« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

「マーキュリー通信」no.1343【もしも龍馬がベンチャー起業家だったら-11「龍馬の考える本気とは?」】

龍馬の本気度は、
「死んでもかまわん!
・・・・・・っちゅうくらい
”本気”になれたら幸せじゃのう」

龍馬は、死を覚悟して、夢に向かって突き進み、
本当に暗殺されてしまいました。

「現代でも身命を賭して戦う」といっても
命を狙われるわけではありません。

私が人生で死ぬ気になるくらい真剣に取り組んだものが2つあります。

1つ目が、大学受験勉強です。
貧乏な我が家では浪人はできないため、背水の陣で臨みました。
その結果、一橋大学商学部に現役で合格できました。

2つ目が、テレマーケティングの新会社もしもしホットラインの創業で

す。

朝6時に出社し、毎日深夜まで仕事をしていました。
半年間も続き、心身共にへとへと状態でした。

しかし、「米国で流行っているテレマーケティング事業を日本でも成功

させるぞ」
との意気込みで臨み、集中力を半年間持続できました。

その血と汗と涙の努力の結晶が現在のもしもしホットラインの基礎とな

り、同社は東証1部上場企業に大きく成長できました。

この2つを通じ、私は強力な成功体験と強靱な精神力を養うことができ

ました。
これはお金には換えがたい宝物です。

だから、死にものぐるいで何かにチャレンジすることは重要なのです。

次回のテーマは、「楽と楽しいことは同じ文字」です。
ご期待下さい(*^^*)

★本シリーズ「もしも龍馬がベンチャー起業家だったら」は
茶谷社長のベストセラー書「龍馬の如く」を参考に書いています。
Dsc00477_3 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月30日 (火)

「マーキュリー通信」no.1342【『創レポート3月号/『会議が会社経営に及ぼす影響力』】

毎月ファンの多い公認会計士・税理士伊藤隆先生の創レポートを今月も

お届けします。

今日は夜桜見物・・・と思っていたのですが、まだちょっと早いようで

すね。

  ※今月のテーマは・・・
     『会議が会社経営に及ぼす影響力』も、

会議の多い日本企業に対し、実に示唆に富んだ内容です。

会議は悪いわけではない。大事なのは会議を活かせているかどうかです

。その一転語「会議を問題解決型にしているかどうか」でした。

詳しくはブログ「マーキュリー通信」の創レポートをご覧下さい。

あなたの会社の会議を会社発展の強力な武器に変えることができるかもしれません。

「sr1003.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月29日 (月)

「マーキュリー通信」no.1341【幸福実現党木村智重党首渾身の力作「幸福維新を起こさん!」が日本を変える!】

昨年の衆議院選挙で、幸福実現党は全選挙区に候補者を立て、全敗しま

した。

同党は昨年の衆議院選挙で、民主党が政権を取れば、大変なことになる

と声を大にして主張してきました。

民主党政権の政策の余りにものひどさに政財界、ビジネスマンも呆れて

いますが、幸福実現党の予想通りとなって来ているので、大分風向きが

変わってきているようです。

幸福実現党は、真の保守政党を標榜しながら、真の国益と国民の幸福を

願って立ち上がりました。

そこが参院選の票目当てのばらまき政策オンパレードの後先のことを考

えない行き当たりばったりの民主党とは決定的に違うところです。

幸福実現党は、票目当ての姑息な手段は一切しません。なぜなら、「幸

福維新」を掲げているからです。

幸福実現党の木村党首は力作「幸福維新を起こさん!」の中で、幸福実

現党の革新的かつ斬新的な政策を熱く語っています。これは政治のイノ

ベーションとも言えます。

その政策内容は、明治維新になぞらえて、
1.新・富国政策(幸福実現党の経済成長戦略)
 (1)GDP世界一を目指す経済成長戦略
 (2)人口増による年金問題解決
 (3)小さな政府と相続税廃止を始めとする減税政策による景気浮揚
 (4)リニアモーターの早期導入による交通革命他
 
2.新・強兵政策(幸福実現党の安全保障戦略)
 (1)北朝鮮、中国の軍事脅威に備える為に、日米安保条約の堅持
   と国防強化。
 (2)憲法改正
 ※幸福実現党の国防政策は、好戦論では決してありません。今の国防

政策では、容易に他国から侵略される恐れが大だから、国防を強化して

、外国からの侵略を未然に防ぎましょうという平和主義です。

3.新・学問のすすめ政策(幸福実現党の高度教育戦略)
 (1)日教組の支配により荒廃した公教育の建て直し。
 (2)競争原理の導入
 (3)教育の質の向上

そして、参議院の廃止!

いかがですか?

上記政策をご覧になっただけでも、明るい未来が開けてきそうな感じが

しませんか。

中には、そんなの大言壮語だとあきらめの境地の人もいるかもしれませ

ん。

しかし、明治維新の頃や、敗戦直後の焼け跡状態の日本と現代の日本を

比べたら現在の方が圧倒的に豊かですし、環境は整っています。

明治維新の時は、僅か3千人程度の有志が日本を引っ張っていきました

現代に不足しているものは、想いの部分、志の部分です。そして正しい

ことを正しいと正々堂々と言えない勇気の欠如です。
これさえ高く持っているリーダーが現れれば、明治維新や敗戦直後より

、実現は高いと言えます。

自民党も民主党も明確な「国家ビジョン」を国民に提言していません。

票欲しさの小手先の政策に終始し、党利党略に明け暮れています。それ

が1000兆円もの世界最大の借金国家にしてしまったわけです。

だから自民党以上にひどい民主党の政策に国民が呆れても、直ぐに国民

の期待が自民党に行かないわけです。

本書のp183で、木村党首は、民主党政権の政策は、マルクス・エンゲル

スの共産党宣言の綱領と極めて酷似していることを指摘しています。

ということは、旧ソ連始め多くの共産主義国家が破滅の道をたどった同

じ道を日本もたどることを意味し、既にその兆候が現れ、多数の有識者

が指摘しています。

それでも幸福実現党は宗教政党ではないかと危惧する人も多数いると思

います。

そこもこれまで御利益中心で票集めしていた他の宗教政党とは全く異な

ります。

幸福実現党は、正しい宗教の教えに基づいて、政治活動を行っています

仏教に8つ正しい道を説いた八正道という教えがあります。

その1つに正念があります。

幸福実現党は、まずその国家ビジョンが正しい念いに基づいているかを

徹底的にチェックしました。

次に、その国家ビジョンに基づいた思いと行いにウソ偽りがないか日々

チェックしています。

その他宗教の厳しい戒律に基づき、自らを律しながら日々活動を行って

います。

最後に、幸福実現党の木村党首はどんな人物かが重要です。

木村党首は、京大を卒業して、東洋信託銀行に入社し、国際金融畑を歩

いてきたエリートです。

金融バブルの頃、外資からの高額のオファーを蹴って、3分の1の給料

の幸福の科学に入信しました。
世間的に見れば、何ともったいないことをしたと思われることでしょう

しかし、人の幸福はこの世の地位や名誉、お金だけで決められません。
木村党首は、日本国の発展繁栄の為に、自ら捨て石となって、国政にな

げうって出たわけです。

本書には、幸福実現党の政策の詳細や、木村党首の熱い想いが随所に表

現されています。そして、木村党首の人物像とその魅力が分かりやすく

書かれています。

昨年の衆議院選挙の敗北の反省と、多数の方の疑問に素直に回答してい

ます。単なる政党のPR書ではないので、好感が持てます。又、堅苦しく

なく、分かりやすく読めます。

自民党や民主党の政策と比べてみて下さい。

きっとあなたも私同様勇気づけられ、わくわくしてくることと思います

。なぜ、私が幸福実現党を一生懸命応援しているかがおわかりいただけ

ることと思います。
そして幸福実現党に投票したいと思うと同時に幸福実現党から立候補し

たくなるかもしれません(*^^*)

