« 「マーキュリー通信」no.1620【クリエイティブに生きる-5「固定観念を取り払う」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1622【第98回「新しい時代を創る経営者の会」テーマ:最近にわかに脚光を浴びるAR(拡張現実)技術でドミナントステータス確保に挑む株式会社イデアルークス原口信克社長のグローバル戦略」】 »

2011年2月15日 (火)

「マーキュリー通信」no.1621【私のコミュニケーション論-94「愚痴は自分の

クロネコヤマトのA君とは10年近いつきあいになります。同じ北大塚3丁目の地域担当を10年くらいやっています。北大塚3丁目のことなら精通しています。

性格的にも明るく、融通が利くタイプなので、お客様から人気があります。

A君は、以前はいずれクロネコヤマトを独立して起業したい旨希望を抱いていました。そして、「菅谷さん、いつか相談に乗って下さい」と言われ、そのいつかが訪れないまま現在に至っています。

A君も30代半ば、最近は以前のような覇気が感じられません。髪型も変わり、以前のような精悍そうな感じがしません。

私は集荷の依頼はクロネコヤマトにせずに、直接A君の携帯にします。その方が、ツーカーで通じ、てっとり早いからです。

しかし、最近は電話に出る態度も嫌々出て、ぶっきらぼうな感じです。集荷で来る時に声をかけても、愚痴が多くなりました。

今朝も、「今日は雪で大変だね」と声をかけたら、「菅谷さん、我々大変なのは365日毎日ですよ」と自嘲気味に応えました。

愚痴も余り言い続けると、結局は自分に跳ね返り、自分のイメージダウンに繋がることになります。

| |

« 「マーキュリー通信」no.1620【クリエイティブに生きる-5「固定観念を取り払う」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1622【第98回「新しい時代を創る経営者の会」テーマ:最近にわかに脚光を浴びるAR(拡張現実)技術でドミナントステータス確保に挑む株式会社イデアルークス原口信克社長のグローバル戦略」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.1621【私のコミュニケーション論-94「愚痴は自分の:

« 「マーキュリー通信」no.1620【クリエイティブに生きる-5「固定観念を取り払う」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1622【第98回「新しい時代を創る経営者の会」テーマ:最近にわかに脚光を浴びるAR(拡張現実)技術でドミナントステータス確保に挑む株式会社イデアルークス原口信克社長のグローバル戦略」】 »