« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月28日 (日)

「マーキュリー通信」no.1316【龍馬の如く生きる-6「2つの純粋」】

本日のNHK大河ドラマ「龍馬伝」を見て、「純粋」にも2つの「純粋」があるようです。

1つ目の「純粋」は、武智半平太の厳しい容赦ない「純粋」

部下山本琢磨の落ち度を許さず、「攘夷」という大義のために、切腹を命じた。

これを見て龍馬は、山本琢磨を夜中にこっそり逃がした。路銀まで渡し

た。

山本琢磨は、蝦夷に逃れ、クリスチャンとなった。龍馬の「純粋さ」の中
には、優しさがあふれている。

もう1つの視点として、武智半平太の純粋さは偏狭的な純粋さです。相

手の実力も分からず、神国日本を信じ、一致団結して、外国人を打ち払

う。

この考え方は多くの日本人がもっています。大東亜戦争の時など、その

典型でした。

これに対し、龍馬の純粋さは、己を知り、相手も知る。夷敵の強大さを

知った龍馬は、海軍力を企図し、実行していく。

私自身も極めて純粋な性格です。現在の民主党政権によ る国難を憂え、

少しでも日本を良くしようと微力ながら立ち上がりました。

もちろん私の純粋さも龍馬型の純粋さです。だから龍馬をめちゃ好きなわけです。

Dsc00399

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月27日 (土)

「マーキュリー通信」no.1315【創レポート2月号「見極める消費」を味方に付ける対応力】

今月の創レポートは考えさせられます。

消費不況でものが売れないと嘆く前にやるべき事はたくさんあるようです。

その1つに消費者対応です。小は町の小売店から大はトヨタのリコール

問題に至るまで、意外と本質の部分は似ています。

つまり「ピンチをチャンスに変える」柔軟な発想力、対応力だと思いま

す。

詳細は、創レポートをご覧下さい。「sr1002.pdf」をダウンロード

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月25日 (木)

「マーキュリー通信」no.1314【第2回リバティセミナー「不況対策と日本繁栄のための提言」】

先月に引き続き 聖学院大学政治経済学部鈴木真実哉教授をお招きして

、リバティセミナーを開催しました。

民主党政権により不況が更に悪化しているが、それもそのはず同党の実

施している諸施策はまさに社会主義政策だからです。

農家最低所得補償制度や子供手当はまさに社会主義政策の一環です。

この財源を確保するために、事業仕分けを実施し、不要財源を切ってい

った。しかし、政策の中味を知らない民主党代議士が、きちんと中味を

精査せずに、最初から廃止ありきで臨んだ。

民主党はマニフェストを実行しなければ、今度の参議院選に勝てないと

の危機意識があり、党利党略のために、無理矢理不況対策にならない諸

施策を実行している。

前回の総選挙で民主党は大勝利したが、実際には民主党以外の得票数の

方が多い。これが小選挙区制度の特徴だったからだ。

こんな社会主義政党の民主党を国民が支持している日本人の精神構造は

水戸黄門の影響を受けているかもしれない。

時代劇水戸黄門では、商人、金持ちが悪の権化のように裁かれている。

しかし、水戸黄門のドラマの世界ばかりだったら、江戸時代は260年

間も続いていない。実際には、悪徳商人も代官もごく一部であり、江戸

時代は総じて平和な良い社会だったといえる。

あれだけ強大な権力を持っていた秦の始皇帝の統治の世界は僅か30年

ほどだった。それは民衆を苦しめたからだった。

日本人には、どうもマスコミを通じ、自己責任のなさ、依存心、嫉妬心

、たかりの精神が植え付けられている面がある。

これでは日本社会は良くならない。

今後日本社会が繁栄を謳歌するには、その精神構造を変える必要がある

。自己責任、自助努力、祝福の心、過去の常識、慣習にとらわれない自

由な精神が求められる。

有名な経済学者シュンペーターは、洞察力が必要と言っている。洞察力

とは、本質的なものとそうでないものとを見抜く力を言う。

民主党の行っていることなど、まさに本質的でないことに大半の時間と

お金を費やしている。だから、きれい事だけに終始し、戦略が全く欠如

している。

ピーター・ドラッカーは、体系的破壊を訴えている。今止めても絶対に

困らないものは止めるべきだと。

その為には、断行する強い意志が必要だ。古いものを壊し、新しいもの

を作ろうとすると、当然古い勢力からの抵抗に遭う。この抵抗に耐えら

れるだけの忍耐が求められる。

GMはフォードを抜けず、自動車業界で万年第2位だった。大不況の時、

デザイナー上がりの副社長が、新型モデルを発表し、消費者に支持され

、宿敵フォードを抜き去り、念願の首位に躍進した。それ以来フォード

に敗れていない。

トヨタも、自動織機を作っていたが、豊田佐吉の死去に伴い、2代目豊

田喜一郎社長の英断により自動車事業にシフトした。全員反対だったが

、この大英断が現在のトヨタ繁栄の素になっている。

さて、民主党政策には、成長戦略が欠如している。これでは座して死を

待つだけだ。

GDPを現在の3倍にして、米国を抜き、世界ナンバー1になるくらいの

大きいことを考えてみよう。

それではどうしたらよいか?

世界ナンバー1の条件は、基幹産業を持つことが絶対必要だ。
英国は石炭と鉄鋼で産業革命を起こした。
米国は、自動車産業で世界ナンバー1となった。現在は金融とITにシフ

トした。
ドイツは、化学、精密機械、電気機械でナンバー1となった。

それでは日本の繁栄の為にはどうしたらよいか?
1つ目は交通革命。JRには新幹線を輸出するという考えがない。新幹線

事業はメンテという収益事業が付随している。

2つ目は防衛産業だ。空母を1艘建造するのに10兆円かかる。空母建造

は資産となる。これで内需の喚起となり、格好の景気対策となる。そし

て、日本の安全保障に極めて有効だ。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

鈴木真実哉教授の講義は、非常にわかりやすく、いかに民主党の政策が

ひどいかをわかりやすく解説して頂きました。

民主党政権が長く続けば続くほど、日本は奈落の底にまっしぐらです。

日本を良くするために、今年の参議院選では、民主党政権打倒の意気込

みで、このような地道なセミナーを繰り返し実施して行きたいと思いま

す。

次回は3月23日(火)19時~20時30分です。
場所:南池袋喫茶店ルノアール会議室
参加費:千円
ご希望の方は菅谷信雄までご連絡いただけますでしょうか。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月24日 (水)

