« 「マーキュリー通信」no.1260【最近、買って良かった商品-3「ブルーレイDVDプレーヤー」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1262【シリーズ日本の生命保険の意義と問題点を再考する-12「あなたにとって良い保険だけを」】 »

2009年12月26日 (土)

「マーキュリー通信」no.1261【シリーズ日本の生命保険の意義と問題点を再考する-12「私が選んだ生命保険会社」】

 これまで日本の生命保険の意義と問題点を述べてきました。

いろいろと調べている内に、日本の生命保険会社は、生命保険の原点で

ある「自分や家族が人生の中で事故、災害、病気等に遭い、経済的に困

った時に補償するもの」ということを殆どカバーしていないことに気づ

きました。

そこで、出会ったのがアイリオ生命でした。
アイリオ生命の経営理念は、「世の為、人の為、ちょっとだけ自分の為

」です。

「世の為」というのは、世界一高い日本の生命保険料に風穴を開け、他

社と比べ圧倒的に安い保険料を提供するというアイリオ生命創業者中川

博迪(ヒロミチ)会長の経営理念です。

「人の為」とは、生命保険の契約者は殆ど契約内容を理解していない。

だからこそ、いざ困った時に、お客様のニーズに応えることを徹底的に

実行する。
その結果、お客様から「生命保険の加入していて良かった」と感謝され

ることです。

現在の多くの生命保険は、いざという時いろいろな例外規定がついてい

て保険金が支払われないことが多く、お客様から怒りを買うことが多い

と聞きます。これでは決して「人の為」とはいえないわけです。

そして、最後の「ちょっとだけ自分の為」は、アイリオ生命の代理店も

生活のために収入が必要です。慈善事業で営業活動をやっているといっ

たら欺瞞になってしまいます。

しかし、この理念に基づいているため、代理店報酬の形態が他社と異な

ります。

他社の多くは、代理店報酬として月額保険料の4~5倍の報酬が入りま

す。しかし、契約後は殆ど収入がありません。

この為、できるだけ高額の保険料を獲得しようと一生懸命になります。
そして、1回獲得した顧客からは注文が期待できないので、顧客のアフ

ターフォローより、別の顧客を紹介していただくことが最優先となりま

す。そして、次の客への営業活動に走ります。

一方、アイリオ生命の場合、代理店報酬は月額保険料の僅か12~20%で

す。又、生命保険料自体安いですから、契約しても入ってくる報酬は微

々たるものです。
但し、お客様が生命保険に加入している限り、ずっと入り続ける仕組み

になっています。収入のタイプは継続的な権利収入となります。

従って、いきなり本業で生計を立てようというわけにはいきません。主

婦が時間に縛られずに家計を助けるためにするとか、年金だけではゆと

りのある生活は難しいので、プラスαの継続的収入等に向いています。

私の場合も、5年後の65歳になる時に、年金プラスαでゆとりのある生

活を送るために、じっくりとアイリオ生命の生命保険のすばらしさを伝

えていきたいと思っています。

アイリオ生命の生命保険商品は、他社と比べ品質で圧倒的に勝り、安い

ので、私のような駆け出しの代理店でもできます。

このような代理店報酬体系となっているので、目先の収入しか考えない

代理店には向きません。

お客様に最高品質の生命保険商品を提案し、事故や入院の時に、喜んで

いただき、感謝していただくそういう営業を展開していきたいと思って

います。

お客様が死亡により保険金を支払うケースには殆ど遭遇しません。
但し、事故やけがでの入院は結構頻繁に起きます。その時にアイリオ生

命の生命保険に加入していた良かった感謝されることになります。
その時にアイリオ生命の代理店をやっていて良かったと感じるわけです


これがアイリオ生命の「世の為、人の為、そしてちょっとだけ自分の為

」という経営理念です。

又、「世の為」になることを実践をする為に、代理店報酬の一部を寄付

金としてアイリオ生命に提供します。
アイリオ生命は、この寄付金を別勘定で管理し、毎年億単位の寄付金を

実行しています。

一方、大手の生命保険代理店では、他社との差別化ができていないので

、どうしても義理人情で入っていただくか、お願いベースで入っていた

だくしかありません。

さて、アイリオ生命の代理店制度でありがたいのは、出社義務がないこ

と、そしてノルマがないことです。

従って、自分のペースでじっくりと営業活動ができることです。

これから年金を満足にもらえなくなる時代になります。団塊の世代の私

の年代は一応大丈夫ということになっています。

しかし、今後消費税がどんどんアップしていくことになるでしょう。
仮に、現在の5%から将来20%にアップしたとき、年金収入が15%減

少したことと同じになります。

だから、防御策として、今から手を打っておく必要があるわけです。私

の趣旨に賛同する人がどんどん現れ、同じように自己防衛し、喜んでも

らえれば私としては本望です。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

「マーキュリー通信」読者の皆様へ

この度、新たにブログ「あなたにとって良い保険だけを」を開設しまし

た。こちらのブログも是非ご覧下さい。
[link]http://ameblo.jp/anatanitotteyoihokendake/

ブログ開設記念として、先着10名様に「生命保険の罠」(講談社新書

840円)をプレゼントします。
ご希望の方は、住所、氏名をご連絡ください。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 

| |

« 「マーキュリー通信」no.1260【最近、買って良かった商品-3「ブルーレイDVDプレーヤー」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1262【シリーズ日本の生命保険の意義と問題点を再考する-12「あなたにとって良い保険だけを」】 »

コメント

菅谷信雄様

保険をやりだしたのですね
がんばってください

今、私の1棟建てマンションに火災保険を
掛けなくてはいけないのですが
火災保険はやっているのでしょうか

急いでいるので至急ご連絡
下さい

査定はわかりませんが
ローン総額は27000万です

ケイ(白鳥)

投稿: 白鳥和明 | 2009年12月28日 (月) 05時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.1261【シリーズ日本の生命保険の意義と問題点を再考する-12「私が選んだ生命保険会社」】:

« 「マーキュリー通信」no.1260【最近、買って良かった商品-3「ブルーレイDVDプレーヤー」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1262【シリーズ日本の生命保険の意義と問題点を再考する-12「あなたにとって良い保険だけを」】 »