尚、本書をご希望の読者には先着10名の方に謹呈致します。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

自民党から脱党者が次々と出ています。今後、参院選に向けて、政党の

離合集散が行われることが予想されます。

幸福実現党の支持母体である幸福の科学は、もともと自民党を支持して

いたのですから、今後は自民党、又は脱党組との政策協定が行われる可

能性もあり、政局から目が離せません。

いずれにしろ、現在の左翼政党社民党による国政の攪乱&混乱にうんざ

りしている国民にとっては、真の保守政党の出現が望まれることと思い

ます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月28日 (日)

「マーキュリー通信」no.1340【龍馬の如く生きる-10「さわやかに人生を生きる」】

「歴史上の人物でさわやかに生きた人物をあげて下さい」と言われたら

、私は真っ先に龍馬を上げます。
だから私は龍馬が一番好きだし、龍馬の生き方に憧れるのです。

それでは「さわやかに生きる」とはどういう生き方でしょうか?

私は春の小川のせせらぎをイメージします。
何も引っかかりもなく、川は流れています。
メダカやザリガニ等の小さな生き物がのどかに暮らしています。
庶民に優しい感じです。

龍馬の人生は激動の人生です。しかし、私には龍馬の心の中は純粋で、

春の小川のせせらぎのような心地よい感じがします。

本日の「龍馬伝」では、龍馬の武智半平太に対する優しさや思いやりと

心の豊かさを感じました。そして、半平太を罵倒し、足蹴にした土佐藩

の参政吉田東洋の下を訪ね、龍馬は東洋と半平太の仲を取り持とうとす

る。命を省みず友人の為に尽くそうとする龍馬の勇気にただただ脱帽し

ます。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

20100328horiuchikeizo_3 本日、新宿でゴスペル歌手堀内圭三さんのライブコンサートを聞きまし

た。龍馬の思い「もっと大きな夢を持って、もっと高い志」を代弁して

、「龍馬の願い」というCDを昨日発売しました。龍馬の思いが伝わって

くる素晴らしい歌でした。

※堀内さんとのツーショットはブログに掲載し

ています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年3月27日 (土)

「マーキュリー通信」no.1339【「がんばれ、河村たかし名古屋市長!」】

河村たかし名古屋市長が市民に公約した議員の半減(75名→38名)と報

酬の半減(1600万円→800万円)が議会で否決されました。

秘訣の理由を聞きましたが、自分たちの保身だけが目立ちます。年俸

800万円でも一般市民の所得と比べ高額で、それだけで充分です。

河村市長は、自らの年俸を既に2500万円から800万円に減額しました。

だから議員報酬の減額は説得力があります。浮いた財源は市民減税10%

に充てる予定です。

河村市長は、一橋大学の同期生で、民主党代議士の時から応援していま

す。彼のような本音と建て前が同じで、勇気を持って正論を展開する代

議士が民主党に現れてほしいです。
彼がもし首相になったら、民主党の人気は一気に回復することでしょう。

しかし、彼は本音をずばずばというタイプなので、民主党の中でも、敬

遠され、代表戦にすら出馬することができませんでした。

今回の名古屋市議会でも同様です。

しかし、彼の見方は名古屋市民です。名古屋市民のために、思い切り暴

れまくってほしいと思います。最後は正義が勝ちます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年3月26日 (金)

2010年3月26日「マーキュリー通信」no.1338【プロ野球セリーグ開幕】

本日セリーグのペナントレースが開幕しました。

巨人はヤクルト相手に4対1で勝利。ホームランが出ない地味な勝ち方で

した。
内海投手を除くスターティングメンバー全員が最後まで出場する安定感

のある試合運びでした。

こういう勝ち方をしているとセリーグ4連覇もそれほど難しくない感じ

がします。

本日きらりと光った選手はセンター松本でした。3安打の猛打賞、盗塁

、攻守と、文字通り走攻守で活躍しました。テスト生から這い上がった

ちびっ子松本のような活躍は、ファンとしては嬉しいです。

復活高橋由伸は、1安打のタイムリーヒットを放ちましたが、まだ過剰

な期待はできません。

しかし、今の巨人軍は外野手に谷、長野、鈴木とスターティングメンバ

ーがダブルでいるので、心配はいりません。

投手陣は、内海がエースの役割をきちんと果たし、守護神クルーンにバ

トンタッチしました。クルーンのできばえは昨年と同様全幅の信頼はで

きません。

それでも昨年の成績は46試合に登板して1勝3敗27セーブ、防御率1.26で

した。防御率が1点台ということは打ち込まれて試合をぶちこわしたこ

とは殆どなかったことを意味しています。

もしだめな場合、越智、小林等候補はいるので、特に心配はないでしょ

う。投手陣も層が厚いので、だめなら下からいくらでも這い上がってこ

れます。その切磋琢磨がファンにとって魅力です。

2年前から、原野球は若手起用を前面に打ち出し、ファンとしては野球

が面白くなってきました。

ファンは正直で、本日のチケットを手に入れるために、昨夜から徹夜で

並んだファンもいるそうで、東京ドームは超満員でした。

巨人人気の復活に伴い、本日の開幕試合は最初から最後まで放映してく

れ、巨人ファンとしては野球のおもしろさを堪能できました。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

最後のヒーローインタビューの場面で、CMが入り、エンドレスに放映さ

れたので、呆れて電源をオフにしました。
スポンサーのお陰で巨人戦を見ることができるのですが、それでも余り

度が過ぎると却って反感を招きます。

それならひと言「ヒーローインタビューは、CM終了後放映します」とテ

ロップを流せば、良かったのに。最後だけ後味が悪い感じがしました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「マーキュリー通信」no.1337【ドクター・中松凱旋特別試写会】

ドクター・中松がダブるの受賞をされた。これを記念して、特別試写会

が2時間半に亘って行われました。

1つ目は、インドでチベット仏教の最大宗派グルク派から金剛大阿閻梨

(アジャリ)の称号を授かりました。この称号は弘法大師以来のもので

、活仏(いきぼとけ)に与える最高に栄誉ある称号です。

ドクター・中松は、この受賞を受けて、都内に中松寺(ちゅうしょうじ

)を建立し、創造や頭脳に御利益のあるパワースポットにしたいそうで

す。

2つ目は、ギリシャのテッサロニキ国際映画祭で、主演男優賞(世界一

の発明王賞)を受賞されました。

ドクター・中松は、エジソンの3倍以上の発明を行い、米国では歴史上

最も偉大な発明家として評価されている。全米17州でドクター・中松デ

ーがあるくらいドクター・中松の名前は知れ渡っています。

一方、これだけの栄誉と過去の輝かしい実績がありながら、日本のマス

コミが殆ど報道しないのは不思議な感じがします。

ドクター・中松の最大の発明は、フロッピーディスクです。日本メーカ

ーが関心を示さなかったので、IBMが全ての特許を押さえました。

最近の注目される発明は、ミサイルUターン技術です。北朝鮮からミサ

イルが撃ち込まれた時、そのミサイルを撃ち落とすのではなく、Uター

ンさせて、相手の国に戻してしまうと言うブーメラン効果を狙った発明

です。この発明が完成された暁には、ノーベル賞ものであり、国民栄誉

賞ものです。

本日、2時間半に亘りドクター・中松の、発明から私生活に至るまで拝

見させていただきましたが、ユーモアセンスたっぷりの大天才です。

日本が産んだ大天才を、日本人は誇りを持って、海外にアピールすべき

と考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月25日 (木)

