« 「マーキュリー通信」no.1300【奇人変人の異見-114「特権者の特権こそ格差是正すべき!」 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1302【今年の確定申告に思う】 »

2010年2月11日 (木)

「マーキュリー通信」no.1301【龍馬の如く生きる-2「剣術修行と同様、ビジネスも人間性や心を磨く手段」】

2月7日の大河ドラマ「龍馬伝」で、龍馬は剣術を手段と勘違いしていました。

しかし、剣術修行は心を極めるところにその完成があることに気づきます。
その結果、千葉道場の免許皆伝となります。

事業、ビジネスも同じです。
事業、ビジネスは、自分の人間性や心を磨いていく手段なのです。
それを極めた人がビジネスの達人と呼ばれるのです。

私自身還暦を迎え、漸くその入り口をくぐった感じです。

私自身が現在ビジネスに関し思っていることは、「自分の経験を通じ、

世を照らす光となる。」

そして、そこから発展し、「いかに世の為、人の為になる有為な人材と

なれるのか?」

私自身まだ入り口付近に立っているに過ぎないと思っています。だから

、私自身まだまだ成長する余地がたくさん残されているから、人生生き

ていて楽しいと思っています。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

心を開き、何でも吸収しようと思っていると、自分の可能性がどんどん

開けてきます。

「龍馬伝」からも大きな学びがあります。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

|

« 「マーキュリー通信」no.1300【奇人変人の異見-114「特権者の特権こそ格差是正すべき!」 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1302【今年の確定申告に思う】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.1301【龍馬の如く生きる-2「剣術修行と同様、ビジネスも人間性や心を磨く手段」】:

« 「マーキュリー通信」no.1300【奇人変人の異見-114「特権者の特権こそ格差是正すべき!」 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1302【今年の確定申告に思う】 »