「マーキュリー通信」no.1313【ドクター中松の不況を生き抜く講義Part2】

本日、神保町学士会館で行われた首題講演会に参加しました。

ドクター中松の発明家人生は5歳の時に始まり、現在2360の発明を行っ

ており、エジソンの2倍以上の発明数で、世界ナンバー1だそうです。

この栄誉を称え、米国でロサンゼルス市を始め名誉市民の称号を与えら

れ、各市でドクター中松デーが制定され、全米各地で祝っています。

今回の不況を乗り切るために、ドクター中松は飛行機革命を構想中です

。狭い道路にトラック渋滞するのは非常に経済効率が悪い。であるなら

ば、空間のスペースを活用すべきだというのがドクター中松の発想の原

点です。

日本の航空会社の飛行機は外国から購入していますが、ドクター中松は

自らの手でドクター中松独自の飛行機を開発中です。ドクター中松のオ

リジナル飛行機は、滑走路が不要の省スペースの低コスト運航。この為

、運賃を現行の4分の1程度でできるそうです。

自ら開発した飛行機で、航空会社DNA(ドクター中松エアーの略)を設

立して、航空革命を構想中です。

ドクター中松は、戦前から軍用機の開発に取り組んできました。戦後、

マッカーサーの命令により東大の航空科学科が廃止となりましたが、非

公式の航空機クラブを残し、研究開発をしてきたそうです。

昭和27年には自らも出資して全日空を設立し、社長と社員をスカウトし

、航空産業にも進出しました。又、日本航空の大株主にもなったそうで

すが、同社の倒産により大損をしたそうです。

ドクター中松は、今年82歳。しかし、声の張りといい、体の動きといい

、衣料、食料、住宅等全ての分野で発明し、そのバイタリティはまだ老

いを知らない感じです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月23日 (火)

「マーキュリー通信」no.1312【龍馬の如く生きる-5「日本を今一度洗濯いたし申し候」】

昨日高知で龍馬詣でをしていて一番目に飛び込んできたキーワードは、

「脱藩」とこの「日本を今一度洗濯いたし申し候」でした。

高知は、板垣退助の自由民権運動、そして女性参政権獲得運動も土佐か

ら起こったそうです。従って、政治に関する意識は非常に高いです。

現在の民主党政権に対しては、怒りが爆発しているそうで、政治談義が

活発に行われています。

Dsc00439

現在の民主党政権は、現代の黒船の脅威に全く気づいていないようです

。ここでいう黒船とは、今度は米国でなく中国のことです。

当時の黒船は、日米和親条約、そして、日米修好通商条約は不平等条約

です。日本を植民地化する狡猾な手段だったわけで、龍馬はこれを阻止

すべく、勝海舟の門下生となり、神戸に海軍操練所を創設し、日本の国

防力の増強に全力投球するわけです。

一方、現在の民主党政権は、日本を植民地化するという中国の狡猾な国

家戦略を殆ど理解していないようです。

沖縄から米軍基地が撤退したら、一番喜ぶの中国です。

現在政府が国家としてやるべき事は、中国と政治経済に亘る友好関係を

気づきながらも、日本の国防を強化することが、不況克服と同時に最重

要国家課題です。

もしも龍馬なら、民主党を「おまんら甘い甘い!」と一括していること

でしょう。

そして、「武器の輸入に頼らず、日本企業による国防産業を興し、国防

力を付けて行くべし。それが、日本経済再生の特効薬でもあるし、一挙

両得や!」

場合によっては、「日本は唯一の被爆国なのやから、核兵器も作れ!」

と叱咤激励するかもしれません。

私も龍馬同様利権と金で腐敗した民主党政権を一刻も早く倒し、「日本

を今一度洗濯したい」と強く願っています。

Dsc00440

(龍馬生誕の地)

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

本日仕事で立会川(品川区東大井)に初めて訪ねました。

すると京急立会川駅に龍馬の銅像が建ち、立会川商店街では「龍馬さん

、お帰り」の横断幕が垂れていました。

昨日は、朝から夕方まで、高知で龍馬詣でをしていたのですから、何と

いう偶然でしょうか。

又、取引先の社長に、龍馬詣での話をしたら、その社長も来月龍馬に会

いに行くそうです。

その他、龍馬に関するエピソードは多数アリ、私の周りでも龍馬付いて

いる感じがします。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

Dsc00457

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月22日 (月)

「マーキュリー通信」no.1311【龍馬の如く生きる-4「憧れの龍馬と本日感動のご対面!」】

本日、高知市桂浜の竜頭岬に立つ龍馬像の下を訪れました。
龍馬像は、大正15年当時の大学生が龍馬像を建てたいという熱き想い

Dsc00397 から募金活動を開始しました。そして、昭和3年5月27日に高さ5.3

Dsc00398 メートル、台座も含め13.8メートルの日本一の銅像が完成しました。

Dsc00400 この若者の熱き想いを綴った碑文を読んだ時、私の目頭はじんと熱くな

り、涙が止めどもなく流れてきました。

その上の丘に立つ龍馬記念館で龍馬の活躍する文章を読む度毎に魂が揺

さぶられ、感激で打ち震えるのです。

そして、もう1つの記念館「龍馬の生まれたまち記念館」でも同じ現象

でした。

私の前世は、ひょっとしたら龍馬と何か深い関係があったのかもしれません。

さて、高知での龍馬人気はダントツトップです。何と最近空港まで高知

龍馬空港と変えたほどです。

これにNHK大河ドラマ「龍馬伝」が、更に龍馬人気に火を付けています

。地元のガイドさんに、ナンバー2は誰かと聞いたら、返答に窮し、「

多分板垣退助あたりだと思う」との答えでした。しかし、最近は「龍馬

伝」のお陰で岩崎弥太郎人気がナンバー2カモしれないとのことです。

もちろん私自身も歴史上の人物で龍馬がダントツのトップで一番好きで

す。今日は私にとり龍馬に会えた歴史的な1日でした。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

朝、出がけにくしゃみをしたところ突然ぎっくり腰に襲われました。
飛行機に1時間以上同じ姿勢で座っていたのが良くなく、降りてから足

腰が立たない状態でした。くしゃみをしただけで、腰に猛烈な痛みが襲

ってきます。

早速、地元の医師にかかり、コルセットを着け、龍馬巡りをしました。

ちょっとでも座ると痛みが襲うので、歩くのが何よりというアドバイス

でした。本日は10時間殆ど座らずに歩き続けました。
このお陰で寝返りも打てない状態からだいぶ回復しました。

健康のありがたみを実感しました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「マーキュリー通信」no.1310【「もしも龍馬がベンチャー起業家だったら-7」「龍馬の考える真剣とは?」】