「マーキュリー通信」no.1336【奇人変人の異見-117「郵便貯金を今すぐに引きだそう!」】

民主党政権による農家所得補償制度、子供手当、高校授業料無償化等参

議院選目当ての票欲しさの愚かな政策が続いています。

この路線を突っ走れば、重税国家、そして国債の暴落、ハイパーインフ

レという国家破滅の道を突き進んでいることに民主党政権は気がついて

いないのでしょうか。

更に追い打ちをかけるように、今度はモラトリアム法案を強引に通し、

ネクスト10年不況を引き起こした張本人亀井金融相が郵貯の限度額を

1000万円から2000万円に引き上げると発表しました。

国民から預かった預貯金は190兆円にも上り、その内8割は国債に流れて

います。

国債の暴落=ゆうちょ銀行破綻となることを亀井金融相はご存知なので

しょうか。

知っていなければこういう経済音痴の政治家を金融相という要職に任命

した鳩山首相の見識を問われます。

もし知っていたなら、確信犯であり、国債暴落、そしてゆうちょ銀行破

綻の際は、懲役10年くらいの重罪に該当します。

詳しくは、「ゆうちょ銀行破綻」(経済評論家森木亮著 フォレスト出

版1575円)をご参照下さい。

さて、政府の愚策は今後も続くでしょうから、我々国民の真っ先にとる

手段は、郵便貯金を全額引き出し、タンス預金にしておくことです。
もし、盗難の心配がある方は、大手都銀に分散貯金をしておきます。

今後は、政府によるハイパーインフレによるデノミ、そして新円切り替

えによる預金封鎖等のリスクに備えて置く必要があります。

又、多額の預貯金をお持ちの方は、分散投資をお薦めします。

尚、多額の国債を保有している生保も危険です。国債暴落の時には、破

綻する生保がでてきます。
もし、積立型の生命保険を掛けている方は、即解約して、掛け捨てに切

り替えることをお薦めします。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

小沢一郎幹事長の頭の中は、いかにして次の参院選で勝利するかしかな

いようです。
その為に、田中角栄型利権政治の完成の飽くなき追求に邁進しているよ

うです。
このため、民主党内でも亀裂が出てきたようです。民主党内の良識に期

待しています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月24日 (水)

「マーキュリー通信」no.1335【速読法フォトリーディング学習会】

ベストセラー中の神田昌典著「あなたも今までの10倍速く本が読める」

を昨年11月に購読したのですが、著者の言うとおりには読めません。

本日、同著の実践編「速読法フォトリーディング学習会」に参加しまし

た。

フォトリーディングとは、一般の速読法とは異なります。その名の通り

、各ページを1秒の速さで脳に写真を撮るかのように「撮り」進んでい

きます。

ステップ1から5まであります。

まずはこれから読む書物の目的を明確にします。その目的が読む価値に

値するかどうかを決めます。なければ止めます。

その後にフォトリーディングが始まります。200ページの本なら200秒(

3分20秒)でフォトリーディングが終了です。

その次が、トリガーワードという興味を引く言葉を書き出していきます

最後は、マインドマップの作成です。マインドマップは、トリガーワー

ドのビジュアル化です。

以上の5つのステップで概ね初心者なら1時間程度かかります。慣れてく

るとその時間を短縮できます。
しかし、本書のタイトルのように10倍のスピードで読むことはできませ

ん。神田昌典氏独特のオーバー表現です。

さて、フォトリーディングはオールマイティではありません。マニュア

ル本は、ノウハウ、やり方を学ぶことが主たる目的なので、フォトリー

ディングには向いているとは言えません。感情移入する小説も人によっ

ては普通の読み方をするそうです。

フォトリーディング専用のセミナーもあるそうです。受講者の話を聞く

と、セミナー代金12万円の元を取ろうとセミナー受講後1ヶ月はがんば

るそうです。しかし、その後忙しさにかまけて、フォトリーディングを

だんだんとしなくなり、上記5ステップの習慣化の前に挫折してしまう

そうです。

フォトリーディングセミナーを受講するかどうかは、その人の明確の目

的と活用が重要と理解しました。
私の場合、まず自分で本書に従い、フォトリーディングを試してみて、

独学の限界を感じ、明確な目的が確立したらチャレンジしようと思いま

す。

私の目的は、年間1000冊の書籍を読むことです。現在年間120冊程度な

ので、その10倍近くを読めば、更に自分の知識量が増え、人生をエンジ

ョイできると思っています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年3月22日 (月)

「マーキュリー通信」no.1333【衝撃の書 第2弾「松下幸之助 日本を叱る」】

3月13日付「マーキュリー通信」no.1326衝撃の書「龍馬降臨 日本再生

ビジョンを熱く語る!」で、その衝撃の内容の一端を皆様にご紹介した

ところ、大きな反響を頂きました。

本日は、衝撃の書 第2弾「松下幸之助 日本を叱る」をご紹介致しま

す。

日本人なら誰でも知っている幸之助翁が幸福の科学グループ大川隆法総

裁の言葉を借りて、語り始めました。

質問者は、元松下電器の社員と、元松下政経塾塾生です。

私はその公開録画をビデオで拝見しましたが、まさに衝撃の一言です。

大川隆法総裁の顔や、話口調、物腰・態度が幸之助翁に似てきました。

幸之助翁は、「不況期における国家と企業の経営のあり方」に関して、

民主党政権は、投資と経費の区別ができていないと批判します。

ダムや空港、新幹線に使う税金は投資であり、将来のリターンが期待で

きるので、税金を投入すべきです。

一方、運転資金的なもの、例えば子供手当や老人福祉等は後で返って来

ないものだから、これは経費。こういうところに税金を使うべきでない

と説く。だめな教育、高校教育の無償化は単なる税金のムダ使いと喝破

する。

更に具体論では、託児所を設けた企業の税金は安くすべしとか、通勤の

最寄りの駅に託児所を作り、女性が働きやすい環境を整えることを提案

しています。

尚、鳩山首相の友愛政治は、幸之助翁には社会主義政治に映っているよ

うです。

本書には、霊界の幸之助翁から直接語られた熱いメッセージであり、不

況にあえぐ経営者に貴重なヒントが満載してありますので、ご一読をお

薦めします。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

「マーキュリー通信」読者に、日頃のご愛読、ご支援に感謝し、先着5

名様に本書をプレゼントさせていただきます。
ご応募をお待ちしています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年3月21日 (日)

