« boblog「マーキュリー通信」no.1243「心のバリアを取り除くと勇気が湧いてくる!」 | トップページ | boblog「マーキュリー通信」no.1245 ワンポイントアップの経営術-48 「ちょっとした気遣いでリーダーの差が出る!」 »

2009年12月 8日 (火)

「マーキュリー通信」no.1244【私の異見・ひと言申す-109「ミッション、ビジョンがない民主党政権の事業仕分け」】

最近になって民主党に対する新聞、テレビ、雑誌等のマスコミの批判が

活発になってきました。

国民が一番望んでいる雇用増加、失業対策と逆の政策をやり、その上、

中小企業向けモラトリアム法案を通し、これで金融秩序は乱れ、長期不

況に向け、日本経済はまさに奈落の底に向かっている感じがします。

しかし、民主党支持率は60%程度と依然高い支持率を維持しているのは

、事業仕分けのお陰だと思っています。

国民にわかりやすい「コンクリートから人へ」「ムダの徹底排除」とい

うかけ声の下に、連日マスコミで「事業仕分け」の良い面を中心に報道

されてきました。

政官財の癒着、官僚が天下りして甘い汁を吸っていることが暴露され、

それをバサッと切り捨てる光景が報道されたお陰で、国民の民主党に対

する幻覚症状がいまだ続いているようです。

しかしその事業仕分けもミッション、ビジョンがないから、ミクロの視

点で見て、むだと思われた事業はばさばさ切られていっています。

雇用維持、失業対策というミッションがないから、ダムはムダとして切

り捨てられました。

「スーパーコンピーター」や「次世代ロケット」の開発費などの科学技

術関連事業を削減もしくは廃止しようとしていたので、ノベール賞学者

から大きな批判がでてきました。

これらはごく一例ですから、もしこれらの予算を廃止したら、将来の科

学技術レベルが先進国の中で落ちこぼれていきます。当然、雇用にも影

響していきます。

マスコミもやっと民主党の愚策に気づき始め批判を展開しているようで

すが、私などは衆議院選挙中に民主党が政権を取ったら国難であること

を何度も繰り返し訴えてきました。

民主党に天下を取らせた最大の要因はマスコミです。
民主党のマニフェストを見たら、子供手当、高速道路の無料化を始め、

日本を破滅の道に誘導させる政策ばかりです。

その政策の中身を議論せず、政権交代だけにスポットライトを浴びせ、

民主党に政権を取らせたマスコミの責任は重大です。

今からでも遅くはありません。
マスコミは自らの犯した過ちを猛省し、民主党の間違った政策を批判し

続けることです。

そうなれば、事業仕分けが終わり、民主党の支持率は年明け以降急降下

していくことが期待されます。

もし、来年の参院選で民主党が過半数をとったら、経済政策の失敗、国

防の失敗、教育の失敗で日本は奈落の底に沈んでいくことでしょう。

民主党の3ヶ月間の政治に関しては、私は「かきくけこと」いうキーワ

ードでまとめてみました。

か:環境税導入で企業業績は更に悪化。
き:日教組主体の教育改悪で教育荒廃の加速化
け:経済音痴政策で長期不況に突入
こ:国防音痴で日米関係に不協和音。日米関係にひびが入れば、日本経
済悪化に更に追い打ちをかける。

それでは「かきくけこと」の真ん中の「く」とは何でしょうか?

これはずばり「苦」です。
私の今年の漢字一文字は、この「苦」です。
年末に合唱する第九も大「苦」となります。

| |

« boblog「マーキュリー通信」no.1243「心のバリアを取り除くと勇気が湧いてくる!」 | トップページ | boblog「マーキュリー通信」no.1245 ワンポイントアップの経営術-48 「ちょっとした気遣いでリーダーの差が出る!」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.1244【私の異見・ひと言申す-109「ミッション、ビジョンがない民主党政権の事業仕分け」】:

« boblog「マーキュリー通信」no.1243「心のバリアを取り除くと勇気が湧いてくる!」 | トップページ | boblog「マーキュリー通信」no.1245 ワンポイントアップの経営術-48 「ちょっとした気遣いでリーダーの差が出る!」 »