真剣とは本来刀と刀で斬り合うわけですから、
命がけだったわけです。

従って、
これは絶対外せないと思ったことには龍馬は真剣でした。

有名なものに、犬猿の仲だった薩長を同盟関係に結びつけたこと。
武器が不足している薩摩と、米が不足している長州の間に龍馬(亀山社
中)が入り、交易を開始しました。
今で言う商社機能の始まりです。

次に、江戸城無血開城です。
江戸城に総攻撃を掛けようとする西郷隆盛を必死に説得し、
西郷と勝海舟の会談を成立させました。

龍馬は「日本を変える」「良い日本を創ろう!」と強く決意しました。
だから、
そこまで真剣になれた訳ですね。

次回のテーマは、「龍馬の考える人生とは?」です。
ご期待下さい(*^^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月20日 (土)

「マーキュリー通信」no.1309【奇人変人の異見-114「子ども家庭省の設立は大きな政府を招くだけ」】

民主党政権が「子ども家庭省」の検討を開始しました。

ビジョンの基本理念は「社会全体で子育てを支える」だそうですが、民

主党政権の場合、「友愛」を始め、「命を大切にする」等耳障りの良い

キャッチコピーだけが先行し、具体的実態が伴いません。

これまで民主党政権の取ってきた政策は、子供手当を始め、高速道路の

無料化、農家の所得補償等財源を確保せずに、票欲しさの単なるばらま

き政策の積み重ねです。その結果、重税国家の道をひた走っています。

国民のための政治を目指すなら、「子ども家庭省」など不要です。それ

より文科相、厚労省を合併し、「国民生活省」としてスリム化すべきで

す。

一方、企業向けの省としては、経産省と国土交通省を合併し、経産省1

つで良いのです。こうやって官公庁のスリム化を実行していけば、民主

党政権に対する評価が上がってきます。

現時点の私の民主党政権の評価は100点満点で、経済政策で-50点、国

防政策に至っては-100点、教育政策も-50点、採点不可能といえます。

亀井大臣がモラトリアム法案をごり押ししたお陰で、2度目の失われた

10年はこれで確実とビジネスマンの間ではささやかれています。経済音

痴の大臣が自説を無理強いすると経済が歪んでしまう典型です。

自民党末期の麻生政権もひどかったけれど、それでも100点満点で+20

点と採点が可能でした。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

「子ども家庭省」の大臣に、福島瑞穂社民党党首を充てるそうです。

夫婦別姓を主張する同党首にふさわしい大臣は「家庭崩壊相」でしょう。

一方、参議院で民主党は過半数を確保したので、社民党は用無しとなり

、いずれお払い箱になると世間では見ているようです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月19日 (金)

「マーキュリー通信」no.1308【私の健康法-69「歯周病が認知症の原因だった!」】

日経ビジネス(1月25日号)の記事に、30歳以上の成人で歯周病に

かかっている人は80%以上もいると記載されていました。

歯周病が原因で、糖尿病、心臓発作、脳梗塞、早産にもなるそうです。

歯周病がひどくなると、歯が抜けてしまいます。その結果、認知症にな

る確率が高くなるそうです。

私も以前は歯周病でした。

歯周ポケットが、4ミリ以上あると歯周病と認定されます。そこで半年

に一度歯医者に通い歯周ポケットを削り、同時に歯垢を取ってもらいま

す。

その結果、今では歯周ポケットは全て2ミリ以下となり合格です。

普段の手入れは、デンタルフロスと歯間ブラシを夜の食事の後に実施し

ています。歯間に詰まった食べかすが虫歯や歯周病の原因となります。

普段から手入れをこまめに実施しているので、半年に一度のチェックの

時も特に問題ないと歯科医からお褒めの言葉を頂きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月18日 (木)

「マーキュリー通信」no.1307【良書の理解を深めるコツ】

私は毎年100冊以上の本を読むようにしています。多読、精読、味読、

熟読等書籍内容に合わせいろいろな読み方をしています。

今年はそれに加え、ブログ用に味読しています。

現在、茶谷清志社長のベストセラー書「龍馬の如く」(インフォトップ

出版 1575円)を基にシリーズ「もしも龍馬がベンチャー起業家だった

ら」を執筆しています。

本書で感じたことを、ブログに落とし込む作業をしています。

龍馬本は既に10冊以上買いましたが、もう1つのシリーズ「龍馬の如く

生きる」で、龍馬の生き方を学び、龍馬の如く生きていきたいと思って

います。

この味読法により、新たな学びを得ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月17日 (水)

「マーキュリー通信」no.1306【もしも龍馬がベンチャー起業家だったら-6「龍馬なら、今日という日を人生の始まりの日ととらえる」】

龍馬は、毎日
今日という日を人生の始まりの日ととらえたそうです。

幕末も現代も大変革の時代です。

龍馬は、「このままでは日本は欧米列強に侵略されてしまう!」
との危機感をもち、
その為の行動を次から次へと行動します。

当時「日本」という概念はありませんでした。
あくまでも「藩」という意識でした。

龍馬は土佐藩を脱藩し、
日本のために身命を賭して八面六臂の活躍をしました。

龍馬の活動費や生活費は補償されていたわけではありません。
しかし、龍馬の志の高さと人柄に惚れて、
多くの支援者が現れたわけです。

龍馬は、志半ばで暗殺されました。

しかし、現代のベンチャー起業家の皆さんは、
まさか暗殺されることはありません。

2010年も、
毎日が人生のスタートだと心を新たにし、
自らの使命感に燃え、
勇気を持って人生を燃焼して下さい。

次回は、「龍馬の考える真剣とは?」です。
お楽しみに(*^^*)