「マーキュリー通信」no.1332【龍馬の如く生きる-9「素直な気持ちでいると世の中の流れがよく見え、先見力が身につく」】

龍馬は当初尊王攘夷派でした。

尊王攘夷派から見て危険人物視されていた勝海舟を殺しに行こうとしま

した。しかし、勝海舟から世界地図を見せられ、日本国は、世界の中の

小さな島国だと説明を受け、尊王攘夷が危険な思想だと認識しました。

藩に所属する人間の意識しなかった当時、日本人を意識して龍馬は行動

しました。

さて、民主党政権に任せてみたものの、ビジョンも戦略もない票目当て

のばらまき政治、単なる大衆迎合政治であることに多くの国民が気づき

始め、鳩山内閣の支持率は急降下中です。

一方で、現在の民主党政権は極めて危険な政治を行っていることに気づ

いている日本国民はまだ少ないようです。

鳩山首相が就任してから日米関係はぎくしゃくしてきました。

非核3原則がもし法制化されたら、米国の核の傘にない日本に中国、北

朝鮮が容易に侵略しやすくなります。

もし、沖縄から米軍基地が出て行ったら、中国、北朝鮮は大歓迎です。

現代の尊王攘夷思想は、日本は唯一の被爆国なのだから、非核3原則を

世界にアピールし、近隣諸国を信頼し、他国は一切攻めてこない、これ

を唱える平和主義です。

これは日本だけの勝手な思い込みで、中国、北朝鮮にとっては、極めて

都合の良い思想です。日本の仮想敵国は未だにソ連というお粗末ぶりで

す。

もしも龍馬が現代に生きていたら、国防力の強化をして、軍事的脅威を

増している中国、北朝鮮から日本を守るべしと声を大にして主張するは

ずです。

龍馬は平和主義者です。日本が戦禍に見舞われないように、海軍力の強

化の必要性を認識し、勝海舟の手足となって国防強化の為に八面六臂の

活躍をしました。

当時、龍馬が危機意識を強く持ったように、日本を中国、北朝鮮の侵略

から守るために、国防を強化することこそが、失業対策と同時に最重要

課題であることに早く日本国民が気づいてほしいのです。

鳩山邦夫氏が龍馬の縁戚と言って脱党しましたが、確固たるビジョンも

ないご都合主義の鳩山邦夫氏を龍馬が見たら、「甘い甘い、あんたみた

いな風見鶏的な政治家じゃあ、日本国は救えんぞ」と一括することでし

ょう。

本日の「龍馬伝」では、龍馬は長州藩の吉田松陰第一の門下生久坂 玄

瑞に尊王攘夷の意味を教えてもらいに土佐から萩まで出かけます。年下

の久坂玄瑞に頭を下げて教えを請う龍馬の真摯な態度、真剣さに脱帽で

す。

久坂 玄瑞から、米国は武力で侵略するのではなく、米国に有利な交易

条件で、日本の金をどんどんだまし取られている現実を知ります。それ

が国力を弱めることだと龍馬は初めて理解します。

小泉政権下では、米国は米国の国益のために飽くなき追求をし、その影

響が日本の政治経済社会制度に大きな影響を与えています。

一方、中国の国家戦略は、強大な軍事力をバックに、今後尖閣諸島を始

め、台湾、沖縄を占領し、更には日本列島をも中国自治区に治めていく

ことだと早く気づくべきです。

この国家の危機に早く気づき、その侵略行為に対する対策を戦略的に打

つことが国家の最重要課題なのですが、先見力が欠如している民主党政

権に期待するのは酷なようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月18日 (木)

【私のヒューマンネットワーキング-12「縁を大切にし、縁を活かすことの大切さ」】

第2回龍馬起業塾では、何の連絡もなくキャンセルした人が数名いまし
た。

人生は、小さな縁の積み重ねの上に成り立っています。
縁を大切にし、縁を活かさない人は、その縁にすら気づかず、人生を過
ごすことになります。

私の現在の仕事も小さな縁の延長線上にあります。
宝くじの1等賞に当たるような確率の縁もたくさんあります。

私の人生は非常に幸運の人生だったといえます。
しかし、一方で縁を大切にしてきたから、
あちこちでたくさんの縁が花開いたのではないかともいえます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月17日 (水)

「マーキュリー通信」no.1330【もしも龍馬がベンチャー起業家だったら-9「龍馬の考える人生の敗北とは?」】

龍馬曰く、「人生は何度失敗しても終わらん、・・・諦めた時に終わる」

龍馬は、「日本を生まれ変わらせる」という夢に向かって、チャレンジ

し続けました。

だから
多くの協力者が現れ、江戸無血開城という偉業を達成しました。

ベンチャー起業家の皆さんも同じです。
あなたのゆめに向かって、チャレンジし続けて下さい。
途中失敗しても、それを肥やしにして、成長していって下さい。

還暦の私ですら、昨年失敗をしました。
しかし、そこから大きな学びがありました。
チャレンジしなければ失敗はありません。

しかし、それは「生きている証にならん!」と龍馬は断言します。
今は平成維新の時代、「日本を生まれ変わらせる」為に、
共にがんばりましょう!

次回のテーマは、「龍馬の考える本気とは?」です。
ご期待下さい(*^^*)

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

鳩山邦夫代議士が龍馬の気持ちになって脱党した決意を語りましたが、

龍馬が聞いていたら怒りますよ。

龍馬と鳩山邦夫代議士との最大の違いは「純粋」に国を思う心です。私

心なきところです。鳩山邦夫代議士が本当に国のことを思っていたら、

昨年の自民党総裁選挙で立候補し、自らの抱負を語るべきでした。

そして、総裁選に負けたなら、「谷垣さんでは自民党は沈没するだけ」

と、その時点で脱党すべきでした。それなら、まだ国民の支持が集まっ

ていたかもしれません。

私は、その時点で、今日の民主党のお粗末ぶりと、自民党のていたらく

ぶりを予測してブログでも書きました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月16日 (火)

「マーキュリー通信」no.1329【今年の巨人軍を占う】

本日巨人阪神戦のオープン戦を東京ドームで観戦しました。オープン戦

なので7割くらいの入りでした。

今年の巨人は、攻撃面では高橋由伸の復活、即戦力新人長野外野手、そ

して将来のクリーンアップ候補の中井、太田の成長等更に攻撃力がアッ

プしたので、昨年以上に期待が持てそうです。

一方投手陣は、昨年の10勝投手高橋尚成の穴を埋めるために、リリーフ

エース山口鉄也を先発に転向させました。

これが吉と出るか凶と出るかですが、本日は凶と出ました。

投手陣の層も厚いのですが、10勝は確実というのは2~3名程度なので、

後はふたを開けてみないと分かりません。

従って、山口の先発転向で先発、中継ぎ、抑えのリズムが作れるかどう

かどうかにかかっていると思います。

このリズムが作れないと、意外ともたつく可能性もあります。

リズムが作れれば、昨年同様ぶっちぎりの優勝、作れなければ接戦の末

、辛うじて優勝になるのではないかと見ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月15日 (月)

