« 「マーキュリー通信」no.1315【創レポート2月号「見極める消費」を味方に付ける対応力】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1317【奇人変人の異見-115「消費税に頼らない豊かな国ニッポンへの道」】 »

2010年2月28日 (日)

「マーキュリー通信」no.1316【龍馬の如く生きる-6「2つの純粋」】

本日のNHK大河ドラマ「龍馬伝」を見て、「純粋」にも2つの「純粋」があるようです。

1つ目の「純粋」は、武智半平太の厳しい容赦ない「純粋」

部下山本琢磨の落ち度を許さず、「攘夷」という大義のために、切腹を命じた。

これを見て龍馬は、山本琢磨を夜中にこっそり逃がした。路銀まで渡し

た。

山本琢磨は、蝦夷に逃れ、クリスチャンとなった。龍馬の「純粋さ」の中
には、優しさがあふれている。

もう1つの視点として、武智半平太の純粋さは偏狭的な純粋さです。相

手の実力も分からず、神国日本を信じ、一致団結して、外国人を打ち払

う。

この考え方は多くの日本人がもっています。大東亜戦争の時など、その

典型でした。

これに対し、龍馬の純粋さは、己を知り、相手も知る。夷敵の強大さを

知った龍馬は、海軍力を企図し、実行していく。

私自身も極めて純粋な性格です。現在の民主党政権によ る国難を憂え、

少しでも日本を良くしようと微力ながら立ち上がりました。

もちろん私の純粋さも龍馬型の純粋さです。だから龍馬をめちゃ好きなわけです。

Dsc00399

|

« 「マーキュリー通信」no.1315【創レポート2月号「見極める消費」を味方に付ける対応力】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1317【奇人変人の異見-115「消費税に頼らない豊かな国ニッポンへの道」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.1316【龍馬の如く生きる-6「2つの純粋」】:

« 「マーキュリー通信」no.1315【創レポート2月号「見極める消費」を味方に付ける対応力】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1317【奇人変人の異見-115「消費税に頼らない豊かな国ニッポンへの道」】 »