毎日入浴中と、就寝時に行っています。

 3KS+Hを常日頃心がけることで、真の成功と幸福の両方を得ることが

できます。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

昨日、アニメ映画「仏陀再誕」を、品川プリンスシネマでは、再度見ました。
この映画は何度見ても素晴らしいです。

品川プリンスシネマは、ミニシアターが10カ所ほどあり、
切符売り場は朝からずっと行列が続いていました。

アニメ映画「仏陀再誕」も満席でした。
上映終了後には観客から拍手がわき起こりました(*^^*)

「マーキュリー通信」の読者には、チケットをプレゼントさせていただきましたが、
あなたの感激を感想文として送っていただけると嬉しいです(*^^*)
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

|

« 「マーキュリー通信」no.1230【シリーズ日本の生命保険の意義と問題点を再考する-2「何故、生保は破綻したのか?誰も語らない根本的な理由」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1232【シリーズ日本の生命保険の意義と問題点を再考する-3「巨大な力を持った生保は、生命保険のあるべき役割から逸脱していった」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/46841792

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.1231【人生に勝利する方程式-48「人生に勝利するキーワード3KS+H 」】:

« 「マーキュリー通信」no.1230【シリーズ日本の生命保険の意義と問題点を再考する-2「何故、生保は破綻したのか?誰も語らない根本的な理由」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1232【シリーズ日本の生命保険の意義と問題点を再考する-3「巨大な力を持った生保は、生命保険のあるべき役割から逸脱していった」】 »