「マーキュリー通信」no.1328【奇人変人の異見-116「核兵器搭載密約を表面化を機に、国防問題を真剣に考えてみる」】

核兵器搭載の疑いがある米艦船の寄港・通過が問題となっています。
そして、密約の廃棄と非核3原則の法制化を求める声が出ています。

この事実は公然の秘密であり、蜂の巣を突っついたような騒ぎになって

いません。

しかし、佐藤内閣当時の1970年前後にもし核兵器搭載の事実が発覚した

ら、恐らく大問題となり、マスコミと野党の集中砲火を浴び、日米安保

条約の廃棄にも繋がっていたかもしれません。

従って、この密約は今となっては高度の政治判断と評価すべきです。

もし、密約の廃棄と非核3原則の法制化を実行したらどうなるでしょう

当然、日米軍事同盟に亀裂が入り、日本の安全保障に重大な支障を来し

ます。

そして、一番喜ぶのは中国や北朝鮮です。米国の核の傘にない日本への

侵略は容易になり、領海侵犯等を通じ、積極的に侵略を開始することと

なります。下手すればミサイルを撃ち込まれるリスクも出てきます。

1970年の安保改訂の頃は、高度経済成長のひずみが出て、日本は社会主

義国家を目指すべきとの世論も強く興ってきた時代でした。

しかし、その後ソ連崩壊を始めとし、社会主義の幻想は崩壊しました。

一方で、1970年頃は後進国だった中国は今やGDPで日本を抜き去ろうと

しています。それに並行し軍事力は格段に強くなり、中国の軍事的脅威

は極めて現実的なものとなってきました。

マスコミは、核廃絶一辺倒でなく、これを機に、日本の安全保障体制を

どうすべきか様々な意見を紹介し、戦わすべきです。

既に、日本を守る最善策は核兵器保有との意見も最近はかなり出てきま

した。唯一の被爆国である日本だけが、核兵器保有を堂々と主張できる

権利があると主張する専門家もいます。

参考書籍として、平松茂雄著「日本核武装入門」(飛鳥新社1500円)が

お薦めです。平松氏は、中国の政治、軍事評論家の第一人者の方で、今

年74歳になります。マンガなので、難しいテーマをわかりやすく理解で

きます。本書は、ジャーナリストの櫻井よしこ氏も推薦しています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年3月14日 (日)

「マーキュリー通信」no.1327【龍馬の如く生きる-8「世の中の出来事をスポンジが水を吸うが如く吸収する」】

龍馬が短期間にあれだけ急成長できたのは、世の中の出来事をスポンジ

が水を吸うが如くどん欲に吸収していったからです。

昨日の「マーキュリー通信」【衝撃の書「龍馬降臨 日本再生ビジョン

を熱く語る!」】をご覧になってどのように感じましたか?

「そんなバカなことなどあるはずがない」と一笑に付した方は、固まっ

たスポンジのようで新しい事は入ってこない状態といえます。

世界は激変しています。あなたの知らない世界、事実は無数に存在して

います。

「知らない世界」をどん欲に吸収しよう思えば、年齢に関係なく、成長

できます。

現在還暦の私のところに、公私に関係なく次から次へと新しい仕事や相

談事がやってきます。それらを少年のような純粋な気持ちで吸収しよう

としています。学ぶことは無数にあります。

だからまだまだ成長している喜びを感じています。

福澤諭吉は50を過ぎてからこれからは英語の時代と先読みして、英語を

学んだそうです。当時の50歳と言えば、現在の70歳以上です。

その意味では私などまだハナタレ小僧の年代です。

「世の中の出来事をスポンジが水を吸うが如く吸収する」、この気持ち

をいつも持ち続ければ、いつも心は青春状態でいられます。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

本日の「龍馬伝」からも学びがありました。龍馬の才能を認めた土佐藩

参与吉田東洋は下士の龍馬に異例の出仕を命じる。普通の人物なら異例

の出世と喜々として受け入れる。

一方で下士の頭領武智半平太は打倒吉田東洋を目指し、土佐勤王党の旗

揚げをする。龍馬に是非参加するよう呼びかける。

龍馬は板挟み会い、結局脱藩することになる。

「世の中の出来事をスポンジが水を吸うが如く吸収する」龍馬だからこ

そ、どちらに与しても、スポンジが固まってしまうと本能的に判断した

ことだと思います。

来週以降龍馬の才能が大きく開花していきます。益々「龍馬伝」から目

が離せません(*^^*)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月13日 (土)

「マーキュリー通信」no.1326【衝撃の書「龍馬降臨 日本再生ビジョンを熱く語る!」】

最近読んだ本で一番衝撃を受けたのは「龍馬降臨 日本再生ビジョン」

です。

龍馬は私が歴史上最も好きな偉人です。ダントツのトップで好きです。

その龍馬が幸福の科学グループ大川隆法総裁の口を通じ、「日本再生ビ

ジョン」を熱く語り始めました。

私はその公開録画をビデオで拝見しましたが、まさに衝撃のひと言です

。驚天動地の世界です。大川隆法総裁が、龍馬の物腰・態度に変身し、

言葉も土佐弁口調に突如変わりました。

圧巻は龍馬の暗殺場面を克明に語るところです。これは龍馬本人でなけ

れば決して語れません。

龍馬は、「日本をもう1度洗濯いたしたく候」と生前も熱く語っていま

した。

民主党政権は、マスコミのシナリオ通り誕生しました。そうすればニュース

になり、儲かるからと龍馬は見抜いています。

但し、民主党政権は、田中角栄の金権政治に昔帰りしただけで、革命で

も何でもない。江戸城の無血開城と同じにしてもらったら迷惑千万と言

っています。

そして、小沢一郎の思いは、単に全体主義国家の独裁者になりたいだけ

とその思いを龍馬は見抜いています。

鳩山首相や小沢一郎がどんなきれい事をいっても、霊界の人間にはその

腹の底など直ぐに見抜かれてしまいます。

龍馬は、日本を根本から作り直すためには、「国家再生法」をつくり、

ゼロベースで見直し、機動的な政府を提唱しています。

それでは今なぜ龍馬が出現したのか?

龍馬は「時代の境目、新しい国造り、建国の時に地上に出ている。それ

が己の役割」と熱く語りかけます。

龍馬は、「新しい理想国家日本の国造りの為に、獅子奮迅のがんばりを

している幸福実現党を応援している。この政党は、大衆に迎合せず、真

に日本の国益の為に動いている。その思いは幕末の龍馬の思いに通じる

。だから、この度、幸福実現党の応援団長になった」と語ります。

一般の人から見ると信じがたいことでしょう。

しかし、事実は事実、「日本をもう1度洗濯いたしたく候」為に、

龍馬は「幸福実現党を心底応援する」と語っています。

龍馬の熱き思いは、龍馬の言葉で熱く語られていますので、詳しくは本

書をお読み下さい。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

この衝撃の書を「マーキュリー通信」の愛読者先着5名様にプレゼント

させていただきます。

皆様もこの衝撃を体感して下さい。そして、日本を良くしていく為に、

一緒に立ち上がりませんか。

「元気で活力ある明るい日本を創る!」為に。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月11日 (木)

「マーキュリー通信」no.1325【もしも龍馬がベンチャー起業家だったら-8「龍馬の考える人生とは?」】

龍馬は、
「自分のやりたいことをやらなかったらいったいそれは誰の人生なんじゃ!」と訴えます。

感動を呼ばない人生なんて、
本当の自分でなくて、周囲の目が作り上げた「偽りの人生」と訴えます。

だから、
ベンチャー起業家の皆さんは、自分のやりたいことをやるから、
感動を呼ぶ人生だといえます。
それは自分が作り上げた本当の人生なのです。

1度しかない人生、龍馬の提唱する感動を呼ぶ人生を生きましょう!

次回のテーマは、「龍馬の考える人生の敗北とは?」です。
ご期待下さい(*^^*)

★本シリーズ「もしも龍馬がベンチャー起業家だったら」は
茶谷社長のベストセラー書「龍馬の如く」を参考に書いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月10日 (水)

「マーキュリー通信」no.1324 【私のヒューマンネットワーキング-11「人脈力アップは地道な努力による一歩一歩の積み重ね」】

「人脈力アップは地道な努力による一歩一歩の積み重ね」

私は異業種交流会に誘われよく参加します。

先週は2つの異業種交流会に参加しました。

JEA(Japan Entrenuer Assocition)主催のOKWave兼元社長講演会と、
ドリームゲイト主催のDeNA南場智子社長講演会でした。

講演会の後は名刺交換会です。

私は、本日お会いできたお礼の言葉も添えて、
当日講演会の内容をメルマガで名刺交換した人に送ります。
その時に、メールアドレスをメーリングリストに登録しておきます。


異業種交流会の目的は人脈拡大です。

しかし、名刺交換後にメール等で挨拶を送る人は殆どいません。
又、こちらから上記メールを送っても

返事が返ってくる人も半分以下です。しょぼん
尚、昨日は兼元社長から手書きの礼状が届きました。ニコニコ

メーリングリストに登録した人には、
私のメルマガ「マーキュリー通信」か
「起業革命コンサルタントのメルマガ」のどちらかに登録しておきます。
メルマガが不要な人には、メルマガ削除機能もついています。

私はオレンジメールを使ってメルマガを発信していますが、
最大2000件まで登録しておきます。
反応の悪い人は定期的に削除しています。

こうやって長年かけてメルマガのファン層を作りをしています。
その中から、各種ビジネスへと発展していきます。
入れ替わり立ち替わり多数の人から様々なビジネスが持ち込まれます。


地道な努力の上に、人脈は気づかれていきます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年3月 9日 (火)

「マーキュリー通信」no.1323【ワンポイントアップの経営術-49「会社倒産の時の引き際でその経営者の器が分かる」】

本日、M社の経営破綻に伴う株主説明会にマーキュリー物産も株主とし

て参加しました。

代理店弁護士が開口一番「債務超過の会社は株主の利益より債権者の利

益が優先される。株主のための説明会を実施するのは初めてのこと」と

説明した。そこにはT社長の姿はなかった。

株主の気持ちを理解できず、感情を逆撫でする説明に、株主より「社長

のTを出せ!」との怒号が飛び交う。

弁護士はこの挑発に怒り、「それなら本会議はお開きにする」と開き直

る。

私が間を取り持ち、「株主の知りたいことは、なぜ臨時株主総会を開か

ず、一方的に倒産を決意したのか、経緯を株主に説明してほしい」と質

問しました。

しかし、残念ながら弁護士は通り一辺倒の説明しかできず、株主は弁護

士に呆れると同時に、T社長に対する怒りに変わっていった。

M社が経営破綻しているのは株主は理解していました。

しかし、14億円も出資している株主に対し、最後は臨時株主総会を開き

、株主が納得のいく形で説明をするのが経営者としての責務といえます

。そうすれば、たとえ会社を倒産させても、T社長に対し、今後応援し

ていこうという気持ちも湧いてきます。

しかし、こういう形で最後逃げてしまうと、株主は皆引いてしまいます

。こんな株主説明会なら不要でした。今夜はみぞれが降り、冷たい冬の

陽気に逆戻りでしたが、株主にとっては辛い説明会でした。

経営者として最後のけじめの取り方によって、どの程度の器かが分かっ

てしまいます。所詮、T社長は技術者としては優秀だったけれど、社長

としては不適格だったわけです。

私もT社長のことをよく知っているだけに、こんな形の引き際で終わっ

たことが残念でした。

本日は、3月9日サンキューの日でしたが、私にとってはノーサンキュー

の日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「マーキュリー通信」no.1322【本日はサンキューの日】

本日は3月9日、サンキューの日です。

インターネット上でもこの日を感謝の日にしようという動きが盛んにな
っているようですね。

暗い世相ですが、些細なことでも結構ですから、お互いの良いところを

見つけて感謝すれば、世の中明るくなっていきます。
職場でも、家庭でも、人間関係は良くなっていきます。

本日は、皆で「サンキュー、ありがとう」を連発して、

職場や家庭を明るく、活気づけましょうね♪d(⌒〇⌒)b♪

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

★ドクター中松凱旋試写会のご案内

※私も参加しますので、一緒に楽しみませんか?

UPLINK劇場のオーナーが、デンマーク映画祭でドクター・中松映画を観

て感激!

そこで、UPLINK劇場で凱旋試写会をすることになりました。

受賞記録等秘蔵映像満載のスペシャル企画です。中松義郎博士は、ギリ

シャでドクター・中松ドキュメンタリ映画初放映に出席され、ギリシャ

の文化大臣から賞を受賞され帰国後のホットな試写会です。

お話も盛り沢山な事と・・・皆様お誘い合わせてご参加下さい。

日 時: 平成22年3月25日 (木) 19:30~   

会 場: UPLINK(アップリンク)映画劇場 

      渋谷区宇多川町37-18  トツネビル1階

会 費: 5000円  軽食付き・ドリンク代別 】

プログラム:19:00 受付開始 会場Tabera モロッコレストラン

                     (電話:03-6825-5501)

      19:30 祝賀パーティー

       21:00 凱旋試写会

★ 会費はお振込でお願いいたします。

振込先 : みずほ銀行 赤坂支店 普通 1739732 中松義郎博士

の会

      (会場案内)  地図をご希望の方はご連絡ください。

JR・東急東横線・井の頭線 東京メトロ・半蔵門線・銀座線・副都心線

下車:渋谷駅徒歩8分、東急本店奥。東急本店通りをまっすぐ進み、

VELOCEを越えて更に直進。1つ目の交差点角にあります。

ご連絡お待ちしております。 中松義郎博士の会 事務局元気で活力ある明るい日本を創る!
世界最小の総合商社
(有)マーキュリー物産 社長
起業革命コンサルタント
龍馬起業塾塾長 菅谷信雄

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 7日 (日)

「マーキュリー通信」no.1321」【龍馬の如く生きる-7「大きな出っ張りを作る」】

私の所に定年退職の挨拶状が時々届きます。

その時に、「過去数十年大過なく・・・」との記載をよく見かけます。

この言葉は日本人のサラリーマンの心情を良く表しています。

しかし、外国人がこの表現を見たら奇異に受け止めるのではないでしょ

うか。この人はよほど能力がなかったのかと思うかもしれません。

この「大過なく」という言葉が日本を元気なくさせている1つではない

でしょうか。

私の場合、「大過なく」とは逆の人生を生きてきました。

他人と違った人生を歩みながら、荒削りな若者から、金平糖の出っ張り

のようにその出っ張りを大きく伸ばしてきました。

ビジネスマン人生で一番大きな出っ張りを作ったのは、テレマーケティ

ングの新会社もしもしホットラインをゼロから立ち上げ、営業担当の役

員として出向し、同社の創業期の経営の基盤固めに携わったことです。

当時子会社に出向することは、三井物産の社内では出世から外れること

を意味していました。

それなら子会社の立ち上げを成功させ、出向者も出世できるという前例

を作ろうと決意しました。

株式会社もしもしホットラインは東証1部に上場し、現在従業員数25千

人(含む子会社)の大企業となりました。同社が上場した時の上場益は

500億円にもなり、三井物産に貢献しました。

株式会社もしもしホットラインの大成功で、三井物産内で企業内ベンチ

ャー起業家のうねりを創ることができたものと自負しています。

私にとって、人生最大の出っ張りと言えば、省資源の日本に貢献する為

には、貿易商社に入ろうと高校2年の時に決意しました。

その為の最適な手段として一橋大学商学部を選びました。

当時、実家の伯父のコネで調布市役所に勤める道もありましたが、自分

には向かないと断りました。

もし伯父の薦めで調布市役所に勤務していたら大過なく人生を過ごして

いたかもしれず、私にとって最大の悔いとなっていたかもしれません。

その意味で、この決断は私にとり「大過の改心」といえます(*^^*)

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

本日の「龍馬伝」は、龍馬が初恋の加尾と結婚の契りを交わした直後、

武智半平太の命令で引き裂かれるという悲しい場面でした。

この悲しい別れに対し、自分のことのように涙が止めどもなく流れ出て

きました(;-;)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 6日 (土)

「マーキュリー通信」no.1320【第2回龍馬起業塾開催】

Dsc00459

本日、第2回龍馬起業塾を実施しました。

第2回龍馬起業塾からいよいよ実戦編です。
実戦という文字に注目下さい。実践ではなく、実戦です。
営業の現場は、日々戦いです。

龍馬起業塾の特長は、いかにして売上を上げていくか、
それを実戦セミナーを通じ、体得していくかです。
その為に、今回からは、講師からの一方的なレクチャーではなく、
塾生参加型の実戦セミナーです。

その第1回目のテーマは、
「顧客獲得体感セミナーPart1」でした。

Part1では、いかに売れる商品を作るかという
商品コンセプト作りです。
これを明確にしない限り、商品は売れません。

本日の実戦セミナーでは、その商品コンセプト作りに時間をかけました。

商品コンセプトとは何か?

商品コンセプト=「顧客ベネフィット」+USPです。
この方程式は、大企業でも個人事業主でも同じです。

さて、商品コンセプトの2大要素のその1、「顧客ベネフィット」とは
何か?

「顧客ベネフィット」とは、お客様がその商品に期待するメリット、便益です。

「顧客ベネフィット」は、年代、性別、職業等によって異なります。

例えば、携帯電話の場合、私は電話さえかけられれば良いわけです。

一方、若い世代にとっては、携帯メール、インターネットの活用、
インターネットショッピング等活用範囲は広いです。

携帯電話という商品1つとっても、「顧客ベネフィット」は異なるわけ
です。

従って、ベンチャー起業家にとって、まずターゲットを絞り込むことが
最重要です。

絞ったら、その次にそのターゲットに対し、USPを発揮していくことで
す。

USP=Unique Selling Propositionの略であり、
他社にない、あなた独自のお客様に提案できる強みです。

USPとは、お客様がその商品に対する不平不満、不安から生まれます。
不平不満、不安は、その商品に満足していないから出てくるわけです。

だから、その不平不満、不安を解消することがあなたのUSPとなるわけ
です。

例えば、今話題のiPhoneは営業が先行していて、
お客様の不満に耳を傾けていません。
私みたいに宝の持ち腐れのユーザーも多数いるわけです。

このユーザーの不満を解決するために、
安価のセミナーを行えば、
iPhoneに対する不満を解消し、
iPhoneファンを拡大できるわけです。

本日の実戦セミナーでは、
あなたの自身が気がついていないUSPを
グループディスカッションを通じ、発見することです。

これが本日の実戦セミナーの一番肝の部分です。

本日の実戦セミナーの目的は、
あなた自身の商品コンセプトを明確にすることでした。

次回の龍馬起業塾のテーマは、
本日明確になった商品コンセプトを基に、
どうしたら売れるかということを
ディスカッションを通じ、具体的に明確にていくことです。

つまり次回龍馬起業塾のテーマは、
「顧客獲得体感セミナーPart2」となります。

4月10日(土)13時~17時
場所:今回と同じ東池袋あうるすぽっと
参加費:3千円
定員:30名

皆様からの積極的なご参加をおまちしています。早いもの順です。

Dsc00460

Dsc00462

※龍馬起業塾塾生には、1時間の無料コンサルティングを実施していま
す。

実施日:3月19日(金)18~22時の各1時間
場所:前回と同じ東池袋椿屋珈琲店

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

本日も参加申込みしたにも関わらず、何も連絡なく欠席した人が数名い
ました。
主催者は参加者の資料を準備しているわけで、
主催者に対する気遣いのない方はビジネスで成功できません。

又、縁を大切にしない人は、良い人脈ができません。
あなたの周りにはそういう気遣いもなく、人脈を大切にしない人の集ま
りができてきます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 4日 (木)

「マーキュリー通信」no.1319【ドリームゲイト主催大挑戦社祭で株式会社DeNA南場智子社長が大いに語る「起業のすすめ」】

世界有数の経営コンサルタント会社マッキンゼーで女性トップにまで上

り詰めた南場智子さんがエリートコースの道を捨て、ベンチャー起業家

の道を歩み始めたのが1999年のことでした。

その勇気にまず拍手喝采です。

ビッダーズというインターネットオークションを立ち上げ、事業計画で

は初年度から黒字の計画でした。

しかし、開業4年間は赤字でした。南場さんはここでコンサルタントと

ベンチャー起業家との違いを嫌というほど思い知らされます。

コンサルタントと起業家の最大の違いはアドバイザーと意思決定者です

。責任も全く違います。

開業して4年間の間にライバルであるヤフオクにどんどん差を付けられ

ていき、長く暗いトンネルから抜け出せない焦りを感じます。

そこで、創業5年目にショッピングモールを立ち上げることを考えるが

、株主からなぜ楽天という巨人を相手に戦わなければならないのかと反

対されました。

しかし、南場さんは敢えてこの困難にチャレンジし、見事成功、創業5

年目の2003年に初めて単年度黒字を達成しました。

その後、DeNAが大きく羽ばたいたきっかけは、翌年の2004年に誰も進出

していなかった携帯オークションの事業展開でした。

ここからDeNAの快進撃が始まります。そしてあれよあれよという間にマ

ザースに上場し、2007年には東証第1部に昇格し、南場さんは大成功し

たベンチャー起業家の仲間入りをしました。

しかし、2008年には成長軌道にかげりが見えてきたことを感じ始めます

。同社の急成長に社内体制が追いついていないことに気づき、昨年は組

織も含め大改革を実行しました。その結果、再び成長軌道を歩み始めま

した。

南場さんは、日本人は優秀なはずなのになぜ日本ではベンチャー起業家

が多く輩出しないのだろうかと疑問に思っていました。

第1に米国では、ベンチャー起業家が一番尊敬されるというお国柄だが

、日本ではベンチャー起業家がまだまだ尊敬されるという土壌にない。

第2に、米国では、ベンチャー起業家のリスクは事業に限定されている

。しかし、日本では個人保証を要求され、失敗したら身ぐるみ持って行

かれてしまい、リスクが会社だけでなく、個人の生活にまで及んでしま

う。そして、敗者復活という考え方が少ない。

又、ベンチャー起業家に対する融資も厳しい。米国では、ベンチャー起

業家に対する融資が盛んだ。ただ、確立された企業と比べリスクが高い

ので、その分金利が高いだけだ。

第3に、米国では多国籍的な考え方をする。その事業をどこでやるのが

ベストなのかを、米国の中だけで考えない。新興国でやることがベター

なら、その国のアドバイザーが協力する。こういう風土は日本にはない。

第4に、ベンチャーキャピタルがベンチャー起業家に、一定期間内に上

場を義務づけたりする。もし、それが実現できない場合には、株式の買

い戻し条件がつくことがある。DeNAの場合、幸いその条件がつかなった

が、もしついていたら、今頃身ぐるみはがれ、現在のDeNAはなかったこ

とでしょう。

現在、DeNAはモバイルで世界制覇を目指している。これまでは海外の携

帯端末の市場は細分化しすぎていて、言語文化風俗習慣の違いからずっ

と失敗してきた。

しかし、それを打ち破ったのがiPhoneの登場です。これによりiPhone市

場を目指して、様々なコンテンツを提供できるチャンスが訪れた。意外

と、日本で流行ったものが、米国でも流行ることに気づいた。
例えば、アバターの着せ替えや携帯小説なども、米国でも人気がある。

今、DeNAにはこれまで培ったモバイルに関するノウハウが更に大きく花

開く時に来たようです。

そして、2010年が第2の発展期といえそうです。今後、DeNAの成長に目

が離せないといえます。

こういうベンチャー起業により元気のない是非日本を明るくしてほしいものです。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

本日の南場社長の講演を聞いて、いかに民主党政権の予算配分が間違っ

ているか、そしてベンチャー起業家が日本を元気にしていくのだという

感覚も感性も欠如していることを痛感しました。

子供手当や高校授業料の無料化をしても、日本の発展繁栄は殆ど期待で

きません。

もし、この予算をベンチャー起業家向けに配分していたら、日本はもっ

と元気になります。

これが我が国の成長戦略の1つであることを認識してほしいのですが、

社会主義者で経済音痴の財務大臣カンジアンには残念ながらとうてい理

解できないでしょうね (ーー;)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年3月 3日 (水)

「マーキュリー通信」no.1318【JEA起業家カレッジ開講記念株式会社OKWave兼元謙任社長講演を聞いて】

兼元社長は、ホームレスのどん底まで落ち込み、そこから這い上がり、

OKWaveを上場させたど根性社長です。

その原点がどこにあるかが興味深かったです。

子供時代、名古屋に住んでいた頃のことです。

兼元さんは在日朝鮮人3世です。

母親が役所で指紋捺印を強制され抵抗していたところを、小学校の友人

が見ていました。

それ以来友達から「朝鮮人、朝鮮人」とさげすまれ、差別され始めまし

た。「おまえは朝鮮人なんだから便所のうんこをなめろ!」と言って、

うんこをなめさせられました。この屈辱を兼元少年は一生忘れません。

その時の屈辱から、ノイローゼとなり、自分を産んだ親を恨みました。

そして、原因不明の筋萎縮性側索硬化症となり、車いす生活となりまし

た。

ある時、占い師の女性から、「あんたの前半生は運が悪いが、後半生は

運が良くなるよ」と言われ、そこから「悔やんでいても仕方がない」と

人生に対する見方が変わり、リハビリをしながら、立ち上がることがで

きました。

OKWaveとは、皆様の教えて(O)と、答える(K)を世界に波(WAVE)のよ

うに広げていくことから、社名をOKWAVEとしました。

FAQの分野は未開拓の分野でした。この分野ではトップシェアの33.5%を

誇ります。

楽天の三木谷社長から認められ、出資していただいたのが、運命の好転

のきっかけとなりました。

しかし、立ち上げの3年間は赤字の連続でした。その時、三木谷社長か

ら、「そんな赤字の会社なら、いっそやめてしまえ」と突き放されまし

た。

この時、三木谷社長は、兼元社長の反応を見ていたようです。事業を簡

単に諦めるような男なら、自分の見込み違いだった。しかし、兼元社長

は、三木谷社長の諫言にめげず、どん底から這い上がってきました。

そして、会社は成長軌道を描き始めました。
「グーグルを超える日」という本を出版したら、米国マイクロソフト社

に注目され、出資してくれました。

なぜ、OKWaveが急成長できたのか。それはコンテンツにあるのではない

か。

企業のカスタマーセンターの業務は、できるだけ多数のお客様からの問

い合わせに、できるだけ満足のいく形で効率よく対応していくという二

律背反と向き合っている。

一方、OKWaveの役割は、サイトの質問者に対し、善意の個人が、できる

だけ丁寧に答えている。そこにはコストパフォーマンスという考え方が

ない。この丁寧さが受けているのではないか。

兼元社長の夢は大きく、世界100カ国にOKWaveの波を広げていくことで

す。まだ大言壮語と言われそうですが、夢は大きく持つことが肝要。そ

れがいつか叶うことになる。
まだ43歳と若い兼元社長のことだから、そう遠くない時期に達成してい

ることでしょう。

因みにOKWaveの社員採用方針は、OKWaveが好きであること、OKWaveと一

緒に人生を歩んでいきたいと真剣に思っている人だそうです。
こういう考え方の社長の所には、きっとそういう人材がどんどん集まり

、会社の成長の原動力となっていくことでしょう。

最近、Freeという本がベストセラー書となり、無料からは入り、いかに

ビジネスチャンスに繋げていくかが注目されています。

こういう発想は、私の年代にはなかったので、Freeの発想を取り入れ、

企業を発展させていった兼元社長の慧眼には大いに学ばせていただきま

した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 2日 (火)

「マーキュリー通信」no.1317【奇人変人の異見-115「消費税に頼らない豊かな国ニッポンへの道」】

菅財務大臣が消費税の見直し論議を打ち上げました。

しかし、消費税を上げたらどうなるでしょう?

年金生活者が年々増加していく中で、年金受給者は消費税アップ分が即

ち可処分所得の減少となります。

消費税は逆累進課税となり、高齢者を直撃し、更に消費は減退し、デフ

レの負のスパイラルとなります。

又、消費税を上げても、アップ分は消費の落ち込みとなり、消費税も減

少することが、過去の実績から分かっています。上の理屈からも簡単に

分かることです。

更に民主党の経済実態を知らない経済音痴の政策が景気を更に悪化させ

ていきます。

それではどうしたらよいのでしょうか?

消費税は上げないことです。寧ろ撤廃すべきです。

現在消費税額は年間10兆円です。これを漸減させ、最終的にはゼロにし

ていくのです。

その税源はどうすべきでしょうか?

その1つは、課税思想を根本から変えることです。所得に対して課税し

、消費に対しては酒、タバコ、ガソリン等の例外を除き原則課税しない

のです。その代わりどんな低所得者にも5%程度の税金は一律課税しま

す。

2つ目は、個人の金融資産1400兆円を徹底的に使わせる仕組みを考える

のです。毎年1割の140兆円が消費に回っただけで、消費税廃止の税金く

らいカバーできます。

現在不足している保育園、老人ホームに、個人の金融資産を使った場合

、相続税を免除し、所得控除を認めます。マイホームの耐震補強も然り

です。こうすれば個人の金融資産が消費の方向にどんどん向かいます。

国の借金が1000兆円となり、数年先にはハイパーインフレが到来するこ

とが巷間ささやかれています。

ハイパーインフレで喜ぶ人は、1000兆円の借金苦の国と、将来のそのツ

ケを負わされる若者です。仮に100倍のハイパーインフレになれば、

1000兆円の貨幣価値は10兆円となります。

従って、現在の1400兆円の貨幣価値が大幅下落する前に、どんどん使っ

てしまうのです。郵貯に預けたり、国債でもっていてもいずれ紙くずに

なるのですから、早くそのことに気づき、国や社会のお役に立つことに

発想の転換をするのです。

国がハイパーインフレを言うわけにはいかないので、マスコミがもっと

こういうことを主張して、民間サイドでそのような社会的風潮を作って

いけば、現在の不況から脱するのもそう遠くないかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »