« 「マーキュリー通信」no.1594【奇人変人の異見-141「消費税アップは、弱者いじめの最たるものと心得よ」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1596【私の健康法-79「薄着でも寒くない防寒対策」】 »

2011年1月10日 (月)

「マーキュリー通信」no.1595【ベストセラー書「日本は世界第4位の海洋大国」に学ぶ】

今年も良書に多数出会っています。

1月6日付「マーキュリー通信」「公共事業が日本を救う」に続き、今回は「日本は世界第4位の海洋大国」(山田吉彦著 講談社アルファ新書880円)をご紹介します。

日本は島国の資源小国というイメージが強いですが、実は海の面積を考慮すると世界第6位(447万㎡)、海の深さも考慮した体積で計算すると世界第4位(1580万立米)の海洋国家となります。

この海には膨大な海底資源が眠っており、大半が手つかずの状態で、産業界もやっとその重要性に気づき、企業化調査を開始したところです。

BRICSを始めとする新興国の経済成長と人口増加は世界的資源不足と高騰を引き起こしていますが、一方で海底資源も経済的に確保できる段階となって来ました。

昨年中国が尖閣諸島事件を起こしましたが、尖閣諸島周辺にはイラクの原油埋蔵量に匹敵する1000億バーレル、700兆円の膨大な石油資源が埋蔵されていると見られている。
もしこれが事実なら日本は世界有数の石油産出国となります。

だから、日本政府としては、国家の安全保障と石油資源確保の為に、全力で尖閣諸島を守る必要があるわけです。

さて、日本は世界第6位の海洋国家ですが、海洋資源には3種類あります。

第1の海洋資源は海底資源です。
前述の原油以外に、日本の天然ガス消費量100年分に相当するメタンハイドレートが埋蔵されていると言われています。

第2の海洋資源は海洋資源です。
最大のものは塩素であり、次いでナトリウム、マグネシウムです。
それ以外に、金、ウラン、レアメタルが海洋中に存在しています。

第3の海洋資源は一番ポピュラーな水産資源です。しかし、最近日本の経済的排他水域に中国を始めとする海外の漁船が違法操業しており、日本の漁民の死活問題となっています。

さて、これまで日本は資源小国ということで国防には無関心でした。しかし、昨年の中国の尖閣諸島事件により、国防の重要性に気づかされました。

資源大国の場合、国防は自国の経済権益を確保する為に、国家戦略の最重要事項の1つと位置づけられています。
今後日本が資源大国化していくに際し、政府も経済界もこの点をしっかりと肝に銘じた国家運営をしていく必要があると言えます。

著者は、尖閣諸島油田開発を巡り、中国との関係で最後に日中台+欧米企業の共同開発を提案をしています。もちろん日本の尖閣諸島の石油開発としてです。

オイルメジャーの力を借りて掘削した原油を尖閣諸島から一番近い台湾の基隆(キールン)までパイプライン輸送する。その距離は170kmです。日本の受け皿としたら鹿児島から長崎となるが、その距離は1000kmにもなるので、これが一番現実的と言える。
そこからはタンカーで運べばよい。

これが米国の力も借りながら、経済的に一番メリットのある方法と言えますが、それには日本の軍事力の強化を背景にした発言力の強化も重要です。
今のような弱腰外交では、中国に尖閣諸島を乗っ取られるのは、目に見えています。

|

« 「マーキュリー通信」no.1594【奇人変人の異見-141「消費税アップは、弱者いじめの最たるものと心得よ」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1596【私の健康法-79「薄着でも寒くない防寒対策」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/50543991

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.1595【ベストセラー書「日本は世界第4位の海洋大国」に学ぶ】:

» 写真点描・裏摩周協奏曲 3 [つき指の読書日記by大月清司]
 今回の写真はそう数が多くはありません。いちばん最後に、いまのやせ細った(笑)無我氏の写真が、これは横浜の兄のデジカメで撮影されたものですが、紹介しますね。楽しみにして... [続きを読む]

受信: 2011年1月15日 (土) 12時12分

» 特別点描続編 [つき指の読書日記by大月清司]
 前回の特別点描の最後で、無我氏(笑)、実は「裏摩周」で登場する、そういうことで、過去との比較になればと、そう思い、再掲載しています。 味のある話を書きたいと思うと、ま... [続きを読む]

受信: 2011年1月15日 (土) 19時12分

» 再録紀行 32 [つき指の読書日記by大月清司]
 品切れ・絶版である。経済分析関係の本は、新鮮さが命と編集者、出版社が判断する。そうはいえない。かえって、いまの経済情勢を分析したものが、予想の範囲を超えて、俗に役に立... [続きを読む]

受信: 2011年1月15日 (土) 22時17分

» 再録紀行 34 [つき指の読書日記by大月清司]
【送料無料】空気と戦争 過去の出来事を歴史として、映像や画像、当時の歌曲などとして呼び戻す、それには電子書籍は、いとも容易にできるので、歴史観をしっかりと固めるには、打... [続きを読む]

受信: 2011年1月21日 (金) 13時04分

» 再録紀行 35 [つき指の読書日記by大月清司]
 いわゆる国際政治、国際関係には陰謀(インテリジェンス)と砲艦、軍事力はついてまわる。外国為替、貿易など経済関係はもとより、文化、芸能、観光、スポーツの交流等々も同じで... [続きを読む]

受信: 2011年1月21日 (金) 22時04分

» 写真点描・裏摩周協奏曲 4 [つき指の読書日記by大月清司]
 お屠蘇気分も薄らいだ今日この頃ですね。 裏から見ても摩周湖は同じ摩周湖です。北海道観光で是非とも訪れたい、そういう湖ではないでしょうか。ここは協奏曲でも聴きながらとい... [続きを読む]

受信: 2011年1月29日 (土) 11時18分

» 再録紀行 39 [つき指の読書日記by大月清司]
【送料無料】日本国の原則 この本は文庫化した。めまぐるしい変化の多い経済書のなかで、いま読んでもその新鮮さは薄れない、と、自信をもっていえる。 文庫のような小さな本の電... [続きを読む]

受信: 2011年1月29日 (土) 20時35分

» 再録紀行 41 [つき指の読書日記by大月清司]
現代中国政治新版 リベラルを嫌う方でもこの「石橋湛山賞」受賞者の評論は、ほとんどの本の一読を奨めたい。論の組み立てが説得力がある。 本書は学術書、研究書なので、教科書な... [続きを読む]

受信: 2011年1月31日 (月) 20時04分

» 再録紀行 42 [つき指の読書日記by大月清司]
小沢一郎政権奪取論 下記の本文でふれているように、これもまた学究的なオーラル・ヒストリーである。 この時、顔の表情、録音した生の声を一部でも聞けるならば、電子書籍化の値... [続きを読む]

受信: 2011年2月 4日 (金) 09時07分

» 再録紀行 43 [つき指の読書日記by大月清司]
アジアに接近するロシア 本書は古書で元々手に入れたもので、手に入る文中の関連書籍を、興味のある方は読んでもらいたい。電子書籍化、そういう形は、こういう本に出会うたびに頭... [続きを読む]

受信: 2011年2月 4日 (金) 13時09分

» 再録紀行 45 [つき指の読書日記by大月清司]
【送料無料】ローマから日本が見える 著者は市井の史学者、専門がローマ、地中海の古代史である。広く読まれているので、そういう意味合いでは品切れ・絶版は少ない。 電子書籍化... [続きを読む]

受信: 2011年2月 6日 (日) 11時15分

« 「マーキュリー通信」no.1594【奇人変人の異見-141「消費税アップは、弱者いじめの最たるものと心得よ」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1596【私の健康法-79「薄着でも寒くない防寒対策」】 »