★本シリーズは、同じアメブロガーとして親しくさせていただいている

経営コンサルタント茶谷清志社長のベストセラー書「龍馬の如く」(イ

ンフォトップ出版 1575円)を基に、私が感じ取ったことを書いたもの

です。

★1月31日に実施した第1回龍馬起業塾は大好評の内に終わりました


第2回龍馬起業塾は3月6日(土)13時~17時 テーマ「顧客獲得

体験セミナー」です。
先着30名ですが、まだ枠が若干ありますので早めにお申込下さい。
詳しくは「起業革命コンサルタントのブログ」のメッセージボードをご

覧下さい。
http://ameblo.jp/ventureganriki/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月16日 (火)

「マーキュリー通信」no.1305【第88回「新しい時代を創る経営者の会」36歳の若さで6つの会社を次々と創っていったソフニーグループ代表坪井社長の経営手腕の極意とは?】

第88回「新しい時代を創る経営者の会」の株式会社SuperSOFNYGroup 

代表坪井社長のプレゼンテーションは、オフレコ発言が多く、まとめる

のに苦労しました。

オフレコの部分に隠された秘訣があるのですが、このブログではお伝

えできないのが残念です。

現在36歳の坪井社長がどのようにしてソフニーグループ6社のグループ

経営をするに至ったのか、その辺を知りたいと思いました。

7年前までソフトバンク系のサラリーマンだった坪井さんは新規事業(

ヤフーBB)ヤフーBBの学生向けセールスを担当、YahooBBが100万回線突破を期に、27歳で独立起業した。サラリーマン時代の営業力を武器に意気揚々と独立したは

ずだったが、その時の所持金は僅か30万円だった。

僅か30万円の起業で、あっという間になくなってしまった。仕事もバイ

トのような小さな仕事しかなく、4ヶ月目でいきなり倒産したと思った

そうです。

この窮状を救ったのがた松下電器の携帯開発部のサーバ管理の仕事。こ

の仕事は1年以上続いた。ここで坪井さんは息を吹き返すことができま

した。

その後、999円の印鑑ビジネス、これは日本一安い実印(黒水牛)とし

てヤフーのインターネットショッピングで売り出し、大ヒットした。

次にゲームソフト麻雀、囲碁将棋を日本最大のソースネクスト経由販売

して、大ヒットし、ソフニーグループの基盤事業となっている。

坪井さんの事業感覚の素晴らしいところは、当たり前すぎて誰も手を出

さないところに敢えて進出したところです。

実印の市場は飽和市場。しかし、人件費の安い中国で製造することで低

コスト化を実現、999円という日本最安値の実印販売が実現した。

ひと言で中国で製造するといっても、品質も確保しながら、製造ライン

を確保することは結構大変です。そこをきちんとビジネス・モデルとし

て築き上げた坪井さんの経営手腕は高く評価して良いと思います。

又、麻雀、囲碁将棋のゲームソフトも飽和市場です。

しかし、坪井さんは、パソコンを買い換える時に麻雀、囲碁将棋のゲー

ムソフトもついでに購入する消費者がいることに気づき、価格も買いや

すい1980円にして、同社の収益源としました。

このようにビジネスの目の付け所と、それを実行するところに坪井さん

の非凡さが感じられます。

一方、せっかく特許性のあるビジネス・モデルを構築しながら、法的な

ツメが甘く、失敗したケースもありました。

ファクタリングでは大手総合商社I社から1.7億円を出資させたのは

大成功でしたが、当時20代の坪井さんには複雑な法律面を理解することができず

、大手総合商社に任せたのが失敗の原因でした。したたかな大手総合商

社I社は、同社の同業他社の子会社の上場を成功させる一方、ソフニー

と共同出資したファクタリングの会社は、葬られてしまいました。

又、CTスキャンの3D技術に関しても、大手の某大手医療メーカが開発

できないことを、坪井さん自らが発想の逆転で見事成功し、某大手医療

メーカに5千万円で納品できました。

しかし、この技術を特許出願で抑えていなかったので、同社に3D技術

を持って行かれてしまい、自らの詰めの甘さを反省しました。

さて、坪井さんが現在一番力を入れているのが、JFAA(Japan Free

AgentAsociation)という営業代行事業。(ビジネスモデル特許申請中)

営業力の弱い中小企業がわずか2万8千円/月(1日1千円弱)の会費を出

せば、JFAAを利用できる。

一般的な営業代行会社は最低35万円~70万円さらに

利益の30%~50%を手数料とします。営業マンも1名~20名が最大で

すが、このJFAAには現在800名弱の営業マン(フリー・エージェント)

が登録されていて、JFAA上に登録されている商材の中から、自分の紹介

しやすい商材をみつけて、友人知人に紹介する。商売が成立すると、商

材登録企業から紹介料がもらえる仕組み。

営業マンはインタネットで集めて、大量の営業マンに、口コミで商材を

集め提供します。

既に携帯電話版も完成し、このビジネス・モデルも拡大発展期に入ると

ころです。

営業代行、企業は、1日1000円ほどで800名の営業マンを動かすチャンス

ですので、興味ある方は問い合わせて見たらどうでしょうか。

かくいう私も社会保険最適化サービスというビジネスを紹介していただ

き、現在のマーキュリー物産の最大のビジネスとなっています。

本件では、社会保険最適化サービスを登録した企業とサービス開発企業

であるネクストプレナーズ、ソフニー、マーキュリー物産、そして、社

会保険最適化サービスを受ける大手企業の5社全員がwin-winの関係とな

る素晴らしいビジネスです。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

ビジネスチャンスはどこに転がっているか分かりません。
坪井社長から、社会保険最適化サービスの紹介がなければ、私にビジネ

スチャンスが回ってきませんでした。
その意味で、坪井さんに感謝です(*^^*)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月15日 (月)

「マーキュリー通信」no.1304【人生に勝利する方程式-48「過去を変える法則」】

よく、「過去と他人は変えられない」と言われます。
そんなことは決してありません。
ものの考え方1つで自分の過去をも変えられるのです。

それでは「過去を変える法則」とは何でしょうか?

それは「反省」です。

過去の失敗、その失敗に傷つき、うじうじしている自分を反省によって

変えることができるのです。

なぜ失敗したのか?

