« 「マーキュリー通信」no.1337【ドクター・中松凱旋特別試写会】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1339【「がんばれ、河村たかし名古屋市長!」】 »

2010年3月26日 (金)

2010年3月26日「マーキュリー通信」no.1338【プロ野球セリーグ開幕】

本日セリーグのペナントレースが開幕しました。

巨人はヤクルト相手に4対1で勝利。ホームランが出ない地味な勝ち方で

した。
内海投手を除くスターティングメンバー全員が最後まで出場する安定感

のある試合運びでした。

こういう勝ち方をしているとセリーグ4連覇もそれほど難しくない感じ

がします。

本日きらりと光った選手はセンター松本でした。3安打の猛打賞、盗塁

、攻守と、文字通り走攻守で活躍しました。テスト生から這い上がった

ちびっ子松本のような活躍は、ファンとしては嬉しいです。

復活高橋由伸は、1安打のタイムリーヒットを放ちましたが、まだ過剰

な期待はできません。

しかし、今の巨人軍は外野手に谷、長野、鈴木とスターティングメンバ

ーがダブルでいるので、心配はいりません。

投手陣は、内海がエースの役割をきちんと果たし、守護神クルーンにバ

トンタッチしました。クルーンのできばえは昨年と同様全幅の信頼はで

きません。

それでも昨年の成績は46試合に登板して1勝3敗27セーブ、防御率1.26で

した。防御率が1点台ということは打ち込まれて試合をぶちこわしたこ

とは殆どなかったことを意味しています。

もしだめな場合、越智、小林等候補はいるので、特に心配はないでしょ

う。投手陣も層が厚いので、だめなら下からいくらでも這い上がってこ

れます。その切磋琢磨がファンにとって魅力です。

2年前から、原野球は若手起用を前面に打ち出し、ファンとしては野球

が面白くなってきました。

ファンは正直で、本日のチケットを手に入れるために、昨夜から徹夜で

並んだファンもいるそうで、東京ドームは超満員でした。

巨人人気の復活に伴い、本日の開幕試合は最初から最後まで放映してく

れ、巨人ファンとしては野球のおもしろさを堪能できました。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

最後のヒーローインタビューの場面で、CMが入り、エンドレスに放映さ

れたので、呆れて電源をオフにしました。
スポンサーのお陰で巨人戦を見ることができるのですが、それでも余り

度が過ぎると却って反感を招きます。

それならひと言「ヒーローインタビューは、CM終了後放映します」とテ

ロップを流せば、良かったのに。最後だけ後味が悪い感じがしました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

|

« 「マーキュリー通信」no.1337【ドクター・中松凱旋特別試写会】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1339【「がんばれ、河村たかし名古屋市長!」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/47917228

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年3月26日「マーキュリー通信」no.1338【プロ野球セリーグ開幕】:

« 「マーキュリー通信」no.1337【ドクター・中松凱旋特別試写会】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1339【「がんばれ、河村たかし名古屋市長!」】 »