その部分を徹底的に反省し、2度とその過ちを繰り返さないように決意

します。

その決意により、反省は自分の魂を磨く砥石の役割となり、発展の礎と

もなります。

過去の事実は変えることはできません。しかし、どのように思うかは、

見方、とらえ方によって異なってきます。

このように反省の原理は、人間の発明した素晴らしい心のイノベーショ

ンであり、ノーベル賞ものといえます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月14日 (日)

「マーキュリー通信」no.1303【龍馬の如く生きる-3「精神的脱藩を目指す」】

龍馬が生きていたら、一番先に言いそうなことが「日本人よ!精神的脱

藩をせよ!」と言っているのではないかと思います。

精神的脱藩とは、精神的自立を目指すということです。

精神的自立とは、今、時代が大変革の時代に入り、古い価値観ではつい

て行けなくなる。だから、「自分の足でしっかりと立つ」ということで

す。

「日本を創った12人」(堺屋太一著)で、戦後日本の価値観、ものの

考え方の多くはマッカーサー元帥によって形成されたものと「マーキュ

リー通信」で紹介しました。

同書の中で現在の官僚制度は明治の元勲大久保利通によって創られたも

のですし、終身雇用制度は松下幸之助が提唱したものと紹介されていま

す。

だから皆さんが現在もっている価値観は自分独自のものではないのです

。時代の流れと共に変わっていくことになります。年配の方はご存知の

通り、日本の価値観は、昔とすっかりと変わってしまいました。

「自分の足でしっかりと立つ」という意味は、「本当の自分」に出会い

、「自ら光り輝かせながら、どうしたら世の為人の為に生きていけるよ

うな人間になれるのか」と私は思うのです

他人は他人、自分は自分の生き方があるはずです。それを探し、自分独

自の生き方を基に生きていくことが精神的脱藩の意味するところではな

いかと思います。

それならシニア層はどうなのかというと、自分のこれまでの経験をいか

に世間のお役に立つ形で貢献していくことなのではないかと思っていま

す。

その中から喜びが発見でき、自分の足で立つことができると思います。

それに気づき、実践していった時に、心身共に健康なシニアライフを生

きていけるのではないかと思います。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

本日のNHK大河ドラマ「龍馬伝」で、龍馬は「己を惑わす敵は、己の中

にある」と言っていました。

そうなんですね。「精神的脱藩をできないでいると、己を惑わす敵が何

かも分からず、その敵に翻弄され、結局自分を苦しめることになる」と

本日の「龍馬伝」から学びました。

その代表格が、「攘夷」という小さな世界から抜け出せなかった土佐の

武知半平太ではなかったでしょうか。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月13日 (土)

「マーキュリー通信」no.1302【今年の確定申告に思う】

毎年この時期になると、私の場合、(有)マーキュリー物産と個人の両

方の確定申告をせねばならず憂鬱です。

本日は、個人の確定申告書を作成しました。

個人の確定申告は25年間連続実施しているので、慣れっこですが、それ

でも申告書の記載方法は税務署特有の煩雑さがあっておっくうに感じま

す。

今年感じたことは、民主党政権の下で事業仕分け等いかに業務のスリム

化、効率化が求められているのですが、お役所は別世界のようです。

1.特別配偶者控除
 38万円以下の控除は0円、これに対し38万円超40万円未満の妻の所得

は38万円の控除が認められる。

税務署に問い合わせたところ、この所得層の救済措置とのこと。 

その上の所得層は、5万円きざみで控除が5万円きざみで減少し、76万円

でゼロになります。

 こんな煩雑なことをせずに、妻に収入があるなら、配偶者控除だけ認

めて、後は妻の源泉徴収に任せれば良いのです。ついでにいうなら、妻

の年間所得制限102万円というばかげた規定があるので、主婦の勤労

意欲を著しくそいでいます。

子供手当より、こちらの制限撤廃の方が、主婦の勤労意欲のアップによ

る収入アップがはかれ、より経済効果があります。

2.生命保険料
 相変わらず煩瑣な計算式が存在します。大半の人が年間5万円以上の

生命保険料を支払っているのだから、控除できる生命保険料は最大5万

円と規定すればすみます。

3.医療費
以前は、5万円の免除だったのですが、いつの間にか10万円に引き上

げられていました。
その結果、かなり税収が増え、確定申告者数も大幅に減少し、事務負担

も大幅に減少したものと思います。

それなら医療費控除はいっそ廃止して、事務コストを削減すべきです。
その分、健康保険料で負担を軽減すべきです。
尚、生命保険給付金を所得と見なしていますが、廃止すべきです。

4.申告書をいれる封筒の糊付け
 毎年申告書を封入する封筒が同封されていますが、この封筒は糊付け

することになっているのですが、糊付けが難しく、うまくできたためし

がありません。普通の返信封筒を入れれば良いのですが、これも税務署

のおかしな慣習です。

5.e-tax
 e-taxで申告すると5千円の控除があります。しかし、その為に住民基

本台帳に登録しなければならず、断念しました。個人情報の管理に関し

ては、私は役所を信用していないので、住基法には基本的には反対です

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

政府が声高に行政改革を叫んでも、役所の体質はいっこうに変わらない

と思っているのは私だけでしょうか。

役所の業務効率をあげるだけでも、事業仕分けで浮いた税金分くらい、

軽く浮くはずです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年2月11日 (木)

「マーキュリー通信」no.1301【龍馬の如く生きる-2「剣術修行と同様、ビジネスも人間性や心を磨く手段」】

2月7日の大河ドラマ「龍馬伝」で、龍馬は剣術を手段と勘違いしていました。

しかし、剣術修行は心を極めるところにその完成があることに気づきます。
その結果、千葉道場の免許皆伝となります。

事業、ビジネスも同じです。
事業、ビジネスは、自分の人間性や心を磨いていく手段なのです。
それを極めた人がビジネスの達人と呼ばれるのです。

私自身還暦を迎え、漸くその入り口をくぐった感じです。

私自身が現在ビジネスに関し思っていることは、「自分の経験を通じ、

世を照らす光となる。」

そして、そこから発展し、「いかに世の為、人の為になる有為な人材と

なれるのか?」

私自身まだ入り口付近に立っているに過ぎないと思っています。だから

、私自身まだまだ成長する余地がたくさん残されているから、人生生き

ていて楽しいと思っています。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

心を開き、何でも吸収しようと思っていると、自分の可能性がどんどん

開けてきます。

「龍馬伝」からも大きな学びがあります。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「マーキュリー通信」no.1300【奇人変人の異見-114「特権者の特権こそ格差是正すべき!」

鳩山首相が12億6千万円のお小遣いを母親から頂いても脱税で逮捕されません。

今度は、小沢一郎幹事長が4億円の巨額の資金を入手しても逮捕されません。

逮捕されたのは、石川元秘書だけ。

国家権力を握るナンバー1、2が巨額のお金をもらっても逮捕されず、

とかげのしっぽきりのようにその秘書が責任とらされて逮捕される。

権力をカサに、どんどん肥えていく悪い輩こそ、

徹底的に取り締まるべきです。

こういうのを格差社会といいます。

マスコミは、特権階級の格差社会こそ、是正すべきと主張すべきです。

一方、最近話題になっている日本型格差社会は、

世界から見たら格差社会とは言いません。

共産主義国家で本来所得格差のない中国では貧富の格差が非常に大きいです。

こちらは特権階級の格差と、金持ちと貧乏人の格差の2重の格差が存在します。

こういう国はいずれ民衆の怒りを買って、クーデーターが起こる火種を抱えています。

日本でまずやるべき格差是正は、特権階級の格差是正をすべきです。
そして、一時も早く小沢幹事長を逮捕すべく国民の声を大にすべきと考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 9日 (火)

「マーキュリー通信」no.1299【龍馬の如く生きる-1「勇気の一歩を踏み出す!」】

私は歴史上の人物で龍馬が一番好きです。

それは龍馬が私心なく、ただ純粋に素晴らしい日本を創る為に身命を賭して行動したからです。

私自身も龍馬に性格が似たところがあります。ちょっとお人好しで、明

るく前向きで屈託ない性格も似ています。

そこで今年は「龍馬の如く生きる」ことを決意しました。

私は、「元気で活力ある明るい日本を創る!」という思いがあります。

しかし、私には龍馬ほどの勇気がまだありません。龍馬が私を見たら、

「ちんこい、ちんこい」と叱られそうです。

私は龍馬を理想とし、透明な風の如く、世の中を明るくできるように生

きてみたいと思っています。

その為に、今年は龍馬起業塾を立ち上げました。

龍馬起業塾は、ベンチャー起業家を育成し、第2の株式会社もしもしホ

ットラインを世に送り出すことが私の夢です。

もしもしホットラインは現在2万人の従業員を雇用しています。この不

況の時代に、雇用の面で大変貢献をしています。

龍馬起業塾の塾生ではありませんが、現在人工透析が不要となる技術を

開発した発明家がいます。

今年古希を迎えるベンチャー起業家です。もしこの技術が本物ならノー

ベル賞ものです。

そして、大変な事業へと飛躍します。

今年は、事業の面では、この技術が事業化できるように支援していくこ

とが最大の目標です。そうなった時には、第2のもしもしホットライン

も決して夢ではなくなります。up

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

大河ドラマ「龍馬伝」を毎週楽しみにしています。甘ちゃんの龍馬が成

長していく姿を楽しんでいます。

龍馬が大きく成長できる秘訣、それは砂漠に水を撒くが如く、人の話を

素直にどんどん吸収していくところにあります。

その意味では、私も負けていませんよ(*^^*)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 8日 (月)

「マーキュリー通信」no.1298【私のヒューマンネットワーキング-5「人との出会いは真剣勝負」】

1月31日に開催した第1回龍馬起業塾はお陰様で成功を収めることができました。

定員30名の所、32名の申込みがあり、結局7名がキャンセルしたため、25名の参加となりました。
中には、全く連絡がなくキャンセルした人も数名いました。

第1回龍馬起業塾は無料でした。
しかし、たとえ無料といえども、私は真剣に臨みました。
その準備のために、数十時間を費やしました。

龍馬起業塾塾生との出会いは真剣勝負です。
塾生も私の力量がどの程度なのかを見ています。
一方私も塾生を見ています。

その真剣勝負の中から縁が生まれます。
そして、その縁をいかに活かせるか、
塾生側から見れば、20数年に亘る私のベンチャー起業家の経験をいかにつかみ取るか、その真剣度合いは塾生によって違います。
私との縁を大切にし、いかにして縁を築き上げていくかが勝負所です。

アンケートの中で1時間の無料コンサルティングの申込みを受け付けたところ、11名の塾生から申込みがありました。

今後はこの11名の塾生を中心に龍馬起業塾は展開していくことになります。
量より質を重視していきたいと思っています。
良い龍馬起業塾なら自然と人は集まってきます。
私だけががんばっても龍馬起業塾は良くなりません。
いかに塾生と一緒に素晴らしい龍馬起業塾を作り上げていくかがポイン
トです。

ベンチャー起業家人生も真剣勝負の連続です。
そうとらえるベンチャー起業家の中から成功者が出てきます。

7日の大河ドラマ「龍馬伝」で、龍馬は剣術を手段と勘違いしていました。

しかし、剣術修行は心を極めるところにその完成があります。

事業、ビジネスも同じです。
事業、ビジネスは、自分の人間性や心を磨いていく手段なのです。
それを極めた人がビジネスの達人と呼ばれるのです。

★「あなたの人脈力10倍アップの極意」(販売価格3千円)を好評発
売中です。
http://www.mercury-b.com/jinmyaku/index.html
私の25年に及ぶ経験とノウハウが凝縮されています。
教材テキストを基に、私が丁寧に解説しています。
気に入らなければ、返品できますのでご安心下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 6日 (土)

「マーキュリー通信」no.1297【沖縄名護市長選は、実は民主党+左翼勢力がしかけた安保条約廃棄闘争の一環だった!】

国際政治学者藤井厳喜氏が、沖縄県民を招待してのパネルディスカッションでし

た。参加者は、沖縄の現状を憂え、立ち上がった良識派の沖縄県民です。

参加者: JSN(「沖縄と共に『自立国家日本』を再建する草の根ネット

ワーク」)仲村覚代表、沖縄の自由を守る会崎浜代表、我如古(がねこ

)沖縄維新の会代表、国際評論家石平氏(中国人だが日本に帰化)

沖縄名護市長選挙は民主、共産、社民、国民新、沖縄社会大衆、そうぞ

う推薦の稲嶺氏が僅差で勝利しました。

実は、沖縄名護市長選挙本部は、東京都千代田区にあり、70年安保世代

の残党が加わり、米軍基地追放プラス安保条約廃棄闘争を展開したこと

が分かりました。

もし、この事実を米国の知るところとなったら、日米の大きな政治問題

になりかねない。ましてやその政治主導を政府民主党が行っていること

が分かったら大問題となる。

沖縄には反戦地主が3千名いる。その総面積は僅か2千平米。1人当たり1

平米にも満たない。その多くが県外地主で、名刺半分程度の広さの土地を

所有して、基地反対活動をしている。この事実をマスコミは国民に伝え

ていない。

普天間の地主の大半は、米軍基地の移転を望んでいない。なぜなら国か

ら支払われる地代が650億円にも上り、地元経済に大きな影響を与える

からである。

この思いは移転先の辺野古の住民も同様。基地経済で潤うため、米軍基

地が移転してくることに賛成している。

反対派の大半は70年安保の残党のオルグ活動が実態である。こういった

事実をマスコミは報道していない。

さて、沖縄県民自身が中国の脅威を感じていない
中国政府は、過去にチベット、モンゴル、ウィグル等の自治区で異民族

を多数殺害してきた。
更には天安門事件では、多数の自国民さえ殺している。

そんな中国政府が沖縄に上陸したら、チベット等の二の舞になることは

明らかだ。その重大な脅威に沖縄県民が気づいていない。
だから自分たちは立ち上がった。

沖縄の問題は、沖縄県にとどまらない。日本の国防上、沖縄は極めて重

要な地だからである。
だから、本土と沖縄の連係プレーが重要である。

万一、沖縄から米軍基地を撤去したら、それは日本の破滅への道とイコ

ールだ。米軍基地のない日本を守るには、核兵器保有しかない。事実、

中国の核兵器は日本の主要都市を狙うように配備されている事実と脅威

に日本人は気づくべきだ。

自分の国は自分たちで守る気概が必要だ。その為には、国防の最大の障

害となっている憲法9条の改正が必要不可欠といえる。

★★★ ★★★ ★★★ 

これは痛快!面白い!これを考えた人はブラックユーモアの天才です!

永田町舞う「謎の鳥」 ネット上で首相を揶揄 カモ? チキン? サギ? ハト? 

日本には謎の鳥がいる。正体はよく分からない。

中国から見れば、「カモ」に見える。

米国から見れば、「チキン」に見える。

欧州から見れば、「アホウドリ」に見える。

日本の有権者には「サギ」と思われている。

オザワからみれば「オウム」のような存在。

でも鳥自身は「ハト」だと言い張っている。

それでいて、約束をしたら、「ウソ」に見え、

身体検査をしたら、「カラス」のように真っ黒、

釈明会見では「キュウカンチョウ」になるが、

実際は単なる鵜飼いの「ウ」。

私はあの鳥は日本の「ガン」だと思う。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

本日、午前11時から16時30分までの長時間に亘り講演会及びパネルディ

スカッションを聞きましたが、その主張は幸福実現党と全く同じでした。

昨年、マスコミが幸福実現党の事を全く報道しなかったために惨敗しま

したが、今年はこれらの市民勢力と結びつき、真の保守再建のために、

参院選では一大旋風を起こしそうな予感がしました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「マーキュリー通信」no.1296【講演会「日米同盟の危機とChinaのマスコミ戦略」】

本日中野zeroホールで国際政治学者藤井厳喜氏による首題講演会を聞き

ましたが、日本の新たな実態を知り、戦慄が走りました。

現在の日本は、武器を使わない内戦状態となっている。

中国の国家戦略に基づき、着々と日本を間接侵略をしている。

表面的には経済行為だが、実は中国が日本の支配を着実に実行に移して

いる。

我々は目に見えないところで戦争をやっているのだという実感がない。

中国は人間のあらゆる活動に攻撃を仕掛けている。これを「無制限戦争

という。

中国では99年に、中国空軍の喬良、王湘穂が「無制限戦争」のことを

超限戦」として発表し、米国ペンタゴンを震撼させた。

その「超限戦」とは何か?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%85%E9%99%90%E6%88%A6

その1 水資源の確保
黄河の水はなくなり、北京は地下水が枯渇し、深刻な水不足に直面して

いる。その為、中国は日本の水資源を買収した。日本では、水資源確保

の法律が整備されていない。従って、中国に水資源を抑えられ、気がつ

いた時には、日本人が断水状態になる恐れが出てくる。

その2 反日左翼思想の普及
日教組の教師により教育を受けた学生が、官僚、マスコミに多い。
その結果、官僚、マスコミには反日左翼思想家が多い。その結果、反日

的な報道は流すが、親日的な報道はしない。

その3 サイバーテロ
一番怖いのがサイバーテロだが、もし金融機関、自衛隊が攻撃されたら

大パニックに陥る。

その4 企業の乗っ取り
新日鉄は、8000億円をかけて建設した宝山製鉄所を中国に乗っ取られた

。労働者がストライキを起こし、工場の操業は停止した為、事実上ただ

で中国の手に渡った。
トヨタも現在リコール問題で揺れているが、対応を間違えると、トヨタ

の中国工場も乗っ取られる危険性がある。

又、経営危機となったIT企業を中国が買収して、その傘下に収めること

も画策している。

軍事面では、中国は2つの方向を目指している。

1つ目が内陸侵攻で、中央アジア、カザフの支配である。

2つ目が海洋への進出である

その時の最大の障害が日本列島である。
その為にまずは最南端の沖縄の実効支配を狙っている。

現在民主党政権の下に、米軍基地の海外移転を計画しているが、そうな

れば中国の思うつぼである。

又、外国人の地方参政権を認める法案を民主党は通そうとしている。
そうなれば沖縄のチベット化、ウィグル化は現実のものとなる。
中国から沖縄に大量の中国人を送り込むことで沖縄を実効支配できる。

その前に尖閣諸島が、今年の3月以降中国に支配される恐れが出てきた。

3月1日に法案を通し、中国の無人島に施設を建設した場合、懲罰の対

象となる。中国は、尖閣諸島を中国の領土と思っており、もし、日本政

府がクレームを付けても、中国の軍事力の前で、日本政府は無力である

ことが容易に想像できる。

日本の2000年の歴史を俯瞰してきた時、日本人は、シナという国が脅威

の存在であり続けてきたことを再認識しなければならない。偶々終戦直

後のシナは国力が低下していた時期だったので、その脅威は感じられな

かっただけである。

今、民主党政権で日中友好政策を推進しているが、中国の「日中友好」

の定義は、中国共産党の綱領に合致したものだけを指すことを肝に銘じ

なければならない。

現在、日本の最大の国難は、民主党という左翼政党が間違いだらけの政

策を実行し、亡国、破滅の道へと突き進んでいることである。

民主党政権は、日本解体3点セットの法案を通そうとしている。

1.外国人地方参政権の付与:中国のチベット化、日本侵略を容易にさ

せる

2.夫婦別姓制度:家庭崩壊の促進

3.人権擁護法案:為政者に都合の悪い集会の禁止

それではこの日本破滅への道を食い止めるにはどうしたらよいのか?

7月の参議院選挙で、民主党候補に投票しないことである。

その他、上記日本解体3点セットの法案に対し、国民の反対の意思表示

をしていくことである。 

これまでこのような集会は、左翼の専売特許だったが、日本国を憂える

国民として、勇気を持ってこの国難に立ち向かっていくことが必要だ。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

私は70年安保世代です。当時は、非武装中立、憲法9条死守が日本の平

和を守るために最重要と考えていました。そして、共産党、社会党を支

持していました。その思いは純粋でした。

しかし、社会に出ると、その考えは、青臭い書生論だと大半の人間は直

ぐに気づくわけです。

本日の講演会も素直に聞けば、民主党政権の行っている政策がいかに日

本を破滅に陥れる危険な政策だということが直ぐに理解できます。
それがなぜ理解できないのか不思議に思っていました。

しかし、本日の講演会で、「世の中には自分の国を平気で外国に売り渡

す売国奴的な人間はいつの世にもいる」との発言に納得すると同時に、

民主党政権の恐ろしさを再認識した次第です。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 5日 (金)

「マーキュリー通信」no.1295【あなたは貴派?、それとも鳩派ですか?】

貴乃花の理事当選にあっぱれ!

私は昔から貴派、貴乃花の大ファンでした。

4ヶ月前は大人気の鳩山首相の人気は急降下。

果たして現在のあなたは鳩派、それとも貴派ですか?

因みに私の鳩派の定義は、きれい事だけを言ってるだけで実行力の伴わ

ない優柔不断な人。

貴派は、勇気と行動力のある人をいいます。

新しいタカ派、ハト派の定義でした(*^^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 4日 (木)

「マーキュリー通信」no.1294【戦後の日本を変えた男「マッカーサー将軍」】

堺屋太一著「日本を創った12人」(PHP文庫750円)には、日本の政治経

済社会の制度、仕組みを創った人物、思想的に大きな影響を与えた12名

を取り上げています。

聖徳太子、光源氏、源頼朝、織田信長、石田三成、徳川家康、石田梅岩

、大久保利通、渋沢栄一、マッカーサー、池田勇人、松下幸之助とそう

そうたる12名が取り上げられています。

ただ、光源氏、石田三成、石田梅岩、池田勇人の4人に関しては、?を

持つ方も多いと思いますが、それは堺屋太一式発想法によるので、面白

い見方をしているので参考になります。

その中で唯一外国人としてマッカーサー将軍が上げられています。

マッカーサーのとった占領政策は、今でも日本人に大きな影響を与えて

います。

マッカーサーのとった3大占領政策は、

ご存知の軍隊の廃止、精神的支柱である宗教の根絶やし、そして、財閥

解体でした。

対米追随外交を基本とする日本の米国式民主化でした。

しかし、非武装化は、朝鮮戦争の勃発、そして冷戦により意味がなくな

りました。自衛隊は、軍隊ではないという詭弁を使い、今日まで憲法違

反のまま存続させています。

マッカーサーは、大東亜戦争を米国流の呼び方である太平洋戦争と変え

て、この戦争を起こした当時の軍部は侵略戦争を起こした愚か者である

ということをマスコミを通じ徹底的に流しました。

その結果、自虐史観をもつ日本人が多数存在することとなります。

マッカーサーはこの時徹底的な検閲をしました。

だから、日本に原爆を2つ投下し、東京大空襲等戦争犯罪を犯した米国

に対し、日本人が憎しみを抱いていないのは、この徹底的な言論統制の

お陰な訳です。

2番目の宗教の根絶やしは、高度成長時代には、ひたすら貧しさからの

脱却という国民共通のスローガンの下で効果を発揮しました。

しかし、現在は宗教心を喪失した日本人に大きな反動が起きています。

日本人の精神的荒廃は、毎日マスコミを通じ、悲惨な事件が毎日報道さ

れているとおりです。

陰湿ないじめ、不登校、そして、毎年3万人を超える自殺者は、先進国

では異常な数字です。

多くの日本人が、「自分は無宗教です」と外国人が聞いたらびっくりす

るようなことを平気で言ってしまう無宗教国家となってしまいました。

これもマッカーサーの影響です。think

最後の財閥解体は、マッカーサーの思惑は完全に外れたようです。

一方、日本人の欲求不満のガス息抜きとして3S(Sports,Screen,Sex)

を推進しました。

3Sの内、3番目のSexは本国米国を上回るほどの恥も外聞もないセック

ス大国になってしまいました。

これも宗教心のないことの影響となっています。

さて、21世紀に入り、マッカーサーが創った負の遺産の部分は、今後

見直していく必要が急務と考えます。

個人主義や大家族制度を崩壊させたのもマッカーサーの方針だそうです

今後は、行きすぎた個人主義を廃し、日本古来の良い面、和の精神を尊

ぶことで、離婚率の低減、教育制度の改革等経済至上主義から、経済以

外の部分に日本人の幸福を求める社会制度に持って行くことが必要と本

書を読んで感じた次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2010年2月 3日 (水)

「マーキュリー通信」no.1293【日夏香画伯が銀座で親子3代の魚ぎょGYO展開催】

友人の日夏香画伯が2年間かけて魚を題材にして作り上げた作品を銀座

幸伸ギャラリー(銀座7-7-1)で個展を開いているので観賞してきまし た。

親子3代の個展はほのぼの感があります。魚展だけにぎょっとする作品

もありました(*^^*)

2月7日(日)まで開いています。

20100203npo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »